草津周辺で民泊しよう!Airbnbで予約できるおすすめ5選

| 旅の専門家がお届けする観光情報

草津周辺で民泊しよう!Airbnbで予約できるおすすめ5選

草津周辺で民泊しよう!Airbnbで予約できるおすすめ5選

更新日:2018/07/27 17:46

LINEトラベルjp 編集部 新垣のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部 新垣

草津と言えば、温泉番付の東の横綱に君臨する人気温泉地。大小100以上もの源泉があり、湯畑のすぐ脇での湯もみ体験も人気。そんな草津は連泊してゆっくり楽しみたいですね。そこでオススメなのが、お得な料金で泊まることができる“民泊”での滞在。

Airbnb(エアビー)で予約ができる民泊施設を、草津温泉の中心にある湯畑近くから2軒、周辺の自然に囲まれた場所から3軒、厳選してご紹介します。

1.緑豊かな別荘地で、源泉かけ流し温泉付/草津町

1.緑豊かな別荘地で、源泉かけ流し温泉付/草津町

提供元:Yoshiさん(Airbnb)

https://www.airbnb.jp/rooms/20056343?irgwc=1&ircli…

こちらも緑豊かな別荘地に位置。見晴らしの良い丘に建つ2階建て一軒家の民泊施設です。草津温泉の中心街から徒歩15分。源泉かけ流しの温泉が楽しめるお風呂もあり、カップルや親子で入るにも十分な大きさ。電子レンジ、冷蔵庫、コンロなど完備のキッチンとダイニングテーブルもあり、食材を買ってきて調理することも可能。こういうことができるのも民泊の魅力ですね。

2.湯畑まで徒歩5分の宿坊/草津町

2.湯畑まで徒歩5分の宿坊/草津町

提供元:Tomoyoさん(Airbnb)

https://www.airbnb.jp/rooms/6214723?irgwc=1&irclid…

湯畑がある草津温泉の中心街まで徒歩5分の便利なところにある宿坊です。宿坊とはいえ、お風呂には温泉がひかれていて、草津の湯をリーズナブルに楽しむには最適の民泊施設です。お部屋は10畳の和室で3名まで宿泊可。希望があれば朝食の提供も可。冷蔵庫と電子レンジ、食器類も自由に使うことができます。

3.自然に囲まれた築134年の絶景古民家/東吾妻町

3.自然に囲まれた築134年の絶景古民家/東吾妻町

提供元:こうすけさん(Airbnb)

Airbnb

群馬県と長野県の県境に位置。草津温泉や四万温泉など沢山の温泉に囲まれているロケーションにある民泊施設です。築134年、山が一望できる絶景の古民家で、周りには畑や田んぼ、森など、昔ながらの日本の原風景が残っています。1階には囲炉裏があり、2階は、南側の側面がすべてガラス張り。素晴らしい景色を楽しめます。最大12名まで宿泊可。

4.天然温泉付き、築70年の古民家を一軒家貸し切り/吾妻町

4.天然温泉付き、築70年の古民家を一軒家貸し切り/吾妻町

提供元:Hisakoさん(Airbnb)

Airbnb

築70年の古民家をリフォーム。24時間入れる天然温泉の浴槽が2つあるのが自慢の民泊施設です。一軒家貸し切りタイプなので、ゆったりした時間の中、プライベートな空間で過ごしたいという方にオススメ。外には広いお庭にハンモックとBBQ施設、乗用車が10台駐車できる駐車場、古井戸、隣の杉林にはツリーハウスもあります。バス停までは徒歩3分。最寄のJRの駅までバスで20分です。

5.大人数での田舎暮らし体験に最適/嬬恋町

5.大人数での田舎暮らし体験に最適/嬬恋町

提供元:Franciscoさん(Airbnb)

Airbnb

緑に囲まれた自然豊かな場所にある民泊施設です。近くには美しい川も流れています。屋外スペース、BBQデッキなどもあり、最大9名で宿泊可。グループ旅行や仲の良い家族連れで田舎暮らしを体験するのに最適。キッチンにはオーブン、グリル、ホットプレートなどの調理器具た食器も揃っています。草津、軽井沢、浅間山へのアクセスも便利。

Airbnbを使って草津で民泊しよう

草津の民泊施設は、温泉街にある温泉をリーズナブルに楽しめる施設や、別荘をまるごと貸し切り利用できる施設など、旅のスタイルに合わせて選べます。特に、別荘は旅館やホテルでは得られないプライベートな空間でゆったり過ごすことができます。大人数ならお得に泊まれるのも民泊の良さ。今度の草津旅行は、旅館もいいけど、個性的な施設が多い民泊も検討してみてはいかが?

Airbnbではこの他にもたくさんの民泊施設を検索することができるので、リンクからぜひチェックしてみてくださいね。

※掲載の施設情報は、2017年9月現在のものです。変更となる場合がありますので、詳細は必ずリンク先を確認してください。

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ