ソフィアで民泊しよう!Airbnbで予約できるおすすめ6選

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ソフィアで民泊しよう!Airbnbで予約できるおすすめ6選

ソフィアで民泊しよう!Airbnbで予約できるおすすめ6選

更新日:2018/01/26 13:36

LINEトラベルjp 編集部 新垣のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部 新垣

ソフィアは、バルカン半島に位置するブルガリアの首都。東西の文化が混在した独特の雰囲気の街で、ブルガリア総主教のアレクサンドル・ネフスキー大聖堂やイスラム寺院のバーニャ・バシ・ジャーミヤなど、エキゾチックな観光スポットが目白押し。そんなソフィアを楽しむならお得な料金で個性あるお部屋が魅力の“民泊”がオススメ!

Airbnb(エアビー)で予約できる民泊施設をソフィア中心部から6軒厳選してご紹介!

1.アレクサンドル・ネフスキー大聖堂近くの静かな場所

1.アレクサンドル・ネフスキー大聖堂近くの静かな場所

提供元:Ivoさん(Airbnb)

Airbnb

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂にも近いソフィアの中心部にある民泊施設です。バルコニーからは緑豊かな公園を一望できる静かな環境。地下鉄駅へは徒歩約10分でタクシー乗り場も近くにあります。市内の主要な観光スポットへも徒歩圏内。ソフィアの街巡りのベースとしてオススメです。

2.モダンデザインと広い空間が魅力

2.モダンデザインと広い空間が魅力

提供元:Plamenさん(Airbnb)

Airbnb

こちらもアレクサンドル・ネフスキー大聖堂から徒歩2分、地下鉄Serdika駅から3分のところにある民泊施設で、殆どの主要観光地へは徒歩で簡単に行くことができます。カフェ、レストランなども周辺に数多くあり便利。お部屋はモダンなデザインで設備も充実。ベッドルームとリビング・キッチンとは透明なパーテーションで区切られ、明るく広い空間になっています。4名まで宿泊可。

3.主要観光スポットへは徒歩でアクセス可

3.主要観光スポットへは徒歩でアクセス可

提供元:Zhivkoさん(Airbnb)

Airbnb

ソフィアは半径200mの範囲内に主要な政府施設や教会などが集中する小さな街。中心部に宿泊すれば徒歩とトラム(路面電車)で楽に巡ることができます。こちらの民泊施設も中心部にあり、博物館、劇場、ショップ、主要観光スポットへは徒歩でアクセス可能。お部屋はベッドルームとは独立してリビングとミニキッチンがあり機能的。有料での空港送迎やガイド付きツアーも提供可能。

4.メインストリートまでは徒歩10分、ベランダ付き

4.メインストリートまでは徒歩10分、ベランダ付き

提供元:Raynaさん(Airbnb)

Airbnb

どこに行くにも便利なソフィア市内中心部にある民泊施設で、スーパーマーケット、食料品店、ベーカリー、薬局がすぐそばにあり、周囲にはたくさんのレストランが。メインストリートまでは徒歩10分。日当り良好で温かみのあるインテリアの広いお部屋には、ベランダもあり、ソフィアの街の風景を楽しみながらのんびり過ごせます。

5.ソフィアの下町にあり街歩きするのに便利

5.ソフィアの下町にあり街歩きするのに便利

提供元:Denislavさん(Airbnb)

Airbnb

ソフィア大学の南、下町的な雰囲気漂うG.イグナティエフ通り近くにある民泊施設です。通りにはあらゆる種類のショップが立ち並び、途中には古本市や野菜市などもあり、賑わっています。赤色がアクセントのおしゃれなお部屋は女子旅にもぴったり。ベランダからはソフィアの古い街並みが見下ろせます。6名まで宿泊できます。

6.ちょっとレトロな可愛いお部屋はインスタ映え必至

6.ちょっとレトロな可愛いお部屋はインスタ映え必至

提供元:Tanya & Alexさん(Airbnb)

Airbnb

ソフィアの繁華街に近いところにある民泊施設で、ソフィア一大きなショッピングモール・ソフィア・モールへもすぐ。ソフィアの主要観光スポットへは徒歩でわずか10分ほどで行くことができ、50mのところには地下鉄駅も。アンティーク家具が置かれたレトロチックな可愛いお部屋は女性にもオススメ。キッチンや洗濯機などもあり長期滞在でも快適に過ごせます。

Airbnb(エアビー)を使ってソフィアで民泊しよう

ソフィアの民泊施設は、アパートの一室を貸し出している施設が多く、キッチン付きの広いお部屋が多いのが特徴。いずれもホストが所有しているアパートを貸し出しているもので、ソフィアの一般市民の生活を垣間見られるのもホテルにはない魅力です。まさに“暮らすように滞在”するのには民泊がぴったり。

Airbnb(エアビー)ではこの他にもたくさんの民泊施設を検索することができるので、リンクからぜひチェックしてみてくださいね。

※掲載の施設情報は、2018年1月現在のものです。変更となる場合がありますので、詳細は必ずリンク先を確認してください。

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ