パパママ必見!子連れの北海道旅行で泊まるべきホテル10選

| 旅の専門家がお届けする観光情報

パパママ必見!子連れの北海道旅行で泊まるべきホテル10選

パパママ必見!子連れの北海道旅行で泊まるべきホテル10選

更新日:2018/03/26 08:49

瀬田 エリーのプロフィール写真 瀬田 エリー 親子旅インフルエンサー、ホテルステイ研究家

大自然に美味しい食べ物、アクティビティと、魅力満載の北海道。

体をめいっぱい動かして楽しむ北海道だからこそ、子連れ旅行では大人や赤ちゃんがホテルでどれだけゆっくりできるか、そして体力あり余る子供たちが飽きずに楽しめるか、が重要になってきますよね。

そこで、子連れの北海道で本当に満足できて快適に過ごせるホテルをご紹介します。

泊まるだけで子供たちはご機嫌、パパもママも優雅に楽できちゃいますよ!
家族で楽しめる旅行先はこちら

1.シャトレーゼ ガトーキングダム サッポロ

1.シャトレーゼ ガトーキングダム サッポロ
鈴野 にぽぽ

子連れに優しいホテル!シャトレーゼガトーキングダムサッポロby 鈴野 にぽぽ

地図を見る

プールや温泉施設が充実している「シャトレーゼ ガトーキングダム サッポロ」。8つのプールに2つのウォータースライダー、スイーツの盛り付けの様子が見られるシャトレーゼならではのショップなど、子供たちが大興奮の要素がいっぱい。

家族全員で寝られる幅340cmのベッドの客室もあり、"家族のため"をとことん追求したリゾートホテルです。この写真の記事を見る ≫

2.旭川パークホテル

2.旭川パークホテル
一番ヶ瀬 絵梨子

子連れで旭山動物園に行くなら!「旭川パークホテル」が絶対におすすめby 一番ヶ瀬 絵梨子

地図を見る

子連れ観光の定番といえば旭山動物園!旭山動物園を訪れるならおすすめしたいのが「旭川パークホテル」です。撥水加工がされた滑りづらい大浴場をはじめ、絵本や遊具のあるキッズスペースなど、嬉しい施設も充実。なかでもファミリールームには電子レンジ、ベッドガード、加湿器が各部屋にあり、快適に過ごすことができます。

旭山動物園監修のもとにつくられた"しろくまるーむ""ぺんぎんるーむ"も人気です。

写真提供:旭川パークホテルこの写真の記事を見る ≫

3.定山渓ビューホテル

3.定山渓ビューホテル
ミセス 和子

紅葉を観賞しながらのランチも!北海道「定山渓ビューホテル」日帰りプランby ミセス 和子

地図を見る

札幌の奥座敷とも呼ばれる自然豊かな温泉街にある「定山渓ビューホテル」。総面積4000平米を誇る屋内温水プールがあり、波が押し寄せるウェーブプール、深さ15センチの浅瀬プールなど多彩で楽しめる施設が盛りだくさんです。

また、屋上露天風呂やジェットバスのある大浴場など温泉施設も充実しており、大人ももちろん大満足。

スイーツの種類が豊富な夕食バイキングも嬉しいポイントです。この写真の記事を見る ≫

4.ルスツリゾート

4.ルスツリゾート
Aya Hasegawa

ヘルスコンシャスなリゾート「ウェスティン ルスツリゾート」でアクティビティ三昧の…by Aya Hasegawa

地図を見る

「ルスツリゾート」は、全室メゾネットタイプの"ウェティン ルスツ リゾート"やコテージなど、5種類のホテル群を持つ大規模アクティビティリゾートです。メリーゴーランドやゲームワールド、室内造波プール、卓球やクライミングなど、まるでアミューズメントパークのような豊富な施設が魅力。

広大なゲレンデには子供や初心者向けから上級者向けまでバラエティに富んだコースがあり、様々なウィンタースポーツを楽しむこともできます。この写真の記事を見る ≫

5.ホテルマイステイズプレミア札幌パーク

5.ホテルマイステイズプレミア札幌パーク
ミセス 和子

札幌初“ウエルカムベビーのお宿”認定「ホテルマイステイズプレミア札幌パーク」人気…by ミセス 和子

地図を見る

「ホテルマイステイズプレミア札幌パーク」は札幌の中心にあり、ミキハウス子育総研の"ウエルカムベビーのお宿"に札幌で初めて認定されたホテル。

特にベビールームは、高さ30センチの低床ベッドや滑りにくい素材の床、おもちゃや絵本など、あらゆるところにスタッフの気配りが感じられる工夫がされており、安心して過ごせる空間になっています。

また、オーガニック野菜と道産素材にこだわった朝食バイキングも家族みんなで楽しむことができます。この写真の記事を見る ≫

6.星野リゾート トマム

6.星野リゾート トマム
ろぼたん

星野リゾート トマム「アドベンチャーマウンテン」で子供と一緒に自然を駆け巡ろう!by ろぼたん

地図を見る

幅広い世代で楽しめるアクティビティが豊富な山岳リゾート「星野リゾート トマム」。ウィンタースポーツはもちろんのこと、アスレチックやマウンテンバイクが楽しめる"アドベンチャーマウンテン"や、ウェイブプールを備えたインドアビーチ"ミナミナビーチ"など、季節を問わず思い切り遊べる施設が充実。

大人も子供にかえってはしゃぐことのできる、大人気のリゾートです。

※アクティビティの開催状況については、公式サイトにてご確認下さい。

写真提供:星野リゾート トマムこの写真の記事を見る ≫

7.ホテル ナトゥールヴァルト富良野

7.ホテル ナトゥールヴァルト富良野
ろぼたん

『北の国から』並みの人情味!「ホテル ナトゥールヴァルト 富良野」は家族に嬉しい…by ろぼたん

地図を見る

ラベンダー畑などの美しい花の町・富良野にある「ホテル ナトゥールヴァルト 富良野」。子供の年齢に応じて"朝食代""夕食代""ベッド代"が設定されており、わかりやすくリーズナブルな宿泊料が嬉しいホテルです。また、バンボや幼児用補助便座など、持参しにくいグッズが置いてあるのもありがたいポイント。

絵本や漫画からガイドブックまで揃う"ふくろう文庫"も好評で、大人も子供もくつろげるホテルです。この写真の記事を見る ≫

8.サロマ湖鶴雅リゾート

8.サロマ湖鶴雅リゾート
根岸 早都子

部屋に望遠鏡!子供も大人も楽しめるおもてなし「サロマ湖鶴雅リゾート」by 根岸 早都子

地図を見る

雄⼤なオホーツクの⾃然と溶け合うリゾートホテル「サロマ湖鶴雅リゾート」。美しい夕景を望める静かな大人のリゾートですが、図書コーナーやレイクビューの客室にある望遠鏡など、子供の知的好奇心をくすぐるものもいっぱい。また、卓球台や、あのカーリングを室内で楽しめる"カローリング"ができる"遊びの広場"もあります。

サロマ湖ならではの新鮮な山海の幸を使った豪華なブッフェもあり、小学生以上の子供連れに特におすすめしたいホテルです。この写真の記事を見る ≫

9.クラブメッド 北海道 トマム

9.クラブメッド 北海道 トマム
LINEトラベルjp NEWS

2017年12月に「クラブメッド 北海道 トマム」がオープン!by LINEトラベルjp NEWS

地図を見る

2017年にオープンした「クラブメッド 北海道 トマム」。

クラブメッドといえば、多国籍のスタッフG.O(ジェントル・オーガナイザー)と一緒に、国際感覚を養いながら過ごせる"キッズクラブ"が魅力。オールインクルーシブなので、年齢に応じて、冬はそり遊び、雪だるまづくりや、スキー・スノーボード専任のG.Oのレッスンなどが無料で受けられます。

その他のシーズンも、テニスやフットサルはもちろん、ヨガ、アーチェリーなどめずらしいアクティビティも体験することができます。

写真提供:クラブメッド 北海道 トマムこの写真の記事を見る ≫

10.ホテルまほろば

10.ホテルまほろば
中島 和彦

まるでテーマパーク!温泉を遊び尽くす登別温泉「ホテルまほろば」by 中島 和彦

地図を見る

11種類の泉質を持つといわれる日本有数の温泉地・登別温泉の「ホテル まほろば」。魅力はなんといっても地下1階と地下2階に繰り広げられる広大な温泉施設。4種の温泉を31のお湯を楽しめる、まさに温泉パラダイス。すべり台もあり、子供たちも喜んで温泉につかってくれること間違いなしです。

また、料理が小鉢に取り分けられて並んでいたり、食事がすんだ子供たちが大人の目の届く場所で遊べるようキッズスペースが設けられているレストランもあります。

写真提供:ホテルまほろばこの写真の記事を見る ≫

子連れで北海道に泊まるならこれでキマリ!

各空港、市街地からホテルまでは、比較的距離が離れていることの多い北海道。ホテルの送迎バスを有効活用しましょう。

また、子連れ旅行でパパママを一番悩ませるのが、莫大な手荷物。ウィンタースポーツを楽しむ際は、ホテルやホテル周辺の施設でウェアやグッズのレンタルをしているところもあるので、無理せず事前に調べて予約するのもおすすめです。

北海道の大自然でいっぱい刺激を受けて、ひとまわりもふたまわりも成長できる旅になりますように!

2018年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ