[ 格安旅行の検索・比較 LINEトラベルjp ]

  • 困った時は

メニュー閉じる

  1. LINEトラベルjp
  2. 海外旅行
  3. アメリカ旅行
  4. アメリカ旅行特集
  5. ナッシュビルの人気旅行・観光スポットガイド

ナッシュビル

アメリカ音楽のホームタウン的存在

ナッシュビル

テネシー州

ナッシュビルの魅力
ATTRACTION BY AREA

カントリーミュージックの故郷といえばナッシュビル。有名ミュージシャンの足跡をたどる博物館や歴史あるライブ会場など、音楽にまつわるスポットがいっぱい!中心部のクラブでは現役のミュージシャンのライブを聞いたりと、古き良きアメリカの雰囲気を感じ取れるのも魅力。

アクセス
成田空港からシカゴ・オヘア国際空港経由でナッシュビル国際空港まで約15〜16時間。
気候・服装
最も暑い7月の最高気温は32℃、冬は1月でも最高気温は8℃とシカゴ程寒くはありません。服装は東京と同じ感覚で。

ナッシュビルの注目観光スポット

  • ライマン公会堂

    “南部のカーネギーホール”とも呼ばれる、カントリーミュージックの街ナッシュビルを象徴する施設。建物も素敵。

  • スカマホン・シンフォニー・センター

    ナッシュビル交響楽団の本拠地。18世紀後半の新古典主義建築様式で、重厚感あふれる雰囲気が素敵です。

  • パルテノン神殿

    センテニアル・パーク公園にあるギリシャのパルテノン神殿を原寸大で再現したもの。内部は美術館になっています。

最新のナッシュビル旅ガイド
LATEST TRAVEL GUIDE

カントリー音楽だけじゃない!ナッシュビルの新旧魅力を探す1日

ナッシュビル (テネシー州)

カントリー音楽だけじゃない!ナッシュビルの新旧魅力を探す1日

テネシー州のナッシュビルはカントリーミュージックをはじめとする音楽産業の発信地として有名な街。市内には音楽にまつわる数々のスポットがあります。 しかし、ナッシュビルの魅力は音楽だけではありません。伝統、アート、フードカルチャー、どれもユニークなものばかり。徒歩やバスで回れてしまう街のコンパクトさも魅力。そんなナッシュビルの1日観光で訪れたい、必見のスポット&必食グルメをご紹介します。

もっと読む
ミュージックシティ!ナッシュビルのおすすめ観光スポット9選

ナッシュビル (テネシー州)

ミュージックシティ!ナッシュビルのおすすめ観光スポット9選

アメリカ・テネシー州の都市「ナッシュビル」は、カントリーミュージックの聖地として知られています。最近では、音楽やエンターテインメントにあふれている街として人気上昇中!音楽好きにはたまらない場所です。 今回はナッシュビルのおすすめ観光スポット9選をご紹介します。音楽の歴史を学べる博物館や、夜通しカントリーミュージックを楽しめるスポットまで盛りだくさんですよ。

もっと読む
アメリカで愛される家庭の味はいかが?ナッシュビル「アーノルド」

ナッシュビル (テネシー州)

アメリカで愛される家庭の味はいかが?ナッシュビル「アーノルド」

テーマ:

初めての場所なのに、どこか懐かしい…旅先でほっとした気持ちになれるのが、ナッシュビル「アーノルド・カントリーキッチン(Arnold’s Country Kitchen)」。アーノルド一家が営む家庭的なレストランで、ランチだけの営業にも関わらずお昼時には多くの人たちが訪れ、行列ができるほど。地元の人たちに交じりながら、アメリカのおふくろの味を味わえます。

もっと読む
今日からスター!ナッシュビル「グランド・オール・オープリー」

ナッシュビル (テネシー州)

今日からスター!ナッシュビル「グランド・オール・オープリー」

ステージ上に特別に設置された直径1.8mのサークルに、四方から照らすスポットライト。カントリーミュージック専門のライブ「グランド・オール・オープリー(Grand Ole Opry)」の様子は常に華やかで賑やか。ナッシュビルで毎週開催され、その様子はラジオやテレビで全米に流れます。ライブ開始前にはステージや楽屋を巡るツアーがあり、普段見られない場所をぐいぐい入れたり、スター気分になれたりと人気です。

もっと読む
教会?コンサート会場?ナッシュビル「ライマン公会堂」は始まりの地

ナッシュビル (テネシー州)

教会?コンサート会場?ナッシュビル「ライマン公会堂」は始まりの地

ステージを中心に半円状に敷きつめられたウッド調の長椅子に、赤、緑、黄色に照らされたステンドグラス。ナッシュビルにある「ライマン公会堂(Ryman Auditorium)」は教会から始まり、カントリー・ミュージックの生誕地、オペラやバレエのステージ、それに政治討論の場などの会場となった場所。数々の音楽、文化、芸術、政治の渦がここで生まれ、ナッシュビルの街や人たちに広がったという豊かな歴史があります。

もっと読む
ナッシュビルの朝はここ!ビスケット好きが集う「ビスケット・ラブ」

ナッシュビル (テネシー州)

ナッシュビルの朝はここ!ビスケット好きが集う「ビスケット・ラブ」

外はサクサク、中はしっとり。優しい食感のビスケットはアメリカ南部の定番料理です。トーストの代わりに朝食に食べることが多く、控えめな味わいはオムレツやソーセージなど、どのおかずとも相性は抜群。ナッシュビルの人たちもビスケットが大好き。だからこそビスケットに特化した「ビスケット・ラブ(Biscuit Love)」は、人気のレストランです。ここでしか食べられない、一味違うビスケットを味わってみませんか。

もっと読む
ナッシュビル「ロバーツ」で朝から深夜までカントリー音楽気分

ナッシュビル (テネシー州)

ナッシュビル「ロバーツ」で朝から深夜までカントリー音楽気分

音楽の街と呼ばれるナッシュビル。目抜き通りのブロードウェイでは、夜な夜なステージ付きのバーでバンドの生演奏が繰り広げられています。その中でも、「ロバーツ・ウェスタン・ワールド(Robert’s Western World)」はナッシュビルを代表する音楽、カントリーミュージックのみを演奏するこだわりのお店。一日の終わりを最高の音楽で締めくくってくれる、頼もしい場所です。

もっと読む
ナッシュビル「ハスク」は新しい南部料理が毎日生まれるレストラン

ナッシュビル (テネシー州)

ナッシュビル「ハスク」は新しい南部料理が毎日生まれるレストラン

一皮むけた南部料理を召し上がってみませんか。ナッシュビルの中心地にある「ハスク(Husk)」は、アメリカ南部料理にこだわりを持つ評判のレストラン。食材は南部から出荷されたものしか使わず、毎日の仕入れ状況でその日のメニューが作成されます。建物自体も19世紀後半に建設された由緒ある邸宅を改装したもので、歴史と優雅さを兼ね揃えた空間でお洒落なひとときを過ごそうと多くの人たちが訪れます。

もっと読む
ナッシュビルでここは外せない!「カントリー・ミュージック殿堂博物館」

ナッシュビル (テネシー州)

ナッシュビルでここは外せない!「カントリー・ミュージック殿堂博物館」

音楽はお好きですか。有名歌手が集まったことから“音楽の街”と呼ばれているナッシュビル。特にその時に流行ったカントリー・ミュージックは、この街を象徴する存在です。「カントリー・ミュージック殿堂博物館(Country Music Hall of Fame and Museum)」では、楽器やエルヴィス・プレスリーの所有品など幅広い展示品が評判で、一度入ればカントリーファンになるといわれています。

もっと読む
ナッシュビル「コルセラ蒸留所」が放つ澄んだスピリッツに全米が夢中!

ナッシュビル (テネシー州)

ナッシュビル「コルセラ蒸留所」が放つ澄んだスピリッツに全米が夢中!

蒸留酒はお好きですか。日本でも有名なジャックダニエルの本社があるなど、テネシー州はウィスキーなどの蒸留酒が盛んなエリア。ナッシュビルにも蒸留所は多く、なかには見学や試飲ができたりします。「コルセラ蒸留所(Corsair Distillery)」はウィスキーやジンなど蒸留酒全般、通称スピリッツを多く手掛け、受賞歴も多い実力派。見学ツアーでは、製造エリアの見学に加え数種類の飲み比べもできると評判です。

もっと読む
ナッシュビル「パーティー・ファウル」のチキンは汗も出る美味さ!

ナッシュビル (テネシー州)

ナッシュビル「パーティー・ファウル」のチキンは汗も出る美味さ!

鶏の唐揚げとビールの組み合わせはお好きですか。アメリカ南部を代表する料理で有名なのがフライドチキン。ナッシュビルにある「パーティー・ファウル(Party Fowl)」は、“辛いホットチキンと冷たいビール”にこだわりを持つレストランです。一度食べればやみつきになる辛さが自慢で、キンキンなビールとの相性が抜群。地元の人たちも大好きなお店なんですよ。

もっと読む
ナッシュビル「RCAスタジオBツアー」でミリオンヒットの誕生地を見学

ナッシュビル (テネシー州)

ナッシュビル「RCAスタジオBツアー」でミリオンヒットの誕生地を見学

歌手エルヴィス・プレスリーはお好きですか。ナッシュビルにある「RCAスタジオB(RCA Studio B)」は、3万5000曲が生み出された有名レコーディングスタジオです。1957年に始まり、録音したのはエルヴィス・プレスリーやチェット・アトキンスなどアメリカの音楽業界を盛り上げた有名アーティストばかり。その内部を見学できるツアーは、名曲が出来上がるまでの当時の様子を今でも感じることができます。

もっと読む
ナッシュビル「ハッチ・ショー・プリント」で出会う18世紀と21世紀の共作

ナッシュビル (テネシー州)

ナッシュビル「ハッチ・ショー・プリント」で出会う18世紀と21世紀の共作

カラフルな色彩満載のポスターや雑貨はお好きですか。ナッシュビルの「ハッチ・ショー・プリント(Hatch Show Print)」は、全米屈指の凸版印刷の会社。音楽の街らしく、コンサートのポスターを多数デザイン、印刷し続けてきた歴史があります。ショップに併設された工房からは18世紀の印刷機が今でもカタンコトンと音を鳴らし、最新デザインの作品が一枚一枚丁寧に手作業で作られています。

もっと読む
ナッシュビル「レッド バイシクル」でふわトロなオムレツクレープを

ナッシュビル (テネシー州)

ナッシュビル「レッド バイシクル」でふわトロなオムレツクレープを

朝食にぴったりなクレープを食べてみませんか。ナッシュビルで美味しい朝食を食べられると評判の「レッド バイシクル(The Red Bicycle)」。香ばしいコーヒーの香りだつ店内には、音楽の街らしいポップなインテリアが並びます。こちらのお店では、40種類以上の豊富なクレープメニューが自慢。朝からしっかりとエネルギー補給がとれ、気持ち良く一日をスタートできるお店です。

もっと読む
ナッシュビル「プケット」で自慢のBBQと生演奏を楽しもう!

ナッシュビル (テネシー州)

ナッシュビル「プケット」で自慢のBBQと生演奏を楽しもう!

家族秘伝のレシピで作る南部料理を食べてみませんか。ナッシュビル含むアメリカ南部料理は、フライドチキンやバーベキューなどがっつりした肉料理が有名です。レストラン「プケット(Puckett’s)」の看板メニューも、ゆっくり丁寧に焼き上げたバーベキューが大人気。そのうえ音楽の街らしく、毎晩ライブ公演も行われています。美味しいご飯に楽しい音楽の両方を堪能できる一石二鳥のレストランです。

もっと読む
ナッシュビル「ブロードウェイ」でカントリー音楽を肴にはしご酒

ナッシュビル (テネシー州)

ナッシュビル「ブロードウェイ」でカントリー音楽を肴にはしご酒

夜景が綺麗な街はお好きですか。音楽業界で栄えたナッシュビルは、特にカントリーミュージックの本拠地として有名です。街一番の大通り「ブロードウェイ(Broadway)」を歩くと、隙間なく並ぶバーから毎晩カントリーミュージックの演奏が聞こえてきます。バー以外にもオシャレなカウボーイグッズが手に入るお店や、キャラメルの甘い香りに包まれたお菓子屋さんなどがあり、一日中多くの人たちで賑わいます。

もっと読む
ナッシュビル「ステイアルフレッド505」で楽しむ夢の高級マンション生活

ナッシュビル (テネシー州)

ナッシュビル「ステイアルフレッド505」で楽しむ夢の高級マンション生活

オシャレなセレブ生活を体験してみませんか。高層ビルとレンガ造りの建物が融和する町アメリカ・ナッシュビル。現代と歴史が共存するこの場所に高級コンドミニアム「ステイ アルフレッド 505(Stay Alfred at 505)」が2017年11月にオープンしました。キッチンにはオーブンやコンロなど料理がしたくなる設備が整い、洗濯機と乾燥機があるのも嬉しいところ。まるで暮らすような滞在が楽しめます。

もっと読む
ナッシュビル「グーグーショップ」で全米初のチョコバーを召し上がれ

ナッシュビル (テネシー州)

ナッシュビル「グーグーショップ」で全米初のチョコバーを召し上がれ

ほっぺたが落ちるあま〜いお菓子はお好きですか。ナッシュビルの「グーグーショップ(Goo Goo Shop)」は、子供から大人まで幸せになれるお菓子屋さん。そして、全米で初めてマシュマロやピーナッツをチョコレートでコーティングした商品を販売したことでも有名。100年続く伝統レシピは今も変わらず健在で、ナッシュビルを代表する人気のお土産です。

もっと読む
ナッシュビル「ジョニー・キャッシュ ミュージアム」で知るアメリカ音楽の魅力

ナッシュビル (テネシー州)

ナッシュビル「ジョニー・キャッシュ ミュージアム」で知るアメリカ音楽の魅力

耳にじーんと響く美声はお好きですか。“ミュージック・シティ”と呼ばれているナッシュビル。音楽業界の中心として栄え、特に1920年代に誕生したカントリーミュージックはこの街には欠かせない音楽です。そしてカントリーミュージックといえば、歌手ジョニー・キャッシュ(Johnny Cash)は永遠の憧れの存在。彼の魅力が詰まった「ジョニー・キャッシュ ミュージアム」では今もなお彼の偉業が語り継がれています。

もっと読む

公式ソーシャルアカウント