タイの名物料理を制覇!バンコクのおすすめグルメ10選

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

タイの名物料理を制覇!バンコクのおすすめグルメ10選

タイの名物料理を制覇!バンコクのおすすめグルメ10選

更新日:2017/08/01 09:53

トラベルjp編集部 新垣のプロフィール写真 トラベルjp編集部 新垣

タイ料理と言えば独特の甘酸っぱい辛さが特徴。トムヤムクンにプーパッポンカリー、カオマンガイにガパオ。日本でお馴染みのものも多いですが、本場で食べるタイ料理は一味違う! 地方毎に様々な名物料理もありますが、バンコクには大抵のものが揃っています。トラベルjpナビゲーターが現地徹底取材したバンコクのおすすめグルメをご紹介! 卵に包まれたおしゃれなパッタイや見た目にも華やかなヘルシーライスサラダも必見。

1.プー・パッ・ポンカリー(蟹のカレー炒め)

1.プー・パッ・ポンカリー(蟹のカレー炒め)
やま かづ

滞在中に一度は食べたい!あえて勧めるタイ定番グルメ5選by やま かづ

地図を見る 地図を見る

タイにはいろいろな種類のカレーがありますが、マイルドな味つけで、辛いものが苦手な人でもついつい手が出てしまうのが「プー・パッ・ポンカリー」。カニのぶつ切りをカレーパウダーで炒め、最後に溶いた卵でとじるという中華風の海鮮タイ料理です。

プーは「カニ」、パッは「炒める」、ポンは「粉」という意味。バンコクにある“ソン・ブーン・シーフード(建興海鮮酒家)”は、プー・パッ・ポンカリー発祥のお店で、各国の著名人も訪れます。お店の入口に小泉元首相が訪れた際の写真が。この写真の記事を見る ≫

2.マッサマンカレー[ゲーン・マッサマン](鶏肉とじゃがいものカレー)

2.マッサマンカレー[ゲーン・マッサマン](鶏肉とじゃがいものカレー)
澤 慎一

安い!食べタイ!タイ観光旅行でおすすめの絶品タイ料理15選by 澤 慎一

地図を見る 地図を見る

アメリカのCNNGoが企画した“世界で最も美味な料理ランキング50”で1位に選ばれた料理が、ゲーン・マッサマン。一般的にマッサマンカレーと呼ばれているタイカレーです。“マッサマン”とは“イスラム教の”という意味。

宗教上の理由で豚肉の代わりに鶏肉を使用したカレーで、辛さは控えめで、ココナッツミルクやピーナッツを加えた深みのあるコクと上質な甘さが魅力的。この写真の記事を見る ≫

3.グリーンカレー[ゲーン・キャオ・ワーン](青唐辛子とココナッツミルクのカレー)

3.グリーンカレー[ゲーン・キャオ・ワーン](青唐辛子とココナッツミルクのカレー)
澤 慎一

タイ観光旅行で絶対食べたい!5部門代表、おすすめの名店&料理by 澤 慎一

地図を見る 地図を見る

タイカレーの代名詞とも言えるのが「グリーンカレー」。青トウガラシの爽やかな風味とココナッツミルクのマイルドな甘みが絶妙。鶏肉や豆ナスがたくさん入り、タイカレーらしい辛さもたまりません。

どこでも食べられますが、おすすめは、バンコクの高級デパート“エンポリウム”最上階にあるFOOD HALL。フードコートと思えないほどおいしく、手間ひまをかけて作られた高級デパートならではのうま味が引き立ちます。この写真の記事を見る ≫

4.カオ・ソーイ(カレー風味のラーメン)

4.カオ・ソーイ(カレー風味のラーメン)
エム チヒロ

日本では味わえない!バンコク・トンローの絶品タイ料理3選!by エム チヒロ

地図を見る 地図を見る

タイ料理はカレー風味の料理も多いですが、麺料理でカレー風味と言えば「カオ・ソーイ」。揚げた麺のパリパリとした食感と数種類のスパイスが生み出す深みのあるカレーの味わいは本場ならではの美味しさ。

チェンマイの名物ですが、バンコクのお店でも提供されており、中でもおすすめは、タイの郷土料理が名物の“ソウルフード・マハナコーン”。焼いたラム肉にカレーベースのソースを合わせた“マッカサンラム”も人気メニューで、深みのあるカレーソースが絶妙。この写真の記事を見る ≫

5.トム・ヤム・クン(海老入りスープ)

5.トム・ヤム・クン(海老入りスープ)
やま かづ

滞在中に一度は食べたい!あえて勧めるタイ定番グルメ5選by やま かづ

世界三大スープの一つとして知られているのが「トム・ヤム・クン」。甘辛スープにエビをはじめたくさんの具材が入り、ただ単に辛いだけでないそのスープの奥深さの虜になった人もたくさんいます。

甘い、辛いのさらにその奥に幾重にも広がる風味。わかる人にはわかる、究極のうまさが渦巻いています。ホットなタイで、ホットなスープ?その答えが知りたければ本場のタイでぜひ味わってください。この写真の記事を見る ≫

6.カオマンガイ(茹で鶏肉ご飯)

6.カオマンガイ(茹で鶏肉ご飯)
櫻井 れき

バンコク・モンティエンホテル内レストランは高級カオマンガイも絶品!by 櫻井 れき

地図を見る 地図を見る

タイ料理のご飯もので外せないメニューと言えば「カオマンガイ」。海南鶏飯とも称されるこの料理は、タイのみならずシンガポールやマレーシアなどの東南アジア地域で一般的な庶民食として愛されています。

庶民的なカオマンガイですが、バンコク・モンティエンホテル内の“ルエントン”では、高級なカオマンガイが頂けます。街角のカオマンガイ屋さんとは違う、高級感にあふれる外観。ふっくらジューシーな鶏肉とそのダシで炊かれたライスとの相性はバツグン。この写真の記事を見る ≫

7.パッ・ガパオ・ガイ (鶏肉のバジル炒めご飯)

7.パッ・ガパオ・ガイ (鶏肉のバジル炒めご飯)
やま かづ

タイで食べタイ!満喫しタイ!安くてウマい!B級グルメ5選by やま かづ

地図を見る 地図を見る

タイの屋台メニューの定番「パッ・ガパオ・ガイ」。日本では“ガパオライス”と呼ばれているもので、鶏肉のミンチをバジルと一緒に炒めて唐辛子、ナンプラー(魚醤)、オイスターソースで味を整えるというシンプルな料理。

お店によっては鶏肉のほかに豚肉や牛肉を使うこともありますし、半熟の目玉焼きがのっていることも。タイの庶民食であるだけに、そのバリエーションは数知れません。バンコク市内の屋台を食べ歩きしてみてはいかがでしょう。この写真の記事を見る ≫

8.パッタイ(焼きそば)

8.パッタイ(焼きそば)
櫻井 れき

カジュアルに本格タイ料理を楽しむならココ!「メー・シールワン」by 櫻井 れき

地図を見る 地図を見る

タイ風の焼きそば「パッタイ」は、米麺をもやしやニラなどの野菜を炒めてソースで味付けしたもの。日本で焼きそばというと、薄い玉子焼きで包んだオムそばというメニューがありますが、そのタイ版とも言えるのが「パッタイ・ホーカイ」。

“ホーカイ”というのは、パッタイの上に薄い玉子焼きで包むことをいいます。見た目があまりにも美しく、なんだか崩すのがもったい! お皿に添えてあるマナオ(タイのライム)を絞っていただきます。パタヤ・バンコクのチェーン店“メー・シールワン”などで頂けます。この写真の記事を見る ≫

9.クイッティアオ(ラーメン)

9.クイッティアオ(ラーメン)
中川 康雄

絶品のクイッティアオ!バンコクで20年続く老舗屋台がコスパ最強by 中川 康雄

地図を見る 地図を見る

タイ料理の代表的な麺類のひとつ「クイッティアオ」は、平たく言うとタイ風ラーメンのことで、その特徴は、日本のラーメンと同じくとてもバリエーションが豊かなところ。バンコクの中でも絶品のクイッティアオが食べられると評判のお店が老舗の“クイッティアオ・ガイ・タニヤ”。

麺とスープの相性は抜群。具の鶏肉もしっかりとに煮込んであって、そのうえ量も多く食べ応えもばっちり。それぞれの食材は個性的なのですが、全体としてよくまとまった味のハーモニーを奏でています。この写真の記事を見る ≫

10.カオヤム(ハーブのライスサラダ)

10.カオヤム(ハーブのライスサラダ)
坂元 美鈴

バンコクで食べたい!女性におすすめのヘルシータイ料理5選by 坂元 美鈴

地図を見る 地図を見る

トムヤムクンやグリーンカレーなどお馴染みの定番料理もいいですが、野菜やハーブをたっぷり使ったヘルシーでおいしい、女子なら絶対好きになる絶品タイ料理がタイ南部の家庭料理「カオヤム」。

お皿の真ん中にご飯を盛り、周りに四角豆やもやし、バイマックルー(こぶみかんの葉)、ポメロ(ざぼん)、干しエビ粉、ささげなどをトッピングした、見た目にも華やかな一皿。ブードゥーという、うま味たっぷりのタレをかけて頂きます。この写真の記事を見る ≫

バンコクで食べられるおすすめタイ料理はこれでキマリ!

日本でもタイ料理はずいぶんポピュラーな存在になりましたが、日本のお店で頂くタイ料理は日本人好みに味を変えていたり、本場の味とは違うケースも多いようです。

バンコクに旅行したなら是非本場のタイ料理を味わってみましょう。タイの首都バンコクには地方の名物料理を出すお店もたくさんあります。また、屋台でタイらしいエネルギッシュな雰囲気の中、お店の人とコミュニケーションとりつつ美味しいタイ料理を堪能するのも楽しい旅の想い出になりますよ。

是非、バンコクでタイの名物料理を制覇してみましょう!

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です! この記事に関するお問い合わせ