LINEトラベルjp 編集部 新垣のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部 新垣

フィジーは、330以上の島と珊瑚礁からなる南太平洋の楽園。透き通ったラグーンのサンゴ礁や世界遺産の古都レブカが有名で、魅力的な観光スポットが目白押し。そんなフィジーを楽しむならお得な料金で個性あるお部屋が魅力の“民泊”がオススメ!

Airbnb(エアビー)で予約できる民泊施設をフィジーの玄関口ナンディ周辺から2軒、コーラルコーストから3軒、スバから1軒、海に浮かぶヨット!を1軒、厳選してご紹介!

1.フィジーの玄関口 ナンディでローカルな雰囲気に浸る

1.フィジーの玄関口 ナンディでローカルな雰囲気に浸る

提供元:Ritaさん(Airbnb)

Airbnb

フィジーの玄関口で島最大の街 ナンディにあり、国際空港もすぐそば。空港、市街地共に車でわずか10分。お部屋の前には広い緑の芝生が広がり、デッキにはソファーが。ゆったり流れるフィジーの空気に身を任せてのんびり過ごすのには最高の民泊施設です。一軒家の個室に泊まることができキッチンも利用可能。近くには食品店もあり、フィジーのローカルな雰囲気を楽しみながら周辺を散策するのも楽しいかも。

2.デナラウ島にあるリゾート、プールやスパなど施設充実

2.デナラウ島にあるリゾート、プールやスパなど施設充実

提供元:Terry And Sarahさん(Airbnb)

Airbnb

フィジーの玄関口であるナンディと橋でつながるデナラウ島にあるコンドミニアムを利用できる民泊施設です。施設内には広いファミリープールやスパなどもあり、すべてのリゾート施設を利用可能。プールからは海が一望。お部屋は広く、リビングルームにキッチンもあり長期滞在でも快適に過ごせます。6名まで宿泊可。

3.リゾート感たっぷりのコテージを貸し切りで

3.リゾート感たっぷりのコテージを貸し切りで

提供元:Roshni And Jean Pierreさん(Airbnb)

Airbnb

島の南西部、コーラルコーストエリアにあるコテージで、ビーチまではわずか1ブロック。シンガトカの市街地へも車で約5分とアクセスもよく、マリンスポーツと街歩き、両方楽しむのに便利なロケーションにある民泊施設です。大きな椰子にウッディーな外観のコテージはリゾート感たっぷりで、お部屋のインテリアもトロピカルなイメージ。貸し切りで利用できるので、まるで自分の別荘のように過ごせます。4名まで宿泊可。

4.海まで約30mのバンガローでマリンアクティビティ満喫

4.海まで約30mのバンガローでマリンアクティビティ満喫

提供元:Beach Cocomo(Airbnb)

Airbnb

トロピカルガーデンとビーチに面しているリゾート感溢れる民泊施設「Beach Cocomo(ビーチココモ)」。お部屋には綺麗なフィジーの海を望むバルコニーが。また、ビーチのすぐそばには、竹と藁で造られたフィジーの伝統的な住居を模したカフェもあります。ビーチまではわずか約30m。ビーチでのんびりしながら、シュノーケリング、サーフィンなどを楽しむにはまさにうってつけのバンガローです。

5.プール付きオーシャンビューのプライベートヴィラ

5.プール付きオーシャンビューのプライベートヴィラ

提供元:Eevaさん(Airbnb)

Airbnb

フィジー ビチレブ島の南海岸、シンガトカの街にも近いところにあるヴィラ。プライベート空間で滞在できる貸し切りタイプの民泊施設です。海が一面に広がるオーシャンビューで、小高い山の頂にあるので見晴らしは抜群。特に朝日と夕日は絶景。海一望のプールは、他人を気にせずプライベートで利用できるのもいいですね。お部屋は広いリビングに設備充実のキッチンもあり、ロングステイでも快適に過ごせます。

6.トロピカルムードたっぷりのお部屋が魅力

6.トロピカルムードたっぷりのお部屋が魅力

提供元:Krystleさん(Airbnb)

Airbnb

フィジー共和国の首都・スバにある民泊施設で、充実の設備でありながらリーズナブルな価格が魅力。ベッドルームが2部屋あり4名まで宿泊可、ファミリーにオススメです。お部屋のインテリアはトロピカルムードたっぷりで、ベッドルームに加え、リビングとキッチンもある快適空間。静かで緑豊かなエリアに位置し、スバの中心部からは車で約5分と、街に出るにも便利なロケーションです。

7.ヨットで過ごす至極のひととき… クルーズも楽しめる

7.ヨットで過ごす至極のひととき… クルーズも楽しめる

提供元:Lucさん(Airbnb)

Airbnb

なんとこちらはヨットのキャビンに泊まれる民泊施設です。タヒチで建造され、南太平洋を広く航海したヨットの中には、ラウンジ、キッチン、トイレがあり広々。ダブルとシングルのベッドも備えられ、最大7名まで宿泊可能。サンセットクルーズやフィジー周辺のクルーズなども楽しめます(別料金)。日中はフィジーの透き通った海、夜は満天の星空。ヨットの上でこんな贅沢な時間を楽しめるのも民泊ならでは。

Airbnb(エアビー)を使ってフィジーで民泊しよう

フィジーの民泊施設は、ローカルな場所にある一軒家やビーチ前にあるバンガロー、プール付きのヴィラなどバラエティー豊か。旅のスタイルに合わせて選べます。フィジーの魅力はなんといっても透き通った海!というわけで、海を存分に楽しめるヨットステイも魅力。民泊施設ならではの体験ができますよ。フィジーでの滞在は個性豊かな施設が多い民泊も選択肢に入れてみてくださいね。

Airbnb(エアビー)ではこの他にもたくさんの民泊施設を検索することができるので、リンクからぜひチェックしてみてくださいね。

※掲載の施設情報は、2018年1月現在のものです。変更となる場合がありますので、詳細は必ずリンク先を確認してください。

掲載内容は執筆時点のものです。
LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ