やっぱり行きたい!秋田の秘湯・名湯・絶景温泉10選

| 旅の専門家がお届けする観光情報

やっぱり行きたい!秋田の秘湯・名湯・絶景温泉10選

やっぱり行きたい!秋田の秘湯・名湯・絶景温泉10選

更新日:2018/08/23 16:39

南 かおりのプロフィール写真 南 かおり ほっこり旅ブロガー、青森出身の山形探訪人

全国的にも名高い秘湯である乳頭温泉郷をはじめ、温泉好きならば一度は行ってみたいと憧れるような多彩な秘湯・名湯に恵まれた秋田県。たどり着くまではちょっと大変かもしれないけど、大自然の絶景を眺めつつ憧れの温泉につかれば、日ごろの疲れやストレスもお湯に溶けていくに違いありません。LINEトラベルjp ナビゲーターが現地徹底取材した、行ってみたい秋田の温泉10選をご紹介します。

1.乳頭温泉郷

1.乳頭温泉郷

日本一有名な秘湯!秋田・乳頭温泉郷「鶴の湯」で趣たっぷりな内湯巡り

地図を見る

国内のみならず海外のメディアにも取り上げられるほど有名な「乳頭温泉郷」。十和田・八幡平国立公園 乳頭山麓に7つの一軒宿が点在し、多様な泉質の湯が湧き出ているこの温泉地は一度は訪れたい秘湯です。なかでも、最古の歴史を誇る“鶴の湯”は、日本一有名な秘湯と呼ばれ大変人気があります。
「乳頭温泉郷」の7湯をめぐることができる“湯めぐり帖”や“湯めぐり号”を利用し、宿泊しての温泉三昧がおすすめ。

<基本情報>
住所:秋田県仙北市田沢湖
電話:(各温泉宿へ問い合わせ)
アクセス:東北自動車道盛岡ICより車で約1時間この写真の記事を見る ≫

2.玉川温泉

2.玉川温泉
八岳木 流泉

秋田・美しの紅葉と効能溢れる癒しの湯治宿「玉川温泉」by 八岳木 流泉

地図を見る

十和田八幡平国立公園の中にあり湯治場として有名な「玉川温泉」。静かな環境での湯治場を主とする施設ですが一般の外来入浴も可能です。“玉川温泉自然研究路”と呼ばれる約1kmの散策路も見どころ。源泉が流れ湯けむりがモウモウと上がる湯の川の風景は迫力満点です。
岩盤浴発祥の地と呼ばれる天然の屋外岩盤浴での湯治が特に有名です。

<基本情報>
住所:秋田県仙北市田沢湖玉川字渋黒沢
電話:0187-58-3000(玉川温泉地区予約センター)
アクセス:JR田沢湖線田沢湖駅からバスで1時間30分、東北自動車道鹿角八幡平ICから車で1時間(一部冬季通行止め)この写真の記事を見る ≫

3.蒸ノ湯温泉

3.蒸ノ湯温泉

幻想的な地球の息吹!秋田「秘湯の宿 ふけの湯」で自然の凄さに圧倒されよう!

地図を見る

秋田と岩手にまたがる八幡平エリアの秋田県側にある八幡平最古の秘湯「蒸ノ湯(ふけのゆ)温泉」。多彩な内湯と露天風呂のある一軒宿“ふけの湯”のあたり一面には湯けむりが立ち込めています。
「蒸ノ湯温泉」の名物は、草木もあまり生えておらずワイルドで荒々しい風景の中にある“野天風呂”。その野性味あふれる屋根も囲いもない露天風呂に浸かれば、幻想的な地球の息吹を感じることでしょう。
(雪深い場所のため11月初旬から4月下旬にかけては冬季休業)

<基本情報>
住所:秋田県鹿角市八幡平字熊沢国有林内
電話:0186-31-2131
アクセス:東北自動車道鹿角八幡平ICから車で40分、JR田沢湖線田沢湖駅から車で80分この写真の記事を見る ≫

4.後生掛温泉

4.後生掛温泉
遠藤 まさみ

伝説の名湯!八幡平・後生掛温泉はあったかオンドル部屋で湯治体験by 遠藤 まさみ

地図を見る

「馬で来て足駄(あしだ:高い歯の下駄)で帰る」とうたわれ、効能の高い湯として知られる秘湯の一軒宿「後生掛(ごしょうがけ)温泉」。秋田県と岩手県県境の八幡平を横断する絶景の八幡平アスピーテライン沿いにあり、冬期も営業しています。
4種類の異なる泉質が楽しめる後生掛温泉のなかでも、美肌効果が期待できる“泥風呂”や木箱から首だけ出して温泉に蒸される“箱蒸し風呂”がおすすめです。

写真提供:八幡平後生掛温泉

<基本情報>
住所:秋田県鹿角市八幡平熊沢国有林内
電話:0186-31-2221(旅館部) 0186-31-2222(湯治部)
アクセス:東北自動車道鹿角八幡平ICから車で約40分
※後生掛温泉は冬季休業ではありませんが、周辺道路が一部冬期通行止めとなります。道路情報を確認の上アクセスしてください。この写真の記事を見る ≫

5.水沢温泉

5.水沢温泉
野水 綾乃

コバルトブルーの湯に感激!秋田の穴場「露天風呂水沢温泉」by 野水 綾乃

地図を見る

秋田駒ヶ岳の西麓、田沢湖高原に位置する「水沢温泉」。眼下には日本一の深さを誇る田沢湖が広がり、近くには県内最大規模の“たざわ湖スキー場”があります。秋田新幹線田沢湖駅から乳頭温泉郷へと向かうバス路線沿いにあり、比較的アクセスしやすいのが魅力。
目の覚めるようなコバルトブルー色のお湯が特徴的で、日帰り入浴だけでなく自炊湯治も可能で格安の料金設定です。秋田の秘湯めぐりや田沢湖周辺の観光の拠点におすすめですよ。

<基本情報>
住所:秋田県仙北市田沢湖生保内字下高野73-15
電話:0187-46-2111
アクセス:JR秋田新幹線田沢湖駅からバスで25分 水沢温泉郷バス停前下車この写真の記事を見る ≫

6.男鹿温泉郷

6.男鹿温泉郷
権丈 俊宏

なまはげの里、秋田県男鹿温泉!「元湯 雄山閣」でかけ流しの名湯と旬の海の幸を満喫by 権丈 俊宏

地図を見る

“なまはげの里”として有名な男鹿(おが)半島の一角に位置する「男鹿温泉」。温泉街でも至る所でなまはげのモニュメントや調度品をみることができます。
全7軒の旅館・ホテルがあり、宿泊する温泉も含めて3軒のお湯を巡ることができるお得な企画(男鹿温泉湯めぐり:1,000円)があります。こちらを購入すると“魔除のなまはげ包丁”を記念品として進呈されます。各宿で異なるお湯の違いを感じとりながら温泉巡りできるのが魅力的です。

<基本情報>
住所:秋田県男鹿市
電話:0185-33-319(男鹿温泉郷協同組合)
アクセス:JR秋田新幹線秋田駅からエアポートライナーで1時間、秋田空港からエアポートライナーで1時間半この写真の記事を見る ≫

7.秋の宮温泉郷(鷹の湯温泉)

7.秋の宮温泉郷(鷹の湯温泉)
藤田 聡

紅葉名所の中の秘湯!湯沢市・秋の宮温泉郷「鷹の湯温泉」で紅葉狩りby 藤田 聡

地図を見る

秋田県湯沢市、秋の宮温泉郷を代表する秘湯「鷹の湯温泉」。秋田県内最古の温泉地として知られ、文人・武者小路実篤ゆかりの宿などもある風光明媚な温泉地です。一軒宿が点在しており、各宿ごとに異なる源泉を持っているため、泉質で温泉宿を選ぶことができます。
時期によっては、温泉が湧く川原を自分で掘って足湯を作れる場所も。秋の宮温泉郷は名前の通り紅葉の名所でもあり、秋には見事な紅葉を眺めることができます。

<基本情報>
住所:秋田県湯沢市秋の宮
電話:(各宿に問い合わせ)
アクセス:JR奥羽本線横堀駅下車この写真の記事を見る ≫

8.小安峡温泉

8.小安峡温泉
右肩

温泉が吹き出す渓谷!紅葉もキレイな秋田湯沢・小安峡温泉by 右肩

地図を見る

秋田県南東部の湯沢市、栗駒山ほど近くにある「小安峡(おやすきょう)温泉」。“小安峡”と呼ばれる渓谷と並行して走る国道沿いに、温泉宿や飲食店が立ち並ぶこぢんまりとした温泉地です。十数軒の温泉宿のほか共同浴場などもあります。
深い谷底から温泉が吹き出して湯けむりが立ち込めている“大噴湯(だいふんとう)”は、小安峡一番人気のビュースポットです。

<基本情報>
住所:秋田県湯沢市皆瀬
電話:0183-47-5080(湯沢市観光物産協会)
アクセス:湯沢横手道湯沢ICから車で40分、JR奥羽本線湯沢駅から車で45分この写真の記事を見る ≫

9.須川温泉

9.須川温泉
右肩

紅葉と絶景温泉ダブルで秋を満喫!栗駒山(秋田側)須川高原by 右肩

地図を見る

栗駒山の北側、岩手県と秋田県の県境にある「須川温泉」。源泉からは毎分6,000リットルという日本有数の湧出量を誇り、湧き出る温泉は酸っぱく、そのお湯が川となって流れる様から古い文献では酢川と記されていました。
「須川温泉」の秋田県側にある“栗駒山荘”の長くて大きい露天風呂からの眺望は絶景。栗駒の山々を見渡す開放的な景色を眺めつつ、湯の花が舞う乳白色のお湯に浸かることが出来ます。
※冬期は休業。

写真提供:秋田県観光キャンペーン推進協議会事務局

<基本情報>
住所:秋田県雄勝郡東成瀬村椿川字仁郷山国有林(栗駒国定公園内)
電話:0182-47-5111(栗駒山荘)
アクセス:東北自動車道一関ICから車で80分この写真の記事を見る ≫

10.川原毛大湯滝

10.川原毛大湯滝
藤田 聡

秋田「川原毛大湯滝」は滝壺が天然の絶景露天風呂!夏季限定の無料温泉by 藤田 聡

地図を見る

日本三大霊場のひとつ“川原毛地獄”(秋田県湯沢市)で湧いた温泉が沢水と一緒に流れ下り、巨大な滝自体が天然温泉になっている「川原毛大湯滝」。日本でも極めて珍しい野性的な温泉(野湯)です。
滝壺に水着を着て入る無料の絶景露天風呂で、日本三大野湯としてテレビでも紹介。7月から9月の夏季限定のレアな温泉です。 シーズン中は脱衣所が設置されています。

<基本情報>
住所:秋田県湯沢市高松
アクセス:湯沢横手道須川ICから車で30分の川原毛大湯滝駐車場から徒歩約15分この写真の記事を見る ≫

秋田の温泉はこれでキマリ!

秋田の名湯・秘湯はアクセスが不便な国立公園内にあるなど、たどり着くまでに時間もかかりますが、ダイナミックな自然の絶景を眺めつつ入れる絶景露天風呂が数多くあります。下界を離れ山深い地でとろけるようなお湯に浸かれば、日ごろのストレスも吹き飛ぶことでしょう。ぜひ秋田の名湯・秘湯へ行ってみてくださいね。

2017年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ