体力が回復しそうな絶景!国内の美しすぎる青き清流12選

| 旅の専門家がお届けする観光情報

体力が回復しそうな絶景!国内の美しすぎる青き清流12選

体力が回復しそうな絶景!国内の美しすぎる青き清流12選

更新日:2016/01/27 16:45

トラベルジェイピー編集部のプロフィール写真 トラベルジェイピー編集部

日本には美しい名所がたくさん存在しますが、今回は「青い清流」をまとめてみました。神秘的な印象を与える色「青」と大自然が生んだ「清流」のコラボレーションは、眺めるだけで“癒し”を与えてくれます。

また、「水晶のように輝く清流」「幻想的な七色ブルーの清流」など、如何にも体力が回復しそうな絶景を数多く掲載。そんな美しすぎる清流に詳しい専門家たちが、癒しの旅をナビゲートします!

    まるで妖精の住処!?夢みたいな神秘の青「神の子池」(北海道)

    まるで妖精の住処!?夢みたいな神秘の青「神の子池」(北海道)
    東郷 カオル

    「神の子池」の神秘のブルーを探して絶景の裏摩周へ!by 東郷 カオル

    驚くほど澄み切ったブルーの池。神の子池は摩周湖とつながる地下水が湧き出ている池です。摩周湖はアイヌ語でカムイトー(神の湖)と言いますが、その伏流水からできているということからから、神の子池と呼ばれています。

    倒木が腐ることなく水の中に沈んでいる様子はまるで木の化石。常識を覆す透明度に、一瞬わが目を疑って2度見してしまいます。この写真の記事を見る ≫

    コバルトブルーに輝く富士の天然水「柿田川」(静岡県)

    コバルトブルーに輝く富士の天然水「柿田川」(静岡県)
    sachie

    名水百選「柿田川」で見る、日本一街に近い鮎の遡上!〜清水町〜by sachie

    地図を見る

    コバルトブルーの水が何とも鮮やかで、まるで吸いこまれてしまいそうな美しさ。静岡県清水町にある柿田川を訪れたら、絶対に見ておきたいスポット。水底をよく見ると、水が湧き出て砂が舞い上がる様子や鮎の姿が。陽に照らされると、鮎の影が水底に映し出され「ゆうゆう」と気持ちよさげに泳ぐ光景が見られます。この写真の記事を見る ≫

    水晶のように輝く仁淀ブルー!知る人ぞ知る青の清流「仁淀川」(高知県)

    水晶のように輝く仁淀ブルー!知る人ぞ知る青の清流「仁淀川」(高知県)
    平井 翔子

    大自然が生んだ奇跡の青!高知県「仁淀川」は美しすぎる川by 平井 翔子

    地図を見る

    皆さん、突然ですが高知県の”川”と言ったらどこを思い浮かべますか?

    だいたいの方が「四万十川!」と答えると思うのですが、実は高知県には四万十川よりもはるかに美しい、いや美しすぎる川があるのです・・・!この写真の記事を見る ≫

    神秘のインクブルー!白神山地の青い絶景「青池」(青森県)

    神秘のインクブルー!白神山地の青い絶景「青池」(青森県)
    ヒビノフウケイ

    世界遺産白神山地と神秘の十二湖を散策しよう!by ヒビノフウケイ

    地図を見る

    ユネスコ世界遺産の白神山地は、秋田県から青森県にまたがるブナ原生林。その白神山地の中にあるのが、実際は33の湖が存在する十二湖。

    十二湖の中でも外せないのが、青池。その名のとおり、「青インクを流し込んだような」コバルトブルーです。なぜ、青池の水が青く見えるのかは現代でも解明されていない、まさに神秘の池。光の加減によって、青の濃淡が変わる様子は幻想的です。この写真の記事を見る ≫

    魚が棲めない程の透明度!神々が宿る屋久島の清流「横河渓谷」(鹿児島県)

    魚が棲めない程の透明度!神々が宿る屋久島の清流「横河渓谷」(鹿児島県)
    山田 光子

    世界遺産屋久島!車で行ける大自然のおすすめスポットベスト5!by 山田 光子

    地図を見る

    澄んだエメラルドブルーの清流と綺麗すぎて魚が住めないほどの透明度の高さは、何度訪れても感動します!天然のプールのような場所で水遊びをしたり、大きな一枚岩に寝転んで過ごしたりと、とてもゆったりとした時間が流れている場所です。

    大きな花崗岩がごろごろと点在し、その間を清流が流れている景色はジブリ映画『もののけ姫』のアシタカとサンが出会った場所によく似ているので、映画ファンの人も必見です。この写真の記事を見る ≫

    マイナスイオン大放出!山奥に潜むエメラルドブルーの楽園「付知峡」(岐阜県)

    マイナスイオン大放出!山奥に潜むエメラルドブルーの楽園「付知峡」(岐阜県)
    カカミ ユカ

    山奥に楽園!森林浴の森100選に選ばれた岐阜県・付知峡by カカミ ユカ

    地図を見る

    山奥でこんなにもエメラルドブルーの水が見れるものなのか!?っていうくらいの綺麗な滝つぼをみることができます!

    そこには、この世のものとは思えないほどきれいなエメラルドブルーの滝つぼがあります。「え!?ここ山奥だよね?タヒチとか南の島の楽園じゃないよね!?」と思うくら美しい絶景をご覧あれ!この写真の記事を見る ≫

    優しいエメラルドブルーが彩る自然界の滝壺「植魚の滝」(和歌山県)

    優しいエメラルドブルーが彩る自然界の滝壺「植魚の滝」(和歌山県)
    Chiharu

    紀伊半島にこんな神秘的な滝があった!古座川源流〜植魚の滝by Chiharu

    地図を見る

    水で濡れた黒い岩壁とエメラルドブルーの滝壺とのコントラストが、神聖な雰囲気を漂わせています。断崖から頭上に水の滴が落ち、ひんやりとした空気がカラダを癒してくれます。

    滝を眺めながらしばらく佇んでいると、滝からのマイナスイオンと森林のフィトンチッドに包まれて、スッキリした気分になる、なんとも気持ちのいい場所です。この写真の記事を見る ≫

    神秘の支笏湖ブルー!エメラルド&サファイヤにも輝く湖面で運試し(北海道)

    神秘の支笏湖ブルー!エメラルド&サファイヤにも輝く湖面で運試し(北海道)
    ろぼたん

    ビッグウェーブで金運到来!?パワースポット支笏湖を遊び尽くせ!by ろぼたん

    地図を見る

    支笏洞爺国立公園に属し、日本最北の不凍湖として知られる支笏湖(しこつこ)。田沢湖に次いで日本で2番目に深い湖です。この湖の魅力は抜群の透明度!エメラルド色にもサファイア色にも輝く支笏湖はパワースポットとしても有名。

    風で湖が波立つと金運が回ってくるといういわれが。仕事上でいい波が欲しいという方、金運が巡ってきて欲しいという方は支笏湖で運試しはいかがでしょう?この写真の記事を見る ≫

    美しく不思議な青の世界!美瑛の神秘「白金青い池」(北海道)

    美しく不思議な青の世界!美瑛の神秘「白金青い池」(北海道)
    月宮 うさ

    美しく幻想的な青の世界!北海道美瑛の神秘「白金 青い池」by 月宮 うさ

    地図を見る

    青い池の水は近くでよく見るとちゃんと透明。青く見える理由は、火山性の硫黄を含む美瑛川の水に、アルミニウムを含んだ湧き水が流れ落ちるから。硫黄とアルミニウムが混ざり合うことでコロイド粒子と呼ばれる微粒子が生まれ、太陽の光を水中で色々な方向に散乱させます。その時、波長の短い青の光は散乱されやすいため、その光は目に届きやすく青く見えるのでは?…と言われています。この写真の記事を見る ≫

    日本一透明な“仁淀川ブルー”の源泉!神秘の滝壺「にこ淵」(高知県)

    日本一透明な“仁淀川ブルー”の源泉!神秘の滝壺「にこ淵」(高知県)
    津田 泰輔

    神秘の滝壺を探しに行こう〜にこ淵(高知県いの町)by 津田 泰輔

    地図を見る

    愛媛県の石鎚山から高知県へ流れる仁淀川は日本屈指の透明度を誇り、その独特な青い水の色から「仁淀ブルー」と称される。

    その仁淀川水系の源流部の一つ、高知県いの町の程野地区には、そのブルーの水を集めた「にこ淵」と言う神秘的な滝壺がある。かなりの山奥で観光地のように整備もされていないが、少しだけ自然の中を冒険して神秘的なブルーを探してみて欲しい。この写真の記事を見る ≫

    地図には載っていない!幻のエメラルドブルーの滝壺「おしらじの滝」(栃木県)

    地図には載っていない!幻のエメラルドブルーの滝壺「おしらじの滝」(栃木県)
    趣美人 MAKKY

    幻の「おしらじの滝」へ!那須塩原 秘境スッカン沢と桜沢で3滝巡りby 趣美人 MAKKY

    地図を見る

    「おしらじの滝」は地図には載っていません。しかし滝巡りファンや写真愛好家には有名な滝で、行楽シーズンや日曜・祝日などは早朝から大勢の方が訪れる、知る人ぞ知る名所とも言われています。この滝には滝の案内表示はおろか、滝への道しるべもありません。道路沿いから熊笹の生い茂るけもの道を沢沿いに下ること、約10分で幻の滝「おしらじの滝」があります。この写真の記事を見る ≫

    幻想的な七色ブルーに輝く渓谷「夫婦淵」(広島県)

    幻想的な七色ブルーに輝く渓谷「夫婦淵」(広島県)
    古川 和美

    ダイナミックな渓谷の世界!広島「三段峡」へようこそ!by 古川 和美

    地図を見る

    太陽の光によってその都度色が変わる七色に輝く「夫婦淵」は三段峡の中でも特におすすめスポット。なぜこのような色になるのか不思議です。夫婦淵の名前の由来は、大小二つの淵が続き、ヒョウタン形がまるで夫婦のようということからのよう。その形状もさることながら、やはりこの透き通る水面の美しい景色をしばし堪能しましょう!この写真の記事を見る ≫

    癒しの極み、青と清流

    青色には癒しの効果があると言われています。青からは空や海、水といった神秘的な自然のイメージを連想させます。

    また、領土のおよそ70%が、豊かな山間部で形成されている清流多き国、日本。そんな日本だからこそ味わえる、癒しの旅を満喫してみてください!

    - PR -

    条件を指定して検索

    トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

    - PR -

    旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
    この記事に関するお問い合わせ