旅のテーマは「没入感」!イマーシブ体験できる国内観光スポットまとめ

旅のテーマは「没入感」!イマーシブ体験できる国内観光スポットまとめ

更新日:2024/05/22 16:35

トラベルjp 編集部のプロフィール写真 トラベルjp 編集部

2024年の旅行トレンドは「没入感」。物語の世界に入り込んでしまったような、非日常を感じられる「イマーシブ体験」が楽しめる観光スポットが人気を集めています。

東京お台場の「イマーシブ・フォート東京」や沖縄の「リトルユニバースオキナワ」など、気になる新スポットも続々登場!

没入感を体験できる国内の注目観光スポットをご紹介します!

イマーシブ・フォート東京/東京都

イマーシブ・フォート東京/東京都
松田 朝子

お台場「イマーシブ・フォート東京」は世界初の完全没入型テーマパーク!by 松田 朝子

地図を見る

2024年3月1日、東京・お台場の旧ヴィーナスフォートは「イマーシブ・フォート東京」として生まれ変わりました。パーク内のアトラクションは全て、“テーマパークを超える、完全没入体験(イマーシブ体験)”ができるようにつくられています。

ドラマチックなダイニングシーンが体験できるのは、イマーシブ・レストランの「ザ・キャバレー」。歌あり、演奏あり、ダンスありのステージを楽しみながら、カジュアルフレンチのメニューが堪能できます。

アクロバティックで挑発的なカンカンダンスが会場を盛り上げ、鳴り止まないシャンパンコールで興奮は最高潮に!ショーと食事を堪能していたつもりが、 気づいたら自分がステージのど真ん中に…!? この写真の記事を見る ≫

森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス/東京都

森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス/東京都
松田 朝子

光の彫刻空間も!麻布台ヒルズ・新生チームラボボーダーレスの魅力by 松田 朝子

「森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス(チームラボボーダレス)」が2024年2月9日、麻布台ヒルズにオープン。

写真の「ライトスカルプチャー - Flow」シリーズ は、従来より物質的でない彫刻、“境界面の曖昧な空間彫刻”を創ってきたチームラボの“光の彫刻空間”です。複数の異なる作品群で構成されていて、壁、床、天井にびっしりと埋め込まれたライトが、向きを変えたり様々な色彩を放ったりしながら、空間に光の彫刻を生み出していきます。 この写真の記事を見る ≫

ファンタジースプリングス(東京ディズニーシー)/千葉県

ファンタジースプリングス(東京ディズニーシー)/千葉県
トラベルjp 編集部

東京ディズニーシー「ファンタジースプリングス」ラプンツェルたちの世界へ!by トラベルjp 編集部

2024年6月6日(木)、東京ディズニーシー(R)8番目の新テーマポート「ファンタジースプリングス」がついにオープン!『アナと雪の女王』、『塔の上のラプンツェル』、『ピーター・パン』のディズニー映画3作品をテーマとしたエリアを楽しめます。特に映画の世界に没入できるアトラクションは、今まで経験したことのないような臨場感! この写真の記事を見る ≫

角川武蔵野ミュージアム/埼玉県

角川武蔵野ミュージアム/埼玉県
中島 誠子

圧巻!隈研吾氏デザインの「角川武蔵野ミュージアム」が所沢に誕生!by 中島 誠子

地図を見る

「ところざわサクラタウン」は、KADOKAWAと埼玉県の所沢市が共同で進める“COOL JAPAN FOREST構想”の拠点施設。そのランドマーク的存在となるのは、「角川武蔵野ミュージアム」です。

4階に到着すると出迎えてくれるのは、約2万5千冊の本が並ぶ本の街「エディットタウン」。館長・松岡正剛氏が選書し、9つの文脈にそって書架が配置されています。さらに奥に進むと現れるのが、ミュージアムを代表とする「本棚劇場」。360度、高さ8メートルの巨大な書架に囲まれた空間は、大迫力!

さらに、“本と遊び、本と交わる”をコンセプトとしたプロジェクションマッピングは必見です。書籍の世界に吸い込まれて行く瞬間を、ぜひ楽しんでください。 この写真の記事を見る ≫

アクアワールド茨城県大洗水族館/茨城県

アクアワールド茨城県大洗水族館/茨城県
トラベルjp NEWS

クラゲ大水槽がリニューアルオープン!アクアワールド・大洗by トラベルjp NEWS

地図を見る

茨城県屈指の人気観光地、「アクアワールド茨城県大洗水族館」に新たな癒やしの空間が誕生!2024年3月20日、神秘の海ゾーンのクラゲ大水槽「くらげ365」がリニューアルオープンしました。

たくさんのミズクラゲが漂う水槽に、新たな映像と香りの演出を追加。没入感たっぷりの新しい“美しき新世海”が広がります。

※写真はイメージです。 この写真の記事を見る ≫

西武園ゆうえんち/埼玉県

西武園ゆうえんち/埼玉県
Benisei Rinka

昭和の町も人も再現!所沢「西武園ゆうえんち」がリニューアルby Benisei Rinka

地図を見る

「西武園ゆうえんち」は2021年5月19日にリニューアルオープン!様々な技術革新やデジタル化、SNSの普及などにより、ご近所づきあいなどの人間関係が希薄化している現代だからこそ、“心あたたまる幸福感”をコンセプトに、懐かしい非日常感を体験できる場所に生まれ変わりました。

“夕陽館”では、ゴジラをテーマにした世界初となる、常設の大型ライド・アトラクション「ゴジラ・ザ・ライド大怪獣頂上決戦」を上映。映画『ゴジラ −1.0』など数々のヒット作品を生みだした、日本を代表する映画監督の山崎貴氏と、株式会社刀のクリエイティブチームがタッグを組み、大迫力のVFXを用いた圧倒的没入感を楽しめるアトラクションになっています。 この写真の記事を見る ≫

ムーミンバレーパーク/埼玉県

ムーミンバレーパーク/埼玉県
Benisei Rinka

予習必須!飯能「ムーミンバレーパーク」有料アトラクションまとめby Benisei Rinka

地図を見る

「ムーミンバレーパーク」にはムーミンの物語に登場する“ムーミン谷”が再現され、キャラクターの可愛さだけでなく、時間がゆっくりと流れていく空気感も魅力。

“勇気・挑戦・友情・家族の絆”をテーマとし、壁や床、造形物など全てに映像を投影する“体感モーフィングシアター”を用いたアトラクション「海のオーケストラ号」では、『ムーミンパパの思い出』より、ムーミンパパの若き日の冒険を一緒に体験することができます。

大迫力の映像にあわせて、席が振動したり、水しぶきがかかったり…。映像だけではない仕掛けもあり、没入感や臨場感あふれる体験ができます。 この写真の記事を見る ≫

リトルユニバースオキナワ/沖縄県

リトルユニバースオキナワ/沖縄県
Mayumi Kawai

雨でもOK!「リトルユニバースオキナワ」でリトル琉球と昭和を旅する新感覚没入体験by Mayumi Kawai

世代を超えて愛される“小さな世界”。リアルに再現されたミニチュアの世界は、いわばタイムスリップやアナザーワールドを疑似体験できる没入型エンターテインメント。

そんなミニチュアの世界に新たな命を吹き込んで、より楽しく刺激的に、その世界に没入できる「Little Universe OKINAWA(リトルユニバースオキナワ)」が2024年4月、那覇空港から車で約20分のところにある大型商業施設「イーアス沖縄豊崎」内にグランドオープンしました。

最新映像テクノロジーを駆使した沖縄文化への没入体験も本施設の見どころです。 この写真の記事を見る ≫

ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター(USJ)/大阪府

ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター(USJ)/大阪府
西野 ネリ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのハリー・ポッターの世界に行ってみよう!by 西野 ネリ

地図を見る

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの中でも、特に没入体験を楽しめるのが「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」。そっくりそのままハリー・ポッターの世界に迷い込んだかのような錯覚に陥るほど、見事に再現されています。

アトラクション「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」の人気の秘密は、最新の4K映像技術。緻密な画素数により、これまでとは違った奥行きのあるリアルな映像表現が可能になりました。この技術により、今まで体験したことのない、最高にスリリングな空を飛ぶような体験を味わうことができるのです。

HARRY POTTER, characters, names and related indicia are trademarks of and © Warner Bros. Entertainment Inc. Harry Potter Publishing Rights © JKR.(s14) この写真の記事を見る ≫

進化がすごい!没入体験できる観光スポット

東京ディズニーシーの新テーマポートや、イマーシブ体験に特化したお台場のテーマパークなど、2024年の旅には“没入体験”は外せません。圧倒的な没入感で、非日常体験を楽しみましょう!

※2024年5月現在の情報です。最新情報は公式サイトなどをご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- 広告 -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- 広告 -