福地温泉で源泉かけ流しを満喫!おすすめ宿7選

福地温泉で源泉かけ流しを満喫!おすすめ宿7選

更新日:2023/12/25 10:40

おしみ ゆかりのプロフィール写真 おしみ ゆかり 旅するこけしインスタグラマー、仏像ソムリエ

奥飛騨温泉郷の中でも秘湯として知られるのが福地温泉。標高約1,000mの場所にある避暑地で、冬は雪が降り積もり静寂に包まれます。福地温泉で泊まるなら宿におこもりして、のんびり温泉を満喫するのがおすすめ。源泉かけ流しの宿を選んで新鮮な湯を楽しみましょう!今回は福地温泉でおすすめの源泉かけ流しの宿をご紹介します。

1.湯元 長座

1.湯元 長座
提供元:楽天トラベル地図を見る

「湯元 長座」はバス停湯元長座から徒歩5分。自家源泉と共同源泉を合わせて4本所有し、湯量豊富な温泉を源泉かけ流しで楽しめる宿。館内に3つの貸切風呂があるほか、5つの離れ貸切露天風呂と川沿いの露天風呂があります。川沿いの露天風呂“かわらの湯”では、川のせせらぎ、鳥のさえずり、風の声を聞きながらゆったりとくつろげます。

食事は地元の食材にこだわり、旬を活かした奥飛騨のここにしかない“ごっつを”を堪能できますよ。

2.いろりの宿 かつら木の郷

2.いろりの宿 かつら木の郷
提供元:楽天トラベル地図を見る

「いろりの宿 かつら木の郷」はHO40福地温泉バス停から徒歩3分、1日10組限定、全室離れの宿です。男女別の大浴場と露天風呂、檜の内湯がついた2ヶ所の貸切露天風呂があります。敷地内から湧き出る単純温泉、ナトリウム炭酸水素塩泉と、2本の源泉をかけ流しにした湯に浸かりながら、贅沢なひとときをすごせます。

母屋は約150年の歴史がある豪農の館を移築し、囲炉裏をテーマにした造り。奥飛騨らしさを感じながら、ゆっくりとくつろげます。

3.山里のいおり 草円

3.山里のいおり 草円
提供元:楽天トラベル地図を見る

「山里のいおり 草円」は江戸晩期に建てられた飛騨の古民家を移築再生した宿。2つの露天風呂があり、そのひとつが近隣の神岡鉱山で利用していた肉厚の鉄釜を利用した"釜湯"です。地下300mより汲み上げている自家源泉を、大自然に囲まれた開放感抜群の露天風呂で堪能できます。

食事は昔ながらの釜戸で手間暇かけて焚いたごはんと素朴な飛騨の食材を使用したおかずで昔ながらの絶品を味わえます。

4.元湯 孫九郎

4.元湯 孫九郎
提供元:楽天トラベル地図を見る

「元湯 孫九郎」は4本の自家専用泉を駆使し、源泉そのままの質を保つよう努力しているこだわりの宿です。露天風呂では温度の異なる源泉をブレンドしており、このブレンドした源泉の硫黄分と鉄分が反応することで、この辺りでも珍しい緑褐色のにごり湯を楽しめます。

主力源泉“帝の湯4号泉”の成分はなんと、市販の胃腸薬とほとんど同じ!飲用もできます。慢性消化器病(胃腸)はもちろんのこと、糖尿病・通風・肝臓病などに効果が期待できるとされています

5.御宿 飛水

5.御宿 飛水
提供元:楽天トラベル地図を見る

「御宿 飛水」は平湯からバスで15分、松明と提灯の仄かな明かりでお出迎えしてくれるなぜか懐かしく感じるような宿です。

4種類10ヵ所のお風呂はすべて湯量豊富な源泉かけ流し、いつでも湧き立てのきれいなお湯を楽しめます。離れ貸切湯屋、とち湯"かつら"では、自然と中が空洞化した樹齢200年の巨木を使った内湯と、奥には石造りの露天風呂がありゆっくりと寛げますよ。

6.奥飛騨の宿 故郷

6.奥飛騨の宿 故郷
提供元:楽天トラベル地図を見る

平湯からバスで10分「奥飛騨の宿 故郷」も、まるでおばあちゃんの家に帰ってきたような懐かしさを感じる宿です。単純泉と炭酸水素塩泉の2つの源泉からひかれている混合泉で、源泉かけ流し(源泉が高温のため加水調整あり)。短時間でとても温まります。

硫黄臭が少なく無色透明で女性にも人気。奥飛騨の自然を楽しみながら入る露天風呂と歴史感じる内風呂があり、温泉本来の醍醐味を満喫できますよ。

客室は和室と洋室があり、囲炉裏を囲んで地場料理も堪能できます。

7.湯庄 福地館

7.湯庄 福地館
提供元:楽天トラベル地図を見る

「湯庄 福地館」では、春は柔らかく暖かい光が差し込む露天風呂、秋は紅葉、冬は白銀の世界で雪見風呂。季節を感じながら贅沢に源泉かけ流しを堪能できます。福地温泉の湯は“あったまり湯”とも言われ、湯舟からあがった後もしばらくは体がぽかぽかしているのが特徴。雪見風呂には最適です。

館内は木の温もりと優しさにつつまれた憩いの空間。囲炉裏を囲んでやすらぎのひとときが過ごせます。

福地温泉で源泉かけ流しを満喫するならここにキマリ!

福地温泉は、今も平家の落武者伝説を語り伝えられている場所で、平安の時代に村上天皇が療養で訪れたと言われることから、"天皇泉"とも呼ばれています。全室離れの宿や飲用できる温泉の宿など、魅力的な宿が沢山あります。夏祭りや青だる祭りなど、季節ごとに開催されているイベントに合わせて出かけてみるのもおすすめです。

予算や過ごし方に合わせて、あなたの条件に合った宿泊施設を探してみてくださいね。

2023年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- 広告 -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- 広告 -