南紀白浜温泉で源泉かけ流しを満喫!おすすめ宿13選

南紀白浜温泉で源泉かけ流しを満喫!おすすめ宿13選

更新日:2023/12/18 12:36

トラベルjp 編集部のプロフィール写真 トラベルjp 編集部

アドベンチャーワールドや白良浜など、南紀白浜には見どころがたくさん!白浜温泉に泊まってのんびり過ごしませんか?白浜温泉には15か所の源泉があり、さまざまな泉質を楽しめるのが魅力。源泉掛け流しの宿を選んで、その効能を確かめてみましょう!今回は白浜温泉でおすすめの源泉かけ流しの宿をご紹介します。お気に入りの1軒を見つけてくださいね!

1.白浜古賀の井リゾート&スパ

1.白浜古賀の井リゾート&スパ
提供元:楽天トラベル地図を見る

「白浜古賀の井リゾート&スパ」は白浜駅から無料のシャトルバスでおよそ10分。ホテルの温泉は、白浜温泉の中で療養泉として親しまれてきた“湯崎七湯”に似た若葉温泉。自社源泉を引いており、循環ろ過・かけ流し併用式で使用しています。

浴場は内湯と水深120cmの露天風呂があり、夜間にはイルミネーションでロマンチックな夜景を見ながら入浴できます。温泉のほか高温サウナも完備しており、サウナーの間では有名なドリンク“オロポ”も販売されているので、水分補給をしながら気持ち良くととのうことができます。

2.浜千鳥の湯 海舟

2.浜千鳥の湯 海舟
提供元:楽天トラベル地図を見る

南紀白浜空港から車でおよそ10分、岬に建つ「浜千鳥の湯 海舟」。大浴場の内湯は“合気の湯”と“文珠の湯”2種類の源泉かけ流し。屋外にはヒノキ樽でできた浴槽と岩風呂の露天風呂が設置され、入浴中には梅酢を再結晶化させた“梅塩”で体をマッサージすることもできます。

源泉を利用した貸切風呂のほかに海を正面に望む混浴露天風呂もあります。混浴露天風呂では湯浴み着を着用して入浴するので、カップルやご夫婦で安心して絶景とともに温泉を満喫できます。

3.白良荘グランドホテル

3.白良荘グランドホテル
提供元:楽天トラベル地図を見る

「白良荘グランドホテル」は白良浜が目の前に広がるホテル。引いているのは海水に近い塩分濃度があり、保湿効果が期待できる生絹湯の源泉。白良浜を一望できる潮風、半露天の松風、貸切風呂の3タイプで、循環ろ過・かけ流し併用式で提供されています。

湯上り後はホテル内のラウンジで一服するのもおすすめ。白いビーチを正面にビールやソフトドリンクなど冷たい飲み物で喉を潤せば、非日常感を体験できること間違いなし!

4.インフィニートホテル&スパ 南紀白浜

4.インフィニートホテル&スパ 南紀白浜
提供元:楽天トラベル地図を見る

平草原展望台も近い「インフィニートホテル&スパ 南紀白浜」。3つの浴場に分かれており、その内“昴”は源泉かけ流し。窓の外に太平洋を望み、ラグジュアリーな空間で万葉集などにも記されている行幸の湯を堪能できます。

また、高台から海を見下ろすロケーションを活かし、視界の端から端まで真っ青な海が広がるパノラマビューが特徴の“海”も設置。お湯に浸かると浴槽と海の境界線がなくなるような、幻想的な空間で入浴が可能です。

5.源泉かけ流し湯宿 長生庵

5.源泉かけ流し湯宿 長生庵
提供元:楽天トラベル地図を見る

「源泉かけ流し湯宿 長生庵」は白浜駅から車でおよそ5分。古民家を改築した別館や離れ、ライブバーなどが建つ敷地内には温泉棟もあります。経営会社が所有する源泉から引いた“長生源泉”をメインに“東谷源泉”と2つの異なるお湯を楽しめます。

別館には予約が必要ですが貸切風呂もあるのでご家族での入浴も可能。さらに、離れにある客室“金木犀”にはプライベートの露天風呂を設置しており、ほかの人の視線を気にせず自分の好きなタイミングで好きなだけ温泉を味わえます。

6.家族とすごす白浜の宿 柳屋

6.家族とすごす白浜の宿 柳屋
提供元:楽天トラベル地図を見る

湯崎漁港の近くに建つ「家族とすごす白浜の宿 柳屋」。創業およそ400年と老舗の温泉宿で、“温泉遺産を守る会”から温泉利用文化を残している“温泉遺産”としても認定されています。

広々とした総ヒノキの浴槽が設置されている“木の湯”、御影石作りの“石の湯”には持統天皇も愛したと言われる湯崎の湯を使用。加水もしていない源泉かけ流しの名湯を肌で感じられます。

そのほか館内には小さいお子様が遊べるキッズルームや、夏季限定でキッズプールも利用可能なので、お子様連れでの旅行にもぴったりです。

7.ホテル三楽荘

7.ホテル三楽荘
提供元:楽天トラベル地図を見る

「ホテル三楽荘」は白良浜の近く。客室22室すべてに源泉かけ流しの露天風呂がついており、正面が海という絶景をひとり占めして湯浴みを満喫できます。

また、ホテル内にある大浴場では客室に露天風呂に注がれている“藤の湯”だけでなく“衝幹の湯”にも浸かることができます。2種類の源泉を入り比べてみるのもいいですね。

8.紀州・白浜温泉 むさし

8.紀州・白浜温泉 むさし
提供元:楽天トラベル地図を見る

熊野三所神社の目の前、白浜温泉線沿いにある「紀州・白浜温泉 むさし」。和歌山生まれの民俗学者・南方熊楠が頻繁に訪れていた旅館錦城館が白浜に移転し、昭和25年から創業しているホテルです。

生絹湯と斉明天皇が浸かったと言われている斉明湯、2種類の源泉を引いています。この2種類の源泉を使用して露天風呂や大浴場、深夜でも利用可能な中浴場を設置。

さらに2018年にリニューアルされた和邸に宿泊すれば展望風呂“天空”にも入浴可能。夕方には夕日で橙色に染まった白良浜とともに温泉を楽しめる贅沢な体験もできます。

9.南紀白浜リゾートホテル 古賀浦別邸

9.南紀白浜リゾートホテル 古賀浦別邸
提供元:楽天トラベル地図を見る

「南紀白浜リゾートホテル 古賀浦別邸」は馬見崎に渡る飯台海峡がすぐそばにあるホテル。田辺湾から聞こえてくる波音をBGMに、源泉かけ流しの温泉に浸かればさらにリラックスできること間違いなし!

ホテルの敷地内には屋外プールやテニスコートなどもあります。温泉に入る前にアクティビティで汗を流すのもおすすめですよ。

10.時空間 泉

10.時空間 泉
提供元:楽天トラベル地図を見る

白浜駅から車でおよそ9分の「時空間 泉」。一棟丸ごと貸切で利用でき、最大8名で宿泊可能。キッチンに調理器具も備え付けられているので、友達やサークル仲間と泊まって料理をして楽しむことも。

温泉は白浜温泉の中でも引いている施設が少ない“甘露の湯”。つるつるとした肌触りが特徴の希少な温泉を100%源泉かけ流しで楽しめます。

11.ホテル花飾璃

11.ホテル花飾璃
提供元:楽天トラベル地図を見る

「ホテル花飾璃」は白浜駅から車でおよそ10分。ホテル内には源泉かけ流しの貸切風呂が3つ用意されています。“月あかりの湯”と小さい浴槽ながら肩までお湯に浸かれる“ラビアンローズ”、そして露天風呂の“星の湯”があり、予約不要で空いていれば何度でも入浴できます。

ホテル名の由来にもなった四季折々の花、ブリザードフラワー、トンボ玉がホテル内を彩っています。料理はクエや熊野牛などを使用しており、温泉を楽しんだ後はお部屋で貴重な食材に舌鼓を打つことも。

12.HOTEL SHIRAHAMAKAN

12.HOTEL SHIRAHAMAKAN
提供元:楽天トラベル地図を見る

白良浜を正面に望む「HOTEL SHIRAHAMAKAN」。2021年にリニューアルオープンしたホテルで、ホテル内には共有のリビングルームやセルフキッチンなど宿泊者同士で交流できる旅行ならではの施設があり、さらにコワーキングスペースも完備されビジネス目的の宿泊にもピッタリ。

岩風呂と梅樽温泉の露天風呂と、源泉かけ流しの証拠である湯ノ花の滝が印象的な大浴場で入浴可能。足湯も用意されているので、足を温めて観光での疲れを取るのもおすすめです。

13.The Hills 白浜

13.The Hills 白浜
提供元:楽天トラベル地図を見る

「The Hills 白浜」は白浜駅から車でおよそ20分。白浜を一望できるロケーションにあり、室内にはインドネシア・バリ島の有名デザイナーとコラボしたベッドが置かれ、まるで南国に来たかのような気分になれます。

さらに全室源泉かけ流しの露天風呂付きでパノラマビュー!部屋への食事の持ち込みも自由で、近隣の飲食店への送迎サービスも用意されています。

南紀白浜温泉で源泉かけ流しを楽しむならここにキマリ!

世界遺産の熊野古道にもアクセスしやすく、さらに白良浜など観光スポットが目白押しの南紀白浜温泉には、源泉かけ流しを楽しめるホテルがたくさん!その源泉かけ流しをプライベートな空間で楽しめる露天風呂付き客室が選べたり、温泉に加えてサウナがあったりホテルごとに様々な特色があります。

南紀白浜温泉を訪れた際は、その温泉を楽しみつくせる源泉かけ流しのホテルにぜひ泊まってみてくださいね!

2023年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- 広告 -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- 広告 -