[ 格安旅行の検索・比較 LINEトラベルjp ]

LCC(格安航空会社)国内航空券比較

  1. LINEトラベルjp>
  2. 国内旅行>
  3. 国内格安航空券 検索・比較>
  4. LCC(格安航空会社)国内航空券比較

LCCとはローコストキャリアの略でその名の通り安さがウリの航空会社のことです。実際に、LCCと従来の他社航空券の価格を比較してみましょう。また、LCCのメリット・デメリット、おすすめの観光ガイドやLCCに関する豆知識などもご紹介します。

国際線はこちら

人気の行き先

東京(羽田・成田)発 片道航空券

最終更新日: 2019/02/19

行き先
(空港)
LCC LCC以外の
航空券
沖縄
(那覇)
7,580円〜 バニラエア 10,830円〜 スカイマーク
札幌
(新千歳)
4,610円〜 春秋航空日本 9,414円〜 AIR DO(エア・ドゥ)
福岡 6,330円〜 Peach(ピーチ航空) 9,790円〜 スターフライヤー
そのほかの行き先をもっと見る
大阪
(伊丹・関空・神戸)
5,690円〜 Peach(ピーチ航空) 8,030円〜 スカイマーク
高松 7,170円〜 ジェットスター・ジャパン 12,500円〜 JAL(日本航空)
奄美大島 7,570円〜 バニラエア 16,290円〜 JAL(日本航空)

東京からの人気の行き先

大阪(伊丹・関西・神戸)発 片道航空券

最終更新日: 2019/02/19

行き先
(空港)
LCC LCC以外の
航空券
東京
(羽田・成田)
5,440円〜 Peach(ピーチ航空) 7,820円〜 スターフライヤー
沖縄
(那覇)
6,520円〜 Peach(ピーチ航空) 6,610円〜 ソラシド エア
福岡 5,400円〜 Peach(ピーチ航空) 10,650円〜 アイベックスエアラインズ
そのほかの行き先をもっと見る
仙台 6,430円〜 Peach(ピーチ航空) 5,920円〜 スカイマーク
長崎 5,200円〜 Peach(ピーチ航空) 5,490円〜 スカイマーク
石垣島 8,100円〜 Peach(ピーチ航空) 31,830円〜 ANA(全日本空輸)

大阪からの人気の行き先

  • ※ 表示料金は2019/02/19現在のものとなり、空席状況等により変動いたします。目安としてご覧ください。
  • ※ 掲載の片道航空券の料金は、LINEトラベルjpに掲載されている国内往復航空券ご購入時の半額相当となります。
  • ※ 売切れの場合もありますのでご了承下さい。
  • ※ 各運賃はエコノミークラス相当の参考価格です。料金や機内環境・サービス等は日時・為替レート・機材によって異なります。
  • ※ 運賃・料金やサービスの詳細は航空各社、又は旅行会社に必ずお問合せ下さい。

LCCとは?

LCCとは、Low Cost Carrier(ローコストキャリア)の略で、従来の航空会社で行われていたサービスを簡素化、運行の効率化、運行費用の徹底した削減などを行い、低価格の運賃を実現している、「格安航空会社」のことをいいます。

LCCのメリット&デメリット

少しでも安く!

搭乗ブリッジを使わずタラップ(階段)を使ったり、飛行機の折返し時間を大手航空会社より短くし、駐機代を少なく済ませて稼働率を高めたりするなど色々なコストカットを行っています。

セールで更にお得に!

基本的に早目に予約した方が安くなりますが、通常運賃よりお得な値段で販売するキャンペーンやセールを行う時があります。ただ、セール価格で割安になる分、日時変更不可や預け荷物は有料になるなど制約があることも。

片道で購入可能。好みのルートを組める

LCC航空券は片道ずつ購入が可能です。路線をつないで、お好みのルートでの旅行が楽しめます。日本縦断ルートも出来てしまいます。 就航路線がどんどん増えており、目的地の選択の幅が広がっています。

意外なところが有料

座席指定や預け手荷物などは有料の場合が殆どです。機内食やドリンク、ブランケットも基本的に有料です。 また、カウンターや電話で航空券等を購入する場合は手数料が加算され、ネットで購入するより若干高くなります。 安く済ませたい場合は座席指定はせず、冷え性の方はブランケットを自分で用意したり、荷物は少なくして軽めにしましょう。LCC(格安航空会社)は移動手段と割り切りましょう。

払い戻し、変更料金が高い

キャンセルや変更に伴う手数料は、高く設定されています。券種によっては払戻不可(=全くお金が戻ってこない)ものもあるようです。 日時変更などが低料金で可能な券種もあるので、搭乗日前までにキャンセル・日時変更の可能性がある場合はそちらを購入するのもオススメです。 また、搭乗日や名前の入力ミスにもご注意を。

遅延のリスクがある

LCC(格安航空会社)はコスト削減のため最小限の機材数で飛行機をフル活用させています。 天候や機材トラブルなど、何らかの事情で一旦発着が遅れてしまうとその後の便が遅れたり、更には欠航も考えられます。乗り継ぎや観光などスケジュールには余裕を持たせましょう。大切な旅行に使うのは見送った方が良いかも。また、遅延保証のある旅行保険に入ったり、航空会社によっては遅延・欠航お見舞金が付いている券種もありますのでそれを選ぶのもオススメです。

本当に狭い?LCCの座席間隔

LCC(格安航空会社)と聞いて誰もが気になるのが通常座席のシートピッチ(お座席前後の間隔)。 左の表からも分かるようにLCCの通常座席のシートピッチは約74cm。 因みに大手航空会社(FSC)のエコノミークラスは80cm台が多いようです。やはりお世辞にも広いとは言えませんね。 最前列座席と非常口座席は通常座席より広いので、追加料金が掛かりますが「狭いのはちょっと・・・」という方はこちらの席を選択するのもオススメです。

  • ※ ジェットスター、ピーチ、バニラエア、春秋航空共通。
  • ※ 座席に関する情報は2016年10月01日現在、LINEトラベルjp調べのものです。

スタッフのLCC搭乗体験記

LINEトラベルjpスタッフ

LCC(ロー・コスト・キャリア)でこれまでの搭乗回数は国内海外含めて45回。利用会社数は国内線4社、国際線は海外系含め5社!月に1〜2回はLCCで旅をしている、LINEトラベルjpのスタッフが体験談をご紹介します!

ジェットスタージャパンは国内の就航路線数が多いためよく利用します。 座席が黒い革張りシートがシックですが、オリジナルキャラクターの「ジェッ太くん」が可愛いですね。

バニラエアは新機材の客室内がポップな感じの内装、機内BGMもリゾート路線としてマッチしている曲でワクワク感がしますね。また有料販売の機内食がおいしいですよ。オススメは「チキンライスとハンバーグのトマトソースがけ」と「くり〜むあんぱん」です。

Peachは機内と客室乗務員さんが明るい印象なのと有料販売の機内食がおいしいところが魅力です。私のオススメは「千房の豚玉」と「ピーチアイスミルク」です。また隣の席が独占できる「スペースシートオプション(有料)」という独自のオプションもあります。使ってみましたが広く利用できたので快適でしたよ。

スプリングジャパン(春秋航空日本)は気軽に広島や佐賀といった地方へ行けるのが良いですね。機内販売の嬉野茶が200円でおかわり自由。またボーイング・スカイインテリア(BSI)のブルーの照明が美しいです。客室乗務員さんのホスピタリティが高いと感じました。

LCC国内線のメリットは高速バス運賃とほぼ変わらない値段で買えるところでしょうか。浮いたお金で美味しいご飯やアクティビティに使っちゃいましょう。もう一つは片道ずつで購入ができるので、例えば往路早朝便・復路深夜便など自分に合ったスケジュールを航空会社を変えて柔軟に組むことが可能です。運航ダイヤを上手く繋ぎ合わせて1泊2日でLCCだけ利用した日本縦断旅行の経験がありますので、こういった変則的な行程を組むこともできます。

デメリットはターミナルが離れているところです。成田空港のLCCターミナルは駅から約700mも歩きますし、那覇空港もLCCターミナルまでバスで移動しなければなりません。 あとはたびたび遅延が発生するので、タイトなスケジュールを組むのは避けた方がよさそうです。

  • ※ 金額や内容はすべて利用当時のものです。

- PR -

キャリアって何が違うの?
※スタンダード運賃の場合

航空会社 燃油 機内持込
手荷物
お預かり
手荷物
詳しくは なし 7kg 込み
20kgまで
詳しくは なし 7kg \3,500
15kgまで
詳しくは なし 7kg 込み
最大15kg
最小8kg
詳しくは なし 7kg \2,000
20kgまで
  • ※ 2018年11月1日現在、LINEトラベルjp調べ。
  • ※運賃タイプにより料金などが異なります。詳しくは航空各社、又は旅行会社に必ずお問合せ下さい。
  • ピーチ航空で行く格安航空券検索・予約
  • ジェットスターで行く格安航空券検索・予約
  • 春秋航空で行く格安航空券検索・予約
  • バニラエアで行く格安航空券検索・予約

LCCおすすめガイド