スリランカで泊まるなら!おすすめ高級ホテル8選

スリランカで泊まるなら!おすすめ高級ホテル8選

更新日:2018/03/01 11:34

Nami Kitaのプロフィール写真 Nami Kita 元旅行会社勤務、温泉ソムリエ、子連れトラベラー

「インド洋の真珠」と呼ばれるスリランカ。北海道の8割ほどの面積の中に数々の世界遺産や遺跡、豊かな自然が点在しています。それぞれの地に根付いた多様性のある文化も見どころであり、訪れた人々を虜にしています。

日本でも有名なセイロンティーやアーユルヴェーダが本場で味わえるとして旅行先に選ぶ人も増えています。ここでははじめてのスリランカでも安心、自分へのご褒美にしたい高級ホテルをご紹介致します。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。また一部の都道府県が特定警戒地域に指定されており、不要不急の外出自粛が求められています。各種報道機関の発表や外務省のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

1.シナモン グランド コロンボ

1.シナモン グランド コロンボ
北ノ峰 セイコ

好立地の5つ星ホテル「シナモン・グランド・コロンボ」でスリランカ快適ステイby 北ノ峰 セイコ

スリランカの玄関口・コロンボでおすすめしたいのが、好立地に建つ5つ星ホテル「シナモン グランド コロンボ」。ゴージャスなエントランスに広々とした客室は清潔感があり、不慣れな旅行者でも安心できます。

ホテル内には10店以上のレストランがあり、ショッピングモールも隣接しているので買い物や食事にも不便さを感じることはありません。客室は501室。ビジネスや結婚式で使われることも多いということから、現地でも信頼度が高いホテルであるということがいえますね。 この写真の記事を見る ≫

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

2.ヘリタンス ティー ファクトリー

2.ヘリタンス ティー ファクトリー

紅茶工場がラグジュアリーホテルに!?スリランカ「ヘリタンス ティーファクトリー」

地図を見る

美しい風景と涼しい気候のヌワラエリア。紅茶の産地として知られています。この場所で元々紅茶工場だった建物を改装して作られたのが、「ヘリタンス ティー ファクトリー」。周りを茶畑に囲まれているため、静かで落ち着いたステイが楽しめます。

民族衣装を身にまとい茶摘みを体験するアクティビティが人気の理由の一つ。チェックアウトのときに摘んだお茶をプレゼントしてくれるのも、嬉しいサービスです。ゆっくりお茶だけを楽しみたい人には本格的なハイティーのプランがおすすめ。

ホテル内には工場に使われていた時代の名残がそこかしこに残っており、味わい深いステイを楽しむことができます。1日5組限定の列車レストラン「TCK6685」では、食後のおいしい紅茶を含む本格的なコース料理が。紅茶好きにはぜひともおすすめしたいラグジュアリーホテルです。 この写真の記事を見る ≫

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

3.ヘリタンス カンダラマ

3.ヘリタンス カンダラマ
麻田 ユウミ

スリランカの大自然に溶け込む秘境リゾート「ヘリタンス・カンダラマ」by 麻田 ユウミ

スリランカで誰もが知る偉大な建築家「ジェフリー・バワ」。彼の最高傑作とも言われる秘境リゾートが「ヘリタンス カンダラマ」です。岩や木々など自然と一体化するような造りが特徴であり、ホテル内にはなんと猿も行き来しています。

客室は木を基調にした落ち着いた造りとなっており、静かで心安らぐステイを約束してくれます。アジア最高級のスパブランドでもある「シックスセンシズ・スパ」や、雄大な自然を見下ろす形で朝食がとれるレストランなど自然のエネルギーがたっぷり。心身共にパワーチャージできるホテルです。黄金寺院で有名なダンブッラの近くに位置しているので観光にも良い動線に位置しています。 この写真の記事を見る ≫

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

4.アリヤ リゾート アンド スパ

4.アリヤ リゾート アンド スパ
高田 真美

スリランカ「アリヤリゾート&スパ」はシギリヤロックを望む極上リゾートby 高田 真美

地図を見る

田園風景の中に建つリゾートホテル「アリヤ リゾート アンド スパ」は、その名の由来ともなった象を一つのテーマとした、ハイセンスでリゾート感溢れるホテル。コテージ風の客室は開放感があり家族連れにも多く選ばれています。

シギリヤロックを望むインフィニティプールはホテルの一番の魅力。遠方にシギリヤロックをのぞみながらプールに浸かる、この上ない贅沢を味わうことができるホテルです。 この写真の記事を見る ≫

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

5.ホテル シーギリヤ

5.ホテル シーギリヤ

プールから望む世界遺産!スリランカ「ホテル シーギリヤ」

地図を見る

世界遺産「シーギリヤの古代都市」の麓にある「ホテル シーギリヤ」。数あるホテルの中でも最もシギリヤロックに近く、1日を通して贅沢な眺めを堪能できるとして人気を集めています。

緑に囲まれた敷地内では、庭で採れた野菜を提供しているレストランやスリランカの民間療法でもあるアーユルヴェーダを体験することのできる一流スパまで、スリランカの自然と一体化できるような魅力がたくさん。シンプルながらにエスニックな要素を取り入れたインテリアの客室では静かでゆったりとした時間が過ごせます。

写真提供:HOTEL SIGIRIYA この写真の記事を見る ≫

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

6.クイーンズ ホテル

6.クイーンズ ホテル

「クイーンズホテル」スリランカ世界遺産の古都キャンディで立地抜群♪コロニアルなホ…

地図を見る

世界遺産に登録された仏教の聖地、古都キャンディ。避暑地としても人気の高い場所です。スリランカ仏教最大の聖地「仏歯寺」があり、ブッダの犬歯が奉納されていることで知られています。そのお寺の真正面にあるのがキャンディのシンボル的存在「クイーンズホテル」。コロニアルな外装が目を引きます。

客室内にはヴィンテージ家具が配され、趣のある雰囲気に非日常を味わうことができそうですね。一方、外に出てみれば徒歩圏内に人気のショップや旬なスポットが点在。キャンディの新旧を感じるのに最も適したホテルといえるでしょう。 この写真の記事を見る ≫

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

7.アマンガラ

7.アマンガラ

スリランカ極上ホテル「アマンガラ」でお籠りライフを堪能!

首都コロンボから車で南下すること約2時間。要塞の街として知られる世界遺産「ゴール」がそこにあります。旧市街に新市街と、見どころの多い街。旅の拠点にしたいのは、世界的リゾート「アマン」が手掛ける隠れ家ホテル「アマンガラ」。プライベート感たっぷりのステイが楽しめるホテルです。

歴史ある建物内にはエレベーターやオートロックドアなどの設備はありませんが、、アンティークな家具に囲まれた非日常の世界を味わうことができますよ。「アマン」は、スリランカの巨匠ジェフリー・バワの影響を受けたと言われる一人。自然と共存するような世界観が特徴です。各部屋に専用のバトラー1人と車1台。一流ならではの行き届いたサービスに、思いっきり癒されることのできるホテルです。 この写真の記事を見る ≫

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

8.ジェットウィング ライトハウス

8.ジェットウィング ライトハウス
Kaycom D

インド洋が目の前!スリランカの極上リゾート「ジェットウィング・ライトハウス」は天…by Kaycom D

地図を見る

スリランカの有名建築家「ジェフリー・バワ」がデザインした「ジェットウィング ライトハウス」は、南部のゴールにある高級リゾートホテル。海に面したリゾート地であるためサーフィンを目的に訪れる人も多い地。遺跡も沢山あるので観光も楽しめます。

ロビーに立つと目の前に広がる大海原は息をのむ絶景。地形を生かし、自然共存するバワのスピリットを感じることのできる場所です。シックながらも南国情緒漂う客室では、シーリングファンの下ゆったりとした時間を過ごすことができます。 この写真の記事を見る ≫

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

スリランカの高級ホテルはここにキマリ!

歴史や自然を重んじるスリランカ。都市によって見どころも異なりますが、せっかく訪れたのであれば「その地らしさ」を充分に味わえる素敵なホテルに泊まりたいもの。そんな魅力を最大限に堪能できる高級ホテルを厳選して、ご紹介しました。

2018年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -