戻る

静波リゾート スウィングビーチホテル体験ガイド

牧之原・島田・藤枝・その他エリア周辺の旅行ガイド

写真・文:トラベルjp NEWS

今年で10周年!大井川鐵道きかんしゃトーマス号が運転スタート|静岡県|トラベルjp 旅行ガイド

大井川鐵道株式会社は2024年6月8日(土)~12月25日(水)の期間中、蒸気機関車「きかんしゃトーマス号」が走るイベント「DAY OUT WITH THOMAS (TM) 2024」を開催。きかんしゃトーマス号となかまたちが大井川鐵道に集います。2024年に運転開始10周年を迎え、きかんしゃトーマス号は新たに進化。進化ポイントを抜粋してご紹介します!

写真・文:トラベルjp編集部

静岡空港周辺にホテルはある?観光やビジネスに便利な宿泊施設をご紹介|静岡県|トラベルjp 旅行ガイド

出張や旅行で富士静岡空港の朝便や夜便を利用するなら、空港周辺の宿泊施設に泊まるのがおすすめ。大浴場のあるホテルなら旅の疲れをしっかりと癒せます。東名高速道路・吉田ICにも近く、県内各所へもアクセス楽ちん。観光やビジネスで利用したい、富士静岡空港から車で約20分圏内にある、宿泊施設をご紹介します!

写真・文:トラベルjp編集部

藤枝市のおすすめビジネスホテル9選 観光や出張をリーズナブルに!|静岡県|トラベルjp 旅行ガイド

東海道五十三次の21・22番目の宿場町として栄えた静岡県・藤枝市。強豪校が多くサッカーの街としても有名です。町の中心にある蓮華寺池公園は市民憩いの場で、春の藤まつりや夏の花火、冬のイルミネーションは必見。茶産業を営む人たちのために発展した朝ラーメン文化が今も残っています。じっくり藤枝を観光するなら1泊するのがおすすめ。藤枝駅周辺でお得に泊まれるビジネスホテルをご紹介します!

写真・文:トラベルjp編集部

島田市のおすすめビジネスホテル7選 電車でも車でもアクセス◎|静岡県|トラベルjp 旅行ガイド

静岡県・島田市は茶産業がさかんな大井川流域の街。SLがほぼ毎日運行する大井川鐵道は大人から子どもまで大人気で、きかんしゃトーマス号などユニークな列車も期間限定で運行します。世界一長い木造歩道橋としてギネスブックに登録された蓬莱橋も見どころ。JR島田駅と東名高速道路の吉田IC周辺にはお得に泊まれるビジネスホテルが多数。出張や観光で利用したい、おすすめビジネスホテルをご紹介します!

写真・文:Ise Shinkurou

静岡県森町「小国神社」で願い事を!良縁・金運の御利益が凄い|静岡県|トラベルjp 旅行ガイド

静岡県周智郡森町にある小国神社は「遠江国(とおとうみのくに)一宮」として徳川家康など多くの武将から信仰を集めました。静岡県西部の山深くに鎮座し、金運・良縁など様々な願い事が意のままに叶う神社として現代も参詣者が後を絶ちません。心の癒やしを求めて荘厳な神域に入る旅はいかがでしょうか?

写真・文:すぎはら あやめ

大井川鐵道「きかんしゃトーマス号・ジェームス号」を親子で楽しもう!|静岡県|トラベルjp 旅行ガイド

大井川鐵道で大人気の「きかんしゃトーマス号・ジェームス号」。2019年は6月22日(土)から12月1日(日) まで、のべ87日間で206本走ります。運がよければトーマスと大の仲良し バスのバーティーとの並走が見られたりと、車窓からの景色も楽しい。トーマスフェア会場では、パーシーやヒロ、トップハム・ハット卿のレール点検車ウィンストンも待っています。 それでは、新金谷駅から千頭駅まで、出発進行!

写真・文:麻生 のりこ

静岡・大井川鐵道で「きかんしゃトーマス号」を満喫しよう!|静岡県|トラベルjp 旅行ガイド

すっかり夏のイベントとなった静岡・大井川鐵道の「きかんしゃトーマス号」。日によってはトーマス号だけではなくジェームス号も走ります。2019年の運行は6月22日から12月1日まで。週末を中心とした延べ87日間です。 終点千頭駅構内にあるトーマスフェアは今年も充実。チビッコだけじゃない!大人も楽しめるトーマス号に乗ってみませんか?

写真・文:いなもと かおり

まんまる城の名残り?静岡県「田中城」は街ブラ歩きが面白い|静岡県|トラベルjp 旅行ガイド

静岡県藤枝市に、日本にたった一つしかない形の城があります。田中城は、4重の円を描くような縄張をした珍しい城郭。住宅開発によってほとんどが失われてしまいましたが、街中に当時の面影が隠れています!現存櫓、不思議な橋、土塁や水堀、丸く円を描くような道など、田中城の見学スポットをご紹介。田中城は街歩きが面白いのです!

写真・文:麻生 のりこ

静岡・大井川鐵道「プラザロコ」で出発前のひとときを!|静岡県|トラベルjp 旅行ガイド

静岡県島田市の大井川鐵道・新金谷駅前に建つ「プラザロコ」は、トーマス号やSLへ乗る前に乗車券を交換する重要なスポット。でもそれだけじゃないんです! 館内には大井川鐵道オリジナルのトーマス号グッズを販売している売店やプリクラなどがあり、奥には昔のSLや再現した駅舎、SL関連品の展示も。トーマス号出発前や降りてから利用できるスポットです。

写真・文:麻生 のりこ

きかんしゃトーマス号に乗る前後も楽しい!静岡・大井川鐵道新金谷駅構内|静岡県|トラベルjp 旅行ガイド

きかんしゃトーマス号やSLなどの運行で知られている静岡県の大井川鐵道。主要駅の新金谷駅構内周辺には、SLが方向転換する転車台や、お土産物が揃うプラザロコなど、お目当ての列車に乗る前&降りてからの時間にも楽しめるスポットが沢山。トーマス号運行日のみ開催のSL整備工場見学も大人気です。

写真・文:麻生 のりこ

茶畑広がる牧之原に誕生!静岡「ふじのくに茶の都ミュージアム」|静岡県|トラベルjp 旅行ガイド

2018年3月下旬、日本一の大茶園・牧之原台地に「ふじのくに茶の都ミュージアム」がオープン。館内ではお茶の歴史や文化、産業の紹介や茶摘み体験など、見て触れて五感で茶の世界を楽しめます。 小堀遠州が手掛けた日本庭園と茶室も見事に復元。商業館では創作お茶料理や、“世界一濃い抹茶”と称される「ななや」の抹茶ジェラートがパフェとして味わえると好評です。

写真・文:麻生 のりこ

丘ひとつ、まるごとバラ園!静岡「島田市ばらの丘公園」|静岡県|トラベルjp 旅行ガイド

大井川のほとり、島田市郊外には丘を利用して作られたバラ園「島田市ばらの丘公園」があります。春と秋の開花期に来園者を出迎えてくれるのは、世界各地から集めた約360品種・8,700株のバラ。 大温室を中心に丘の斜面や平坦部にバラが植えられ、毎年春と秋には「島田ばらの丘フェスティバル」も開催されます。 園内から少し歩いた先のドッグランでは、愛犬を遊ばせることも可能です。

写真・文:風祭 哲哉

「蓬莱橋」を渡って行こう!静岡・牧之原台地の日本一の大茶園へ|静岡県|トラベルjp 旅行ガイド

静岡県島田市の蓬莱橋は大井川にかかる美しい木造の橋。「世界一長い木造歩道橋」としてギネス社の認定を受けていることでも有名で、数多くの映画やドラマのロケ地にもなっています。 この蓬莱橋を訪れる観光客は多いのですが、ほとんどは橋を往復して戻ってしまう方ばかり。でも実は橋を渡って少し山道を登った先には、牧之原台地一面に茶畑が広がる圧巻の景色が待っているのです。今回は蓬莱橋を渡った先の世界を案内します。

写真・文:波奈 美月

“等身大の雛人形”にびっくり!藤枝・岡部宿「大旅籠柏屋 ひなまつり」|静岡県|トラベルjp 旅行ガイド

静岡県藤枝市の岡部宿「大旅籠 柏屋」では、毎年2月から約2ヶ月間「ひなまつり」を開催!2021年は2月6日~4月4日の実施です。 主役は、全国でも珍しい"等身大の雛人形"。人形師・二代目好光氏の力作で、所蔵する15体全部が"五段飾り"で飾られる様子は圧巻!市指定有形文化財の壮麗な「御殿飾」も観賞できます。 併設の施設では、木目込人形や天神人形などを展示。柏屋は華やかな色彩で彩られます。

写真・文:木村 優光

海まで0分!静岡県牧之原市の「ペンション海岸通り」は夏場以外でも十分使える|静岡県|トラベルjp 旅行ガイド

「ペンション海岸通り」は静岡県牧之原市の海岸沿いに位置するリゾートペンションです。目の前が海という立地であることから、夏場は海水浴目的とした宿泊に使うことができますが、付近には観光スポットが多いため、夏以外の季節でも観光目的で便利な宿です。特にペンションの目の前に広がる海岸線散策や、旬の魚介類を使用した豪華でボリューム満点の夕食など、「ペンション海岸通り」のオススメ箇所を紹介します。

写真・文:安藤 美紀

ななや幻の世界最濃抹茶チョコレートは「ななや藤枝本店」で入手!|静岡県|トラベルjp 旅行ガイド

世界一濃い抹茶ジェラートで有名になったお茶屋さん「ななや」。今、7段階の抹茶の濃さを食べ比べできるチョコレートが話題になっているのをご存知でしょうか? 抹茶色のグラデ-ションがフォトジェニックな「MATCHA 7」は、「ななや」新作のチョコ。SNSで話題となり、売り切れ続出!数量限定のため、入手困難になっています。今回はその入手法をご紹介。静岡を代表するグリーン“お茶”をチョコで楽しんでみて!

写真・文:風祭 哲哉

GWが一番美しい!静岡・旧東海道の茶畑が緑の絶景に|静岡県|トラベルjp 旅行ガイド

「夏も近づく八十八夜~」ではじまる童謡「茶摘み」。 誰もが聞いたことのあるこの「八十八夜」というのは、立春から数えて88日目のことで、ちょうど現在のGWの時期にあたります。昔は茶摘みが行われたこの八十八夜こそ、茶畑が最も美しい緑に染まる季節。まさにGWの絶景穴場スポットなのです。 おすすめは静岡県の金谷から旧東海道を歩きながら眺める一面の茶畑。さあ、GWの絶景茶畑ウォーキングに出かけてみましょう!

写真・文:波奈 美月

ななやの真髄「世界でいちばん濃い抹茶ジェラート」!ななや藤枝本店|静岡県|トラベルjp 旅行ガイド

静岡県藤枝市の「静岡抹茶スイーツファクトリー ななや」は、抹茶を使用したスイーツを製造販売するお店です。注目は、"世界でいちばん濃い抹茶ジェラート"である「藤枝抹茶ジェラート プレミアムNo.7」。最高級の藤枝抹茶を使用し、その香りと味わいに"やみつき"になること間違いなし! 7種類の抹茶の濃さが楽しめるミニチョコセット「MATCHA7」のスティックタイプも新発売。従来より風味が強くて大人気です。

写真・文:波奈 美月

蓬莱橋・渡れば897.4(厄無し)!島田の世界一長い木造歩道橋とは|静岡県|トラベルjp 旅行ガイド

島田市の「蓬萊橋(ほうらいばし)」は、大井川に架かる全長897.4mの木造歩道橋。長い木の橋(長生きの橋)・897.4(厄無し)の語呂合わせで、縁起の良い橋として知られています。1997年には「世界一の長さを誇る木造歩道橋」としてギネス認定されました。 対岸のご利益スポットや絶景スポットも見逃せません。渡ったあとは「897.4(やくなし)茶屋」で、特産の美味しいお茶はいかがですか?

写真・文:しの

静岡県「相良油田観光くり園」で秋の味覚「栗」拾いを楽しもう♪|静岡県|トラベルjp 旅行ガイド

秋の味覚「栗」。旬は秋が深まる頃を想像される方も多いかと思いますが、栗拾いは秋が深まる前に終了してしまうことが多いので注意が必要です。 静岡県牧之原市はお茶の生産で有名なところですが、各種農産物が多く栗拾いも楽しめます。 園内は栗の木が山に植えられているためアップダウンがあるものの、比較的拾い易く、疲労度は高くありません。 大きくて、実がぎっしり詰まった栗を拾い、秋の味覚を楽しみましょう。

写真・文:浦賀 太一郎

藤枝「ななや」世界でいちばん濃い抹茶ジェラートに舌鼓!|静岡県|トラベルjp 旅行ガイド

静岡と言えば、お茶の産地として有名ですが、その中でも抹茶の原料となる藤枝産碾茶(てんちゃ)は、農林水産大臣賞を3年連続で受賞した超逸品です。そんな藤枝抹茶を使用したスイーツを販売しているのが、藤枝市にある「静岡抹茶スイーツファクトリー ななや」。 今回は、そのななやで販売されている「世界一濃い」抹茶ジェラートをご紹介いたします。これはクセになること間違いなしですよ!

写真・文:月宮 うさ

世界一長い木造歩道橋は長生きの橋!静岡県・島田市「蓬莱橋」|静岡県|トラベルjp 旅行ガイド

静岡県島田市を流れる大井川に架かる「蓬莱橋(ほうらいばし)」は、世界一長い木造歩道橋としてギネスブックにも載る美しい橋。 橋からの眺めも良く、四季の移り変わりを五感で感じることができます。晴れて空気が澄んでいる日には富士山の姿が見えることも! また、縁起がいい橋・長生きの橋としても有名!その秘密に触れてみましょう。

写真・文:しの

朝からラーメン?!しかも2杯セット!藤枝「朝ラー」のすすめ|静岡県|トラベルjp 旅行ガイド

茶処として有名な静岡県藤枝市は、朝からラーメンを食べる「朝ラー」文化のある町。元々は茶業に携わる方々が、朝の取引後の朝食にラーメンを食べたのが始まりです。 朝から食べてももたれないあっさりした魚介系スープが中心であること、また温かいものと冷たいもの2種セットがあることなどが特徴で、志太地区に多いことから「志太系ラーメン」とも言われています。現在では藤枝近辺で20店舗ほど営業していますよ。

周辺エリアの旅行ガイドをもっと読む

▲静波リゾート スウィングビーチホテルのホテル・観光ガイド情報 - ページトップへ