京都観光の専門家があなたに送る!おすすめスポット30選

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

京都観光の専門家があなたに送る!おすすめスポット30選

京都観光の専門家があなたに送る!おすすめスポット30選

更新日:2017/07/20 13:54

トラベルjp<たびねす>編集部のプロフィール写真 トラベルjp<たびねす>編集部

京都へ旅行と決めたら、みなさんはどこを回りますか?
「京都は修学旅行以来でよくわからない」「京都観光といえば金閣寺と銀閣寺と清水寺……」
せっかくなら失敗しない京都旅行を楽しみたいもの。京都の街を知り尽くしたトラベルjpナビゲーターが、京都観光名所の回り方やコツ、あまり知られていない穴場を惜しげもなく伝授。みなさんの京都街歩きを強力にサポートします。京都で人気なのはどこ、そして定番は?

1.金閣寺

1.金閣寺
みぃ

一度は見てみたい雪の金閣寺!積雪情報はライブカメラでチェック!by みぃ

地図を見る 地図を見る

「金閣寺」の正式名称は鹿苑寺といい、実は相国寺の塔頭の一つです。金閣寺と御所の北側にある相国寺とは少し距離があるため、金閣寺が相国寺の塔頭ということを知らない方も多いでしょう。同じく銀閣寺も相国寺の塔頭の一つです。

一般に我々が「金閣寺」と聞いて思い浮かべるのはこの鹿苑寺の舎利殿のこと。舎利殿と、鏡湖池(キョウコチ)に映るもう一つの舎利殿の一対の姿は、まさに京都そのものを表すような代表的な景色です。

ちなみに金閣寺の拝観チケットは、家内安全・開運招福のお札です。大切に持ち帰りましょう。この写真の記事を見る ≫

1.金閣寺

「足利義満」が築いた荘厳で優美な北山文化。 金閣寺を楽しむための5つのポイント

金閣寺の方丈の北側にあるこの松は「陸舟の松(りくしゅうのまつ)」と名付けられており、京都三大松の1つに数えられる樹齢600年を超える五葉松です。元々は義満公が盆栽として大事に育てていたものが、彼の死後土に植えられて今に至るとされています。

帆掛け船のように剪定され西向きであることから「まるで極楽浄土をめざすかのよう」ともいわれており、義満公を知る生き証人として非常に貴重な存在です。

◆基本情報◆
場所:京都市北区金閣寺町1
電話番号:0771-65-5001
アクセス:市バス「金閣寺道」下車この写真の記事を見る ≫

2.銀閣寺

2.銀閣寺

「銀閣寺」を楽しむ5つのポイント!足利義政が追求した日本の美

地図を見る 地図を見る

室町時代八代将軍足利義政が、自分の持てる芸術的センスのすべてを注ぎ込んだのが、世界文化遺産「銀閣寺」です。“華やかな金閣”で“地味な銀閣”と比較されることが多いですが、金閣寺の庭には松をはじめとする常緑樹が圧倒的に多いのに対して、銀閣寺の庭には桜、楓、ツツジ、サツキ等々数えきれないほどの草花が四季を彩ります。

季節ごとに花や実がつく参道の「銀閣寺垣」、方丈への玄関の前にある「花頭窓」など、将軍足利義政公が心血を注いだ究極の別荘であることを感じさせます。この写真の記事を見る ≫

2.銀閣寺
直 旅道

日本人の心をゆさぶる音や情景がそこに。京都で日本を感じる名所3選by 直 旅道

地図を見る 地図を見る

金閣寺の美しさは直接視界に訴えてきますが、銀閣寺の美しさは心に訴えてきます。
この寺は室町幕府第8代将軍 足利義政の創建で、将軍は1483年にここに移り住んでいます。偉大なる祖父足利義満の金閣寺に擬して建てられたため、金閣と銀閣の外観はよく似ているんですね。金閣の池庭に模して銀閣には石庭が施され、小川や宇宙・禅の世界観が表現されています。

◆基本情報◆
場所:京都市左京区銀閣寺町2
電話番号:075-771-5725
アクセス:市バス「銀閣寺道」下車この写真の記事を見る ≫

3.西本願寺・東本願寺

3.西本願寺・東本願寺
乾口 達司

世界遺産・西本願寺での必見は建造物!豪壮で華麗な姿に圧倒!!by 乾口 達司

地図を見る 地図を見る

“古都京都の文化財”の一つとして、ユネスコの世界遺産に登録されている「西本願寺」は、浄土真宗本願寺派の総本山です。境内には桃山時代以降に建てられた名建築がずらりと立ち並んでおり、宗教的にはもちろん、文化財の観点からも、京都観光の必見スポット。
中でも必見は、境内の南側にある国宝の唐門。唐獅子や龍、麒麟といった動物、牡丹や松、竹といった植物のほか、許由が頴川で耳を洗うといった中国の故事なども彫られています。

◆基本情報◆
場所:京都市下京区堀川通花屋町下ル
電話番号:075-371-5181
アクセス:市バス「西本願寺前」「島原口」「七条堀川」下車この写真の記事を見る ≫

3.西本願寺・東本願寺
古都の U助

平成の大修復も完了!圧倒的スケール・京都「東本願寺」明治から平成の建築をたどるby 古都の U助

地図を見る 地図を見る

「東本願寺」は真宗大谷派の本山の通称で、正式名称は「真宗本廟」といいます。慶長7(1602)年、後陽成天皇の勅許を背景に徳川家康より現在地を寄進され、豊臣秀吉によって寄進され整備された本願寺(西本願寺)に対し、通称東本願寺と呼ばれるようになりました。京都駅からも近く秋は紅葉、冬の雪化粧、春は桜などが美しい東本願寺。スケールの大きいお堂をぜひ観光してみましょう。

◆基本情報◆
場所:京都市下京区烏丸通七条上る
電話番号:075-371-9181
アクセス:JR「京都駅」、地下鉄烏丸線「五条駅」、市バス「烏丸七条」下車この写真の記事を見る ≫

4.二条城

4.二条城
葉山 花

幕末の歴史を動かした世界遺産・京都「二条城」by 葉山 花

地図を見る 地図を見る

二条城は初代将軍である徳川家康が京都御所の守護と援軍の宿泊所のために作らせた施設で、入れば一気に幕末の時代にタイムスリップしたような気分になれる観光スポット。
入り口でチケットを買って入場すると、すぐに見えるのが東大手門です。二条城を象徴する場所としておなじみなので、記念撮影はこちらがおすすめです!この写真の記事を見る ≫

4.二条城
葉山 花

幕末の歴史を動かした世界遺産・京都「二条城」by 葉山 花

地図を見る 地図を見る

二の丸御殿はたくさんの畳を使った部屋や、綺麗な絵が描かれた襖が並ぶ部屋など、豪華な造りになっています。大広間といわれる将軍が諸大名と対面する部屋で、第15代将軍・徳川慶喜が「大政奉還」を発表した事により、江戸幕府は終わりを迎えます。

二の丸御殿の他にも、江戸時代に作られた「二の丸庭園」をはじめとする庭園も美しく、心が癒される観光名所となっています。

◆基本情報◆
場所:京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
電話番号:075-841-0096
アクセス:地下鉄東西線「二条城前駅」、市バス「二条城前」下車この写真の記事を見る ≫

4.二条城
澤 慎一

かぐや姫もびっくり!竹と光が織りなすアート物語〜京の七夕by 澤 慎一

地図を見る 地図を見る

「京の七夕」と呼ばれる光のイベントが毎年8月に行われているのはご存知でしょうか?光の天の川や友禅流しなど、竹と光の演出などによる京都ならではのイルミネーションを楽しむことができます。

二条城などのエリアを含む「堀川会場」では、堀川遊歩道(押小路通〜元誓願寺通)に沿って光のイベントが行われます。堀川の水面に艶やかに浮かびあがる「光の友禅流し」は京都らしい風情が感じられ、おすすめです。この写真の記事を見る ≫

5.上賀茂神社・下鴨神社

5.上賀茂神社・下鴨神社
島野 佳幸

迫力満点!目の前を馬が駆け抜ける!葵祭の祭儀・上賀茂神社競馬(くらべうま)by 島野 佳幸

地図を見る 地図を見る

世界遺産に登録されている「上賀茂神社」は、飛鳥時代(678年)現在の地に社殿が造営されました。御祭神は賀茂別雷神で、厄除、八方除、電気の守り神、必勝の神として信仰を集めています。本殿・権殿は共に流造の典型として国宝に指定され、他重要文化財が多数。

上賀茂神社は、京都市北区の賀茂川にかかる御薗橋近くに位置し、繁華街の京都駅や四条河原町からバスでも行くことができます。春や秋の季節の良いときに賀茂川の風景を眺めつつ、のんびり散歩しながら観光されるのもよいでしょう。

◆基本情報◆
場所:京都市北区上賀茂本山339
電話番号:075-781-0011
アクセス:市バス「上賀茂神社前」下車この写真の記事を見る ≫

5.上賀茂神社・下鴨神社
浮き草 ゆきんこ

早朝散歩のススメ!京都最強のパワースポット下鴨神社ガイドby 浮き草 ゆきんこ

地図を見る 地図を見る

世界遺産「下鴨神社」は京都中心部を流れる鴨川と高野川に囲まれた場所にあり、常に浄化されることで、京都最大のパワースポットと言われています。歩くだけでも運が増すと言われ、御利益は、縁結び、美容、安全、子育て、健康など、人と人をつなぐパワーがみなぎっています。

日本サッカー協会のシンボルとしても知られる「ヤタガラス」が「任部社」にお祀りされていることから、サッカー必勝の守護神としても有名です。


◆基本情報◆
場所:京都市左京区下鴨泉川町59
電話番号:075-781-0010
アクセス:市バス「下鴨神社前」下車、京阪「出町柳駅」より徒歩12分この写真の記事を見る ≫

6.京都三大祭

6.京都三大祭
大竹 進

京都・祇園祭のクライマックス、山鉾巡行を見に行こう!by 大竹 進

地図を見る 地図を見る

祇園祭は貞観11(869)年に、京の都をはじめ全国各地に疫病が流行し、多数の死者が出た際、疫病退散を祈願して始められた「祇園御霊会」が起源とされ、葵祭、時代祭と並ぶ京都三大祭の一つでもあります。

京都の夏の風物詩として行われるこの祭りは、7月1日から31日まで1ヶ月にわたって行われるものですが、中でも宵山と山鉾巡行がそのハイライト。巡行する鉾のうちで最大のものは、約12トンに達し、地上から鉾頭迄約25m、地上から屋根まで約8mという大きなものです。

◆基本情報◆
場所:八坂神社/京都市東山区祇園町北側625番地
電話番号:075-561-6155
アクセス:京阪「祇園四条駅」、阪急「河原町駅」、市バス「祇園」下車この写真の記事を見る ≫

6.京都三大祭
島野 佳幸

新緑がまぶしい!!京都御苑の葵祭巡行は初夏の色満載だ!!by 島野 佳幸

地図を見る 地図を見る

毎年5月15日に行われる京都「葵祭」は、賀茂御祖神社(下鴨神社)と賀茂別雷神社(上賀茂神社)の例祭で、多くの観光客を集めます。葵祭は京都三大祭のひとつで、平安時代以来、1200年の歴史を持ち、何度か中断期間はありましたが、わが国の祭のうち最も優雅で古趣に富んだ祭として知られている行事。 平安貴族そのままの姿で列をつくり、市内を巡行する路頭の儀は、この祭で最大の見どころです。

◆基本情報◆
「5.上賀茂神社・下鴨神社」を参照この写真の記事を見る ≫

6.京都三大祭
島野 佳幸

数十億円の歴史絵巻!!京都時代祭で豪華な行列を堪能しようby 島野 佳幸

地図を見る 地図を見る

毎年10月22日に行われる「時代祭」は葵祭、祇園祭と並ぶ京都三大祭の一つ。平安遷都から1100年目を記念し、明治28年に桓武天皇を祭神として創建された平安神宮の祈念祭から始まっています。

行列は京都に都があった時代の明治維新時代から始まり、江戸時代〜延暦時代と遡っていきます。行列に使われる衣裳や祭具の一つ一つが厳密な時代考証をもとに作製された本物で、総額数十億円と言われています。

◆基本情報◆
場所:時代風俗行列/京都御所建礼門前〜平安神宮
アクセス:京都御所/地下鉄烏丸線「今出川駅」、市バス「烏丸今出川」下車この写真の記事を見る ≫

7.五山の送り火

7.五山の送り火
島野 佳幸

京都「五山の送り火」のお勧め鑑賞スポットはココだ!by 島野 佳幸

地図を見る 地図を見る

京都の夏の夜を彩る「五山の送り火」は、数百年間ずっと受け継がれている京都を代表するお盆の精霊を送る行事です。五山送り火は、東山の「大文字」、松ヶ崎の「妙・法」、西賀茂船山の「船形」、金閣寺付近大文字山の「左大文字」、嵯峨野曼荼羅山の「鳥居形」の五つです。

一か所から全てを見ることができる場所はありませんので、毎年場所を定めて一つずつの見学をおすすめします。一つでも場所によって見え方が異なるため一文字二か所からの見学をすると、最低10年はかかりますが、それだけの価値はあります。この写真の記事を見る ≫

7.五山の送り火
bow

実はお手軽な絶景ハイキング!あの「大文字山」に登ってみよう!〜京都by bow

地図を見る 地図を見る

京都に夏の終わりを告げる行事、「五山の送り火」の起源は弘法大師説や足利義政が始めたとされる説など、諸説あります。そして、その舞台として有名な大文字の“大”の文字がある山はその名の通り、大文字山と言います。

そんな「見る」対象となっている大文字山、実は非常に手軽に登れる山なのです。あの“大”の字の部分までは軽いトレッキングで行くことができ、ちょっとしたハイキングにはもってこいの観光スポットです。この写真の記事を見る ≫

7.五山の送り火
bow

実はお手軽な絶景ハイキング!あの「大文字山」に登ってみよう!〜京都by bow

地図を見る 地図を見る

登山口から約30分で大文字の“大”の字に到着します。標高は約300m程ですが、のっぺりとした京都市街を眼下におさめることができるでしょう。
ちなみに大文字の文字は火床と呼ばれる75基の点火台によって構成されており、中央の部分、“大”の文字の交差部分・中心点を「金尾(かなわ)」と呼んでいます。この金尾の部分は特に大きな火床になっていて、大きな火が上がるようになっているんですよ。

◆基本情報◆
場所:京都市左京区
アクセス:銀閣寺の寺領、国有林をかすめて登っていくルートで登山口から約30分この写真の記事を見る ≫

8.京都御所・桂離宮

8.京都御所・桂離宮
ぐれい サクミ

通年無料の一般公開となりました!今こそ行きたい京都御所by ぐれい サクミ

平安遷都から明治になるまでの1075年間にわたり都があった京都には、もちろん天皇のお住まいもありました。それが「京都御所」です。

通常は事前申込みがなければ参観できず、手続きが面倒だったり、定員や時間が決められていたりしてなかなか旅程に組み込みにくいところですが、年に2回行われる一般公開の時期だけは申込手続不要、参観自由。ぜひこのチャンスに京都御所観光をしてみませんか?建物や庭園のほかに、春季の一般公開は梅・桃・桜の花々が、秋季は紅葉が楽しめます。

◆基本情報◆
場所:京都市上京区京都御苑3
電話番号:075-211-1215(宮内庁京都事務所参観係)
アクセス:地下鉄烏丸線「今出川駅」、市バス「烏丸今出川」下車この写真の記事を見る ≫

8.京都御所・桂離宮
金長 たぬ子

予約困難でも行きたい!京都「桂離宮」で日本美の結集を体感by 金長 たぬ子

地図を見る 地図を見る

ドイツの建築家ブルーノ・タウトに“日本建築の世界的奇跡”と絶賛されたことで有名な「桂離宮」は、八条宮初代智仁親王により宮家の別荘として創建されました。
簡素な中にも格調ある山荘は、父君譲りの美的感覚を持った二代智忠親王により中書院、月波楼、松琴亭、笑意軒などが新増築され現在の姿に整えられましたが、明治になって宮家の断絶により宮内庁所管となり「桂離宮」と称されるようになりました。

◆基本情報◆
場所:京都市西京区桂御園
電話番号:075-211-1215(宮内庁京都事務所参観係)
アクセス:市バス「桂離宮前」下車この写真の記事を見る ≫

9.北野天満宮

9.北野天満宮
bow

春まで待てない!冬の京都は梅をめぐろう!梅の名所5選by bow

地図を見る 地図を見る

学問の神様・菅原道真公を祀る「北野天満宮」。境内には菅原道真ゆかりの50種、約1500本という京都でも有数の梅の名所。京都の春を告げる北野天満宮の梅苑は毎年見頃となる2月上旬から3月下旬まで開園され、多くの観光客が散策路を縫うように乱れ咲く梅を求めて訪れます。京都で梅を語るなら北野天満宮は外せませんよ!この写真の記事を見る ≫

9.北野天満宮
古都の U助

新緑が美しい!京都・北野天満宮「史跡御土居の青もみじ公開」by 古都の U助

地図を見る 地図を見る

学問の神様「北野天満宮」の境内西側には、紙屋川に沿って天正年間に豊臣秀吉が洛中の防衛と水防のため築いた土塁「御土居(おどい)」の一部が現存し、例年紅葉と新緑の時期に特別公開されています。
御土居のハイライトといえるのが紙屋川に架かる朱色の「鶯橋」。紅葉の時期も素晴らしいのですが、新緑の時期の緑と朱の色のコントラストも色鮮やかで美しく、紙屋川の水音も実に耳に爽やかです。この写真の記事を見る ≫

9.北野天満宮
木村 優光

美しい紅葉ライトアップに感動!京都北野天満宮「もみじ苑」by 木村 優光

地図を見る 地図を見る

「鶯橋」周辺は紅葉の季節になると、北野川に架かる真っ赤な欄干が周りの真っ赤な紅葉と相まって、強烈なインパクトを与えてくれます。回廊沿いをゆっくりと歩いて、ライトアップされた紅葉を楽しみつつ、晩秋の最高の思い出を作りましょう。

◆基本情報◆
場所:京都市上京区馬喰町
電話番号:075-461-0005
アクセス:京福電車「白梅町駅」、市バス「北野天満宮前」下車この写真の記事を見る ≫

10.平安神宮

10.平安神宮

意外と新しい京都・平安神宮は、平安京朝堂院を模した社殿だった!

地図を見る 地図を見る

平安神宮と聞くと、いかにも平安時代から建っているように感じますが、実は明治28年(1895年)に平安京遷都1100年を記念する事業の一環として、かつての都の中心であった朝堂院を再現して造られたものなのです。
平安神宮の社殿の屋根は他と違い蒼い碧瓦(へきがわら)を使っていますが、これもまた当時の大内裏の建物がこの蒼い瓦を使っていたことを忠実に再現したものといえます。

ただ観光するだけではなく、歴史や背景などに思いを巡らせながら、より京都を満喫してくださいね。この写真の記事を見る ≫

10.平安神宮

意外と新しい京都・平安神宮は、平安京朝堂院を模した社殿だった!

地図を見る 地図を見る

神苑最大の栖鳳池(せいほういけ)には迎賓館として使われている尚美館(しょうびかん)と泰平閣があります。
特に、東山を背に池の中央を横切るように建てられている泰平閣は、ベンチとして腰を掛けられるので、池の上でのんびりと一休みができますよ。池には鯉や亀がたくさんいて、有料で備え付けの餌をあげることもできるので、しばし平安貴族のように、優雅な気分に浸ってみてはいかがでしょうか。この写真の記事を見る ≫

10.平安神宮
bow

幽玄なり!夜桜と音楽の饗宴!「平安神宮紅しだれコンサート」by bow

地図を見る 地図を見る

京都の桜のライトアップイベントで規模が大きく、一番おすすめできるものと言えば、しだれ桜が美しい事でも知られる平安神宮の神苑をライトアップし、夜桜を見つつ生演奏のコンサートを楽しめる「平安神宮紅しだれコンサート」です。

栖鳳池に浮かぶように接している尚美館(貴賓館)は、大正時代の初めに京都御所より下賜され、移築された建物です。そんな舞台を使ったコンサートが許されるのはやはり、京都ならではですね。

◆基本情報◆
場所:京都市左京区岡崎西天王町97
電話番号:075-761-0221
アクセス:市バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこメッセ前」「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこメッセ前」下車この写真の記事を見る ≫

11.錦市場

11.錦市場
古都の U助

京都・錦市場で買った食べ物が持ち込める!「京町家 錦上ル」by 古都の U助

地図を見る 地図を見る

「錦市場」といえば京都に住む人だけでなく観光客にも大人気の、気軽に食べ歩きやお土産選びが楽しめるグルメスポットです。通路は狭いですがアーケードがあり雨の心配は無く、各店舗のエアコンで特に夏場は通常の町歩きに比べ酷暑にさらされる心配がないのも助かります。

市場には春はタケノコに夏はアユやハモ、秋は丹波栗にマツタケ、冬は九条ネギや京ニンジン、フグなどなど、様々な旬の食材が豊かに並びます。四季折々の食材を楽しむ旅もいいですね。この写真の記事を見る ≫

11.錦市場
カカミ ユカ

ラブレ菌で大注目!京都伝統の味「すぐき漬け」厳選5店!by カカミ ユカ

地図を見る 地図を見る

京都の伝統的なお漬物「すぐき漬け」の中にある“ラブレ菌”がインフルエンザ予防、免疫力アップの効果が高いとして、国内外から注目を集めています。
その漬物は、上賀茂地区周辺のみで栽培されるすぐき菜を各農家の“室”で加熱&乳酸発酵させ作られます。

錦市場にある「高倉屋」は旬の素材や京野菜などを使った漬物が並ぶ店で、真空パックしたものではなく、その日その時に樽から出したすぐき漬けを販売しています。この写真の記事を見る ≫

11.錦市場
bow

京の台所「錦市場」をそぞろ歩き!おすすめの食べ歩きベスト5!by bow

地図を見る 地図を見る

観光客に人気の錦市場でお惣菜を販売している「井上佃煮店」のショーケースの中には、いかにも京都らしいお惣菜、いわゆる“おばんざい”がズラリと並んでいます。
その並びに名物と書かれた「チョコレートコロッケ」、中身はなんとチョコレートクリームなんです。サクサクの衣とHOTなチョコというコンビネーション、これはお惣菜ではなくお菓子、間違っても食卓に並べてはいけない食べ歩き用のコロッケです。

◆基本情報◆
場所:京都市中京区 富小路通四条上る西大文字町609番地
電話番号:075-211-3882(京都錦市場商店街振興組合)
アクセス: 地下鉄烏丸線「四条駅」、阪急京都線「烏丸駅」、阪急京都線「河原町駅」、市バス「四条高倉(大丸百貨店前)」下車この写真の記事を見る ≫

12.南禅寺

12.南禅寺

「絶景かな、絶景かな」京都南禅寺の三門からの眺めを楽しむ

地図を見る 地図を見る

「絶景かな、絶景かな」という言葉を聞いた事はありませんか?この言葉は、かの有名な石川五右衛門が歌舞伎『楼門五三桐(さんもんごさんのきり)』の中で南禅寺の三門からの景色を愛でて言った名台詞です。

「南禅寺」は臨済宗南禅寺派の総本山。南禅寺の敷地に入ってまず目に入る高さ22mもある巨大な三門は圧巻です。三門の楼上からは南禅寺境内はもちろん、京都市内の四季も一望できる素敵な景色に巡りあうことができるでしょう。この写真の記事を見る ≫

12.南禅寺
けいたろう

哲学の道からスタート!桜のトンネルで始まる京都お花見散歩by けいたろう

地図を見る 地図を見る

水路閣は琵琶湖の水を京都市へ流すために作られた、琵琶湖疏水という水路の一部です。南禅寺の境内を通る必要があったので、景観に溶け込むようにデザインされていて、モダンな橋が画になり、様々なドラマの撮影舞台となった人気の観光地です。

水路閣をくぐり抜けて右手側の階段を上り、疏水の流れる山道を進むと、明治24年(1891年)6月に操業を開始したレンガ造りの蹴上発電所という、水力発電所が現れます。

◆基本情報◆
場所:京都府京都市左京区南禅寺福地町
電話番号:075-771-0365
アクセス:地下鉄東西線「蹴上駅」、市バス「東天王町」「南禅寺・永観堂道」下車この写真の記事を見る ≫

13.哲学の道

13.哲学の道
島塚 渓

四季を通して楽しめる京都「哲学の道」の絶対外せない定番スポット!by 島塚 渓

地図を見る 地図を見る

「哲学の道」とは熊野若王子(くまのにゃくおうじ)神社から銀閣寺まで、琵琶湖疏水沿いに続く歩道の名前。この通りのシンボルにもなっている疎水は、琵琶湖から水を汲み取ってから、南禅寺の境内にある水路閣を通って、鴨川の上流にある高野川まで流れています。

ここが「哲学の道」と呼ばれるようになったのは、京都大学の哲学者 西田幾多郎が散歩のときに、よくこの道を思索にふけりながら歩いていたから。現在では散歩道として整備され、四季を通して多くの人が訪れる観光地になっています。この写真の記事を見る ≫

13.哲学の道
LUI

桜だけじゃない!京都「哲学の道」春の散歩は椿を見にいこう!by LUI

地図を見る 地図を見る

春には疏水沿いの桜の木が一面一杯に咲き誇り、人々を楽しませてくれます。もみじなども植えられているので、秋は紅葉を楽しみながらの散策もいいですね。この写真の記事を見る ≫

13.哲学の道
古都の U助

春の椿が美しい!京都・哲学の道すぐの「霊鑑寺」特別公開by 古都の U助

地図を見る 地図を見る

時季が合えば、哲学の道のすぐ近くにある「霊鑑寺」を観光するのもおすすめ。1654年に後水尾天皇が皇女を開基として創建された寺院で、別名「谷の御所」とも呼ばれています。
普段は非公開のお寺ですが、例年秋の紅葉の時期と椿の花咲く春の時期に特別公開され、格式高いお庭や数々の珍しい椿の名木を鑑賞することができます。

◆基本情報◆
場所:熊野若王子神社〜銀閣寺
アクセス:市バス「南禅寺・永観堂前」「銀閣寺前」下車この写真の記事を見る ≫

14.清水寺

14.清水寺
浮き草 ゆきんこ

京都観光初心者必見!半日で手軽に三大名所をめぐるハートツアーが今熱い!by 浮き草 ゆきんこ

地図を見る 地図を見る

京都屈指の観光地「清水寺」。限られた旅行日程の中で知りたいのは、基本的な清水寺参拝のための効率的な時間配分と参拝方法ではないでしょうか。

朱塗りの「仁王門」と日本最大級の「三重塔」を記念撮影、「本堂」から京都市内の絶景を堪能、清水寺らしい景色を堪能できる「奥之院」の緑豊かな道をゆっくり散策し、「音羽の滝」で清水を飲んだら、基本的な清水寺参拝はできたといえるでしょう。この写真の記事を見る ≫

14.清水寺
Makiko Ozaki

清水寺は早朝拝観がオススメ!誰もいない静かな京都へby Makiko Ozaki

地図を見る 地図を見る

清水の舞台から降りた所にある音羽の滝。“音羽の滝から流れる清らかな水”と言われ清水寺の名前の由来となりました。

左から順番に学問成就の水、恋愛成就の水、延命長寿の水と言われ、3つ全部飲んではダメと言われていますが、清水寺のホームページにはその事は一切書かれていなく、真偽は音羽の滝の不動さまのみ知るという事でしょうか?
早朝の音羽の滝はとても静寂に包まれ、地元の方々がお水を汲みに来ています。この写真の記事を見る ≫

14.清水寺
金長 たぬ子

良縁祈願するなら絶対おすすめ!すご〜いパワーの京都「縁結び神社」3選!!by 金長 たぬ子

地図を見る 地図を見る

清水寺の敷地内にある、京都で一番古い縁結びの神様「地主神社」の本殿前には、10mほど離れた場所に2つの守護石「恋占いの石」があります。
目を閉じたまま、初めの石から2つ目の石までたどり着けば恋が成就する、という伝説が、この石には隠されているのです。この「恋占いの石」、いつ建てられたかは不明ですが、縄文時代からあったということですから驚きです。

◆基本情報◆
場所:京都市東山区清水一丁目
電話番号:075-551-1234(清水寺)
アクセス:市バス「清水道」「五条坂」下車この写真の記事を見る ≫

15.祇園エリア

15.祇園エリア
島塚 渓

スタバも川床!癒しスポット満載の京都・鴨川をゆったり散歩by 島塚 渓

地図を見る 地図を見る

祇園エリアで立ち寄りたい「鴨川」は京都市内を南北に貫く約33qの川。三条や四条といった繁華街を流れていることから、京都でもっとも有名な川と言えます。
そんな街なかを流れる鴨川は、都会にあって豊かな自然を感じられる場所。京都を訪れる観光客や市民の憩いの場所として活用されているんです。さらにカップルたちの聖地にもなっていて、三条大橋から四条大橋にかけての約600mのあいだには、恋人たちが同じ間隔で並ぶ光景を見ることができます。この写真の記事を見る ≫

15.祇園エリア
みぃ

京都の川床(納涼床)が楽しめるスタバ「スターバックス京都三条大橋店」by みぃ

地図を見る 地図を見る

5月から9月までの京都鴨川沿いの風物詩といえば「川床(納涼床)」。お高いイメージのある川床も、ランチならリーズナブルに楽しめるとあって、5月と9月のお昼の川床も近年ますます人気になっています。
何と「スターバックス京都三条大橋店」では、5月になると川床がスタート。いつものコーヒー代で京都の風物詩が楽しめるとあって、話題のスポットになっています。この写真の記事を見る ≫

15.祇園エリア
木村 優光

和と桜の共演ステージに感動!春に訪問すべき京都「祇園白川」by 木村 優光

地図を見る 地図を見る

京都で和の雰囲気を一番感じることができる祇園エリアですが、その中でも特に京都らしさを味わえるのが「祇園白川」。白川南通から1本北側の新橋通は料亭、京町家が建ち並び、重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。
祇園の中を流れる白川を渡す「巽橋」は、京都ロケのサスペンスやドラマなどのロケ地としてもおなじみ。のんびりそぞろ歩きをしてみてはいかがでしょうか。

◆基本情報◆
場所:四条通、花見小路通周辺
アクセス:市バス「祇園」下車この写真の記事を見る ≫

16.八坂神社

16.八坂神社
葉山 花

龍の棲む神社!?祇園の町を守る縁結びスポット・八坂神社by 葉山 花

地図を見る 地図を見る

祇園祭でも有名な京都「八坂神社」は、祇園の街のシンボルとして観光客にも人気の高い神社です。昔から舞妓さんが活躍し、華やかな雰囲気のある祇園の街では、いろんなご縁や恋愛ごとが生まれてきました。
休日などは、結婚式を執り行なっている様子も見られることがあり、幸せムード漂う境内には、今も昔も変わらず、たくさんの女性が縁結びを願って八坂神社を訪れる光景を目にします。

また「龍が棲む」という面白い伝説もある場所です。知っているようで実は知らない八坂神社の境内を散歩してみましょう。この写真の記事を見る ≫

16.八坂神社
澤 慎一

1日で観光!京都最強のパワースポット巡り!恋愛&運気アップ神社by 澤 慎一

地図を見る 地図を見る

八坂神社の敷地内に建つ、舞妓さんも訪れる美のパワースポット「美御前社」には、心も身も美しくなることができるとされる「美容水」がわき出ています。
ここは、日本の神話に登場する3人の女神「宗像三女神」をまつった神社です。3人の女神のうち、特に美人とされている女神が市杵島比売命(いちきしまひめのみこと)。七福神の中で唯一の女性の神さまである弁財天と同じ女神で、芸能や美貌の神として信仰されているのです。

◆基本情報◆
場所:京都市東山区祇園町北側625番地
電話番号:075-561-6155
アクセス:京阪「祇園四条駅」、阪急「河原町駅」、市バス「祇園」下車この写真の記事を見る ≫

17.京都タワー

17.京都タワー
みぃ

京都駅から徒歩圏内の観光スポットをご案内!新幹線の時間まであと1時間…、最後の最…by みぃ

地図を見る 地図を見る

京都人にも「この写真どこから撮ったの!?」と不思議がられるアングル。京都タワーの高さは地上131mですが、ここから見える京都タワーは高さ139mと、いつもより8m高いのです。

これは京都駅の地下にある「ポルタ」という地下街から撮影したもの。地下に潜っている分、京都タワーが高く見えます。ただし、この景色が見えるか見えないかは、運次第。ポルタは京都駅のすぐ下の地下街ですので、新幹線の時間までお茶をしたりショッピングをしたりと、いろいろな過ごし方ができますので重宝しますね。この写真の記事を見る ≫

17.京都タワー
古都の U助

京都らしい建物とのコラボも素敵な「夕焼け」スポット5選by 古都の U助

地図を見る 地図を見る

京都にはお寺や歴史的建築はもちろん素晴らしい現代建築も数多くあります。
昼間の姿ももちろん魅力溢れるものですが、お天気次第でそれらの建物が夕暮れ時に朱に染まり、あるいは建築のシルエットが浮かび上るのは、一層情緒が深まるもので京都観光の際には絶対見ていただきたい光景です。

京都駅は夕焼けポイントがいっぱいで、特に駅ビルは夕焼けを眺めるのにもってこいの定番&本命の場所と言えます。

◆基本情報◆
場所:京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町721-1
電話番号:075-361-3215
アクセス:JR「京都駅」地下通路直結この写真の記事を見る ≫

18.京都鉄道博物館・梅小路公園

18.京都鉄道博物館・梅小路公園
うまりーの 三都

日本最大級の鉄道の殿堂がオープン「京都鉄道博物館」で、見て・さわって・体験!by うまりーの 三都

地図を見る 地図を見る

2016年4月29日にオープンした「京都鉄道博物館」。こちらにある展示車両は、蒸気機関車23両、電気機関車5両、ディーゼル機関車2両、新幹線6両、在来線電車5両ほか全体で53両と国内最大の規模を誇っています。そのコンセプトは、「見る!さわる!体験する!」博物館の常識を覆した参加・体験型のアミューズメントパークです。

運転シミュレーターや30m×10mの巨大ジオラマ、蒸気機関車の修理・検査風景の見学など盛りだくさん!スカイテラスからは、東寺の五重塔をバックに走る新幹線などを眺めることもできますよ。この写真の記事を見る ≫

18.京都鉄道博物館・梅小路公園
bow

最新技術で甦った最古のチンチン電車に乗ろう「梅小路公園」〜京都by bow

地図を見る 地図を見る

京都駅から近い「梅小路公園」は近年新しい観光施設がオープンし、一大レジャースポットとなりつつあります。そんな「梅小路公園」では最古の電車と呼ばれ、市民からはチンチン電車と親しまれた京都市電が、現代の技術で再び命を吹き込まれて人気を集めています。

京都市電が保存、展示されているだけでなく、「すざくゆめ広場」「市電ひろば」間では日にち限定ではありますが、チンチン電車に乗ることが出来るのです。この写真の記事を見る ≫

18.京都鉄道博物館・梅小路公園
さち

公園の緑を借景にした開放感!「京都水族館」と梅小路公園で遊ぼう!by さち

地図を見る 地図を見る

2012年3月にオープンし、内陸型水族館として一躍京都の新観光名所となった「京都水族館」。周辺は緑いっぱいの梅小路公園として整備され、春には梅や桜が楽しめ市民の憩いの場となっています。
そんな美しい公園の緑が借景として楽しめる京都水族館は開放感にあふれ、イルカパフォーマンスや、京都の鴨川・由良川をイメージした「京の川ゾーン」などの京都らしい展示も魅力です。

◆基本情報◆
場所:京都市下京区観喜寺町56-3
電話番号/京都鉄道博物館:0570-080-462(ナビダイヤル)
電話番号/梅小路公園:075-352-2500
電話番号/京都水族館:075-354-3130
アクセス:市バス「七条大宮・京都水族館前」「梅小路公園・京都鉄道博物館前」「梅小路公園前」下車この写真の記事を見る ≫

19.名庭

19.名庭
小谷 結城

苔寺、松尾大社…洛西より京都を見守るいにしえの神仏たちby 小谷 結城

地図を見る 地図を見る

「西芳寺」は天平年間(729〜749)創建の古刹です。しかし、建武年間(1334〜36)の兵火によって荒廃。これが暦応2(1339)年に夢窓疎石によって復興され、庭園も同じく疎石によって作庭されました。

西芳寺の庭園は一面が苔で覆われた池泉庭です。復元された庭園を除くと最古級の庭園にあたり、稀少な存在なのです。本堂南東に広がる苔で有名な池泉回遊式庭園と、山腹の枯山水庭の上下二段構成になっており、金閣寺庭園や銀閣寺庭園は西芳寺庭園を模して造られました。

◆基本情報◆
場所:京都市西京区松尾神ヶ谷町56
電話番号:075-391-3631
アクセス:市バス「苔寺道」下車この写真の記事を見る ≫

19.名庭
万葉 りえ

風神雷神に巨大な龍!京都最古の禅寺「建仁寺」で堪能する日本文化の煌きby 万葉 りえ

地図を見る 地図を見る

「建仁寺」を開山した栄西禅師は、比叡山で天台密教をおさめた後、二度も宋へ渡って学び日本へ禅をつたえた僧です。この寺ができたのは1202年。「建仁」という年号から寺の名前がついています。
「大雄苑」と称される枯山水の庭。白砂の向こうに岩と緑が作りだす世界は多くの人を大河や大海原を見ている心地にさせてくれるようで、日本人だけでなく海外からの観光客も、この庭の前だとゆっくりと過ごしてしまうようです。

◆基本情報◆
場所:京都市東山区大和大路通四条下る小松町
電話番号:075-561-6363
アクセス:京阪電車「祇園四条駅」、市バス「東山安井」「南座前」下車この写真の記事を見る ≫

19.名庭

御室御所と呼ばれる京都「仁和寺」。平安時代から受け継がれる門跡寺院の誇りと風格を…

地図を見る 地図を見る

「仁和寺」は888年に創建された真言宗御室派の総本です。
白砂・池・常緑樹・お茶室・で構成された「北庭」は、時間のある限りゆっくりと鑑賞してほしい庭です。遠くに五重塔が見えることで、仁和寺のお寺と御殿が見事に融合する美しい風景にはしばし見とれてしまいます。

北庭の奥には歴代門跡の御位牌を祀る「霊明殿」があり、平安時代の白檀をつかった薬師如来像(国宝・非公開)が安置されています。

◆基本情報◆
場所:京都市右京区御室大内33
電話番号:075-461-1155
アクセス:市バス「御室仁和寺」下車この写真の記事を見る ≫

20.伏見稲荷大社

20.伏見稲荷大社
奈良山 鹿子

圧巻の千本鳥居は必見!京都伏見稲荷大社の見どころまとめby 奈良山 鹿子

地図を見る 地図を見る

皆さんは今、外国人に一番人気のある京都の神社はどこか知っていますか?京都観光の定番である金閣寺、銀閣寺、清水寺ではなく、「伏見稲荷大社」なんです。海外の口コミサイトでランキング上位に選ばれ、「どこにもない」「美しい」などと訪れた外国人に感激を与えているんだとか。

伏見稲荷大社は京都駅から電車でおよそ15分、全国約3万社ある稲荷神社の総本宮です。年間を通して参拝者が多く、初詣の人手ランキングでも上位となっています。この写真の記事を見る ≫

20.伏見稲荷大社
澤 慎一

外国人観光客に人気!京都伏見稲荷大社&千本鳥居の見どころby 澤 慎一

地図を見る 地図を見る

最大の見どころは、伏見稲荷大社と背後の山(稲荷山)を埋め尽くすほどの無数の赤い鳥居です。中でも本殿の裏手にある「千本鳥居」はひと際美しく、過去にここで映画やCMの撮影が行われました。
1万基以上とされる鳥居が山全体を取り囲み、どれほど山奥に分け入っても赤い鳥居の行列ですが、これはお参りに来た人が、願いごとが「通った」というお礼の意味を込めて奉納したもので、江戸時代から現代まで続いている習慣です。この写真の記事を見る ≫

20.伏見稲荷大社
矢作 綾加

1万本の鳥居のトンネルは圧巻! 世界が注目する京都・伏見稲荷大社でご利益満載の巡…by 矢作 綾加

地図を見る 地図を見る

千本鳥居を抜けた“奥の院”は、稲荷山全体を遥拝する場所でもあります。
ここにも参拝所が設けられていますが、目を引くのがかわいらしいキツネの形の絵馬です。

この絵馬には参拝者が自由に表情を書き込めるので、喜怒哀楽の表情豊かでユニークなキツネたちがずらりと並んでいます。見ているだけでも楽しめますが、500円で奉納できるので、この機会にトライしたいもの。一緒に訪れた人と見せあうのもいいですね。

◆基本情報◆
場所:京都市伏見区深草薮之内町68番地
電話番号:075-641-7331
アクセス:JR奈良線「稲荷駅」、京阪本線「伏見稲荷駅」、市バス「稲荷大社前」下車この写真の記事を見る ≫

21.伏見の酒蔵巡り

21.伏見の酒蔵巡り
高橋 しゅう

酒造りの街と幕末期の歴史の舞台 京都市伏見を歩くby 高橋 しゅう

地図を見る 地図を見る

黄桜、月桂冠、宝酒造等の酒造会社は、お酒を飲む方はもとより、飲まない方でも知っている方が多いのでは?これらの蔵元は日本を代表する酒処、京都市伏見にあります。

伏見区の中でも、酒造りが盛んな場所は区の南側の地域に位置。伏見には酒造組合の酒蔵を数えても22軒の蔵元があり、大小様々な所で酒造りが行われています。
伏見で酒造りが盛んな理由は良質な伏流水に恵まれ、地域に鴨川、桂川、宇治川が流れて、かつて江戸時代には大坂、京都への水運にも便利な場所であったことにもよります。この写真の記事を見る ≫

21.伏見の酒蔵巡り
高橋 しゅう

酒造りの街と幕末期の歴史の舞台 京都市伏見を歩くby 高橋 しゅう

地図を見る 地図を見る

全国的に展開している酒造メーカーの月桂冠も、伏見にあります。明治期に建てられた酒蔵を改装して公開している「月桂冠大倉記念館」では、伏見での酒造りの歴史や酒造りの道具などを展示して、酒について学ぶことができ、そして利き酒をすることもできます。また、併設の売店では限定酒や酒に関わる製品等を販売。
なお、この記念館の建物と所蔵品、周辺の建物は経済産業省が認定する近代化産業遺産となっています。

◆基本情報◆
場所:京都市伏見区南浜町247番地
電話番号:075-623-2056
アクセス:京阪本線「中書島駅」、近鉄京都線「桃山御陵前駅」下車この写真の記事を見る ≫

21.伏見の酒蔵巡り

伏見の蔵を巡りながら、女酒を堪能するおとなの一日。

地図を見る 地図を見る

豊かな地下水が湧き出る伏見では、その名水を「伏水」と呼び、酒造りに使用してきました。「灘の男酒・伏見の女酒」と言われるように、女性を思わせる丸みを帯びた味わいは絶品です。

大手筋商店街にある「吟醸酒房 油長」では、80種類以上もの伏見のお酒を味わうことができます。きき酒セットと称して3種類を一杯づつ飲み比べたり、杯売りで次々に味わうことも可能です。

◆基本情報◆
場所:京都市伏見区東大手町780
電話番号:075-601-0147
アクセス:近鉄京都線「桃山御陵前駅」、京阪本線「伏見桃山駅」下車この写真の記事を見る ≫

22.パワースポット

22.パワースポット
桜 小町

爆笑説法に願いを叶えるお地蔵様〜京都・鈴虫寺は行列のできるお寺by 桜 小町

地図を見る 地図を見る

鈴虫寺の正式な名前は「妙徳山華厳寺」ですが、一年中鈴虫が鳴いていることからいつしか「鈴虫寺」と呼ばれるようになり、今ではその名前の方が有名になりました。

参道の階段の上の「幸福地蔵」は、どんな願いでも、願い事を1つ叶えてくれるというお地蔵様です。このお地蔵様は草鞋を履いているので、願いを叶えに行脚することができるとか……。一軒一軒歩いて回るので、願い事が叶うまで時間がかかるというのもなんだか現実的。休日になると観光客が行列を作り、観光シーズンには2〜3時間待ちと、お寺とは思えないほどの人気です。

◆基本情報◆
場所:京都市西京区松室地家町31
電話番号:075-381-3830
アクセス:市バス「松尾大社」、京都バス「苔寺・すず虫寺」下車この写真の記事を見る ≫

22.パワースポット
みぃ

羽生結弦選手の絵馬も!「陰陽師」で知られる京都・晴明神社は厄除け最強神社by みぃ

地図を見る 地図を見る

「晴明神社」は安倍晴明公をお祀りした、厄除けで知られる神社。晴明公の偉業を讃えた一条天皇の命により、晴明公の屋敷跡である現在の場所に社殿が設けられました。「陰陽師」として知られている晴明公は平安時代中期の天文学者です。

晴明公が念力により湧出させた井戸の水が湧き出る場所は、その年の恵方を向いていて、吉祥の水が得られます。毎年立春の日にその年の恵方にあわせて向きが変えられまるんですよ。

◆基本情報◆
場所:京都市上京区晴明町806
電話番号:075-441-6460(社務所)
アクセス:地下鉄烏丸線「今出川駅駅」、市バス「一条戻橋・晴明神社前」「堀川今出川」下車この写真の記事を見る ≫

22.パワースポット
村松 佐保

京都『安井金比羅宮』 悪縁を切り、良縁を結ぶ5つの手順by 村松 佐保

地図を見る 地図を見る

「安井の金比羅さん」で知られる京都東山に鎮座する「安井金比羅宮」は、“悪縁を切り、良縁を結ぶ”神社としてとても有名です。近所の方々だけでなく、全国各地からも多くの参拝客が訪れ、賑わいを見せています。
「縁切り縁結び碑(いし)」という願かけをする巨大な石は、多くの方々からとても頼りにされており、お願い事が書かれたお札で碑が見えないほどです。

◆基本情報◆
場所:京都市東山区東大路松原上ル下弁天町70
電話番号:075-561-5127
アクセス:京阪本線「祇園四条駅」、阪急京都線「河原町駅」、市バス「東山安井」下車この写真の記事を見る ≫

23.平等院鳳凰堂・宇治

23.平等院鳳凰堂・宇治

現代によみがえりゆく極楽浄土の世界。京都・平等院鳳凰堂

地図を見る 地図を見る

平安時代後期に信じられていた「末法思想」の影響により、当時の貴族は極楽往生を願い、西方極楽浄土の教主とされる阿弥陀如来を祀るお堂を建てるようになりました。宇治市が誇る観光名所「平等院鳳凰堂」は、まさにその象徴といえる建物なのです。

この鳳凰堂が可能な限りリアルな極楽浄土を表現するべく、堂内には金箔、螺鈿、宝石、そして極彩色を使った装飾をされていたのには、極楽浄土はその様子を見るだけで悟りの境地への道が開かれる、という教えの意味が込められているのです。

◆基本情報◆
場所:京都府宇治市宇治蓮華116
電話番号:0774-21-2861
アクセス:JR奈良線・京阪電鉄宇治線「宇治駅」下車この写真の記事を見る ≫

23.平等院鳳凰堂・宇治
水津 陽子

やみつきになる!宇治茶商屋敷「中村藤吉本店」極上抹茶スイーツby 水津 陽子

地図を見る 地図を見る

宇治といえば平等院鳳凰堂、そして宇治茶。その宇治茶をふんだんに使った極上の抹茶スイーツで知られるのが、JR宇治駅前にある「中村藤吉本店」です。生抹茶のゼリーと抹茶のアイスは、一度食べたらやみつきになること間違いなし!特に抹茶アイスは、かの有名アイスブランドより美味しいものを、という社長命令を受けて作られたこだわりの逸品。宇治・平等院観光の帰りにおすすめの極上スイーツです。

◆基本情報◆
場所:宇治市宇治壱番十番地
電話番号:0774-22-7800
アクセス:JR奈良線・京阪電鉄宇治線「宇治駅」下車この写真の記事を見る ≫

23.平等院鳳凰堂・宇治
村松 佐保

平安絵巻の世界が広がる!京都・宇治市源氏物語ミュージアムby 村松 佐保

地図を見る 地図を見る

「宇治市源氏物語ミュージアム」は、透明感あふれるガラス張りが印象的な平屋の施設です。館内は展示ゾーンと情報ゾーンに分かれており、展示ゾーンの見どころは源氏物語前半の平安京と光源氏がテーマの「平安の間」と、源氏物語第三部の『宇治十帖』がテーマの「宇治の間」です。
平安の間には、源氏物語の魅力やあらすじが美しいハイビジョン映像で紹介され、黒漆の牛車や寝殿造の中に装束や調度品が展示。映像展示室で観られる短編映画も、豪華キャストで見ごたえたっぷりですよ。

◆基本情報◆
場所:宇治市宇治東内45-26
電話番号:0774-39-9300
アクセス:JR奈良線・京阪電鉄宇治線「宇治駅」、京阪バス「京阪宇治」下車この写真の記事を見る ≫

24.大原

24.大原
bow

静寂に包まれた額縁庭園を味わう。京都大原「宝泉院」by bow

地図を見る 地図を見る

京都大原にある「宝泉院」は、三千院の参道のさらに奥、素晴らしい庭園に出会うことが出来る天台宗のお寺です。

京都の枯山水庭園は歩いて回れるような箇所は少ないのですが、ここ宝泉院は「宝楽園」と呼ばれる庭園内を歩いて回れるようになっています。柱と柱の間の空間を額縁に見立てて鑑賞する額縁庭園は「盤桓園」と言い、立ち去りがたい、という意味なのだそうです。水琴窟も設置されていて、目を瞑って音に耳を傾けると、癒されること間違いありません。

◆基本情報◆
場所:京都市左京区大原勝林院町187番地
電話番号:075-744-2409
アクセス:京都バス「大原」「四条河原町」下車この写真の記事を見る ≫

24.大原
澤 慎一

大原・三千院から寂光院へ!京都観光&紅葉の散策穴場コースby 澤 慎一

地図を見る 地図を見る

紅葉のシーズンの「寂光院」は、深い緑色の苔庭に色鮮やかな紅葉が本堂前に落ちかかり、たいへん風情のある風景で観光におすすめです。池のほとりに落ちた紅葉や椿を見ながら、本堂にあがると、ご本尊の六万体地蔵尊菩薩さまを拝観することができます。

寂光院は、聖徳太子が父親(用明天皇)の菩薩を弔うために建てた尼寺。平清盛の娘・建礼門院が隠れ住んだお寺です。

◆基本情報◆
場所:京都市左京区大原草生町676
電話番号:075-744-3341
アクセス:京都バス「大原」下車この写真の記事を見る ≫

24.大原
aco

京の新緑・苔・青もみじを愛でに、静寂なる大原と瑠璃の庭へby aco

地図を見る 地図を見る

三千院の中ほど、青苔に覆われた美しさから瑠璃光庭とも呼ばれる庭には、拝む姿や、寄り添う姿の可愛いわらべ地蔵たちがいくつもたたずんでいます。
数十センチほどの小さいわらべ地蔵なので、気が付かずに通り過ぎてしまいそうになりますが、よく見ると顔を持ち上げて寝ころんでいるようなお茶目なわらべ地蔵も!目を凝らして、青苔や大地と一体化したお地蔵さまを見つけてみてくださいね。

◆基本情報◆
場所:京都市左京区大原来迎院町540
電話番号:075-744-2531
アクセス:京都バス「大原」下車この写真の記事を見る ≫

25.貴船・鞍馬

25.貴船・鞍馬
bow

これぞ京都の夕涼み!貴船神社「七夕笹飾りライトアップ」by bow

地図を見る 地図を見る

京の奥座敷と呼ばれる貴船にも、観光の見どころがいっぱいです。「貴船神社」は近年秋の紅葉や冬の雪景色など、ライトアップイベントに力を入れていますが、夏に開催されるのは「七夕笹飾りライトアップ」。
2010年に始まった京都の夏の新たな風物詩で、昼間とはまた違った顔を見せる幽玄な貴船神社の境内を堪能することができます。

◆基本情報◆
場所:京都市左京区鞍馬貴船町180
電話番号:075-741-2016
アクセス:京都バス「貴船」下車この写真の記事を見る ≫

25.貴船・鞍馬
八岳木 流泉

京都府・鞍馬 鞍馬天狗に鞍馬寺 そして鞍馬のいで湯へ浸かる!by 八岳木 流泉

地図を見る 地図を見る

京都市左京区、滋賀県大津市との県境にも近い山あいに、観光名所の「鞍馬」はあります。鞍馬の町が存在するのは、標高513mの鞍馬山の南東斜面。そこには大きな天狗が鎮座し、古寺で知られる鞍馬寺が構えています。

「鞍馬寺」は鞍馬山を尊崇する考えに立つお寺。そのため、参詣道入口からはずっと山道の登り坂となっています。山門から本殿金堂を通り、奥の院へ。さらに真っ直ぐ進むと、貴船神社へ抜けられる道程です。ハイキング気分で歩く人も多く、いつも賑わい見せています。

◆基本情報◆
場所:京都市左京区鞍馬本町1074番地
電話番号:075-741-2003
アクセス:叡山電車「鞍馬駅」下車この写真の記事を見る ≫

25.貴船・鞍馬
LUI

気分は牛若丸・源義経!京都のパワースポット鞍馬山ハイキング!by LUI

地図を見る 地図を見る

京都の観光スポットのなかでは数少ないハイキングと、旧跡めぐりを同時に楽しめる「鞍馬山」。
山道の途中、多数の木の根っこが地中から飛び出している趣ある道にたどり着きます。根が飛び出しているのは岩盤が地表近くまであり、根を深く張れなかったため。このエリアは木の根道と言われており、鞍馬観光のポスターによく取り上げられています。

◆基本情報◆
アクセス:叡山電車「鞍馬駅」下車この写真の記事を見る ≫

26.太秦

26.太秦
凜風 杏花

気分は時代劇スター!!親子で変身☆京都・東映太秦映画村by 凜風 杏花

地図を見る 地図を見る

京都に行くなら、一度は訪れたいのが「東映太秦映画村」。再現された江戸の町並みで繰り広げられる様々なイベントやアトラクションは、どれも年齢を問わず理屈抜きで楽しめるオススメの観光地です。

さらに映画村には、お姫様や忍者などの時代劇扮装ができる施設まであるんです。「時代劇扮装の館」では、メイクから着付けまで、東映の専門家による本格的な扮装ができ、プロカメラマン撮影による写真の注文も可能。子供達にはもっと簡単に変身できる「忍者衣装貸出処」もありますよ。

◆基本情報◆
場所:京都市右京区太秦東蜂岡町10
電話番号:0570-064349(営業時間・料金等の問い合わせ)
アクセス:JR嵯峨野線「太秦駅」、嵐電「太秦広隆寺駅」「撮影所前」、京都バス「太秦開町」下車この写真の記事を見る ≫

26.太秦
古都の U助

映画の町!京都・太秦大映商店街おもしろスポットのご紹介by 古都の U助

地図を見る 地図を見る

東映太秦映画村など映画関連のスポットが点在する京都・太秦エリア。日本映画華やかなりし頃は、大小の映画制作会社の撮影所が今よりずっと数多く林立していた場所です。

大映通り商店街にある三吉稲荷付近の場所には、昭和3年に日活の撮影所が置かれました。それ以前は竹やぶで、もともと祠があったのを、日活関係者によって神社として整備されたんだとか。境内には日本映画の父と称えられる牧野省三氏の記念碑があります。この写真の記事を見る ≫

26.太秦
古都の U助

映画の町!京都・太秦大映商店街おもしろスポットのご紹介by 古都の U助

地図を見る 地図を見る

東映太秦映画村など素敵な観光地の多い太秦は、京都の中でも特に歴史の古い地域で、その珍しい地名は渡来系の一族である秦氏にちなんで名付けられたものです。
そして一族の中でも聖徳太子の右腕といわれた秦河勝が太子から授かった仏像を祀る為建立したのが国宝「弥勒菩薩像」で知られる「広隆寺」で、京都でも最古の寺とされています。

◆基本情報◆
場所:京都市右京区太秦蜂岡町32
電話番号:075-861-1461
アクセス:JR嵯峨野線「太秦駅」、市バス・京都バス「太秦広隆寺前」下車この写真の記事を見る ≫

27.嵐山

27.嵐山
bow

嵐山の魅力再発見!全てが分かる『嵐山・渡月橋』徹底ガイド!by bow

地図を見る 地図を見る

京都の代表的な観光地である「嵐山」。現在一般的に呼ばれる嵐山は渡月橋を中心とした観光エリアの総称を指していますが、厳密な地名で言えば渡月橋の南岸が嵐山地区、北岸は嵯峨地区となります。また、渡月橋の後方の山は正式に「嵐山」という山で、山自体もちゃんと存在しています。

京都・嵐山の象徴的存在「渡月橋」は桂川の北岸と中之島を繋ぐ全長155m、中之島から南岸を結ぶ橋は「渡月小橋」と呼ばれる別の橋。しかし、2つをまとめて「渡月橋」という扱いも多いんです。

◆基本情報◆
アクセス:JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」、京福電車・阪急電車「嵐山駅」、市バス「嵐山天龍寺前」「嵐山」下車この写真の記事を見る ≫

27.嵐山
島野 佳幸

冬の夜でもほっこり!心暖まる「京都・嵐山 花灯路」散策ガイドby 島野 佳幸

地図を見る 地図を見る

季節限定イベント「京都・嵐山 花灯路」の期間中は、阪急嵐山駅近くの法輪寺、渡月橋の周辺や野宮神社から大河内山荘に至る竹林の道がライトアップされます。

嵯峨野の竹林は、竹の葉の風にそよぐ音や、土の香りなどで真夏でも少しひんやりした気分になって心落ち着かせてくれる場所。新緑の映える初夏の竹林の緑も鮮やかですが、冬でも鬱蒼と茂る緑の竹の葉のライトアップも見事です。この写真の記事を見る ≫

27.嵐山
bow

京友禅の光林「キモノ・フォレスト」の幻想美!嵐電・嵐山駅by bow

地図を見る 地図を見る

京都の代表的な観光地・嵐山と市内中心部を結ぶ、ローカル色豊かな私鉄が京福電鉄嵐山線・通称「嵐電(らんでん)」です。

嵐電の嵐山駅では、インテリアデザイナー・森田恭通さんが手掛けた「キモノ・フォレスト(友禅の光林)」が話題になっています。
京友禅の生地をアクリルで包み、高さ約2mのポールにしたものを駅構内や線路脇のいたる所に設置し、京友禅の林に見立てたものでその数600本、ただただ圧巻です。

◆基本情報◆
場所:京都市右京区嵯峨天龍寺造路町20-2
電話番号:075-801-2511(駅・運行に関する問い合わせ/鉄道部 運輸課)
アクセス:京福電鉄嵐山線「嵐山駅」直結この写真の記事を見る ≫

28.嵯峨野・保津川

28.嵯峨野・保津川
さち

子供と一緒に楽しむ嵐山・嵯峨野観光ベスト5!by さち

地図を見る 地図を見る

嵯峨野観光の定番といえば、保津川渓谷沿いを走る観光列車「嵯峨野トロッコ」です。
赤と黄色のデザインが可愛いディーゼル機関車が客車をけん引します。渓谷沿いをトロッコ嵯峨駅からトロッコ亀岡駅までゆっくり片道約25分。車窓から桜、新緑、紅葉と四季折々の渓谷美を堪能できます。景色のいいポイントでは停車をしてくれ写真を撮ったり景色を楽しむ事ができ、アナウンスガイドのお話も楽しく、いかにも観光列車という雰囲気にワクワクします。
子供も大人も満足な観光列車、ぜひとも乗っておきたいですね。

◆基本情報◆
電話番号:075-861-7444(自動音声案内)
アクセス(トロッコ嵯峨駅):JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」、嵐電嵐山本線「嵐電嵯峨駅」下車
アクセス(トロッコ亀岡駅):JR嵯峨野線「馬堀駅」下車この写真の記事を見る ≫

28.嵯峨野・保津川
花瀬 めぐみ

京都亀岡〜嵐山「保津川下り」で日本一の感動を!by 花瀬 めぐみ

かつて「保津川下り」は、人や物資を京の都に運搬するための重要な水路でした。
今もこの保津川下りの出発点である亀岡市は、美しい水と土に恵まれ、豊富な食材を全国に提供しています。

保津川下りの16kmの道のりで目にする景色は季節や水量によって大きく変わってきます。夏は力強い緑と涼を楽しみ、春は桜に新緑、秋は一面の紅葉そして冬は雪景色と、いつ来ても違った良さを感じられることが大きな魅力です。

◆基本情報◆
場所:亀岡市保津町下中島2
電話番号:075-801-2511(駅・運行に関する問い合わせ/鉄道部 運輸課)
アクセス:JR嵯峨野線「亀岡駅」、京阪京都交通バス「保津川下り乗船場」下車この写真の記事を見る ≫

29.天橋立

29.天橋立
bow

日本三景を渡って不思議な「磯清水」の湧く天橋立神社(橋立明神)へ行こう!by bow

地図を見る 地図を見る

「天橋立」の地理学的な正体は「砂嘴」と呼ばれる海流によって運ばれた砂が溜まって形成した嘴(つの)のような地形。全長は約3.2kmにも及ぶ海の架け橋であり、宮津湾と阿蘇海を二分しています。その幅は20mから広い所で170m。展望所から見ると海を分断しているようにも見えますが、文珠の切戸と文珠水路という2つの水路によって宮津湾と阿蘇海は繋がっています。

天橋立は展望所からの絶景ばかりが目にいきますが、白砂青松の大変美しい公園であり、約5000本も松並木が続く景勝地なのです。

◆基本情報◆
アクセス:京都丹後鉄道「天橋立駅」下車この写真の記事を見る ≫

29.天橋立
bow

飛龍観回廊から見る日本三景の絶景!「天橋立ビューランド」へ行こう!by bow

地図を見る 地図を見る

天橋立といえば、やはり股のぞき。その天橋立南側の山上にある「天橋立ビューランド」からも股のぞきを楽しめる展望スペースが用意されています。台の上に立ち、股の間からのぞいた天橋立はその名の通り、天にかかった橋のように見えます。

せっかくここまで来たのなら「股のぞき」はマスト。「股のぞき」を見ずして日本三景天橋立は語れず。恥ずかしがらずにやっておきましょう。

◆基本情報◆
場所:宮津市字文珠
電話番号:0772-22-1000
アクセス:京都丹後鉄道「天橋立駅」下車この写真の記事を見る ≫

29.天橋立
bow

日本三景を渡って不思議な「磯清水」の湧く天橋立神社(橋立明神)へ行こう!by bow

地図を見る 地図を見る

日本三景「天橋立」は、国生みの神であるイザナギがイザナミとの逢瀬の為に、天と地にかけた梯子だったという神話が伝わっています。そんな聖地「天橋立」の中にある唯一の神社こそが「天橋立神社(橋立明神)」なのです。

「天橋立神社」には日本名水100選の一つにも指定されている磯清水があります。この磯清水は両側を海に囲まれているにもかかわらず、少しの塩分も感じない真水が湧いている不思議な井戸なんですよ。

◆基本情報◆
場所:宮津市字文珠(天橋立公園内)
アクセス:京都丹後鉄道「天橋立駅」下車この写真の記事を見る ≫

30.るり渓

30.るり渓
日野 弘幸

清流と自然林がつくり出す繊細な景観、京都「るり渓」で身も心も癒やされようby 日野 弘幸

地図を見る 地図を見る

「るり渓」は京都府南丹市園部町の南西部、標高500mの高原に位置する長さ約4kmの渓谷。上流部は花崗岩、下流部は石英粗面岩と異なった石質からなり、清流に点在する個性的な岩や滝、淵などが、独特の景観美を見せてくれます。

京都といえばほとんどの方が観光するのは京都市ですが、一歩踏み出してみると、歴史的な街並みとはまた違う自然の美しさが残っているんでよ。この写真の記事を見る ≫

30.るり渓
bow

口コミだけで1万人来場!京都最大のイルミネーション!「イルミエール京都」〜京都府…by bow

地図を見る 地図を見る

るり渓温泉では、毎年「イルミエール京都」というイルミネーションイベントを開催。日本初のデュアルオーロラショーや約100万球のLEDを使ったイルミネーションなど、見どころたくさん。イルミ観賞で冷えたら温泉に立ち寄るのもいいですね。
※写真は2014年に撮影されたものです。

◆基本情報◆
電話番号:0771-65-5001(るり渓温泉)
アクセス:JR山陰線「園部駅」・能勢電鉄日生線「日生中央駅」からシャトルバスありこの写真の記事を見る ≫

京都観光の達人になろう

同じ日本でも、他の都市ではなかなか感じられない風情が京都にはありますね。もちろん外国人観光客にも大人気。それは長い歴史が培ってきたものであり、長い伝統に裏打ちされたもの。そんな京都が世界遺産や文化財の宝庫であることはいうまでもありません。
また桜や紅葉に代表される季節の絶景も京都の代名詞。寺社が持つ見事な庭園も、ほんの少し足を伸ばせば豊かな自然が存在するのも、京都を訪れる旅行者をつかんで離さない大きな魅力です。
四季折々にさまざまな顔を持つ京都。みなさんも是非、京都観光の達人になってください。懐の広い古都「京都」が、待っていてくれることでしょう。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ