那覇のおすすめ観光スポット17選!首里城から隠れたパワスポまで

| 旅の専門家がお届けする観光情報

那覇のおすすめ観光スポット17選!首里城から隠れたパワスポまで

那覇のおすすめ観光スポット17選!首里城から隠れたパワスポまで

更新日:2018/01/19 09:33

トラベルジェイピー編集部 新垣のプロフィール写真 トラベルジェイピー編集部 新垣

那覇というと首里城、国際通り、牧志公設市場が有名ですが、それだけじゃない! ビーチ、桜の名所、屋台村、鮮魚市場、そして知る人ぞ知る隠れたパワースポットまで魅力的な観光スポットがたくさん。那覇市内だけで2日間は十分楽しめますよ。

沖縄観光に詳しいトラベルjpナビゲーターが、那覇のおすすめの観光スポットを、定番から穴場まで徹底ガイド。番外編では那覇空港近くの絶景の海を眺められるオシャレスポットも!

1.波の上ビーチ

1.波の上ビーチ
平井 翔子

散歩に最適!那覇「波の上ビーチ」は歩いて行けちゃう都市型ビーチby 平井 翔子

地図を見る

沖縄といえば海! とってもきれいなビーチが県内随所に点在していますが、県庁所在地の那覇市内にもビーチがあります! 波の上うみそら公園の「波の上ビーチ」は、国際通りからも歩いて20分。ゆいレールの県庁前駅からだと歩いて15分で到着します。

住宅街や繁華街からすぐのとても日常的な場所なので、遠くのビーチよりもリラックスした空気が流れています。想像以上にきれいなビーチの砂浜には、カラフルな貝や珊瑚などもありビーチコーミングもOK。更衣室・ロッカーなどの設備も整い、バーベキューエリアもありますよ。この写真の記事を見る ≫

1.波の上ビーチ
平井 翔子

散歩に最適!那覇「波の上ビーチ」は歩いて行けちゃう都市型ビーチby 平井 翔子

地図を見る

明るい昼間とは打って変わって、夜は一気にムーディーです。目の前の橋がライトアップするため、独特の雰囲気を醸し出してくれます。ビーチの前に大きな橋なんて、滅多にないシチュエーションですね。

<基本情報>
住所:那覇市辻3-3-1
電話番号:098-863-7300(管理事務所)
アクセス:国際通りから徒歩約20分この写真の記事を見る ≫

2.波上宮(なみのうえぐう)

2.波上宮(なみのうえぐう)
bow

その名の通り波の上!「波上宮」は沖縄の青い海を見下ろす由緒ある神社!by bow

地図を見る

那覇市内にある「波上宮(なみのうえぐう)」はその名の通り、波の上ビーチのすぐそば、青い海を見渡す崖の上に立っています。琉球王国から王府から特別の扱いを受けたという琉球八社の最高位に位置する、由緒ある神社でもあるのです。

沖縄らしい拝殿は美しい朱塗りが目に眩しい、南国らしいたたずまい。祀っているのは熊野三所権現で、沖縄といえば独自の御嶽(うたき)信仰が盛んな土地ですが、なぜか熊野権現を祀る神社が多いのが特徴です。

写真提供:インディ / PIXTA

<基本情報>
住所:那覇市若狭1-25-11
電話番号:098-868-3697(波上宮社務所)
アクセス:ゆいレール旭橋駅から徒歩約15分この写真の記事を見る ≫

3.与儀公園

3.与儀公園
離島 こむ

衝撃的な桜の色!沖縄那覇の桜の名所「与儀公園」で花見をしようby 離島 こむ

地図を見る

春の風物詩、桜。沖縄では冬に咲き乱れます。しかも沖縄の寒緋桜はピンクの色がとても鮮やか。南国沖縄らしい濃い色彩が広がります。そんな色鮮やかな桜の名所が、那覇市内にあります。それが国際通りからもアクセスしやすい「与儀公園」。

南国沖縄では、桜の背後にパームツリーという変わった光景を望めます。冬の沖縄で、春の象徴である桜と夏の象徴のパームツリーが同時に望めるなんて、他ではなかなか見られない絶景ですね。しかも沖縄の空の色は、冬でも晴れれば深い青色。鮮やかな桜のピンク色と、空の深い青色とのコントラストも冬の沖縄ならではです。

<基本情報>
住所:那覇市寄宮1-1
アクセス:国際通りから徒歩約10分この写真の記事を見る ≫

4.国際通り

4.国際通り
高野 祥

オシャレでエコ!那覇・国際通り近くで便利な「KARIYUSHI LCH. PRE…by 高野 祥

地図を見る

沖縄一の繁華街「国際通り」は、ゆいレール県庁前駅に近い県庁北口交差点(パレットくもじ前)から牧志駅あたりまで約1.6kmある道路。お土産店や飲食店が軒を連ね、一日中観光客で賑わっています。毎週日曜日には歩行者天国(トランジットモール)となり、オープンカフェやストリートパフォーマンス、イベントなども実施していて、1日中楽しめます。

国際通り沿いには宿泊施設もたくさん。ショッピングしたり、沖縄料理店、居酒屋などで夜遅くまで楽しみたい方は、国際通り沿いのホテルやゲストハウスなどがオススメです。この写真の記事を見る ≫

5.平和通り商店街・市場本通り商店街

5.平和通り商店街・市場本通り商店街
Mizuki Yoshi

市場食堂に屋台村!沖縄那覇・牧志駅界隈で「ゆらりあちねー」な賑わいを楽しむby Mizuki Yoshi

地図を見る

国際通りで一番沖縄らしさを感じることができるのがゆいレール牧志駅を降りて西方向に歩いたあたり。少し脇にそれると、沖縄の雰囲気が溢れる「平和通り商店街」「市場本通り商店街」といった商店街があります。中でも「平和通り商店街」は、表通りの整然とした趣とは違い、混とんとしたアジアらしい雰囲気の別世界。この写真の記事を見る ≫

5.平和通り商店街・市場本通り商店街
離島 こむ

美味しい店は奥にある!雨でも安心!那覇・アーケード街の名店は公設市場をスルーして…by 離島 こむ

地図を見る

また、「市場本通り商店街」は、アーケード街の中心的な存在で観光名所でもある牧志公設市場へも通じるメイン通り。道路に屋根がかかっているので、傘がなくても移動が楽々。しかもアーケード街にはディープなお店が多く、特に牧志公設市場を越えた先には安ウマの名店がいっぱい。ディープで美味しい沖縄を楽しむなら、「平和通り商店街」「市場本通り商店街」はマストですよ。この写真の記事を見る ≫

6.第一牧志公設市場

6.第一牧志公設市場
安藤 美紀

沖縄「第一牧志公設市場」沖縄の珍食材の宝庫へ、いざ潜入!by 安藤 美紀

地図を見る

那覇の国際通りから市場本通り商店街入ったところにあるのが「第一牧志公設市場」。沖縄のありとあらゆる食材が手に入るところで、カラフルな魚や豚の顔など、ビックリするような沖縄の珍食材も目にすることが出来ます。この写真の記事を見る ≫

6.第一牧志公設市場
安藤 美紀

沖縄「第一牧志公設市場」沖縄の珍食材の宝庫へ、いざ潜入!by 安藤 美紀

地図を見る

1階の市場で購入した魚は、2階の食堂で食べられます。まるで熱帯魚のような色をしたグルクンやイラブチャーなどを唐揚げにしたり、チャンプルー料理を食べたりと、沖縄グルメをここで思いっきり頂いてみましょう。

<基本情報>
住所:那覇市松尾2-10-1
電話番号:098-867-6560(第一牧志公設市場 管理事務所)
アクセス:ゆいレール牧志駅から徒歩約9分この写真の記事を見る ≫

7.国際通り屋台村

7.国際通り屋台村
羽田 さえ

沖縄を丸ごと手軽に味わえる!「国際通り屋台村」by 羽田 さえ

地図を見る

国際通りの牧志駅から徒歩4分、平和通り商店街からも近い「国際通り屋台村」は、2015年6月に誕生した人気グルメスポット。地産地消をテーマに20の屋台が軒を連ねる一大フードパークです。営業時間は、朝10時から深夜2時までですが、11時から23時までのコアタイムは、すべてのお店が営業しています。この写真の記事を見る ≫

7.国際通り屋台村
羽田 さえ

沖縄を丸ごと手軽に味わえる!「国際通り屋台村」by 羽田 さえ

地図を見る

ジェラートやカフェ、寿司や鉄板焼きなど、居酒屋以外のジャンルも充実。敷地内には小さなステージがあり、島唄やエイサーなどのイベントが開催されることも。沖縄フードをつまみにオリオンビールを飲むと、気分はもうウチナーンチュ!

<基本情報>
住所:那覇市牧志3-11-16,17
アクセス:ゆいレール牧志駅から徒歩4分この写真の記事を見る ≫

8.壺屋やちむん通り

8.壺屋やちむん通り
羽田 さえ

さんぴん茶に沖縄ぜんざい!「壺屋やちむん通り」でまったりカフェタイムby 羽田 さえ

地図を見る

国際通りから平和通りのアーケードを約5分ほど歩くと「壺屋やちむん通り」に到着します。“やちむん”とは焼物のことで、その名の通り、窯元や焼物の店が50ほど軒を連ねています。各店舗では趣向をこらした大小さまざまの器が揃っており、旅の思い出となるお土産にもおすすめ。陶芸体験ができる窯元や教室もあるので、お時間があれば是非体験してみましょう。この写真の記事を見る ≫

8.壺屋やちむん通り

那覇・壺屋やちむん通りでお気に入りの逸品を見つけませんか

地図を見る

壺屋エリアの石垣が続く路地の奥には14の窯元が点在し、創作活動を続けています。中でも、公設市場寄りの場所にある“南ヌ窯(ふぇーぬかま)”は、荒焼き専用の登り窯として現存し公開されており、琉球王府が作った由緒ある窯(沖縄県指定文化財)として大切に保存されています。

<基本情報>
アクセス:ゆいレール牧志駅から徒歩約15分この写真の記事を見る ≫

9.桜坂劇場

9.桜坂劇場
aco

今と昔が混在する「桜坂劇場」は沖縄文化のセレクトショップ!by aco

地図を見る

牧志公設市場と国際通りとの間の桜坂と呼ばれる辺りは、昭和の香り漂うディープなエリア。小さな飲み屋が軒を連ね、夜になると独特の雰囲気が街を包みます。その桜坂のランドマーク的存在が「桜坂劇場」。1953年に芝居小屋として開業された歴史ある名館で、アメリカ施政権下にあった時を経て、今ではのんびりとした沖縄時間が流れる文化スポットとなっています。この写真の記事を見る ≫

9.桜坂劇場
aco

今と昔が混在する「桜坂劇場」は沖縄文化のセレクトショップ!by aco

地図を見る

ここで観光客にもおすすめなのが、劇場の2階まで続く“ふくら舎”のセレクトショップ。独自の切り口で文化や生活スタイルを紹介する沖縄のローカル雑誌や歴史書、地元アーティストによる絵本、沖縄の音楽CDから、工芸品や手作りクラフトが所狭しと並び、沖縄好きな方ならきっと楽しい時間を過ごせますよ。

<基本情報>
住所:那覇市牧志3-6-10
電話番号:098-860-9555(劇場窓口)
アクセス:ゆいレール牧志駅から徒歩6分この写真の記事を見る ≫

10.首里城

10.首里城
小谷 結城

世界遺産!琉球王国の王城で知る歴史とグスク〜首里城〜by 小谷 結城

地図を見る

沖縄にはかつて琉球王国があり、統治者が築いた城は“グスク”と呼ばれ、2000年12月には5件のグスクと4件のグスク関連遺産が“琉球王国のグスク及び関連遺産群”として世界遺産に登録。那覇市の「首里城」は、琉球を統一した尚巴志が1406年に移ってから明治政府に明け渡すまでの475年間、歴代国王の居城として、また琉球国の政治の中心として活躍したグスクです。駐車場から少し歩くと有名な守礼門が見えてきます。この写真の記事を見る ≫

10.首里城
小谷 結城

世界遺産!琉球王国の王城で知る歴史とグスク〜首里城〜by 小谷 結城

地図を見る

守礼門をくぐると沖縄のグスクの真骨頂、曲線に積まれた圧巻の城壁が。そして、勧会門から城内に入ると東シナ海を一望できる圧巻の絶景。石垣の先に沖縄らしいコンクリート造の白い町並みが広がり、果ては太平洋でも日本海でもなく、東シナ海。沖縄が凝縮した景色も首里城の魅力なのです。この写真の記事を見る ≫

10.首里城
大里 康正

世界遺産の首里城で知られざる「琉球」と「中国」の歴史を巡ろうby 大里 康正

地図を見る

龍樋から瑞泉門、漏刻門を通り、その先の広福門からは有料区域の正殿です。1階は国王が政治の一切をとりおこなう場所であり、2階では王と親族により儀式が執り行われていました。正殿内にある御差床(うさすが)と呼ばれる絢爛豪華な玉座も必見。

<基本情報>
住所:那覇市首里金城町1-2
電話番号:098-886-2020(首里城公園管理センター)
アクセス:ゆいレール首里駅から守礼門まで徒歩約15分。首里駅からは路線バスもあり。この写真の記事を見る ≫

11.玉陵(たまうどぅん)

11.玉陵(たまうどぅん)
大里 康正

首里城近くの見どころ3選!世界遺産玉陵と金城町石畳道、安國寺の魅力by 大里 康正

地図を見る

首里城の近くには首里城と併せて足を運んでおきたい観光地があります。それが世界遺産である「玉陵(たまうどぅん)」。尚真王が父である尚円王のために構築した陵となっています。玉陵内部にある玉陵碑は、1501年に建てられ、この地に葬られるべき人の名前が刻まれています。この写真の記事を見る ≫

11.玉陵(たまうどぅん)
大里 康正

首里城近くの見どころ3選!世界遺産玉陵と金城町石畳道、安國寺の魅力by 大里 康正

地図を見る

玉陵では、ガジュマルが生い茂っています。静けさの中にガジュマルの根がむき出しの場所があり、静けさの中だからこそ感じられる迫力があると言えます。こちらも見どころの一つ。

<基本情報>
電話番号:098-885-2861(玉陵管理事務所)
アクセス:ゆいレール首里駅から徒歩約15分この写真の記事を見る ≫

12.首里金城町の石畳道

12.首里金城町の石畳道
礼 不二子

那覇市「金城町石畳」はパワースポットと16世紀へと続く道by 礼 不二子

地図を見る

首里城からも近い「首里金城町の石畳道」は、16世紀に那覇の港から守礼門の脇まで整備された道。現在は金城町の約240mだけが当時の石畳の姿で訪れる人を癒してくれています。赤瓦の石垣に囲まれた「金城町の石畳」風景は、16世紀の面影と栄えていた首里の街を感じる事ができます。この写真の記事を見る ≫

13.首里金城町の大アカギ

13.首里金城町の大アカギ

神が降りる「首里金城の大アカギ」

地図を見る

首里金城町の石畳道を進んでいくと姿を現すのが、年に一度だけ願い事を叶えてくれるという言い伝えがある「金城の大アカギ」。推定樹齢200年のアカギの大木は、1972年に沖縄が日本に返還されたと同時に、国の天然記念物にも指定。とても神聖な雰囲気のするパワースポットでもあり、首里金城町の神の木と言われています。

<基本情報>
住所:那覇市首里金城町3-18
アクセス:ゆいレール首里駅から徒歩約15分この写真の記事を見る ≫

14.泊いゆまち

14.泊いゆまち
二宮 うらら

ワンコインで生マグロ丼を満喫!那覇「泊いゆまち」は漁港直結市場by 二宮 うらら

地図を見る

沖縄はマグロの水揚げがとても多く、クロマグロ、メバチ、キハダの三種類では全国3位の漁獲量を誇っています。沖縄に来たら是非美味しい生まぐろも食べておきたいところ。そこでおすすめなのが那覇・泊漁港にある「泊いゆまち」。漁業共同組合や沖縄県近海鮪漁協などがある泊漁港の敷地にある市場で、港でせり落とされた魚がすぐに店頭に並びます。この写真の記事を見る ≫

14.泊いゆまち
二宮 うらら

ワンコインで生マグロ丼を満喫!那覇「泊いゆまち」は漁港直結市場by 二宮 うらら

地図を見る

ちなみに“いゆ”とは沖縄の方言で魚のことをいい、“まち”は市場の意味。沖縄の市場といえば那覇一番の繁華街、国際通り近くにある「牧志第一公設市場」が有名ですが、マグロを求めて出かけるのなら断然コチラ!

<基本情報>
住所:那覇市港町1丁目1-18
電話番号:098-868-1096
アクセス:那覇空港から車で約15分この写真の記事を見る ≫

15.沖宮

15.沖宮
陽月 よつか

天照大御神が沖縄に降臨!?沖宮は知る人ぞ知るパワースポットby 陽月 よつか

地図を見る

パワースポットの宝庫である沖縄。斎場御嶽が有名ですが、那覇市内にも天照大御神(あまてらすおおみかみ)が伊勢に渡る前に降臨されたという隠れた聖地、パワースポットがあることをご存じでしょうか? そこは那覇市の奥武山公園内にある「沖宮(おきのぐう)」。特に山頂の黄金森(くがにむい)とも呼ばれる場所は、神聖な空気の漂うこの神社の中でも最大のパワースポットです。この写真の記事を見る ≫

15.沖宮
陽月 よつか

天照大御神が沖縄に降臨!?沖宮は知る人ぞ知るパワースポットby 陽月 よつか

地図を見る

拝殿の裏へ回ると、住吉神社と弁財天宮があります。カフェもあり、コーヒーや紅茶をいただくこともできますよ。境内の清らかな空気の中に、南国の花々が咲き、鳥や虫の声が響く。こんな鎮守の杜は、南国沖縄の「沖宮」ならではです。

<基本情報>
住所:那覇市奥武山町44番地
電話番号:098-857-3293
アクセス:モノレール奥武山駅から徒歩3分この写真の記事を見る ≫

16.漫湖

16.漫湖
bow

沖縄のwetland「漫湖」についてそろそろ真剣に語ろうby bow

地図を見る

沖縄本島を旅したことがある方ならご存知かと思われるのが那覇市にある「漫湖」。本土では口にしにくい名前だけにそのインパクトで記憶に残っている方も多いことでしょうが、ここにはラムサール条約に登録されている水鳥の生息地でもあり、意外と観光客でも楽しめるスポットになっています。この写真の記事を見る ≫

16.漫湖
bow

沖縄のwetland「漫湖」についてそろそろ真剣に語ろうby bow

地図を見る

“漫湖水鳥・湿地センター”では、「漫湖」の成り立ちから生息する生物などの展示や、干潟の観察ゾーンが設けられています。その展示は無料とは思えない程に力が入っています。特に「漫湖」の成り立ちに関する展示は非常に興味深く、実は水鳥たちにとって住みよい環境が人間たちの営みによって生み出されていたという意外な真実を知れば、「漫湖」の見方も変わるかもしれません。

<基本情報>
住所:豊見城市字豊見城982
電話番号:098-840-5121
アクセス:ゆいレール奥武山公園駅から徒歩約10分この写真の記事を見る ≫

17.Tギャラリア沖縄

17.Tギャラリア沖縄
aco

新しくなった「Tギャラリア沖縄」とDFS那覇空港免税店を楽しもう!by aco

地図を見る

ゆいレールおもろまち駅に直結する免税店「Tギャラリア沖縄」。国内なのにパスポート無しで免税ショッピングができるところとして買い物好きな女子にも人気。ファッション、ジュエリー、コスメなど130以上ものブランドが最大30%オフで購入できるのが魅力です。この写真の記事を見る ≫

17.Tギャラリア沖縄
aco

新しくなった「Tギャラリア沖縄」とDFS那覇空港免税店を楽しもう!by aco

地図を見る

最上階にあるカフェ&レストランの“Pine Tree Bless”は、沖縄料理というより、沖縄の食材を使ったアメリカンキュイジーヌやイタリア料理を提供。沖縄らしい木々に囲まれたオープンテラス席で、沖縄の風を感じながらのカフェタイムはいかがでしょうか。

<基本情報>
住所:那覇市おもろまち4-1
電話番号:0120-782-460
アクセス:ゆいレールおもろまち駅直結この写真の記事を見る ≫

番外編:瀬長島ウミカジテラス

番外編:瀬長島ウミカジテラス
東郷 カオル

「瀬長島ウミカジテラス」は那覇空港から15分の新リゾートby 東郷 カオル

地図を見る

「瀬長島ウミカジテラス」は、まるで地中海のリゾート地のようにオシャレなお店が建ち並ぶ話題のスポット。那覇市との境界線すぐそばの豊見城市にあり、那覇空港からは車で約15分。綺麗な海が一望できるロケーションに話題の飲食店や雑貨屋さんなど約30店舗が集結。夕暮れ時からは一層ロマンチックな光景に包まれます。この写真の記事を見る ≫

番外編:瀬長島ウミカジテラス
南 かおり

空港から15分!瀬長島ウミカジテラス「タコライスcafeきじむなぁ」の沖縄グルメ…by 南 かおり

地図を見る

海沿いは綺麗に整備されていて、食後のお散歩にもぴったり。島の小高いところからの海の眺めも素晴らしいですが、ビーチ周辺を歩くと海の香りや波音が近く、とても那覇の市街地近くとは思えません。波の上ビーチとはまた違うオシャレな雰囲気なのもいいですね。近くには天然温泉が楽しめるホテルもあります。この写真の記事を見る ≫

那覇観光はこれでキマリ!

今回ご紹介した観光スポットはいずれも那覇市内の狭いエリアに集まっている為、それぞれのスポット間の距離も短く、レンタカーが無くても徒歩、タクシー、ゆいレールなどで手軽に周ることができます。

沖縄観光で那覇というと、首里城だけ見て、国際通りでお買い物して、それで終わりという方も多いかもしれませんが、こんなにもたくさんの魅力的な観光スポットがあるんですよ。全部ゆっくり観て周ると1泊2日でも足りないくらい。

ぜひ、次の沖縄旅行計画の参考にしてみてくださいね。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ