サイパン観光がぐっと楽しくなる!はずせない10のポイント

| 旅の専門家がお届けする観光情報

サイパン観光がぐっと楽しくなる!はずせない10のポイント

サイパン観光がぐっと楽しくなる!はずせない10のポイント

更新日:2018/06/20 15:59

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

成田空港から約3時間半で行けるマリアナにある常夏の島・サイパン。ゆったりと流れる時間の中で、美しい海や自然に囲まれながら、贅沢な休日を過ごすことができる憩いの穴場リゾートです。透明度抜群の青い海や澄んだ空気は、様々なアクティビティにももってこいの環境。今回は、そんなマリアナのサイパン島でのおすすめの過ごし方を一挙ご紹介! 3連休や週末を利用して、サイパン旅行を思いっきり楽しんでみませんか?(PR)

1.11年連続ベストビーチの「マニャガハ島」

1.11年連続ベストビーチの「マニャガハ島」

提供元:©Junji Takasago / MVA

https://japan.mymarianas.com/地図を見る

サイパン観光で絶対に外せないのが、サイパン島からクルーズ船やスピードボートで約10分のところに位置する、美しき無人島「マニャガハ島」。

驚くほど透明なラムネ色の海と白い砂浜が美しいマニャガハ島は、マリアナで絶対に外せない人気No.1のスポットとして大人気! 島の周囲が約1.5kmととても小さな無人島で、この美しい自然を保護するため国定海中公園に指定されています。人が暮らすことは許されておらず、日中のみオプショナルツアー等で入島することができるこの島は、サイパン島の宝のような存在。島にはシャワー、トイレ、着替え場所、貴重品を預けるロッカーが完備されているので、ビーチでのんびりと過ごしたり、さまざまなマリンスポーツを体験してアクティブに過ごしたりできます。

1.11年連続ベストビーチの「マニャガハ島」
小浜 みゆ

マニャガハ島のビーチは透明度が桁違い! 気軽に行ける"地上の楽園"とはby 小浜 みゆ

マニャガハ島に着いたら絶対に体験したいのが、透明度抜群の海を思う存分楽しめるマリンレジャーの数々。アクティビティやレンタル用品は当日、島内のインフォメーションカウンターで申し込みができ、しかも日本語OKなので安心です。
数あるアクティビティの中で人気のひとつが、シュノーケリング。島周辺は年間を通じて穏やかな浅瀬なので、泳ぎに自信の無い方や初心者、お子様でも気軽に楽しめるのが人気の理由です。遊泳区域ではライフガードも見守ってくれるので安心ですね。
その他にも、空から美しい海と島の全景を大パノラマで楽しめるパラセーリングや、体験ダイビング、バブルメーカー、バナナボート、カヤック、スタンドアップパドルと、多彩なアクティビティを目一杯楽しめます。

写真提供:マリアナ政府観光局この写真の記事を見る ≫

2.サイパンにこんな絶景が!青の洞窟「グロット」

2.サイパンにこんな絶景が!青の洞窟「グロット」
岡本 大樹

サイパンの海でダイビング!マリアナブルーが味わえるスポット3選by 岡本 大樹

北マリアナ諸島の最大の魅力は、マリアナブルーと謳われる世界有数の透き通った青い海。透明度の高さ、地形の美しさ、種類豊富な生物。そして美しいサンゴ礁……と、世界中のダイバーが憧れるダイビングスポットが島にはたくさんあります。

そのうちのひとつが、神秘的な青い光が美しい「グロット」。ダイビング目的以外でも最も人気のあるスポットで、ほとんどの旅行客が訪れるスポットとなっています。この写真の記事を見る ≫

2.サイパンにこんな絶景が!青の洞窟「グロット」

提供元:©マリアナ政府観光局/MVA

https://japan.mymarianas.com/地図を見る

地上からでもグロットの美しい「青」の色彩を楽しむことはできますが、やはりその魅力を100%楽しむためには、ダイビングで海中に潜ってみるのが一番! 中には美しい地形の海中洞窟が広がり、外界と繋がっています。それによって射し込んだ陽光が反射し、洞窟内部を青く彩るのです。ただしこの海中洞窟は中級以上のダイビングスポットとなっているので、ダイビング未経験の方は、ぜひシュノーケリングでこの世界を楽しんでください。泳ぎが苦手な方でも十分にグロットの青の世界を目の当たりにすることができます。

日本からわずか3時間半の海で私たちを待つグロットの絶景。ダイビングやシュノーケリングは、そんな青の世界を手軽に体験できる絶好の手段なので、グロットを訪れた際は是非これらのアクティビティを体験してみましょう!

3.ダイビングデビューは極上スポット「ラウラウビーチ」で

3.ダイビングデビューは極上スポット「ラウラウビーチ」で
岡本 大樹

サイパンの海でダイビング!マリアナブルーが味わえるスポット3選by 岡本 大樹

初めてだけどダイビングを楽しみたい!という人におすすめのダイビングスポットが、島の東側に位置する「ラウラウビーチ」。さまざまな海を潜り歩いたベテランダイバーをも魅了するスポットでありながら、ダイビング初めての体験ダイバーでも潜ることができるスポットとして人気のポイントです。

ラウラウビーチには足が着くかなり浅いところからロープが張ってあり、そのロープを伝って少しずつ深く潜って行くことができます。そのため、最初はまず海中での動きに慣れるところからはじめられます。前回からのブランクがあるという方も、このラウラウビーチなら安心して感覚を取り戻せることでしょう。

写真提供:マサダイブこの写真の記事を見る ≫

3.ダイビングデビューは極上スポット「ラウラウビーチ」で

提供元:©マリアナ政府観光局/MVA

https://japan.mymarianas.com/地図を見る

ラウラウビーチは、透き通った青い海の中で亀などの大物と出会える可能性が高いダイビングスポットとしても人気。時には巨大なアジの大群がまるでトルネードの壁を作り、その光景はまさに大迫力。カラフルな魚や人懐っこい亀にも癒されます。サイパンには日本人のインストラクターがいるダイビングショップがたくさんあるので、体験ダイビングをするにも安心。インターネットから日本語で予約もできるので、出発前に予定が決まっている人は、事前の申し込みがおすすめです。

4.過酷なほどハマってしまう「禁断の島」トレッキングツアー

4.過酷なほどハマってしまう「禁断の島」トレッキングツアー

提供元:©Junji Takasago / MVA

https://japan.mymarianas.com/地図を見る

「禁断の島」という名前が冒険心をそそるこのスポットは、自然保護区に指定された離れ小島。サイパン島の南東部に位置していて、手付かずの自然が残る堂々たる様はまさに圧巻です。禁断の島と呼ばれていますが、実はトレッキングツアーでその目前まで辿りつくことが可能。島へは、小さな山道の入口からジャングルの中をひたすら歩いて目指します。途中、岩がゴロゴロとした道や、ロープを頼りに下る小さな崖があったりと思いのほかハードなトレッキングコースですが、その先で私たちを待っている景色を見れば、そんな過酷な道のりも忘れてしまうはず! 真っ青な海の上に顔を出す禁断の島は、まさにサイパンの美しい自然を濃縮したよう。ハードな道のりを乗り越えたからこその絶景が、そこに広がっているのです。

4.過酷なほどハマってしまう「禁断の島」トレッキングツアー

提供元:©Junji Takasago / MVA

https://japan.mymarianas.com/地図を見る

禁断の島は一見、海にぽっかりと浮かぶ孤立した小さな岩壁のようにも見えますが、実はサイパン島の沿岸から浅瀬で繋がっています。波が穏やかな時は、子どもでも浅瀬を歩いて渡れるほど。そんな禁断の島の手前には、長い年月の末できた大きな洞窟や、豊かな自然がもたらす天然のプールが広がっていて、透明度の高い海中を魚たちが優雅に泳いでいる姿が見られます。ジャングルの中を歩いて汗をかいたら、この天然のプールで海水浴やシュノーケリングをしてリフレッシュ! まるでここがオアシスであると錯覚しちゃうほど!?

禁断の島へのトレッキングコースは険しく、ガイド同伴のオプショナルツアーへの参加が必須。シュノーケリング付きのツアーもあるので、トレッキングとシュノーケリングの両方を体験するのもおすすめです。

5.オフロードバギーで大自然を駆け抜けろ!

5.オフロードバギーで大自然を駆け抜けろ!
提供元:Marianas Trekking

マリンスポーツ系のアクティビティ以外にも、サイパンの楽しみ方は色々あります。

その内のひとつ、二人乗りのバギーや一人乗りのATV(全地形対応車)で全身に泥をかぶりながら道なき道をひた走る、スリル満点のオフロードツアーも大人気! 使用するATVはオートマチック車が採用されているため誰でも簡単に運転が可能で、さらにツアー開始前には操縦の練習時間が設けられているため、安心して参加することができます。

5.オフロードバギーで大自然を駆け抜けろ!
提供元:Marianas Trekking

普通の観光では立ち寄ることのないような地元農園を通ったり、未開のジャングルの地で木々の間を走り抜けたり……。このオフロードツアーに参加しなければ見られないような景色を堪能できるのが人気の理由。中でもツアーで立ち寄る「ウイングビーチ」は、穴場のビーチ。人気のビーチとは違い人も少ないので、絶景を独り占めできます……! オフロードツアーはよっぽどの悪天候でない限り催行されているので、天候の関係でマリンスポーツができない時などにもお役立ちのツアーです。

6.プラネタリムのような星空を見に行こう!

6.プラネタリムのような星空を見に行こう!

提供元:©Junji Takasago/MVA

https://japan.mymarianas.com/

上空を流れる気流の影響で、常に澄んだ空気に覆われているサイパン。そんな恵まれた自然環境を活かして催行されているのが、美しい星空を眺められる星空観測ツアーです。

外灯や街の灯りが届かない島の郊外で観るサイパンの星空は、プラネタリウム以上……! 数分間眺め続ければ次々と流れ星を見ることも。また日本と経度が異なるため、見える星空の姿も異なります。日本ではなかなか見ることができない南十字星もここサイパンでなら見ることができるのです。ここでしか見られない感動の夜空があなたを待っています。

7.ガラパンでエコ&ビューティなお土産探し♪

7.ガラパンでエコ&ビューティなお土産探し♪
小浜 みゆ

サイパンでおすすめのお土産11選!間違いないのはコレby 小浜 みゆ

地図を見る

海外旅行の楽しみといえば、現地でのショッピング。サイパンのショッピングモールでは日本語表記も多いため、ショッピングにも不自由しません。さらにサイパンをはじめとする北マリアナ諸島は自由貿易港(フリーポート)なので、税金がかからないお買い物天国なんです!

サイパンきっての繁華街ガラパンには、お土産店が多く立ち並びます。中でも地元の人たちが口を揃えておすすめするのが、「I LOVE SAIPAN」というショップ。溢れんばかりのサイパン土産は、見ているだけで時間が過ぎてしまうほどの品揃え。有名ブランドの免税品が手に入る「T ギャラリア サイパン by DFS」も人気です。この写真の記事を見る ≫

7.ガラパンでエコ&ビューティなお土産探し♪
小浜 みゆ

サイパンでおすすめのお土産11選!間違いないのはコレby 小浜 みゆ

地図を見る

クオリティの高さで人気を集めているのが、MARIANA OCEANのハンドメイドソープ。北マリアナ諸島の自然から抽出された天然の有効成分がギュっと詰め込まれた、見た目にも可愛らしいヒーリングソープです。他にも南国らしいノニエキス配合のオーガニックコスメや、トロピカルな香りがサイパンらしさ満点のスティック香水など、女子が喜ぶお土産が勢揃い!この写真の記事を見る ≫

8.見た目もお腹も大満足!ガラパンのごはんやさん

8.見た目もお腹も大満足!ガラパンのごはんやさん

提供元:©マリアナ政府観光局/MVA

https://japan.mymarianas.com/地図を見る

移民の多いサイパンでは、様々なジャンルのグルメが楽しめるのも特徴。中でもハズレなし!のおすすめ店を少しだけご紹介します。

まずはガラパンのメキシコ料理店「ロコ&タコ(Loco & Taco Smoke Dining Bar)」。人気メニューは各種タコスやアボカドフライ。観光客だけでなくローカルからの評判もいいお店で、平日ランチの日替わりメニューは地元のOLに大人気! 店内はメキシコを感じさせるカラフルなデザインで、インスタ映えも抜群です。

<「ロコ&タコ(Loco & Taco Smoke Dining Bar)」の基本情報>
住所:Garapan Beach Road across Paseo de Marianas, Garapan, 96950, Mariana Islands
電話番号:+1-670-233-5233

8.見た目もお腹も大満足!ガラパンのごはんやさん

提供元:©マリアナ政府観光局/MVA

https://japan.mymarianas.com/地図を見る

同じくガラパンにある、女子ウケ抜群のかわいいカフェダイナー「サンシャインカフェ(Sunshine Cafe)」。朝早くからオープンしているので、朝食、ランチ、ディナーといつでも利用することが可能です。カフェメニューが充実しており、ボリュームたっぷりのハンバーガーやサンドウィッチ、ラザニアやコブサラダなどを中心としたメニューが展開。
ランチ後のカフェタイムにはアフタヌーンティーセットなども用意されていて、こちらも人気のメニューです。色使いがとにかくかわいい壁やカラフルなソファなど、こだわりの内装も注目! オレンジ色の可愛らしい外観が目印です。

<「サンシャインカフェ(Sunshine Cafe)」の基本情報>
住所:Coral Tree Ave, Garapan, 96950, Mariana Islands
電話番号:+1 670-233-8300

9.テニアン島やロタ島にも足を延ばしてみよう

9.テニアン島やロタ島にも足を延ばしてみよう
小浜 みゆ

テニアン島を日帰りで絶景巡り。心打たれる宝石のような海へby 小浜 みゆ

地図を見る

サイパンを楽しんだら、もっともっとマリアナの魅力に触れてみたくなりませんか? そんな時はちょっと足を延ばして、サイパンのお隣の島「テニアン」や「ロタ」へも訪れてみましょう。

サイパン島の南側、約5kmにあるテニアン島。北マリアナ諸島ではサイパンに続いて2番目に大きな島です。島の大半が森に囲まれ、自然が色濃く残る秘境の地。サイパンに比べ観光客が少ないので、よりプライベートな島時間を堪能できるのが魅力。アクセス方法は、サイパン国際航空から小型飛行機で約15分ほど。約1時間の間隔で毎日往復運行中です。この写真の記事を見る ≫

9.テニアン島やロタ島にも足を延ばしてみよう
岡本 大樹

ロタ島の絶景まとめ!一度は行きたい“地上の楽園”がここにby 岡本 大樹

地図を見る

北マリアナ諸島南端のロタ島は、面積は小さいながらも絶景が豊富な秘島。「テテトビーチ」をはじめとする美しいビーチや世界中のダイバーが憧れる「ロタホール」、緑と青のコントラストが素晴らしい海鳥の住処「バードサンクチュアリ」など、大スケールの自然は見る物を飽きさせません。ロタ島へはサイパンからスターマリアナス航空の小型飛行機で30分ほど。

ロタ島・テニアン島のいずれも、サイパンとはまた違った美しい景色と出会える島。サイパンを拠点に手軽に遊びに行くことができるので、都市化されていない、昔ながらの島の佇まいやゆっくりとした時間を存分に味わってみてください。この写真の記事を見る ≫

10.旅の思い出は「#マリアナジェニック」な写真におさめて

10.旅の思い出は「#マリアナジェニック」な写真におさめて
小浜 みゆ

マニャガハ島のビーチは透明度が桁違い! 気軽に行ける"地上の楽園"とはby 小浜 みゆ

地図を見る

楽しかった旅の思い出は、カメラにおさめて大切に持ち帰り、SNSで友達や家族にもシェアしたくなりますよね。サイパンの透明度抜群の海や南国らしい木々や草花が咲き誇る風景は、どこをどのように切り取っても絵になること間違いなし!この写真の記事を見る ≫

10.旅の思い出は「#マリアナジェニック」な写真におさめて
小浜 みゆ

マニャガハ島のビーチは透明度が桁違い! 気軽に行ける"地上の楽園"とはby 小浜 みゆ

地図を見る

撮った写真は「#マリアナジェニック」とタグを付けてインスタ(Instagram)やFacebook、Twitterへアップ。しかも旅先でこのタグで検索をかければ、マリアナを訪れた人々のおしゃれで美しい写真の数々も見られるので、「ここに行きたい!」「これ食べたい!」なんて、旅の計画をたてるのにも便利。マリアナジェニックな写真たちを眺めていると、今すぐにでもキャリーバッグに水着と着替えを詰め込んで、マリアナへ旅立ちたくなること必至……!

マリアナ政府観光局が運営している公式アカウント(@mymarianas_mva)では、フォトジェニックな写真と共に旅のおすすめ情報を発信しているので、そちらも要チェック!この写真の記事を見る ≫

充実したサイパン旅行を……!

海や自然を満喫するのはもちろん、その他にも様々な切り口からサイパン観光の楽しみ方をご紹介してきました。

旅のかたちは十人十色。サイパン観光の楽しみ方も十人十色……! 自分の「好き」をいっぱい詰め込んだサイパン旅行を計画して、次の3連休や休日はマリアナのサイパン島へ旅に出ましょう!

ゆったりと羽根をのばして、素敵な思い出をたくさん作ってきてください。

【この記事は マリアナ政府観光局 とのタイアップです】

この記事の関連MEMO

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ