何がオススメ?ヨーロッパ人気15ヶ国の観光スポットまとめ

何がオススメ?ヨーロッパ人気15ヶ国の観光スポットまとめ

更新日:2020/04/30 15:45

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

「ヨーロッパに旅行してみたいけれど、どの国に行ったらいいんだろう」と迷っている方は多いのではないでしょうか。ひとくちにヨーロッパと言っても各国の特徴はさまざま。今回はヨーロッパの中でも特に人気の15ヶ国のオススメ観光スポットをご紹介します。

今海外旅行へ行くのは難しいですが、いつか落ち着いたら訪れることができるよう、行きたいリストに追加してみてはいかがでしょうか?

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

1.イタリア

1.イタリア
ナカヤ アキ

イタリア・ローマで映画のヒロイン気分。「ローマの休日」の舞台を巡るホリデーby ナカヤ アキ

ヨーロッパ旅行の王道といえばやっぱりイタリア。登録された世界遺産の数は世界一を誇ります。

イタリア旅行でぜひ訪れたい都市は首都ローマと花の都フィレンツェ。ローマではサン・ピエトロ大聖堂、トレビの泉、ナボナ広場、パンテオン、フォロ・ロマーノ、コロッセオなど、一度はテレビや旅行番組で目にしたことのある観光スポットへぜひ行ってみましょう。 この写真の記事を見る ≫

1.イタリア
藤谷 愛

フィレンツェに恋する眺望!感動のビュースポット5選by 藤谷 愛

ルネッサンス文化が花開いた古都フィレンツェではぜひジョットの鐘楼とドゥオモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)に登ってみましょう。オレンジ色の屋根が並ぶ美しいフィレンツェの町並みを楽しめます。 この写真の記事を見る ≫

1.イタリア
Grace Okamoto

「安くて美味しい」は当然!ナポリのおすすめレストラン5選by Grace Okamoto

またイタリアでぜひ堪能してほしいのがグルメ。特に「ピッツァ・マルゲリータ」発祥の地、ナポリは美食の街として知られています。パスタやピザは日本でも馴染みがありますが、ぜひ本場の味を楽しんでください。地元の人も訪れる市場での食べ歩きもおすすめですよ。 この写真の記事を見る ≫

2.フランス

2.フランス
ろぼたん

パリ・セーヌ川クルーズ完全ガイド!必見は最も美しい橋と塔「アレクサンドル3世橋」…by ろぼたん

イタリアと並んでヨーロッパ旅行で人気の国がフランス。花の都パリではぜひ美しい街並みを散策しましょう。フランスのシンボルとも言えるエッフェル塔や凱旋門、ルーブル美術館、オペラ座、セーヌ川などロマンチックでフォトジェニックなスポットが満載です。散策途中でおしゃれなカフェに寄ってもいいですね。足を延ばして絢爛豪華なベルサイユ宮殿を見学するのもオススメです。
提供元:pixabay/EdiNugraha この写真の記事を見る ≫

2.フランス
大里 康正

モナ・リザがあるパリ・ルーヴル美術館で自由な撮影を楽しもうby 大里 康正

ルーブル美術館、オルセー美術館など有名な美術館もぜひ訪れてください。ルーブルではモナリザ、ミロのヴィーナスなど誰でも知っている芸術作品を間近で見学できます。

オルセー美術館は駅舎を改装した迫力のある建物に印象派を中心とした作品が収集されています。いずれも巨大な規模の美術館ですので1日かけてゆったり鑑賞することをおすすめします。 この写真の記事を見る ≫

2.フランス
大里 康正

世界遺産・モンサンミッシェル観光は1泊し光の変化を楽しもうby 大里 康正

世界遺産「モン・サン・ミッシェル」もぜひフランス旅行で訪れてほしい観光スポット。フランス西海岸のサン・マロ湾上に浮かぶ荘厳な修道院で、パリのエッフェル塔や凱旋門に負けないほどの人気を誇ります。ライトアップされた姿も美しいのでぜひ現地に1泊することをオススメします。 この写真の記事を見る ≫

3.ドイツ

3.ドイツ
堀江 廣喜

「中世の宝石」ドイツ・ローテンブルクは泊まってこそ素晴らしい!by 堀江 廣喜

ドイツも日本人観光客に人気の国です。特にヴュルツブルクからフュッセンを結ぶ「ロマンチック街道」には中世の町並みが残るローテンブルク、オクトーバーフェストで有名なミュンヘン、世界遺産のヴィース教会など見どころが点在しています。特にローテンブルクは「中世の宝石」とも呼ばれ多くの観光客が訪れます。 この写真の記事を見る ≫

3.ドイツ
橘 凛

雪舞う季節こそ満足度最大!真冬のノイシュバンシュタイン城by 橘 凛

地図を見る

ロマンチック街道の終着点には大本命である「ノイシュバンシュタイン城」があります。そのメルヘンチックで優美な姿は「白鳥城」とも呼ばれ、世界一有名なお城と言っても過言ではありません。ディズニーのシンデレラ城のモデルにもなっており、その壮麗な姿には圧倒されることでしょう。 この写真の記事を見る ≫

3.ドイツ
Akiko Nilsen

全部巡りたい!ドイツで特におすすめのクリスマスマーケット5選by Akiko Nilsen

ヨーロッパの国々で一年の中で最も大きなイベントと言えばクリスマス。ドイツはクリスマスマーケット発祥の地で、11月下旬からクリスマスまで至る所でクリスマスマーケットが開かれます。世界一有名と言われるニュルンベルク、世界遺産の大聖堂のふもとにマーケットが開かれるケルンなど都市ごとに異なる魅力を楽しめます。
提供元:Nuremberg Christkindlesmarkt この写真の記事を見る ≫

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

4.スペイン

4.スペイン
まつり はるこ

全て世界遺産!バルセロナ市内で巡るガウディ建築完全ガイドby まつり はるこ

スペインでぜひ訪れたいのがバルセロナ。バルセロナ市内には鬼才として名高い建築家、アントニ・ガウディが造った「サグラダ・ファミリア」に代表される奇跡の建築物がたくさんあります。どれもバルセロナ観光で外すことができないものばかりです。 この写真の記事を見る ≫

4.スペイン
かわい ゆうこ

美しきアルハンブラ宮殿!スペインの古都グラナダでイスラム王国の栄華と絶景を楽しむby かわい ゆうこ

スペイン旅行ではイスラム建築も見逃せません。特にグラナダの「アルハンブラ宮殿」はイスラム建築の城塞と宮殿として世界遺産にも登録されています。アラベスクと呼ばれる幾何学模様の装飾は技巧の精密さに圧倒されます。 この写真の記事を見る ≫

4.スペイン
wanderlust tomoko

本場スペインバル人気の定番メニュー!これでスペインを攻略!by wanderlust tomoko

スペインを訪れたらぜひ本場のバルにも行ってみましょう。生ハムやパエリヤ、チュロスなど日本でも馴染みのあるメニューはもちろん、スペインでしか食べられないメニューもありますよ。ぜひバルをはしごして、スペイングルメを堪能してくださいね。 この写真の記事を見る ≫

5.イギリス

5.イギリス
渡部 洋一

ロンドンの象徴!ウェストミンスター宮殿(ビッグベン)はイギリスを代表する観光名所…by 渡部 洋一

イギリス旅行でまず訪れたいのはやっぱりロンドン!「ビッグ・ベン」の愛称で有名な時計台、ランドマークのタワー・ブリッジなど一度はテレビやガイドブックで目にしたスポットが満載です。特に古今東西のありとあらゆる貴重な品々が展示されている大英博物館はなんと入場が無料!見どころが多いロンドンにあっても絶対に訪れたい場所の一つです。 この写真の記事を見る ≫

5.イギリス
浦 カオリ

英・オックスフォード大学『ハリー・ポッター』ロケ地でホグワーツの大広間と図書館に…by 浦 カオリ

映画「ハリー・ポッター」で登場する、ホグワーツ魔法魔術学校の大広間や図書館のロケ地はご存知ですか?実は世界の名門大学であるオックスフォード大学がロケ地なのです。オックスフォード大学のキャンパス内はハリー・ポッターのロケ地の宝庫。ロンドンから電車で約1時間弱なので、日帰り旅行にもおすすめです。
提供元:Interior of the Great Hall, Christ Church, Oxford.Copyright © 2011 Christ Church, Oxford. この写真の記事を見る ≫

5.イギリス

絵本の中にいるみたい!ピーターラビットの生まれた街イギリス湖水地方

地図を見る

ゆっくり滞在できるならイギリス人の誰もが愛してやまない湖水地方へ足を延ばしてみませんか?湖水地方は「ピーターラビット」の作者ビアトリクス・ポターが移り住み、そのまま半生を過ごし物語を書いた土地です。まるで絵本の世界に迷い込んだような美しい風景に出会えますよ。 この写真の記事を見る ≫

6.オランダ

6.オランダ
吉川 なお

世界遺産の街「北のヴェネチア」アムステルダムの歩き方♪by 吉川 なお

地図を見る

オランダと言えばやっぱり運河。首都アムステルダムは緑多い街の中を5本の運河が縦横に巡り、水上交通が生活の中に溶け込んでいます。アムステルダム中央駅前の乗船場から運航されている観光クルーズに乗れば、運河から街を観光することもできます。

またオランダはレンブラントやゴッホ、フェルメールやルーベンスなど著名な画家を輩出し育んだ国です。アムステルダム国立博物館やゴッホ美術館には世界有数の名画が揃っており、芸術に興味がある方にはぜひ訪れていただきたいスポットです。 この写真の記事を見る ≫

6.オランダ

隠れミッフィーを探せ?!オランダ「ディック・ブルーナ・ハウス」とユトレヒト

地図を見る

日本人なら誰でも知っている可愛いうさぎの女の子、ミッフィー。ユトレヒトにはミッフィー産みの親である絵本作家でグラフィックデザイナーのディック・ブルーナがテーマの美術館「ディック・ブルーナ・ハウス」があります。アムステルダムから電車で約30分ほどなので日帰り旅行にもぴったりです。 この写真の記事を見る ≫

6.オランダ
かわい ゆうこ

春爛漫のオランダ!キューケンホフ公園の豪華チューリップと美しい花々の競演by かわい ゆうこ

春にオランダを訪れたら、ぜひ世界最大のフラワーパーク・オランダのキューケンホフ公園へ行ってみましょう。キューケンホフ公園は毎年3月下旬〜5月中旬だけ開園する公園で、チューリップをはじめとした花々が咲き乱れる姿は圧巻です。園内ではノスタルジックな風車を見ることもできますよ。 この写真の記事を見る ≫

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

7.スイス

7.スイス
ネプフリン 由香

絶景の連続!ゴルナーグラートから歩いて望むマッターホルンby ネプフリン 由香

地図を見る

美しい大自然を満喫したい方、登山やハイキングが好きな方にオススメなのがスイス。マッターホルンやユングフラウ、アイガーといった名だたる山々がそびえ、中でも名峰マッターホルンは一度は見ておきたい絶景です。車窓からの眺めが人気のゴルナーグラート鉄道で有名なゴルナーグラード展望台からのハイキングコースが人気です。 この写真の記事を見る ≫

7.スイス
Hiroko Oji

レマン湖畔に佇むスイスの国際都市「ジュネーヴ」は見所満載!by Hiroko Oji

国連を始め、世界中の国際機関が集まるジュネーブ。白いフレンチアルプスを背景に碧く透き通るレマン湖も人気の観光スポットです。湖上で140メートルもの高さまで水を噴き上げる大噴水はジュネーヴのランドマーク。迫力のある風景を作り出しています。湖畔沿いや旧市街だけでも十分楽しめるのですが、さらに湖上を走る遊覧船で優雅に過ごすひとときもオススメです。 この写真の記事を見る ≫

7.スイス

チューリッヒの街中でラクレットが味わえるお店「ラクレットファクトリー」

多くの人が食べたいと思うスイスの名物料理と言えばラクレット。人気アニメ『アルプスの少女ハイジ』の中に出てくるチーズ料理で、チーズフォンデュと並んでぜひ本場で味わいたいグルメです。またスイスはチョコレート大国。ミルクチョコレート発祥の地で、リンツなど高級ブランドも多数あります。ぜひおみやげに買ってみてはいかがでしょうか。 この写真の記事を見る ≫

8.ロシア

8.ロシア
菊池 模糊

世界最大規模!ロシア・エルミタージュ美術館を完全制覇by 菊池 模糊

壮大な歴史とバレエなどの芸術を楽しみたい方にオススメの国がロシア。特に古都サンクトペテルブルクにある「エルミタージュ美術館」は世界三大ミュージアムのひとつ。絢爛豪華な建物自体が世界遺産に登録されており、ロシア旅行の目玉として世界中から多くの方が訪れます。エカテリーナ宮殿をはじめ、血の上の救世主教会や聖イサク寺院といった美しいギリシャ正教の聖堂へもぜひ足を延ばしてみましょう。 この写真の記事を見る ≫

8.ロシア
さと しほ

朝から乾杯!ホテルメトロポール・モスクワのゴージャス感がたまらない!by さと しほ

首都モスクワにも見逃せない観光スポットが多数あります。カラフルな玉ねぎ型のドームがかわいい「聖ワシリイ大聖堂」はモスクワ観光の必見スポット。モスクワの中心「赤の広場」と並んで世界遺産に登録されています。 この写真の記事を見る ≫

8.ロシア
羽田 さえ

成田空港から2時間半で行ける!極東ロシア「ウラジオストク名物グルメ5選」by 羽田 さえ

地図を見る

とにかく国土の広いロシアでは食文化も実に多彩。代表的なスープのボルシチ、見た目は完全に中国の水餃子のようなペリメニ、極東ロシアらしさ満点なイクラのブリヌイ(クレープ)などバラエティ豊かなグルメを堪能できます。 この写真の記事を見る ≫

9.フィンランド

9.フィンランド

死ぬまでに見たいオーロラ!フィンランドで北極圏を遊びつくせ!

地図を見る

近年注目を集める北欧の国々。中でもフィンランドは日本から一番近い北欧の国として年々訪れる観光客が増えています。フィンランド観光の目玉といえばやっぱりオーロラ!北極圏にある小さな村ユッラスは、オーロラベルトと呼ばれるオーロラが発生しやすい地域の中にあります。ユッラスに向かう途中のロバニエミにはサンタクロース村があり、本物のサンタクロースに会うことができます。 この写真の記事を見る ≫

9.フィンランド
林 ぶんこ

太陽きらめく夏のフィンランド!ナーンタリ「ムーミンワールド」by 林 ぶんこ

フィンランドと聞いてムーミンをイメージする方も多いでしょう。ナーンタリには沖合の小さな島をまるごとムーミン谷とした「ムーミンワールド」があります。ヘルシンキから直通バスが出ていますので日帰り観光も可能なナーンタリへ、ムーミンたちに会いに行ってみませんか?ムーミンゆかりの地でもあるタンペレにはムーミン谷博物館もあります。 この写真の記事を見る ≫

9.フィンランド
橘 凛

可愛い雑貨天国!フィンランド・マリメッコ本社アウトレットby 橘 凛

フィンランドといえばセンスのよい北欧デザインが有名ですが特に人気のブランドが「マリメッコ」。ヘルシンキ郊外にある本社とアウトレットは、可愛いテキスタイルと雑貨の天国!ここに訪れたいがためにフィンランドへ行きたいと言わしめるほど熱狂的なファンも多いそう。おみやげを探しにぜひ訪れてみませんか? この写真の記事を見る ≫

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

10.ベルギー

10.ベルギー
北ノ峰 セイコ

ブリュッセルの2年に一度の花の祭典「フラワーカーペット」を楽しもう!by 北ノ峰 セイコ

古き良き伝統と国際都市の両面を持つベルギー。首都ブリュッセルで必ず訪れたいのが中心部にある広場「グラン・プラス」。フランスの文豪ヴィクトル・ユゴーが「世界一美しい広場」と讃えた広場で、2年に一度の偶数年には石畳の広場が華やかな絨毯のように、カラフルな花びらで飾られる「フラワーカーペット」が行われます。 この写真の記事を見る ≫

10.ベルギー
LUI

ネロとパトラッシュを追って!アントワープの街の見どころ!by LUI

地図を見る

アントワープはベルギーで2番目に大きい都市。ダイアモンドの街、芸術の街として知られています。またこの街は日本で多くの人に親しまれている物語『フランダースの犬』の舞台の一つでもあります。ネロとパトラッシュの最期のシーンの舞台となった世界遺産・アントワープ大聖堂を始め、壮麗な装飾と建築美が必見のアントワープ中央駅、ルネッサンス建築の市庁舎など見どころが詰まっています。 この写真の記事を見る ≫

10.ベルギー
木内 つばめ

絶品!本場ベルギーでワッフルを食べるなら「ダンドア」のティールームで!by 木内 つばめ

ベルギーといえばチョコやビールが有名ですが、やはり外せないのはワッフル!本場ベルギーには丸くてしっとりした「リエージュワッフル」、四角いタイプが「ブリュッセルワッフル」の2種類のワッフルがあります。食べ歩きはもちろん、ティールームでゆったりいただくのもオススメです。 この写真の記事を見る ≫

11.オーストリア

11.オーストリア
藤井 麻未

本当は秘密にしたい!ウィーン・シェーンブルン宮殿を独り占めできる裏技by 藤井 麻未

芸術の旅を満喫したい方にオススメなのがオーストリア。首都ウィーンはかつてハプスブルク帝国が栄華を誇った古都で、ウィーン・フィルハーモニー、オペラ、クリムトのコレクションなど音楽、芸術を楽しみたい方に人気です。また女帝マリア・テレジアが居城としたシェーンブルン宮殿はヨーロッパで最も美しいバロック宮殿の一つと讃えられ、世界遺産に登録されています。
提供元:frickr.com この写真の記事を見る ≫

11.オーストリア
かもた のぞみ

「音楽の都」ザルツブルグで訪れるべき見所5選!by かもた のぞみ

地図を見る

オーストリア西部に位置する都市ザルツブルグ。大人気映画『サウンド・オブ・ミュージック』の舞台として、また音楽家モーツァルトの出身地としても知られるこの都市は、オーストリア随一の観光都市となっています。市内にはコンサート会場が数多く存在しますので、ちょっとおしゃれな格好をして夜にお出かけしてみてはいかがでしょうか。 この写真の記事を見る ≫

11.オーストリア

足がすくむ絶景体験「世界遺産展望橋」塩の町ハルシュタットを天空の橋から望む

塩坑として栄えてきた湖畔の小さな町、ハルシュタット。あまりにも美しい町並みは世界一とも称されます。落ち着いたのどかな雰囲気、現在も操業中の塩坑の見学ツアー、山の上からの湖畔の絶景など、小さい町ながらたくさんの魅力に溢れています。塩坑で栄えた町なので、岩塩や豊富な種類のバスソルトもおみやげとして販売されています。 この写真の記事を見る ≫

12.ノルウェー

12.ノルウェー
浦 カオリ

世界最長・最深のフィヨルド!ノルウェー・ソグネフィヨルドを周遊旅行by 浦 カオリ

地図を見る

ノルウェー観光の目玉といえばやっぱりフィヨルド(氷河の浸食によってできた複雑な地形の入江や湾)。ノルウェーの西部はフィヨルド地方と呼ばれるほど、数多く存在します。その中でも世界で最も長く、最も深いフィヨルドがソグネフィヨルド。近郊の都市からのアクセスが便利で様々な風景を見ることができる、人気のフィヨルドです。 この写真の記事を見る ≫

12.ノルウェー
西野 ネリ

北極圏最大の町ノルウェー・トロムソで心ゆくまでオーロラチェイシング!by 西野 ネリ

またノルウェーはオーロラが見られる国としても有名です。北極圏最大の町トロムソはオーロラ観光の拠点として知られ、インフラも整っており、アクティビティの企画も充実しています。人々の生活圏内でオーロラ観測ができることから世界中から観光客が集まってきます。 この写真の記事を見る ≫

12.ノルウェー
Hiroko Oji

フィヨルドの奥に輝くノルウェーの首都・オスロ市内のお薦め観光スポットby Hiroko Oji

地図を見る

首都オスロにも見逃せない観光スポットが多数。ノーベル平和賞授与式にも利用されている市庁舎、衛兵の交替式が行われる王宮、ムンクの「叫び」の4枚のうちの1枚が見られるオスロ国立美術館などバラエティに富んでいます。

物価が高いノルウェーですが観光にはオスロパスが便利!市内公共交通機関などが無料になり、ショップやレストラン、市内観光ツアーなどが割引されるお得なパスです。 この写真の記事を見る ≫

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

13.クロアチア

13.クロアチア

あの絶景を激写!ドブロブニクのおすすめ撮影スポット5選

地図を見る

近年人気上昇中の東欧諸国。中でもクロアチアのドブロブニクはアドリア海の真珠と言われ、多くの観光客が訪れています。オレンジ色の屋根と青いアドリア海のコントラストが美しい街並みは、ジブリ映画「紅の豚」と「魔女の宅急便」のモデルになったと言われています。 この写真の記事を見る ≫

13.クロアチア
いまづる めぐ

エメラルドグリーンに輝くクロアチア世界遺産「プリトヴィツェ湖群国立公園」by いまづる めぐ

地図を見る

美しい自然を満喫したい方におすすめなのが「プリトヴィツェ湖群国立公園」。実は紛争により危機遺産に登録されていた過去を持ちます。現在ではエメラルドグリーンに輝く湖を見に来る方、ハイキングをする方など、世界中から多くの人が訪れています。 この写真の記事を見る ≫

14.チェコ

14.チェコ
LUI

黄金の町!世界遺産チェコ・プラハのぜひ見たい絶景5選!by LUI

中世の美しい街並みが残るチェコ。首都プラハはその美しさから「黄金の町」「百塔の町」と形容されます。プラハ観光のハイライトであるプラハ城内のヴィート教会の中にはアルフォンソ・ミュシャ(ムハ)がデザインしたステンドグラスがあります。カレル橋の塔からはヴルタヴァ川を挟んでプラハ城やストラホフ修道院、逆側は旧市街の街並みとプラハの名所を一気に見ることができます。 この写真の記事を見る ≫

14.チェコ
成瀬 アキコ

チェコで圧倒的な人気!「チェスキー・クルムロフ」のおすすめスポットby 成瀬 アキコ

地図を見る

「世界一美しい街」との呼び声も高いチェコの都市「チェスキー・クルムロフ」。おとぎの国のようにメルヘンチックな街並みは世界遺産に登録され、チェコ国内の観光名所でも圧倒的な人気を誇ります。フラデークの塔はチェスキー・クルムロフの全景を一望できる絶好のスポットで、街のシンボルである緑色の旧聖ヨシュト教会と、オレンジ色の屋根の街並みが広がる素晴らしい景色を楽しめます。
提供元:チェコ政府観光局 写真家 Aleš Motejl この写真の記事を見る ≫

14.チェコ
岡本 大樹

泡だけのビールも!?チェコに行く前に知っておきたいビール事情by 岡本 大樹

チェコは国民一人当たりのビール消費量が世界一の国。ピルスナーという種類(スタイル)のビールは、今となっては日本を始め世界中で飲まれていますが、その発祥がチェコの「ピルスナー・ウルケル」です。泡がものすごい量で注がれている珍しいビールもありますよ。ぜひ本場のチェコビールを味わってくださいね。 この写真の記事を見る ≫

15.マルタ

15.マルタ

マルタ島は美しすぎる絶景の島!良好な治安と美しい海

最近注目を集めているのがイタリアの南側・地中海の中央に浮かぶ「マルタ島」。温暖な気候に、良好な治安、美しい海、超古代遺跡、地中海の海の幸など、魅力を上げればキリがありません!世界遺産であるマルタの首都バレッタは、美しい石造りの家々や教会、城壁などが調和し、海上に浮かぶ城塞都市のように見えます。見どころも多いので、ぜひ1日かけてゆっくり観光するのがオススメです。 この写真の記事を見る ≫

15.マルタ
手塚 大貴

船が宙を飛ぶ!?天国のような海!マルタ共和国「コミノ島」の青き楽園へby 手塚 大貴

地図を見る

マルタ本島とゴゾ島の間に位置する小さな島、コミノ島の「ブルーラグーン」は地中海トップクラスの透明度を誇る美しい海です。ブルーラグーンは海の透明度があまりに高く、船の影が水底にくっきりと映るため、まるで美しい海の上を船がスイスイと飛んでいるかのよう。他の海ではあまり見ることのできない実に不思議な光景です。 この写真の記事を見る ≫

15.マルタ
手塚 大貴

世界一のにゃんこアイランド!?猫たちの楽園「マルタ共和国」の魅力by 手塚 大貴

地図を見る

マルタ島は実は約70万匹もの猫が暮らす、猫の聖地でもあります。マルタが猫の島になったのは、船荷を鼠から守る目的で島の漁師が猫を連れてきたのが始まり。今でも島の漁師は猫を大切にしていて、家の前にキャットフードや水が置かれていることも多く、ボランティアが運営する猫の保護施設もあるなど、いかに島の人々に猫が愛されているかがわかります。マルタの猫たちは、エレガントな美猫が多いのが特徴。猫を探しながら街歩きをしてみませんか? この写真の記事を見る ≫

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

ヨーロッパ観光はこれでキマリ!

ヨーロッパは旅行日数が一週間ほどあれば主要な観光スポットへ訪れることができます。添乗員同行のパッケージツアーに参加すれば効率よく観光でき、食事もスケジュールに含まれていますので、ヨーロッパ旅行が初めての方、短い期間でたくさん観光したい方におすすめです。

また歴史ある観光スポットが多いので、訪れる国が決まったら事前に下調べをしておくと、より深く観光を楽しむことができますよ。訪れる国の「こんにちは」「ありがとう」を覚えておいて、旅先で使ってみるのもよいでしょう。落ち着いたらぜひ訪れてみてくださいね!

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -