屋久島のおすすめペンション6選 アットホームな雰囲気が最高!

屋久島のおすすめペンション6選 アットホームな雰囲気が最高!

更新日:2023/09/14 13:34

トラベルjp 編集部のプロフィール写真 トラベルjp 編集部

屋久島で泊まるならペンションがおすすめ!アットホームな雰囲気でのんびり過ごせて、比較的リーズナブルに泊まれるのも魅力です。地元の情報をよく知るオーナーとの交流が楽しめるペンションも!食事自慢の宿に泊まれば、屋久島のグルメを満喫できますね。今回は屋久島でおすすめのペンションをご紹介します。屋久島を思う存分楽しみましょう!

1.ペンション ラ・イスラ・タセ

1.ペンション ラ・イスラ・タセ
提供元:楽天トラベル地図を見る

「ペンション ラ・イスラ・タセ」は、屋久島の観光拠点に便利な安房地区にある洋館ペンションです。安房川に面して佇み、レンガ造りの北米スタイルの外観が印象的。

客室は、白が基調の清潔感ある内装でシングル・ツイン・和室を備えています。リビング・ダイニングなどの共有スペースは、ヨーロピアン調の家具や調度品を配したクラシカルで落ち着いた趣き。また、開放感抜群のガーデンや手作りの朝食も魅力のひとつです。

2.屋久島ペンション 苺一笑

2.屋久島ペンション 苺一笑
提供元:楽天トラベル地図を見る

屋久島空港より車で約3分、徒歩7分の抜群の立地を誇る「屋久島ペンション 苺一笑」。豊かな自然環境の中、屋久島の実家に訪れたような感覚でステイできるアットホームなペンションです。

管理栄養士の資格を持つオーナーが腕を振るう創作郷土料理が自慢!地元のオーガニック食材をふんだんに使った栄養満点のお食事が味わえます。また、館内は木の温もりを感じる設え。トイレは全室に完備、バスルーム付きの客室もあるので女子旅でも安心です。

3.Luana House

3.Luana House
提供元:楽天トラベル地図を見る

「Luana House」は、2018年に開業したハワイをイメージしたペンション。屋久島の豊かな自然を堪能できる広いオープンデッキを備え、オーシャンビューを満喫できます。

客室は洋室と和室合わせて4室あり、モッチョム岳を望むマウンテンビューと海側のオーシャンビュー。お食事は、自家栽培の野菜や四季折々の屋久島の食材を使ったお料理をダイニングルームにていただけます。館内の様々な場所で感じられるアロハスピリットがおしゃれな一軒!

4.ペンション ハロー

4.ペンション ハロー
提供元:楽天トラベル地図を見る

冬でも温暖な島の南側、尾之間の集落に位置する「ペンション ハロー」。屋久島随一の温泉街でありペンションから徒歩10分の場所では、お肌がつるつるの温泉を楽しめます。

客室は洋室が合計8室。グループや家族での滞在の場合は、2つのお部屋を繋げるコネクティングルーム対応も可能で4〜5名で利用できます。また、共用のバスルームに加え、広めの家族風呂を完備しているのも嬉しいポイント!バス停からも近いので車がない人にも便利な立地です。

5.BLUE DROP

5.BLUE DROP
提供元:楽天トラベル地図を見る

「BLUE DROP」は屋久島の最南端、平内地区にある1日3組限定のペンションです。屋久島の杉を天井、壁、床と贅沢にあしらった杉の香りが感じられる宿。

館内の随所に配されたカラフルなオリジナルのステンドグラスも魅力で、暖かな日差しで輝く様子に癒されます。客室は、2段ベットが2つ入ったファミリールームとツインを完備。地元食材を使った屋久島会席や薬膳サムゲタンなど、自家製のEM栽培・無農薬の野菜を使って提供する拘りのお食事も評判です。

6.ペンション シーフォレスト

6.ペンション シーフォレスト
提供元:楽天トラベル地図を見る

屋久島観光の拠点としても人気の宮之浦にある「ペンション シーフォレスト」。全室バス・トイレ付きが魅力で、和室と洋室を備えています。和室は6畳と8畳があり、最大5名1室まで宿泊可能。

お食事は、料理長が自ら食材を厳選して作る屋久島ならではの味覚を堪能できます。あさひがにや伊勢海老などの豪華食材を使った島のグルメコースと毎日日替わりのメニューが楽しめるスタンダードコースからチョイス!また、貸切で利用できる半露天風呂も好評です。

屋久島らしさを体感できるペンションで旅の醍醐味を味わおう!

世界遺産が楽しめる島として人気の屋久島。手つかずの豊かな自然に囲まれた環境が魅力で、中でもペンションはアットホームな雰囲気が好きな人におすすめの滞在先です。

オーナーの拘りが詰まった館内や、地元グルメが味わえるお食事など大型ホテルでは体験できない細かなおもてなしや人との交流が醍醐味!また、空港に近いエリアや観光に便利な安房、宮之浦エリア、温泉も楽しめる尾之間地区など旅のニーズ合わせて宿泊する場所を選ぶのも良いでしょう。

2023年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- 広告 -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- 広告 -