トラベルjp 編集部のプロフィール写真 トラベルjp 編集部

箱根と言えば、湯本、強羅、仙石原などの温泉や大涌谷、芦ノ湖など自然あふれる人気観光スポットで有名な日本屈指のリゾート地。そんな箱根は連泊してゆっくり楽しみたいですね。そこでオススメなのが、お得な料金で泊まることができる“民泊”での滞在。

Airbnb(エアビー)で予約ができる民泊施設を箱根・伊豆を中心に旅館の仕入れ・販売を行っていたYoko Andersが厳選してご紹介します。

1.箱根湯本駅徒歩8分、温泉巡りにピッタリの貸切ヴィラ

1.箱根湯本駅徒歩8分、温泉巡りにピッタリの貸切ヴィラ

提供元:MEIBI箱根湯本(Airbnb)

Airbnb

箱根の玄関口である箱根湯本駅。交通機関が集まるだけでなく、たくさんのお土産店が軒を連ねています。「MEIBI箱根湯本」は箱根湯本駅から徒歩8分の抜群の立地にある民泊施設。モダンデザインに和の要素を取り入れ、上質な空間に仕上げています。ロフト付きの戸建貸切で、最大6名まで宿泊可能。

提携する箱根の湯は半額以下の500円で入浴可。箱根湯本ホテル明日香など、日帰り温泉が徒歩圏内に多数あるので、湯めぐりしたい人におすすめです。

2.箱根湯本駅から徒歩圏内の新築2階建て

2.箱根湯本駅から徒歩圏内の新築2階建て

提供元:箱 玲瓏(Airbnb)

Airbnb

箱根湯本駅から徒歩12分。“非日常的な愉悦”をコンセプトにした2023年築の2階建て民泊施設「箱 玲瓏」です。敷地内に2台分の駐車場付き。

リビングには心地よいビーズクッション、Marshallのサウンドシステム、高画質テレビを備え、ゆっくりくつろげる時間を提供。スキップフロアと高い天井が開放的な空間を作り上げています。小上がりのダイニングルームは、箱根連山を眺望するBBQテラスと繋がっています。

3.須雲川沿いで自然を感じながらバーベキュー

3.須雲川沿いで自然を感じながらバーベキュー

提供元:Yuiさん(Airbnb)

Airbnb

箱根湯本駅から車で8分ほど離れた須雲川沿いにある2階建ての完全貸切3LDK民泊施設です。須雲川と浅間山を眺めながらウッドデッキで過ごす時間は特別なひととき。バーベキュー設備やテーブル、チェアを備えているので家族連れやグループで楽しみましょう。

リビングではプロジェクターやカードゲームなどのエンターテインメントを楽しめるのも魅力。お子様向けのおもちゃとベビーチェアの用意があるので三世代旅行にもピッタリです。

4.プライベートサウナとプール付きヴィラ

4.プライベートサウナとプール付きヴィラ

提供元:ルクス箱根湯本(Airbnb)

Airbnb

2023年夏にオープンしたラグジュアリーヴィラ「ルクス箱根湯本」です。箱根湯本にある大自然に囲まれたところに一棟貸切のヴィラが2棟あり、プライベートサウナやプール、デッキチェアやサンベッドでゆっくりできます。プールサイドには、パーゴラと温泉露天風呂も。高い塀で囲まれているためプライバシーが確保されているのも安心です。

スタイリッシュなアイランドキッチンやバスルールもおしゃれです。箱根湯本駅から徒歩13分。

5.富士山と芦ノ湖の絶景ビュー!

5.富士山と芦ノ湖の絶景ビュー!

提供元:Rakuten Stay箱根芦ノ湖(Airbnb)

Airbnb

「Rakuten Stay箱根芦ノ湖」は全室富士山と芦ノ湖を望める民泊施設。旧東海道沿いに佇むお部屋からは、きらめく湖畔や箱根神社の鳥居、富士山を望むことができます。テラスには足湯を完備しているので、景色を眺めながらリラックスできますね。テラスではバーベキューも可能です。

お風呂は天然温泉、ウェルカムドリンクとスイーツが冷蔵庫に用意されているのもうれしい!ペットも宿泊OKです。

6.芦ノ湖畔(海賊船乗り場)まで徒歩2分の貸別荘

6.芦ノ湖畔(海賊船乗り場)まで徒歩2分の貸別荘

提供元:Ya Luhno Lake Villa(Airbnb)

Airbnb

「Ya Luhno Lake Villa」は芦ノ湖畔(海賊船乗り場)まで徒歩2分。天気の良い日は芦ノ湖越しに富士山を眺望できます。観光の拠点はもちろん、水上スポーツや釣り、遊覧船を楽しむにも便利な立地です。

静かな平屋別荘はキッチンとサンルーム、ドラム式洗剤自動投入の洗濯機、大型冷蔵庫を完備し、お子様連れのファミリー旅行にもおすすめ。全部のお部屋と洗面室、浴室に暖房を完備し寒い冬も快適です。

7.絵画のように美しい景色を独り占め

7.絵画のように美しい景色を独り占め

提供元:Noelさん(Airbnb)

Airbnb

「Noel Hakone FUJI」は箱根湯本駅から車で25分ほど。箱根の山間に位置し、リビングの大きな窓からは芦ノ湖と湖面に浮かぶ海賊船や富士山を一望できます。絵画のように美しい風景をお部屋に居ながらにして楽しめますよ。ウッドデッキにはサウナとジャグジー、BBQ設備を完備します。

別荘内には家電やアメニティを完備し、都会の快適さと山間の静寂の融合で心を癒やすリトリート旅を!

8.小涌谷の天然温泉付き山景別荘/箱根町

8.小涌谷の天然温泉付き山景別荘/箱根町

提供元:Heidiさん(Airbnb)

Airbnb

箱根湯本から直行バスで猿の茶屋バス停を下車。住友林業により全新改築された、土地面積270平米の広々とした貸別荘です。温泉風呂には、ホテルで高く評価されてきたアステック十和田石浴槽を採用。弱アルカリ性の天然温泉を24時間かけ流しているので好きなだけ良質な温泉を堪能できます。

大塚家具のこだわりの家具を備え、日本製西川羽毛掛ふとんを完備。キッチンやドラム式洗剤自動投入の洗濯機など、室内は最新設備が充実しています。

9.マウンテンビュー!キッズプレイルーム付き

9.マウンテンビュー!キッズプレイルーム付き

提供元:グランジョルノ箱根小涌谷(Airbnb)

Airbnb

「グランジョルノ箱根小涌谷」は箱根湯本駅からバスまたはタクシーで20〜40分。箱根国定公園内の1棟貸切別荘です。

マウンテンビューを楽しめるリビングにはカウンターキッチン付き。お風呂は100%天然掛け流しの小涌谷温泉です。お子様が夢中になって遊べるキッズプレイルームがあるので家族旅行にも最適。運が良ければ子鹿やニホンアナグマに出会うチャンスも!

10.強羅駅から徒歩3分、大文字も見える

10.強羅駅から徒歩3分、大文字も見える

提供元:強羅base(Airbnb)

Airbnb

「強羅base」は強羅駅から徒歩3分の民泊施設。高級別荘地として栄えた強羅エリアにはおしゃれなレストランや寺社仏閣、美術館がたくさんあります。

リーズナブルな値段設定ですが、2階建ての2階部分を貸切で利用可能。2021年にリノベーション済みのため、設備は最新で快適に宿泊できます。1階をあわせて予約すれば最大12名まで宿泊可。毎年8月に行われる強羅大文字焼ではお部屋から大文字を見られます。

11.愛犬と泊まれる露天温泉とドッグランのある貸切宿

11.愛犬と泊まれる露天温泉とドッグランのある貸切宿

提供元:プライベートリゾート犬の日(Airbnb)

Airbnb

緑の村という時間がゆっくり流れる別荘地帯に位置する「プライベートリゾート犬の日」。箱根の木々に囲まれて、森林浴を楽しみながら過ごせる民泊施設です。

2024年2月にデザイナーによるリフォームが完了した温泉宿は、1日1組限定。宿の名前の通り愛犬と一緒に癒しの時間を過ごせるのが最大の魅力です。2階建ての一軒家は2匹までワンちゃんの同伴無料。外では思い切り走り回れる広々ドッグランを完備しています。

12.カフェ隣接の昭和レトロなゲストハウス

12.カフェ隣接の昭和レトロなゲストハウス

提供元:和 ’s B&B paSeo(Airbnb)

Airbnb

ケーブルカー上強羅駅まで徒歩3分。ロープウェイで大涌谷に出かけたり、仙石原へは施設めぐりバスと観光に出かけるのも便利な立地です。

季節の花に囲まれた小さなカフェpaSeoの裏手に佇む「和 ’s B&B paSeo」は、築65年のホストのおじいちゃんが建てた和風建築一軒家をゲストハウスとしています。畳、襖、障子、布団など滞在を通して、昭和レトロでアナログな時間を過ごせます。隣接のカフェでは朝食、ランチ、ディナーの提供も。

13.彫刻の森美術館まで徒歩5分の好立地

13.彫刻の森美術館まで徒歩5分の好立地

提供元:スタジオーネ箱根彫刻の森(Airbnb)

Airbnb

強羅と小涌谷の中間地点の二ノ平エリアに佇む「スタジオーネ箱根彫刻の森」です。大文字焼きを望む美しい自然に囲まれていて、彫刻の森美術館までは徒歩5分。近隣には立ち寄り天然温泉、有名レストランやクラフトビール専門店があります。

キッチンには最新設備を揃えているため、料理好きな方もテンションが上がるはず。食材を持ち込んで料理や晩酌のおつまみ作りを楽しむのもいいですね。こちらはNorth棟で隣接するSouth棟も予約すれば最大13名宿泊可。

14.北欧風の上品なインテリアが素敵な天然無垢材の貸別荘

14.北欧風の上品なインテリアが素敵な天然無垢材の貸別荘

提供元:Matsunokiさん(Airbnb)

Airbnb

箱根登山バスの仙石バス停から徒歩4分。仙石原エリアにあり、周辺では仙石原すすき草原や箱根湿生花園などが楽しめます。

箱根の自然の中にある隠れ家のような貸別荘は、無垢の木の温かさが感じられる内装と上品なインテリアが魅力。ドアを開けた瞬間、木のやさしい香りに包まれます。おしゃれな薪ストーブや大きなダイニングテーブルに囲まれて穏やかな時間を過ごしましょう。階段を上ると秘密基地のようなロフトが広がります。

15.仙石原の大自然に包まれた貸別荘

15.仙石原の大自然に包まれた貸別荘

提供元:相睦菴 Soubokuan(Airbnb)

Airbnb

仙石原の大自然に包まれた「相睦菴 Soubokuan」。窓を開ければ清らかな空気を胸いっぱいに吸い込むことができ、朝は木漏れ日と鳥のさえずりで目を覚ますでしょう。

伝統的な日本建築の美しさと現代を融合させた貸別荘は、165平米4LDKの広々した和モダン空間。高い天井と梁が気持ちのいいリビングには、大人数でも快適なゆとりのあるソファスペースを備え最大10名まで宿泊できます。

16.マウンテンビュー&無料の朝食サービスが魅力

16.マウンテンビュー&無料の朝食サービスが魅力

提供元:Kayoさん(Airbnb)

Airbnb

仙石バス停より徒歩8分。箱根ガラスの森美術館まで徒歩15分の民泊施設です。3階建ての一軒家のうち、2階がすべてゲスト専用。フロア貸し切りですが3階にホストと飼い犬が住んでいます。

バルコニーからは大涌谷とススキノ原が一望でき、素晴らしいマウンテンビューを望めるのも魅力。朝食用にオーガニックのシリアル各種、ホームメイドグラノラ、コーヒー、紅茶などの用意があり、滞在中好きな時間にいただけます。

17.ザ・箱根といった感じの平屋別荘

17.ザ・箱根といった感じの平屋別荘

提供元:Eikaさん(Airbnb)

Airbnb

箱根湯本から直行バスで約25分。ロープウェイの起点となる早雲山までもバスで3分の民泊施設です。雄大な自然にたたずむ本格的な和空間と四季を感じる庭園は、まさに箱根の貸別荘という風格です。国内外の雑誌に取り上げられたこともあります。

8畳と6畳の和室と、20畳を超えるリビングダイニングが備わり、定員は9名まで。上質で広々としたお風呂ではプライベート温泉を堪能できます。泉質は弱アルカリ性で無色透明無臭。

18.バレルサウナ、温泉、BBQにドッグランも!

18.バレルサウナ、温泉、BBQにドッグランも!

提供元:Noel HAKONE GENSEN(Airbnb)

Airbnb

「Noel HAKONE GENSEN」は閑静な別荘地の頂上に佇む、大豪邸を完全貸切。6LLDDKK(3LDK×2フロア)と多目的ホールという広大な間取りの建物には、天然温泉やフィンランド式本格バレルサウナにウッドデッキも完備。リビングからはパノラマビューの景色が広がります。

バレルサウナはじっくり暖まる比較的低温のサウナなので、高温サウナが苦手な方でも楽しめますよ。最大20名まで宿泊OK。

19.大平台温泉郷内の高台にある、温泉付き別荘

19.大平台温泉郷内の高台にある、温泉付き別荘

提供元:Shunsukeさん(Airbnb)

Airbnb

小田原から30分の好アクセス。大平台温泉郷内の高台にあるプライベート温泉付き別荘です。お子様連れでも気兼ねなく温泉を満喫できる民泊施設です。駐車場完備。

世界的な建築家フランク・ロイド・ライトの流れを組む建築家が設計した建物で、開放的なリビングのほか2つの寝室を備えています。音楽がお好きな方はアンティークのレコードやピアノを楽しむこともできますよ。

20.天然温泉露天風呂付きの登録有形文化財

20.天然温泉露天風呂付きの登録有形文化財

提供元:ヤマグチハウス ヴィラ大平荘(Airbnb)

Airbnb

箱根登山鉄道大平台駅まで徒歩1分。「ヤマグチハウス ヴィラ大平荘」は1940年代後半に建てられた数寄屋風書院造りの建物です。富士屋ホテルの創業家一族、山口家が過ごす家として建てられた歴史があります。

派遣シェフサービスを予約すれば山口家に伝わる食器と地場産の食材を使ったプライベートのディナーを堪能することも。隣接しているスパではアロマトリートメントの施術を受けられます。

Airbnb(エアビー)を使って箱根で民泊しよう

箱根の民泊施設は、源泉をひいた浴場付きの施設もあり、温泉をリーズナブルに楽しめます。別荘貸し出しタイプもあり、旅館やホテルでは決して得られないラグジュアリーな滞在も可能。大人数ならお得になるのも民泊の良さ。今度の箱根旅行は、旅館もいいけど、個性的な施設が多い民泊も検討してみてはいかが?

Airbnb(エアビー)ではこの他にもたくさんの民泊施設を検索することができるので、リンクからぜひチェックしてみてくださいね。

(文:Yoko Anders

※掲載の施設情報は、2024年5月現在のものです。変更となる場合がありますので、詳細は必ずリンク先を確認してください。

掲載内容は執筆時点のものです。
この記事に関するお問い合わせ