戻る

養老温泉 秘湯の宿 滝見苑体験ガイド

御宿・いすみ・養老・その他エリア周辺の旅行ガイド

写真・文:トラベルjp編集部

【御宿】Airbnbで予約できる一棟貸しの民泊施設7選|千葉県|トラベルjp 旅行ガイド

穏やかな気候と豊かな自然に囲まれた千葉県・御宿町。のんびり滞在し海水浴やサーフィンを楽しむなら、一棟貸しの宿泊施設がおすすめです。自炊できるキッチンや広々としたリビングがあり、家族旅行やグループ旅行にぴったり!まるまる一棟を貸し切りにできるので、小さな子どもと一緒の旅行でも安心です。長期滞在してワーケーションを体験することもできますよ。そこで今回はAirbnbで予約可能な、御宿町内にある一棟貸しタイプの宿泊施設をご紹介します。

写真・文:トラベルjp編集部

【いすみ市】Airbnbで予約できる一棟貸しの民泊施設10選|千葉県|トラベルjp 旅行ガイド

温暖な気候と豊かな自然が魅力の千葉県・いすみ市。のんびり滞在して海水浴やサーフィン、アウトドアを楽しむなら一棟貸しの宿泊施設がおすすめです。自炊できるキッチンや広々としたリビングを備えた施設は家族旅行やグループ旅行に最適!BBQ設備のある施設も多く、旅館やホテルとは違ったステイが楽しめます。一棟を貸し切りにできるので、小さな子どもと一緒の旅行も安心!そこで今回はAirbnbで予約可能な、いすみ市内にある一棟貸しタイプの宿泊施設をご紹介します。

写真・文:トラベルjp編集部

いすみ市でコテージに泊まる!Airbnbで予約できる民泊施設7選|千葉県|トラベルjp 旅行ガイド

千葉県・いすみ市には自然豊かな環境を楽しむのにぴったりなコテージが多数。特に湖や海に近いコテージが多く、SUPやサーフィンなどアクティビティを楽しんだり、水辺でのんびりしたりと、さまざまな過ごし方が可能です。貸切にできるので小さな子どもと一緒の家族旅行やグループ旅行にも最適。そこで今回はAirbnb(エアビー)で予約可能な、いすみ市内のコテージをご紹介します!

写真・文:木内 つばめ

ハーブと暮らすアイデア満載!千葉「大多喜ハーブガーデン」|千葉県|トラベルjp 旅行ガイド

千葉の大多喜ハーブガーデンは天候に左右されずに遊びに行ける4500平米を超える屋内ガラスハウスのガーデン。心地よい香りが漂う広々とした空間で、ハーブを使った食事、ハーブグッズの購入、そして魅力的な講座などが楽しめます。訪れたらそこで終了ではなく、ここでの体験を持ち帰り、自宅でもハーブを取り入れた生活を持続できるというところが何とも嬉しいお土産。どっぷりハーブの世界にハマりに行ってみませんか?

写真・文:野口 まさゆき

トンネル抜けた先はプライベートビーチ!?千葉・小浦海岸への散歩道|千葉県|トラベルjp 旅行ガイド

温暖な気候で四季を通じて人気がある外房エリア。変化に富んだ地形とエメラルドブルーのビーチが魅力で多くの観光客が訪れます。そんな外房に人知れず静かなビーチがあるんですよ!その場所は御宿町の「小浦海岸」。左右を断崖絶壁に囲まれた約100メートルの美しいビーチを誰にも邪魔されず独占できます。ジブリの世界を訪れるような手掘りのトンネルを抜けて小浦海岸を訪れる――そんな散歩道を皆さんにご紹介しましょう!

写真・文:咲田 みつる

千葉・養老渓谷の2大ハイキングコース比較!紅葉や日帰り温泉も|千葉県|トラベルjp 旅行ガイド

「関東一遅い紅葉スポット」千葉の養老渓谷で日帰りハイキングしたい!温泉にも浸かりたい!…とお考えのあなたに贈る満喫ガイドです。養老渓谷の紅葉は、例年11月下旬~12月上旬が見頃。マイカーで行くなら渋滞を避けるためにも宿泊か、早朝現地着が理想的ですが、本稿はそのどちらも難しい方向けの、公共交通(鉄道)前提のガイド。代表的なハイキングコースと、日帰り温泉との位置関係もご紹介します。

写真・文:やた 香歩里

房総に可愛い春が来る!「おんじゅくまちかどつるし雛めぐり」|千葉県|トラベルjp 旅行ガイド

千葉県夷隅郡御宿町は、房総半島の南東部に位置し、美しい御宿海岸の砂浜と、童謡「月の沙漠」の発祥の地として知られる町。この町では早春に可愛い雛祭りが開催されます。それが「おんじゅくまちかどつるし雛めぐり」。町中が可愛いつるし雛でいっぱいになります。見ているだけで温かい気持ちになれる、素朴で愛らしいお雛様に会いに出かけてみませんか?

写真・文:木村 優光

本多忠勝ゆかりの地を観光!千葉県大多喜町オススメ4選|千葉県|トラベルjp 旅行ガイド

千葉県夷隅郡にある大多喜町は、徳川四天王の一人でもある本多忠勝との関わりが非常に強く、城下町として栄えた街。そのため、街の中心となるいすみ鉄道大多喜駅の北側には大多喜城があります。駅東側は城下町らしい風情ある街並みとなっていて、1日かけて観光するには最適のエリアです。そこで、もっともメジャーな大多喜城以外のおすすめスポットを4つ紹介します。1日かけて大多喜の城下町を思う存分見て回ろう!

写真・文:咲田 みつる

千葉・妙法生寺の麻綿原ブルー!2万株の紫陽花は7月も見頃|千葉県|トラベルjp 旅行ガイド

すがすがしいほどの「青一色」の紫陽花・その数約2万株の大群落!ここは千葉県大多喜町の麻綿原(まめんばら)高原の「妙法生寺」の境内。標高約340mと低山でありながら、平地より涼しいため、例年7月上旬~中旬が見頃となります(2018年はやや前倒しの7月上前半が見頃と予想されます)。加えて、付近はヒメハルゼミの生息地。数千匹と言われるセミの大合唱が、深い森に包まれた紫陽花の群落の非日常感を演出します。

写真・文:浦賀 太一郎

月の沙漠に日が昇る!?千葉御宿海岸は超穴場な日の出スポット|千葉県|トラベルjp 旅行ガイド

千葉県の南東部に位置する御宿(おんじゅく)海岸は、ヤシの木が植えられ南国ムードが漂い、トップシーズンは海水浴や花火大会、イセエビまつりで賑わう全長2km程の白砂の浜ですが、あの童謡「月の沙漠」のモデルとなったと言われている海岸でもあるんです。人影まばらになった冬の時期、御宿海岸では、月の沙漠に朝日が昇る、なんともドラマチックな日の出を見ることができるんですよ!

写真・文:Benisei Rinka

千葉「ポッポの丘」で新鮮卵の詰め放題に挑戦!食堂車でT.K.Gも食べられる!?|千葉県|トラベルjp 旅行ガイド

今回ご紹介するのは、千葉県いすみ市「ポッポの丘」。ポッポの丘の目玉「訳あり卵の詰め放題」は度々メディアで取り上げられ、詰め放題目当てに訪れる人が多数!「まるで食堂車!?」な車内でいただくことのできる、朝採り卵のたまごかけご飯も絶品! また、今はもう使われなくなった電車を、とれたての庭先卵や地元の特産品、鉄道グッズなどの販売所として利用しているため、鉄道ファンにも人気の場所となっています。

写真・文:木村 優光

まるで昭和の世界?国鉄車両が走る「いすみ鉄道」撮影地4選|千葉県|トラベルjp 旅行ガイド

「いすみ鉄道」は千葉県いすみ市の大原駅を起点として、房総半島の内陸部で小湊鐡道との接続点ある上総中野駅までを結ぶ26.8kmのローカル私鉄です。一時期は経営が非常に厳しく、廃線の噂がささやかれましたが、経営陣が入れ替わり今では年々売り上げが上昇する観光路線へ!中でも国鉄時代に活躍した車両が走ることで一躍人気に!懐かしい景色の中を走るレトロな国鉄車両をオススメ撮影地で撮ってみよう!

写真・文:中島 誠子

朝食はビーチで!千葉・御宿「サヤンテラス」が子連れ旅にお勧めな理由|千葉県|トラベルjp 旅行ガイド

朝食はビーチでピクニック!そんな素敵な朝食が楽しめるのは、千葉県の御宿にある「サヤンテラスHOTEL&RESORT」。オーシャンビュー&アジアンテイストのオシャレなホテルです。女子旅やカップル旅に人気がありますが、実は子連れ旅にも好評!なぜ子連れ旅に人気なのか、そこにはパパママを助けてくれるある理由が。今回はサヤンテラスの魅力とともに、子連れ旅にお勧めのポイントご紹介します。

写真・文:木村 優光

梅雨時の昭和レトロなローカル線へ!千葉「いすみ鉄道」撮影地4選|千葉県|トラベルjp 旅行ガイド

「いすみ鉄道」はJR外房線「大原駅」を起点として、小湊鐡道が接続する「上総中野駅」まで結ぶローカル線で、両線を乗り通せば房総半島の横断も可能!沿線は昭和レトロな風景が広がり、季節ごとに四季折々の花が咲き乱れる場所も多いです。そこで、梅雨時に紫陽花と「いすみ鉄道」のコラボレーションが可能な撮影地を紹介します。ムシムシさを忘れて、紫陽花が咲き乱れる「いすみ鉄道」沿線を訪問してみよう!

写真・文:藤田 聡

菜の花色の列車から桜の花見!千葉・いすみ鉄道で春の房総満喫|千葉県|トラベルjp 旅行ガイド

いすみ鉄道は菜の花と桜で知られ、写真の撮影地としても有名。名物の菜の花にちなんで黄色に塗装された列車も多く、色彩が非常にマッチしています。 菜の花は例年3月から楽しめますが、桜が咲く4月に花見を兼ねて行くのがおすすめ。見頃時期には、桜と菜の花と列車のコラボが絶景です。 房総の春を代表する景観、いすみ鉄道の桜並木を紹介!

写真・文:やた 香歩里

あの童謡の世界へトリップ!千葉県御宿町『月の沙漠』記念像&記念館|千葉県|トラベルjp 旅行ガイド

童謡『月の沙漠』は、美しいメロディと、ラクダに乗って旅をする王子と姫のイメージが重なって、多くの子ども達の心を震わせた名曲です。その『月の沙漠』の作詞者・加藤まさを氏が過ごした海岸が、千葉県にあることはご存知ですか?『月の沙漠』のモチーフともいわれる御宿(おんじゅく)町の御宿海岸には、「月の沙漠記念像」と、加藤氏の業績をしのぶ「月の沙漠記念館」があり、美しい童謡の世界に誘なってくれます。

写真・文:野口 まさゆき

酪農の里で美味しいチーズ探し!千葉県いすみ市のチーズ工房を巡る|千葉県|トラベルjp 旅行ガイド

千葉県は日本の酪農発祥の地で、生乳生産は全国第三位の酪農王国です。いすみ市にはチーズ工房が5軒もあり、小さな町にこれだけ集中しているのは全国的にも珍しいんですよ!本場のスイスやフランスの伝統的技術を取り入れ、テレビや雑誌でも注目度が高いんです。ワインやお酒のおつまみに、ピザやトーストの上に、お料理の素材にと親しまれているチーズ。 房総の里山の空気を吸いながら、お好みのチーズ探しに出かけましょう!

写真・文:しもちん

ワンコもにっこり!海岸沿いの素泊まりの宿・外房「御宿ビーチサイド」|千葉県|トラベルjp 旅行ガイド

ペット連れで旅行する時に悩むのが宿泊先。ペット連れOKの宿も増えてきましたが、同室は出来ずに併設のペットホテルになったり、宿泊できても追加料金が発生したりしてしまいます。 そんな中、格安にも関わらずビーチの目の前にあり、ペットの追加料金も発生しない民宿があります。サーファーで賑わう美しいビーチ、千葉県の外房・御宿海岸にある「御宿ビーチサイド」をご紹介します。

写真・文:野口 まさゆき

春から初夏が見頃!千葉県茂原市 花巡り彩りスポットベスト3|千葉県|トラベルjp 旅行ガイド

房総半島の真ん中に位置する茂原市。ここには豊かな自然と地形を活かした公園やレジャー施設が多数あります。高速道路の圏央道(首都圏中央連絡自動車道)の延伸で、東京や神奈川からも車で日帰りできる至近の観光地として最近は注目を集めているんですよ。 春から初夏にかけて、時季おりおりの木々や草花を鑑賞できる茂原市。今回は、彩りの観光スポット・ベスト3にご案内しましょう!

写真・文:Happy ブンブン

房総半島ど真ん中「もちの木」は養老渓谷に佇む美食と湯巡りの出来る宿|千葉県|トラベルjp 旅行ガイド

千葉県の房総半島といえば、海のある鴨川・館山・勝浦などを想像する方が多いと思います。もちろん海もいいのですが、温泉となると房総随一の温泉郷といわれる養老渓谷がお勧めです。その渓谷沿いに2000坪という敷地内に美しい庭園と露天風呂、そしてわずか17室の部屋を備えた旅館があります。 渓谷の景色と良質な温泉はもちろん、月替わりの会席料理も美味しい「渓谷別庭 もちの木」を紹介します。

写真・文:藤田 聡

養老渓谷の紅葉4選!千葉のおすすめ紅葉狩りスポット|千葉県|トラベルjp 旅行ガイド

養老渓谷の紅葉は、千葉県を代表する名所。例年11月末に見頃を迎え12月初頭が最盛期なので、近年は「日本一遅い紅葉」として売出し中です。養老渓谷では、養老の滝(粟又の滝)が特に有名ですが、他にも紅葉名所が多数あります。 養老渓谷へ紅葉狩りに行ったら、絶対に見ておきたい、絶景の紅葉名所を4カ所厳選して紹介。その魅力を、詳細に解説します!

写真・文:きちこ

千葉のローカル線が熱い!"いすみ鉄道"レストラン列車でスイーツもランチも堪能!|千葉県|トラベルjp 旅行ガイド

千葉県いすみ市を走るローカル線"いすみ鉄道"。 ローカル線というと電車好きでなければあまり乗る機会もないと思いますが、この鉄道は電車に乗りながらランチやスイーツを堪能できるレストラン列車を運行!地元の名産を使ったグルメを列車内で楽しむことができるのです♪ その内容は列車内で食べられるものとは思えないハイクオリティー!今回はいすみ鉄道レストラン・キハで楽しめるスイーツとランチ列車をご紹介します!

写真・文:鮎川 キオラ

はとバスで春満喫!いすみ鉄道「ムーミン列車」と8種のイチゴ食べ放題|千葉県|トラベルjp 旅行ガイド

関東地方のなかでいち早く春が訪れる房総半島。温暖な気候に恵まれ、3月に入ると早くも春本番。あちこちで色とりどりに花が咲き始めます。ひと足お先に春爛漫の房総を満喫できる「はとバスツアー」を紹介します。 ツアーでは、菜の花畑をの~んびり走るムーミン列車に乗車。そして、今が旬の完熟イチゴをなんと8種類以上も食べ放題!!ひと足お先に春の花を楽しみたい方、イチゴ好きの方におすすめのコースとなっています。

写真・文:もんT

昭和?江戸?懐かしい房総の山里をのんびりタイムトリップ!?~いすみ鉄道いすみ線乗り撮り歩き|千葉県|トラベルjp 旅行ガイド

千葉県のいすみ市と大多喜町を走る第3セクターのいすみ鉄道。外房の漁港の町大原から内陸の上総中野駅まで、房総半島の今も変わらぬ美しい山里の風景を縫うように走ります。沿線の懐かしい風景に加えて、昭和の国鉄時代の車両も現役で活躍!さらに途中には城下町もあり!ちょっとしたタイムトリップも味わえる、そんな素敵ないすみ鉄道の旅を今回は紹介します。

周辺エリアの旅行ガイドをもっと読む

▲養老温泉 秘湯の宿 滝見苑のホテル・観光ガイド情報 - ページトップへ