戻る

鳴子温泉郷 東多賀の湯体験ガイド

体験レポートトラベルjp旅行ナビゲーターによる旅行ガイド

鳴子エリア周辺の旅行ガイド

写真・文:トラベルjp NEWS

3,300円OFF!宮城・鳴子風雅がお得なU29プランを実施|宮城県|トラベルjp 旅行ガイド

鳴子温泉郷の旅館「鳴子風雅」では、2024年3月31日(日)までの期間限定で29歳以下限定の宿泊プランを実施中!基本料金から一人あたり3,300円割引、さらに貸切露天の割引や夕食時に日本酒カクテル&デザートがついたとってもお得な宿泊プランです。歴史ある鳴子温泉郷をお得に楽しむチャンス!大人の隠れ家のような温泉旅館で、お得におこもりステイを楽しんでみませんか?

写真・文:トラベルjp編集部

鳴子温泉郷で源泉かけ流しを満喫!おすすめ宿10選|宮城県|トラベルjp 旅行ガイド

宮城県の鳴子温泉郷には、鳴子温泉・東鳴子温泉・川渡温泉・中山平温泉・鬼首温泉の5つの温泉地があります。大型ホテルからこぢんまりとした温泉宿までそろい、どこに泊まれば良いのか迷うほど!せっかくなら源泉かけ流しの宿に泊まって、その泉質の良さを体感しませんか?今回は鳴子温泉郷でおすすめの、源泉かけ流しの宿をご紹介します。

写真・文:トラベルjp編集部

鳴子温泉郷で露天風呂付き客室に泊まる!おすすめホテル・旅館|宮城県|トラベルjp 旅行ガイド

鳴子温泉郷は5か所の温泉地が集まる、宮城県屈指の人気温泉地。湯めぐりをしたり、こけしなどの工芸品を探したり、宿泊してゆっくり過ごすのがおすすめです。今回は鳴子温泉郷に数ある宿の中から、露天風呂付き客室のあるホテル・旅館をご紹介します。宿でのんびり温泉三昧したい方にぴったり!ユニークな“露天足湯付き”の客室もありますよ。

写真・文:トラベルjp編集部

鳴子温泉郷で日帰り温泉が楽しめるホテル・旅館10選|宮城県|トラベルjp 旅行ガイド

鳴子温泉や川渡温泉など5ヶ所の温泉地で構成されているのが、鳴子温泉郷。宮城県北部に位置する人気の温泉地です。鳴子温泉郷のそれぞれの泉質を楽しむなら、日帰り入浴で湯めぐりを楽しみませんか?観光・旅館案内センターや各旅館で湯めぐりチケットを購入してお得に回りたいですね。じっくり温泉を満喫したい方には、日帰り入浴プランがおすすめです。鳴子温泉郷で日帰り入浴が楽しめる施設をまとめてご紹介します。

写真・文:安藤 美紀

出会えるかは運次第!鳴子温泉「旅館すがわら」奇跡のすがわらブルー|宮城県|トラベルjp 旅行ガイド

ガッツリ温泉マニアでなくても、「色が変わる温泉」と聞くだけで、ワクワクしませんか? 宮城県・鳴子温泉「旅館すがわら」は、年に何度か現れる神秘的な青い湯が話題の宿。気まぐれに色を変えるその湯色は、いつしか「すがわらブルー」と呼ばれ、全国からファンが訪れるようになりました。色の美しさだけでなく、加水加温をしないかけ流しの湯は、美と健康の強力サポーター。宿泊者は貸切風呂を無料で4つも楽しめます!

写真・文:トラベルjp編集部

Go To トラベルで鳴子温泉郷へ!おすすめホテル・旅館10選|宮城県|トラベルjp 旅行ガイド

宮城県北部にある鳴子温泉郷は、鳴子温泉・東鳴子温泉・川渡温泉・中山平温泉・鬼首温泉の5ヶ所の温泉地で構成されています。各温泉地を巡って泉質の違いを比べたり、それぞれの町並みの違いを楽しんだり、鳴子温泉郷に宿泊してのんびり過ごしてみませんか?Go To トラベルキャンペーンを利用すれば、お得に宿泊できますよ!鳴子温泉郷のキャンペーン対象ホテル、旅館をまとめました。

写真・文:藤田 聡

貸切風呂が魅力!東鳴子温泉「旅館大沼」は本館客室がおすすめ|宮城県|トラベルjp 旅行ガイド

旅館大沼は東鳴子温泉を代表する宿で、日本秘湯を守る会にも加盟しています。離れた場所にある貸切露天風呂「母里の湯」が有名で、温泉好きなら雑誌等で見た事があるに違いありません。 館内にも温泉浴場が多数あり、その多くが貸切風呂。褐色透明の湯は、美人の湯と呼ばれる重曹泉です。リーズナブルな湯治館も併設され、食事もヘルシーなメニュー。初めて泊まるなら、風情が素晴らしい本館客室がおすすめです!

写真・文:トラベルjp編集部

鳴子温泉郷のおすすめ宿9選 東北の名湯でいい湯だな|宮城県|トラベルjp 旅行ガイド

宮城県大崎市にある鳴子温泉を中心に、東鳴子温泉、川渡温泉、中山平温泉、鬼首温泉の5ヶ所の温泉地で構成される鳴子温泉郷。共同浴場の湯めぐりや、鳴子こけしの絵付け体験なども楽しめます。それぞれ魅力的な温泉地で、さまざまな温泉宿があるのでどこに泊まれば良いのか迷うところ。鳴子温泉郷でおすすめの宿を厳選してご紹介します。

写真・文:藤田 聡

宮城・鳴子温泉「湯元 吉祥」の滞在を楽しもう!東北を代表する名湯|宮城県|トラベルjp 旅行ガイド

「湯元 吉祥」は2016年オープンで、老舗旅館が多い鳴子温泉では新しい宿。食事は品数豊富なバイキング主体で、飲み放題を当日申し込むことも可能。館内の隅々まで美しく、快適に滞在出来ます。 高台にある「湯元 吉祥」は、客室眺望も雄大。強烈な湯が多い鳴子温泉では珍しく、マイルドな泉質で湯疲れの心配もありません。シンプルな接客でラウンジや貸切風呂を自分で楽しむ、女子旅や個人旅行に向いた宿です!

写真・文:藤田 聡

鳴子峡の紅葉は早朝がおすすめ!宮城・鳴子温泉郷で紅葉狩り|宮城県|トラベルjp 旅行ガイド

鳴子峡の紅葉は、宮城県はもちろん東北を代表する紅葉狩り名所。人気も非常に高いので、駐車場が混雑する前の早朝から訪れましょう。鳴子峡レストハウス前の展望台は背後から太陽が昇り、朝日が渓谷の紅葉を美しく照らし出します! 鳴子峡の紅葉見頃時期には渓谷内を通る列車が徐行運転し、国道の橋の上から鉄道と紅葉のコラボを撮影可能。遊歩道も複数あり、期間限定でライトアップを実施する場所もあります!

写真・文:ミセス 和子

こけしの故郷!鳴子温泉郷「旅館ゆさ」貸切露天風呂で癒されよう!|宮城県|トラベルjp 旅行ガイド

宮城県鳴子温泉郷は、日本の伝統工芸品「全国こけし祭り」が開催される街。鳴子温泉郷とは、鳴子温泉、東鳴子温泉、川渡(かわたび)温泉、中山平温泉、鬼首温泉の5つの温泉地の総称。 今回ご紹介する川渡温泉「旅館ゆさ」は、鳴子温泉郷の東の玄関口にあります。アットホームな温泉宿で、旅館の離れにある源泉掛け流しの露天風呂で最高に癒され、日頃のストレスが発散できますよ。

写真・文:泉 よしか

若女将のSNSも人気!鳴子温泉郷「赤這温泉 阿部旅館」|宮城県|トラベルjp 旅行ガイド

「赤這温泉 阿部旅館」は宮城県の鳴子温泉郷にある湯治宿。温泉街からちょっと離れた川沿いに建ち、極上の源泉が溢れています。 連泊してもお財布に優しい料金がまた嬉しい。1度訪れるときっとリピーターになりたくなる、そんなこの宿の魅力がどこにあるのか探ってみましょう。

写真・文:野水 綾乃

露天の上を列車がビューン!大江戸温泉物語 鳴子温泉「幸雲閣」で楽しい湯めぐり|宮城県|トラベルjp 旅行ガイド

こけしと豊富な泉質で知られる宮城の名湯、鳴子温泉。こちらに手頃な宿泊料金で人気の「大江戸温泉物語」グループの宿が2軒あります。その一軒「大江戸温泉物語 鳴子温泉 幸雲閣」は、とにかく温泉の種類が豊富。黒湯、白湯、混合泉の3種の泉質がひとつの宿で楽しめるうえ、系列の「ますや」の温泉にも入り放題です。鳴子随一の広さを誇る露天風呂からは、なんとローカル列車の走る姿が。鉄道ファンも“必湯”の温泉です。

写真・文:野水 綾乃

うなぎ湯が自慢の鳴子温泉「ゆさや」無料の貸切露天が最高すぎる!|宮城県|トラベルjp 旅行ガイド

宮城の鳴子温泉といえば、日本にある11種の泉質のうち9種類が揃うほど多彩な温泉が魅力です。そんな鳴子を象徴する宿がいちばんの老舗旅館「ゆさや」。鳴子のシンボル的共同浴場「滝の湯」の隣にあり、お湯はここだけにしか湧いていない、とろみのある「うなぎ湯」が楽しめます。さらに無料で貸し切りにできる離れの露天風呂も。格式を感じさせながらも1万円台で泊まれるお得感たっぷりの宿の魅力をご紹介しましょう。

写真・文:藤田 聡

鳴子温泉「ますや」で湯めぐり三昧!大江戸温泉物語は料理が最高|宮城県|トラベルjp 旅行ガイド

鳴子温泉「ますや」(宮城県大崎市)は、大江戸温泉物語の宿。系列の「幸雲閣」もあり、宿泊者は大浴場を送迎付きで相互に利用可能です。共同浴場「滝の湯」の入浴券も配布中で、日本を代表する鳴子温泉の名湯を、お得に湯めぐり三昧できます! お値打ち価格の宿泊料金ながら、食事は豪華な夕食バイキング。客室のグレードアップも断然お得です。鳴子温泉「ますや」で、大江戸温泉物語の良さを存分に満喫しましょう!

写真・文:八岳木 流泉

ひょうたん風呂にプール風呂!宮城・東鳴子「高友旅館」が面白い|宮城県|トラベルjp 旅行ガイド

宮城県北西部に位置する大崎市には、全国的にも有名な「鳴子温泉郷」があります。鳴子温泉郷は、鳴子をはじめ中山平や川渡温泉などの温泉を総称したもの。そのうちのひとつ、「東鳴子温泉」は実に鄙びた湯治の雰囲気です。なかでも「高友旅館」は非常にユニーク!ひょうたん風呂に、プール風呂、そのネーミングだけでも魅せられてしまいます!

写真・文:毎川 直也

温泉のイメージをそのまんま具現化。鳴子温泉「東多賀の湯」|宮城県|トラベルjp 旅行ガイド

宮城県にある鳴子温泉は、周辺をのどかな自然に囲まれ、四季折々の味覚と風景を楽しめる温泉地です。 温泉に関していうと、鳴子温泉は地域内に9種類もの泉質が存在するバリエーションに富んだ温泉地でもあります。 今回はそんな鳴子温泉のなかでも、誰もが思い浮かぶ温泉のイメージを具現化したような、風情溢れる温泉宿「東多賀の湯」をご紹介します。

写真・文:藤田 聡

白や緑に変化する硫黄泉が最高!鳴子ホテルは、鳴子温泉屈指の名湯|宮城県|トラベルjp 旅行ガイド

鳴子ホテル(宮城県大崎市)には自家源泉が三本あり、湯の色も白濁から緑色まで様々に変化。硫黄の香りがして、猛烈にすべすべする温泉泉質が最高で、鳴子温泉でも屈指の名湯です! 鳴子ホテルは鳴子温泉最大の大型旅館で、大浴場も広大で快適。素晴らしい環境で温泉を堪能出来るので、温泉好きに断然おすすめ。温泉街の中心「湯の街通り」に面して、鳴子駅にも近く観光の基地に最適です。秋には鳴子峡で、紅葉狩りも出来ます。

写真・文:渡部 洋一

東北を代表する名所!宮城県・鳴子峡の紅葉が織りなす絶景に圧倒される旅!|宮城県|トラベルjp 旅行ガイド

日本の秋と言えば『紅葉』。シーズンの最盛期には日本各地の山々が燃えるように赤く染まり、私たちの目を楽しませてくれます。 今回ご紹介するのは「鳴子峡」の紅葉。歴史が香る宮城県屈指の温泉郷にある深さ約100メートルの渓谷は、秋には見事な絶景を堪能することができる、東北を代表する紅葉の名所でもあるのです。

写真・文:野水 綾乃

泉質の違う4つの温泉が敷地内に!宮城・鳴子温泉「姥乃湯」で奇跡の湯巡り|宮城県|トラベルjp 旅行ガイド

日本にある10種類の温泉の泉質のうちの8種類が揃い、「泉質のデパート」と呼ばれている宮城県鳴子温泉郷。そんな鳴子を象徴するような一軒が「義経ゆかりの湯 姥乃湯」です。この宿のスゴイのが、異なる泉質の源泉が4種類も敷地内から湧き出していて、それぞれ別の風呂で楽しめること。白濁、茶褐色、無色透明と、湯の色や肌触りも泉質によりさまざまで、何軒も旅館をハシゴしなくても、ひとつの宿で湯巡りができちゃいます。

写真・文:しもちん

湯めぐりができる温泉宿ランキング1位!東鳴子・旅館大沼|宮城県|トラベルjp 旅行ガイド

1000年を超える歴史を持つ宮城県の鳴子温泉郷。そこに楽天トラベルの「湯めぐりができる人気の温泉宿ランキング」で堂々1位に輝いた旅館があります。 鳴子御殿湯駅から徒歩5分の場所にある東鳴子温泉・旅館大沼は、絶景の源泉掛け流し露天風呂や、ふかし湯、足湯など、大小さまざまな温泉が管内だけで8つも楽しめる魅力的な宿。日頃の疲れを癒せる素敵な温泉宿をご紹介します。

周辺エリアの旅行ガイドをもっと読む

▲鳴子温泉郷 東多賀の湯のホテル・観光ガイド情報 - ページトップへ