竹富島の楽しみ方7選!お疲れ気味のあなたに送ります

竹富島の楽しみ方7選!お疲れ気味のあなたに送ります

更新日:2021/04/30 17:56

トラベルjp 編集部 新垣のプロフィール写真 トラベルjp 編集部 新垣

竹富島は、沖縄の原風景が残る集落に美しいビーチが魅力のサンゴ礁に囲まれた小さな島。一歩足を踏み入れるとゆる〜い空気感にの〜んびりした時間が流れ、そこにいるだけで癒やされます。水牛車だけ楽しんで島を後にする観光客も多いですがそれだけでは勿体無い! 自転車で一周したり星空鑑賞したり、様々な楽しみ方で島時間を体感しましょう。そんな竹富島の楽しみ方を、LINEトラベルjp ナビゲーターが現地徹底取材でご紹介します。

昨今の状況により、施設等の営業日や営業時間などに変更が生じている場合があります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、Go To トラベルキャンペーンについては全国で一時停止となっています。お出かけの際はしっかりと新型コロナウイルスの感染予防および拡大防止対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

竹富島への行き方、まわり方

竹富島への行き方、まわり方

提供元:Adobe Stock

https://stock.adobe.com/jp/

竹富島には空港がないため、石垣島から高速船、またはフェリーを利用します。石垣島離島ターミナルから竹富島への所要時間は高速船で約10分、フェリーで約30分。石垣島に最も近く、観光客も多いため、高速船は1日18便、フェリーは1日21便運行しています。

竹富島での主な交通手段はレンタサイクルまたは、巡回バス。レンタカーやタクシーはありません。竹富東港から島の中心の集落までは自転車で約5分、バスで約2分ほどかかり、集落内は徒歩でも十分回ることができます。自由気ままに行動するならレンタサイクルがおすすめ。竹富東港から集落までのバスは1時間に1〜2便程度、港以外のバス停から乗車する場合は事前予約が必要です。

【楽しみ方1】水牛車で集落を巡る

【楽しみ方1】水牛車で集落を巡る
東郷 カオル

石垣島から離島へGO!3時間で満喫できる竹富島観光プランby 東郷 カオル

地図を見る

竹富島は、赤瓦の屋根と水牛車で有名な南国ムードたっぷりの沖縄を代表する人気の離島。離島とはいえ、石垣島からは船でたった10分という近さも魅力。そして、竹富島の魅力はなんと言っても沖縄の原風景が残っていること。それを手軽に、そして沖縄らしい方法で体感できるのが水牛車です。 この写真の記事を見る ≫

【楽しみ方1】水牛車で集落を巡る
ろぼたん

もっと竹富島!水牛車もビーチも!竹富島おすすめ観光ガイドby ろぼたん

地図を見る

ときには道草を食べながら、ゆっくりと歩みをすすめる水牛車から眺める景色は格別です。BGMはガイドが三線で爪弾く「安里屋ユンタ」。軽妙な語り口で集落の観光案内もしてくれます。 この写真の記事を見る ≫

【楽しみ方2】サイクリングで島を一周

【楽しみ方2】サイクリングで島を一周

子連れで楽しむ竹富島観光!水牛にレンタサイクル、グラスボートで沖縄を満喫

水牛車が巡るコースは竹富島のほんの一部。竹富島を思いっきり楽しむには、サイクリングが最適。外周は約9kmと小さな島ですが、一周するには徒歩だとちょっと大変。自転車だと歩きではちょっと遠い場所へも、ささっと散策に行けます。集落を抜けて自転車で走ると、白い砂浜が綺麗なコンドイビーチやカイジ浜も楽々! この写真の記事を見る ≫

【楽しみ方3】ビーチでゆったり流れる島時間を体感

【楽しみ方3】ビーチでゆったり流れる島時間を体感

沖縄の原風景がここにある。竹富島でとっておきの時間を過ごそう!

地図を見る

竹富島には、コンドイビーチ、アイヤル浜、カイジ浜といった美しいビーチがあります。どこも遠浅で、美しいエメラルドグリーンが海の奥のほうまで続いています。夏は海水浴もいいですが、ただただ綺麗な海を眺めつつぼ〜っとするのも、時間がゆっくり流れる竹富島ならではの過ごし方です。 この写真の記事を見る ≫

【楽しみ方3】ビーチでゆったり流れる島時間を体感

沖縄・八重山諸島を楽しむ!のんびりできる最高のビーチ5選

地図を見る

島の南東側には、とても静かなアイヤル浜が広がっています。コンドイビーチほど観光客も多くなく、竹富島で静かにゆっくり過ごしたい人には最適。その澄んだ水の輝きは八重山でもトップクラスですよ。 この写真の記事を見る ≫

【楽しみ方3】ビーチでゆったり流れる島時間を体感
東郷 カオル

石垣島から離島へGO!3時間で満喫できる竹富島観光プランby 東郷 カオル

地図を見る

カイジ浜(皆治浜)は、星砂の浜とも言われ、砂浜で砂をすくうと星の砂を見つけることができます。星の砂は砂ではなく、有孔虫の殻が砂浜に打ち上げられたもの。見た目が星のようで、幸せを招くとも言われています。是非ここで幸せを掴んでみましょう。 この写真の記事を見る ≫

【楽しみ方4】島に泊まって極上の時間を過ごす

【楽しみ方4】島に泊まって極上の時間を過ごす

ゆったりした自分時間を楽しむ旅!赤瓦の町並みと自然豊かな竹富島♪

地図を見る

ここからは、竹富島に泊まった人にしかできない楽しみ方をご紹介。竹富島は、殆どの観光客が日帰りで訪れますが、日帰りの観光客が帰った後の竹富島では、絶景の夕日、都会では見られない満天の星空、朝日を浴びる赤瓦の集落など、竹富島の魅力を存分に体感できます。

まずはここ、2005年に竹富島で初の国の登録有形文化財として指定された西桟橋。前方には西表島を望むことができ、夕日を眺める名所になっています。竹富港から石垣行きの船の最終時刻は18時15分。そして、竹富島の日没時刻は、冬を除けば18時半前後から19時半前後。つまり、ここからの絶景を楽しめるのは竹富島に宿泊した人だけの特権なのです。 この写真の記事を見る ≫

【楽しみ方4】島に泊まって極上の時間を過ごす

沖縄の原風景がここにある。竹富島でとっておきの時間を過ごそう!

地図を見る

竹富島島内は、夜になると光が殆どないので星空観測には最適なスポット。月明かりのない晴れた日に夜空を見上げれば、都会では見ることができない数千もの星たちを見ることができます。これも竹富島に宿泊した人だけしか体験できません。

運がよければ12月〜6月には、日本の大半の場所からは観測することができない星、南十字星も見られます。竹富島の西桟橋からだと、南側・コンドイビーチ方向の地平線沿いにあるので、晴れて空気が澄んでいる日には是非探してみましょう。 この写真の記事を見る ≫

【楽しみ方4】島に泊まって極上の時間を過ごす

琉球ライフを満喫!「星のや竹富島」伝統文化が息づくリゾート

地図を見る

竹富島には、ホテルや旅館、民宿、ゲストハウスなどが数軒の宿泊施設があります。中でも人気なのが「星のや竹富島」。建築家の東利恵氏が、島民の生活や信仰への尊敬の念を込めて設計し、リゾート内には竹富の原風景ともいえる景色が広がっています。

風の家と呼ばれる庭付きの客室は、その名の通り心地よい南風が吹きぬける開放的な空間。沖縄民謡などのライブが開催されるゆんたくラウンジなどで、ゆっくり流れる島時間を感じながらゆったりと寛ぎましょう。24時間泳げるプールもあり、満天の星空の中を漂っているような素晴らしい体験ができます。 この写真の記事を見る ≫

プランをもっと見る

【楽しみ方5】早起きして清々しい気分で沖縄の原風景を楽しむ

【楽しみ方5】早起きして清々しい気分で沖縄の原風景を楽しむ

ゆったりした自分時間を楽しむ旅!赤瓦の町並みと自然豊かな竹富島♪

地図を見る

サンゴの石垣に囲まれた赤瓦屋根の家々、白砂の小道、軒先を彩る花々が美しいその集落は、まさに沖縄の原風景。竹富島は、国の重要伝統的建造物群保護地区にも選定されています。 この写真の記事を見る ≫

【楽しみ方5】早起きして清々しい気分で沖縄の原風景を楽しむ

沖縄の原風景がここにある。竹富島でとっておきの時間を過ごそう!

地図を見る

そんな沖縄の原風景を楽しむには、早起きして観光客が島に上陸してくる前に散策するのがおすすめ。白砂の道は島民の方々が毎朝ほうきで掃き清めているため、朝の集落を散歩すると観光客の踏み跡がない綺麗な道を歩くことができます。 この写真の記事を見る ≫

【楽しみ方5】早起きして清々しい気分で沖縄の原風景を楽しむ

古き良さを最も残す沖縄・竹富島で星砂や水牛を楽しもう

地図を見る

沖縄の中でも沖縄らしい竹富島の町並みは、独特の石垣と美しい花で彩られています。小道を含めて白い砂が敷かれた道をのんびりと歩いてみることで、古き良き沖縄を体験出来ることでしょう。

石垣島発の高速船の第1便は7時45分頃に到着。そして、水牛車での島の集落観光は始発が9時。殆ど観光客もいない静かな集落を散策するなら、8時頃までの時間がおすすめです。 この写真の記事を見る ≫

【楽しみ方6】お気に入りのシーサーを見つける

【楽しみ方6】お気に入りのシーサーを見つける

ゆったりした自分時間を楽しむ旅!赤瓦の町並みと自然豊かな竹富島♪

沖縄と言えばシーサー。竹富島でもたくさんのシーサーに出会うことができますが、それぞれの家で、表情や形、色などがぜんぜん違います。怒っているようなものもあれば、笑っているものも。また門と屋根でも、まったく違う顔をしています。

島を巡りながらいろいろなシーサーを発見するのも楽しいかもしれません。お家の門や屋根だけではなく、道端等の意外な場所にもシーサーが!お気に入りのシーサーを見つけられるかも? この写真の記事を見る ≫

【楽しみ方6】お気に入りのシーサーを見つける

沖縄の原風景がここにある。竹富島でとっておきの時間を過ごそう!

地図を見る

写真は、島の集落にある手作りお菓子の店トーラの屋根の上、朝焼けの虹の下に立つシーサー。朝に島を散策すると、こんな光景に出会えることも! この写真の記事を見る ≫

【楽しみ方7】竹富島の島グルメを味わう

【楽しみ方7】竹富島の島グルメを味わう
いまづる めぐ

徒歩で回る沖縄「竹富島」絶景と絶品グルメに癒やされるby いまづる めぐ

地図を見る

竹富島ではグルメも外せません。中でも一番人気のお店が「竹乃子」。ここの八重山そばは、竹富に来たら必ず食べるというファンも多く、ランチ時には行列ができるほど。そば処という店の名通り、そばメニューが多く八重山そば、ソーキそば、三枚肉そばなどがあります。 この写真の記事を見る ≫

【楽しみ方7】竹富島の島グルメを味わう
東郷 カオル

石垣島から離島へGO!3時間で満喫できる竹富島観光プランby 東郷 カオル

地図を見る

水牛車観光の出発地点、新田観光のすぐそばにある「やらぼ」というお店は、観光客だけでなく島の人たちも利用していて、味はバツグン! 骨付きのスペアリブが麺を覆うかのようにのっていて、食べ応えがあります。 この写真の記事を見る ≫

【楽しみ方7】竹富島の島グルメを味わう
いまづる めぐ

徒歩で回る沖縄「竹富島」絶景と絶品グルメに癒やされるby いまづる めぐ

地図を見る

竹富島でカフェを探しているあなたにオススメなのが”竹富島ぱーらー願寿屋”。港からも中心地からも徒歩約5〜10分。テラス席があるので、天気がいい日は外で食べるのがおすすめ。

かき氷はパッションフルーツやシークヮーサーなど、なかなか沖縄以外ではチョイスできないラインナップに加え、いちご、ブルーハワイなどスタンダードなものも揃っています。おすすめは抹茶! この写真の記事を見る ≫

竹富島を楽しむならこれでキマリ!

竹富島の楽しみ方を7つご紹介しましたが、いかがでしたか?

石垣島と竹富島を結ぶ高速船は、石垣発が7時30分からほぼ30分〜1時間毎に出航。最終便は18時です。所要時間は、約10〜15分。

石垣島を訪れたら、是非今回の記事をご参考に、竹富島観光もプランに組み込んでみてくださいね。

竹富島は、石垣島とはまた違う魅力に溢れています。できれば島に宿泊して、の〜んびりとした島時間に身を委ね、自分だけの癒やしを見つけてみましょう。きっと翌日には島を離れたくなくなっているはず。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -