メニュー閉じる

  1. トラベルjp>
  2. 海外旅行>
  3. ビーチリゾート特集>
  4. 買い物・グルメ

買い物・グルメが楽しめる

ビーチリゾートに行くからには青い海と白い砂浜・・・だけじゃない?南の島らしいお土産を買い求めたり、グルメも楽しみたい!お得にショッピングできる免税の島もあります。

買い物・グルメ

買い物・グルメが楽しめる

バリ島 (インドネシア)

ナシゴレンやミーゴレンをはじめ日本でも馴染みの深いバリ料理。ぜひ本場の味を体験してみよう。大型ショッピングモールも充実。滞在中のリゾートウェアやおみやげを買うのも楽しい!

ベストシーズン

季節風の影響で5月〜10月が乾季、11月〜4月が雨季となる。海がきれいな乾季がベストシーズンだが雨季もスコールが降る程度。

プーケット (タイ)

パトン地区の「ジャンクセイロン」やプーケット最大規模の「セントラル・フェスティバル」などショッピングモールが充実。食事をしたりおみやげを買ったり1日楽しめること間違いなし。

ベストシーズン

マレー半島の西側、アンダマン海に浮かぶプーケットの雨季は5月中旬から10月中旬。ベストシーズンは乾期の11月〜3月となる。

ペナン (マレーシア)

コロニアルな建築物や町並みなどイギリス領時代の面影が残るペナン。ビーチで遊び疲れたら街歩きもおすすめ。お買い物やグルメを楽しもう。大型ショッピングモールや地元のマーケットも◎

ベストシーズン

マレー半島西海岸は6〜9月は雨が多く降ることがありアウトドアやマリンレジャーに向かない。乾季の11〜5月がベストシーズン。

ランカウイ (マレーシア)

日本人好みの味付けも多い多国籍文化のマレーシア料理。ナイトマーケットではローカル料理をリーズナブルに楽しめる。島全体が免税のため、お得にショッピングできるのも魅力。

ベストシーズン

マレー半島西海岸は6〜9月は雨が多く降ることがありアウトドアやマリンレジャーに向かない。乾季の11〜5月がベストシーズン。

パタヤ (タイ)

パタヤを代表するショッピングモール「セントラルフェスティバルパタヤビーチ」では衣類やお土産はもちろんグルメも充実。水上マーケットまで足を延ばすのもおすすめ。

ベストシーズン

4・5月が乾季、雨季が6月〜10月、11月〜3月は冬季になるのでベストシーズンは乾季と言えるが雨季でもスコール程度。

セントーサ (シンガポール)

セントーサ島の「ヴィヴォシティ」はシンガポール最大のショッピングセンター。館内はかなりの広さで1日かかってもまわりきれないほど。地下のお手頃なスーパーはお土産購入におすすめ。

ベストシーズン

赤道のほぼ直下、熱帯性モンスーン気候。年間を通じて高温多湿。10月〜3月が雨季、4月〜9月が乾季だが雨季でもスコール程度。

済州(チェジュ)島 (韓国)

新鮮な海の幸が楽しめる済州島。特にアワビやタコ、エビなどがたっぷりはいった海鮮鍋(ヘムルタン)や土鍋で煮込むヘムルトゥッペギはぜひ食べたい代表的な済州島グルメ。

ベストシーズン

韓国最南端にあり、体感温度は日本の高知県や福岡県によく例えられる。海水浴については7月に梅雨が明けてから9月頃まで。

ダナン (ベトナム)

南北に長いベトナムはエリアごとに名物グルメも変化。中部グルメは日本人にも合うと評判。平打ち麺のミークワンやさつま揚げが載ったブンチャーカーはぜひ試してみたい一品。

ベストシーズン

乾季は2月〜8月にあたり、5月〜8月がベストシーズン。7・8月は気温や日差しも強くなるので注意。雨季は9月〜1月。

グアム (アメリカ)

アメリカンなサイズのハンバーガーやステーキなど迫力あるグルメが楽しめるグアム。伝統的なチャモロ料理も要チェック。マイクロネシアモール等の大型ショッピングモール、アウトレットも充実。

ベストシーズン

年間平均気温が27度という典型的な亜熱帯気候の常夏の島。雨季は6月〜10月、乾期は11月〜5月まで。雨季でもスコール程度。

ホノルル (ハワイ)

アラモアナショッピングセンターをはじめ、ハワイにはショッピングモールが多数。ボリューミーなハワイアングルメもお楽しみ。日本語が使えるホテルやレストランが多いのも安心。

ベストシーズン

乾季は5月〜10月、雨季は11月〜4月だが雨季も傘が要らない程度。年中ベストシーズンだが冬に泳ぐのは肌寒い時も。

ジャマイカ (ジャマイカ)

コーヒー好きの方はぜひ本場ブルーマウンテンのコーヒー農場見学ツアーへ行ってみよう。ジャマイカはラムの名産地でもあり、老舗メーカー、アップルトンラムの工場見学も大人気。

ベストシーズン

年間平均気温27度。12月〜4月の乾季は湿気が落ち着き過ごしやすいので冬休みや春休みにちょうどよい。雨季でもスコール程度

ゴールドコースト (オーストラリア)

ショッピングモールが充実しているクイーンズランド。ゴールドコースト一の規模の「ロビーナタウンセンター」や地元ローカルが集まる「ランナウェイベイ・ショッピングビレッジ」は要チェック。

ベストシーズン

年間平均300日は晴天に恵まれているゴールドコースト。ベストシーズンは10〜3月の夏。冬場に海に入るのは寒そう。

ニューカレドニア (フランス領)

新鮮な海の幸が充実しているニューカレドニア。特に「天使の海老」は絶品でフランスで最高品質と認められているほど。フランス文化が色濃く残りガレットなどフランス料理も楽しめる。

ベストシーズン

亜熱帯気候のニューカレドニアは年間の温度変化は比較的少なく真夏の1〜2月もカラっとした暑さ。ベストシーズンは10〜12月。

買い物・グルメが楽しめる

バリ島 (インドネシア)

ナシゴレンやミーゴレンをはじめ日本でも馴染みの深いバリ料理。ぜひ本場の味を体験してみよう。大型ショッピングモールも充実。滞在中のリゾートウェアやおみやげを買うのも楽しい!

ベストシーズン

季節風の影響で5月〜10月が乾季、11月〜4月が雨季となる。海がきれいな乾季がベストシーズンだが雨季もスコールが降る程度。

プーケット (タイ)

パトン地区の「ジャンクセイロン」やプーケット最大規模の「セントラル・フェスティバル」などショッピングモールが充実。食事をしたりおみやげを買ったり1日楽しめること間違いなし。

ベストシーズン

マレー半島の西側、アンダマン海に浮かぶプーケットの雨季は5月中旬から10月中旬。ベストシーズンは乾期の11月〜3月となる。

ペナン (マレーシア)

コロニアルな建築物や町並みなどイギリス領時代の面影が残るペナン。ビーチで遊び疲れたら街歩きもおすすめ。お買い物やグルメを楽しもう。大型ショッピングモールや地元のマーケットも◎

ベストシーズン

マレー半島西海岸は6〜9月は雨が多く降ることがありアウトドアやマリンレジャーに向かない。乾季の11〜5月がベストシーズン。

ランカウイ (マレーシア)

日本人好みの味付けも多い多国籍文化のマレーシア料理。ナイトマーケットではローカル料理をリーズナブルに楽しめる。島全体が免税のため、お得にショッピングできるのも魅力。

ベストシーズン

マレー半島西海岸は6〜9月は雨が多く降ることがありアウトドアやマリンレジャーに向かない。乾季の11〜5月がベストシーズン。

パタヤ (タイ)

パタヤを代表するショッピングモール「セントラルフェスティバルパタヤビーチ」では衣類やお土産はもちろんグルメも充実。水上マーケットまで足を延ばすのもおすすめ。

ベストシーズン

4・5月が乾季、雨季が6月〜10月、11月〜3月は冬季になるのでベストシーズンは乾季と言えるが雨季でもスコール程度。

セントーサ (シンガポール)

セントーサ島の「ヴィヴォシティ」はシンガポール最大のショッピングセンター。館内はかなりの広さで1日かかってもまわりきれないほど。地下のお手頃なスーパーはお土産購入におすすめ。

ベストシーズン

赤道のほぼ直下、熱帯性モンスーン気候。年間を通じて高温多湿。10月〜3月が雨季、4月〜9月が乾季だが雨季でもスコール程度。

済州(チェジュ)島 (韓国)

新鮮な海の幸が楽しめる済州島。特にアワビやタコ、エビなどがたっぷりはいった海鮮鍋(ヘムルタン)や土鍋で煮込むヘムルトゥッペギはぜひ食べたい代表的な済州島グルメ。

ベストシーズン

韓国最南端にあり、体感温度は日本の高知県や福岡県によく例えられる。海水浴については7月に梅雨が明けてから9月頃まで。

ダナン (ベトナム)

南北に長いベトナムはエリアごとに名物グルメも変化。中部グルメは日本人にも合うと評判。平打ち麺のミークワンやさつま揚げが載ったブンチャーカーはぜひ試してみたい一品。

ベストシーズン

乾季は2月〜8月にあたり、5月〜8月がベストシーズン。7・8月は気温や日差しも強くなるので注意。雨季は9月〜1月。

グアム (アメリカ)

アメリカンなサイズのハンバーガーやステーキなど迫力あるグルメが楽しめるグアム。伝統的なチャモロ料理も要チェック。マイクロネシアモール等の大型ショッピングモール、アウトレットも充実。

ベストシーズン

年間平均気温が27度という典型的な亜熱帯気候の常夏の島。雨季は6月〜10月、乾期は11月〜5月まで。雨季でもスコール程度。

ホノルル (ハワイ)

アラモアナショッピングセンターをはじめ、ハワイにはショッピングモールが多数。ボリューミーなハワイアングルメもお楽しみ。日本語が使えるホテルやレストランが多いのも安心。

ベストシーズン

乾季は5月〜10月、雨季は11月〜4月だが雨季も傘が要らない程度。年中ベストシーズンだが冬に泳ぐのは肌寒い時も。

ジャマイカ (ジャマイカ)

コーヒー好きの方はぜひ本場ブルーマウンテンのコーヒー農場見学ツアーへ行ってみよう。ジャマイカはラムの名産地でもあり、老舗メーカー、アップルトンラムの工場見学も大人気。

ベストシーズン

年間平均気温27度。12月〜4月の乾季は湿気が落ち着き過ごしやすいので冬休みや春休みにちょうどよい。雨季でもスコール程度

ゴールドコースト (オーストラリア)

ショッピングモールが充実しているクイーンズランド。ゴールドコースト一の規模の「ロビーナタウンセンター」や地元ローカルが集まる「ランナウェイベイ・ショッピングビレッジ」は要チェック。

ベストシーズン

年間平均300日は晴天に恵まれているゴールドコースト。ベストシーズンは10〜3月の夏。冬場に海に入るのは寒そう。

ニューカレドニア (フランス領)

新鮮な海の幸が充実しているニューカレドニア。特に「天使の海老」は絶品でフランスで最高品質と認められているほど。フランス文化が色濃く残りガレットなどフランス料理も楽しめる。

ベストシーズン

亜熱帯気候のニューカレドニアは年間の温度変化は比較的少なく真夏の1〜2月もカラっとした暑さ。ベストシーズンは10〜12月。

買い物・グルメが楽しめる

バリ島 (インドネシア)

ナシゴレンやミーゴレンをはじめ日本でも馴染みの深いバリ料理。ぜひ本場の味を体験してみよう。大型ショッピングモールも充実。滞在中のリゾートウェアやおみやげを買うのも楽しい!

ベストシーズン

季節風の影響で5月〜10月が乾季、11月〜4月が雨季となる。海がきれいな乾季がベストシーズンだが雨季もスコールが降る程度。

プーケット (タイ)

パトン地区の「ジャンクセイロン」やプーケット最大規模の「セントラル・フェスティバル」などショッピングモールが充実。食事をしたりおみやげを買ったり1日楽しめること間違いなし。

ベストシーズン

マレー半島の西側、アンダマン海に浮かぶプーケットの雨季は5月中旬から10月中旬。ベストシーズンは乾期の11月〜3月となる。

ペナン (マレーシア)

コロニアルな建築物や町並みなどイギリス領時代の面影が残るペナン。ビーチで遊び疲れたら街歩きもおすすめ。お買い物やグルメを楽しもう。大型ショッピングモールや地元のマーケットも◎

ベストシーズン

マレー半島西海岸は6〜9月は雨が多く降ることがありアウトドアやマリンレジャーに向かない。乾季の11〜5月がベストシーズン。

ランカウイ (マレーシア)

日本人好みの味付けも多い多国籍文化のマレーシア料理。ナイトマーケットではローカル料理をリーズナブルに楽しめる。島全体が免税のため、お得にショッピングできるのも魅力。

ベストシーズン

マレー半島西海岸は6〜9月は雨が多く降ることがありアウトドアやマリンレジャーに向かない。乾季の11〜5月がベストシーズン。

パタヤ (タイ)

パタヤを代表するショッピングモール「セントラルフェスティバルパタヤビーチ」では衣類やお土産はもちろんグルメも充実。水上マーケットまで足を延ばすのもおすすめ。

ベストシーズン

4・5月が乾季、雨季が6月〜10月、11月〜3月は冬季になるのでベストシーズンは乾季と言えるが雨季でもスコール程度。

セントーサ (シンガポール)

セントーサ島の「ヴィヴォシティ」はシンガポール最大のショッピングセンター。館内はかなりの広さで1日かかってもまわりきれないほど。地下のお手頃なスーパーはお土産購入におすすめ。

ベストシーズン

赤道のほぼ直下、熱帯性モンスーン気候。年間を通じて高温多湿。10月〜3月が雨季、4月〜9月が乾季だが雨季でもスコール程度。

済州(チェジュ)島 (韓国)

新鮮な海の幸が楽しめる済州島。特にアワビやタコ、エビなどがたっぷりはいった海鮮鍋(ヘムルタン)や土鍋で煮込むヘムルトゥッペギはぜひ食べたい代表的な済州島グルメ。

ベストシーズン

韓国最南端にあり、体感温度は日本の高知県や福岡県によく例えられる。海水浴については7月に梅雨が明けてから9月頃まで。

ダナン (ベトナム)

南北に長いベトナムはエリアごとに名物グルメも変化。中部グルメは日本人にも合うと評判。平打ち麺のミークワンやさつま揚げが載ったブンチャーカーはぜひ試してみたい一品。

ベストシーズン

乾季は2月〜8月にあたり、5月〜8月がベストシーズン。7・8月は気温や日差しも強くなるので注意。雨季は9月〜1月。

グアム (アメリカ)

アメリカンなサイズのハンバーガーやステーキなど迫力あるグルメが楽しめるグアム。伝統的なチャモロ料理も要チェック。マイクロネシアモール等の大型ショッピングモール、アウトレットも充実。

ベストシーズン

年間平均気温が27度という典型的な亜熱帯気候の常夏の島。雨季は6月〜10月、乾期は11月〜5月まで。雨季でもスコール程度。

ホノルル (ハワイ)

アラモアナショッピングセンターをはじめ、ハワイにはショッピングモールが多数。ボリューミーなハワイアングルメもお楽しみ。日本語が使えるホテルやレストランが多いのも安心。

ベストシーズン

乾季は5月〜10月、雨季は11月〜4月だが雨季も傘が要らない程度。年中ベストシーズンだが冬に泳ぐのは肌寒い時も。

ジャマイカ (ジャマイカ)

コーヒー好きの方はぜひ本場ブルーマウンテンのコーヒー農場見学ツアーへ行ってみよう。ジャマイカはラムの名産地でもあり、老舗メーカー、アップルトンラムの工場見学も大人気。

ベストシーズン

年間平均気温27度。12月〜4月の乾季は湿気が落ち着き過ごしやすいので冬休みや春休みにちょうどよい。雨季でもスコール程度

ゴールドコースト (オーストラリア)

ショッピングモールが充実しているクイーンズランド。ゴールドコースト一の規模の「ロビーナタウンセンター」や地元ローカルが集まる「ランナウェイベイ・ショッピングビレッジ」は要チェック。

ベストシーズン

年間平均300日は晴天に恵まれているゴールドコースト。ベストシーズンは10〜3月の夏。冬場に海に入るのは寒そう。

ニューカレドニア (フランス領)

新鮮な海の幸が充実しているニューカレドニア。特に「天使の海老」は絶品でフランスで最高品質と認められているほど。フランス文化が色濃く残りガレットなどフランス料理も楽しめる。

ベストシーズン

亜熱帯気候のニューカレドニアは年間の温度変化は比較的少なく真夏の1〜2月もカラっとした暑さ。ベストシーズンは10〜12月。

買い物・グルメが楽しめる

バリ島 (インドネシア)

ナシゴレンやミーゴレンをはじめ日本でも馴染みの深いバリ料理。ぜひ本場の味を体験してみよう。大型ショッピングモールも充実。滞在中のリゾートウェアやおみやげを買うのも楽しい!

ベストシーズン

季節風の影響で5月〜10月が乾季、11月〜4月が雨季となる。海がきれいな乾季がベストシーズンだが雨季もスコールが降る程度。

プーケット (タイ)

パトン地区の「ジャンクセイロン」やプーケット最大規模の「セントラル・フェスティバル」などショッピングモールが充実。食事をしたりおみやげを買ったり1日楽しめること間違いなし。

ベストシーズン

マレー半島の西側、アンダマン海に浮かぶプーケットの雨季は5月中旬から10月中旬。ベストシーズンは乾期の11月〜3月となる。

ペナン (マレーシア)

コロニアルな建築物や町並みなどイギリス領時代の面影が残るペナン。ビーチで遊び疲れたら街歩きもおすすめ。お買い物やグルメを楽しもう。大型ショッピングモールや地元のマーケットも◎

ベストシーズン

マレー半島西海岸は6〜9月は雨が多く降ることがありアウトドアやマリンレジャーに向かない。乾季の11〜5月がベストシーズン。

ランカウイ (マレーシア)

日本人好みの味付けも多い多国籍文化のマレーシア料理。ナイトマーケットではローカル料理をリーズナブルに楽しめる。島全体が免税のため、お得にショッピングできるのも魅力。

ベストシーズン

マレー半島西海岸は6〜9月は雨が多く降ることがありアウトドアやマリンレジャーに向かない。乾季の11〜5月がベストシーズン。

パタヤ (タイ)

パタヤを代表するショッピングモール「セントラルフェスティバルパタヤビーチ」では衣類やお土産はもちろんグルメも充実。水上マーケットまで足を延ばすのもおすすめ。

ベストシーズン

4・5月が乾季、雨季が6月〜10月、11月〜3月は冬季になるのでベストシーズンは乾季と言えるが雨季でもスコール程度。

セントーサ (シンガポール)

セントーサ島の「ヴィヴォシティ」はシンガポール最大のショッピングセンター。館内はかなりの広さで1日かかってもまわりきれないほど。地下のお手頃なスーパーはお土産購入におすすめ。

ベストシーズン

赤道のほぼ直下、熱帯性モンスーン気候。年間を通じて高温多湿。10月〜3月が雨季、4月〜9月が乾季だが雨季でもスコール程度。

済州(チェジュ)島 (韓国)

新鮮な海の幸が楽しめる済州島。特にアワビやタコ、エビなどがたっぷりはいった海鮮鍋(ヘムルタン)や土鍋で煮込むヘムルトゥッペギはぜひ食べたい代表的な済州島グルメ。

ベストシーズン

韓国最南端にあり、体感温度は日本の高知県や福岡県によく例えられる。海水浴については7月に梅雨が明けてから9月頃まで。

ダナン (ベトナム)

南北に長いベトナムはエリアごとに名物グルメも変化。中部グルメは日本人にも合うと評判。平打ち麺のミークワンやさつま揚げが載ったブンチャーカーはぜひ試してみたい一品。

ベストシーズン

乾季は2月〜8月にあたり、5月〜8月がベストシーズン。7・8月は気温や日差しも強くなるので注意。雨季は9月〜1月。

グアム (アメリカ)

アメリカンなサイズのハンバーガーやステーキなど迫力あるグルメが楽しめるグアム。伝統的なチャモロ料理も要チェック。マイクロネシアモール等の大型ショッピングモール、アウトレットも充実。

ベストシーズン

年間平均気温が27度という典型的な亜熱帯気候の常夏の島。雨季は6月〜10月、乾期は11月〜5月まで。雨季でもスコール程度。

ホノルル (ハワイ)

アラモアナショッピングセンターをはじめ、ハワイにはショッピングモールが多数。ボリューミーなハワイアングルメもお楽しみ。日本語が使えるホテルやレストランが多いのも安心。

ベストシーズン

乾季は5月〜10月、雨季は11月〜4月だが雨季も傘が要らない程度。年中ベストシーズンだが冬に泳ぐのは肌寒い時も。

ジャマイカ (ジャマイカ)

コーヒー好きの方はぜひ本場ブルーマウンテンのコーヒー農場見学ツアーへ行ってみよう。ジャマイカはラムの名産地でもあり、老舗メーカー、アップルトンラムの工場見学も大人気。

ベストシーズン

年間平均気温27度。12月〜4月の乾季は湿気が落ち着き過ごしやすいので冬休みや春休みにちょうどよい。雨季でもスコール程度

ゴールドコースト (オーストラリア)

ショッピングモールが充実しているクイーンズランド。ゴールドコースト一の規模の「ロビーナタウンセンター」や地元ローカルが集まる「ランナウェイベイ・ショッピングビレッジ」は要チェック。

ベストシーズン

年間平均300日は晴天に恵まれているゴールドコースト。ベストシーズンは10〜3月の夏。冬場に海に入るのは寒そう。

ニューカレドニア (フランス領)

新鮮な海の幸が充実しているニューカレドニア。特に「天使の海老」は絶品でフランスで最高品質と認められているほど。フランス文化が色濃く残りガレットなどフランス料理も楽しめる。

ベストシーズン

亜熱帯気候のニューカレドニアは年間の温度変化は比較的少なく真夏の1〜2月もカラっとした暑さ。ベストシーズンは10〜12月。

買い物・グルメが楽しめる

バリ島 (インドネシア)

ナシゴレンやミーゴレンをはじめ日本でも馴染みの深いバリ料理。ぜひ本場の味を体験してみよう。大型ショッピングモールも充実。滞在中のリゾートウェアやおみやげを買うのも楽しい!

ベストシーズン

季節風の影響で5月〜10月が乾季、11月〜4月が雨季となる。海がきれいな乾季がベストシーズンだが雨季もスコールが降る程度。

プーケット (タイ)

パトン地区の「ジャンクセイロン」やプーケット最大規模の「セントラル・フェスティバル」などショッピングモールが充実。食事をしたりおみやげを買ったり1日楽しめること間違いなし。

ベストシーズン

マレー半島の西側、アンダマン海に浮かぶプーケットの雨季は5月中旬から10月中旬。ベストシーズンは乾期の11月〜3月となる。

ペナン (マレーシア)

コロニアルな建築物や町並みなどイギリス領時代の面影が残るペナン。ビーチで遊び疲れたら街歩きもおすすめ。お買い物やグルメを楽しもう。大型ショッピングモールや地元のマーケットも◎

ベストシーズン

マレー半島西海岸は6〜9月は雨が多く降ることがありアウトドアやマリンレジャーに向かない。乾季の11〜5月がベストシーズン。

ランカウイ (マレーシア)

日本人好みの味付けも多い多国籍文化のマレーシア料理。ナイトマーケットではローカル料理をリーズナブルに楽しめる。島全体が免税のため、お得にショッピングできるのも魅力。

ベストシーズン

マレー半島西海岸は6〜9月は雨が多く降ることがありアウトドアやマリンレジャーに向かない。乾季の11〜5月がベストシーズン。

パタヤ (タイ)

パタヤを代表するショッピングモール「セントラルフェスティバルパタヤビーチ」では衣類やお土産はもちろんグルメも充実。水上マーケットまで足を延ばすのもおすすめ。

ベストシーズン

4・5月が乾季、雨季が6月〜10月、11月〜3月は冬季になるのでベストシーズンは乾季と言えるが雨季でもスコール程度。

セントーサ (シンガポール)

セントーサ島の「ヴィヴォシティ」はシンガポール最大のショッピングセンター。館内はかなりの広さで1日かかってもまわりきれないほど。地下のお手頃なスーパーはお土産購入におすすめ。

ベストシーズン

赤道のほぼ直下、熱帯性モンスーン気候。年間を通じて高温多湿。10月〜3月が雨季、4月〜9月が乾季だが雨季でもスコール程度。

済州(チェジュ)島 (韓国)

新鮮な海の幸が楽しめる済州島。特にアワビやタコ、エビなどがたっぷりはいった海鮮鍋(ヘムルタン)や土鍋で煮込むヘムルトゥッペギはぜひ食べたい代表的な済州島グルメ。

ベストシーズン

韓国最南端にあり、体感温度は日本の高知県や福岡県によく例えられる。海水浴については7月に梅雨が明けてから9月頃まで。

ダナン (ベトナム)

南北に長いベトナムはエリアごとに名物グルメも変化。中部グルメは日本人にも合うと評判。平打ち麺のミークワンやさつま揚げが載ったブンチャーカーはぜひ試してみたい一品。

ベストシーズン

乾季は2月〜8月にあたり、5月〜8月がベストシーズン。7・8月は気温や日差しも強くなるので注意。雨季は9月〜1月。

グアム (アメリカ)

アメリカンなサイズのハンバーガーやステーキなど迫力あるグルメが楽しめるグアム。伝統的なチャモロ料理も要チェック。マイクロネシアモール等の大型ショッピングモール、アウトレットも充実。

ベストシーズン

年間平均気温が27度という典型的な亜熱帯気候の常夏の島。雨季は6月〜10月、乾期は11月〜5月まで。雨季でもスコール程度。

ホノルル (ハワイ)

アラモアナショッピングセンターをはじめ、ハワイにはショッピングモールが多数。ボリューミーなハワイアングルメもお楽しみ。日本語が使えるホテルやレストランが多いのも安心。

ベストシーズン

乾季は5月〜10月、雨季は11月〜4月だが雨季も傘が要らない程度。年中ベストシーズンだが冬に泳ぐのは肌寒い時も。

ジャマイカ (ジャマイカ)

コーヒー好きの方はぜひ本場ブルーマウンテンのコーヒー農場見学ツアーへ行ってみよう。ジャマイカはラムの名産地でもあり、老舗メーカー、アップルトンラムの工場見学も大人気。

ベストシーズン

年間平均気温27度。12月〜4月の乾季は湿気が落ち着き過ごしやすいので冬休みや春休みにちょうどよい。雨季でもスコール程度

ゴールドコースト (オーストラリア)

ショッピングモールが充実しているクイーンズランド。ゴールドコースト一の規模の「ロビーナタウンセンター」や地元ローカルが集まる「ランナウェイベイ・ショッピングビレッジ」は要チェック。

ベストシーズン

年間平均300日は晴天に恵まれているゴールドコースト。ベストシーズンは10〜3月の夏。冬場に海に入るのは寒そう。

ニューカレドニア (フランス領)

新鮮な海の幸が充実しているニューカレドニア。特に「天使の海老」は絶品でフランスで最高品質と認められているほど。フランス文化が色濃く残りガレットなどフランス料理も楽しめる。

ベストシーズン

亜熱帯気候のニューカレドニアは年間の温度変化は比較的少なく真夏の1〜2月もカラっとした暑さ。ベストシーズンは10〜12月。