• 困った時は
お気に入り

ホテル情報を共有

ホテル2ステイ

ホテルランク
  • アパートメントホテル
  • アムステルダム, オランダ王国
  • [地図]

体験ガイドトラベルjp旅行ナビゲーターによる旅行ガイド

ホテル2ステイの宿泊予約

ホテル2ステイの予約ができる宿泊予約サイト一覧

(1部屋あたりの価格帯)

最安値¥19,560  ~  最高値¥61,903

ホテル2ステイの料金・空室情報をまとめて検索!

周辺エリアの旅行ガイドアムステルダムエリア周辺の旅行ガイド

アムステルダム「ウェステルパーク」観光拠点にもおすすめのエリア|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

オランダ首都アムステルダムの西側に位置する公園「ウェステルパーク」は緑豊かな公園で、中心地からほど近い位置にあるにもかかわらず、落ち着いた雰囲気が住民にも観光客にも人気です。 近年おしゃれなカフェなどもオープンし、ますます注目を集めるエリアで、観光の拠点にもぴったり!今回は「ウェステルパーク」と周辺のおすすめポイントをご紹介します!

写真・文:miyoshi yuca

ガイド記事の続きを読む
可愛いが満載!アムステルダムの歴史ある「アルティス動物園」|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

オランダ首都アムステルダム市内の閑静な住宅街にある「アルティス動物園」は1838年オープンのヨーロッパの中でも長い歴史のある動物園です。大きな敷地内には動物園、水族館やプラネタリウム、博物館などみどころもたくさん!日本でもおなじみの人気動物や珍しい動物など、可愛すぎる動物たちに癒されます。写真好きの方にもおすすめの観光スポットです。アムステルダム観光で訪れたい「アルティス動物園」の魅力をご紹介!

写真・文:miyoshi yuca

ガイド記事の続きを読む
アートが沢山!無料フェリーで行けるアムステルダム北地区|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

オランダ・アムステルダム中央駅から無料フェリーですぐアクセスできる「アムステルダム北地区(アムステルダム・ノールト)」のウォーターフロントは、再開発が進むオシャレアートスポット。かつて造船所「NDSM」などがあった工業地区から一変、ユニークなホテルやカフェ、アトリエなどが続々と増えています。典型的なアムステルダムの街並みとはまた異なる、現代アートが散りばめられたエリアをご紹介します。

写真・文:高野 祥

ガイド記事の続きを読む
オランダ「真珠の耳飾りの少女」に会える街デン・ハーグへ!|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

オランダの首都は、憲法上ではアムステルダム。しかし国会議事堂をはじめ政治機能をもつ事実上の首都はデン・ハーグで、日本ではハーグとも呼ばれます。またこの街には王室ゆかりのマウリッツハイス美術館があり、現在では門外不出となった名画が所蔵されている事で有名です。その名画とは、フェルメールの代表作である「真珠の耳飾りの少女」。オランダのモナ・リザと称される絵画に会いに、デン・ハーグへ行ってみましょう!

写真・文:小野 雅子

ガイド記事の続きを読む
巨匠絵画にアンネの日記、名産品!アムステルダム1日満喫ガイド|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

街中をめぐる運河網と、風景画のようにクラシックな建物が続くアムステルダム。その美しい佇まいは世界遺産に登録されているほどです。ユダヤ系少女アンネ・フランクが自由を夢見て過ごした屋根裏部屋や、レンブラントにフェルメール、ゴッホなどこの国を代表する画家の作品が集まる国立美術館、チューリップや乳製品の名産品ショップ・・・。見どころ満載アムステルダムを1日で楽しめるスポットを、まとめてご紹介します!

写真・文:小野 雅子

ガイド記事の続きを読む
チーズ好き必訪!「アムステルダム・チーズミュージアム」|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

オランダといえばチーズ。都市名を冠するゴーダチーズやエダムチーズは、世界的に有名ですよね。本場の町を訪れたいけど時間がない!そんなときには「アムステルダム・チーズミュージアム」へ。オランダにおけるチーズ作りの歴史やストーリーが紹介されたミュージアム併設のチーズ専門店です。チーズと楽しみたいディップソースやジャム、キッチンアイテムも豊富に揃う、お土産を買うのにも絶好のスポットです。

写真・文:坂元 美鈴

ガイド記事の続きを読む
市場は必見!アムステルダム「デ・ペイプ」エリア散策|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

アムステルダム の「デ・ペイプ(De Pijp)」エリアは、オランダ最大規模の市場「アルバートカイプ・マーケット」が見ものですが、オシャレなカフェやレストラン、雑貨店も多く、観光客だけでなく地元の若者も集まる人気スポット。閑静な住宅街を散策したり、「サルファティ公園」でのんびり過ごすのもオススメ。中心部からもトラムでアクセスしやすいので、アムステルダム旅の途中に訪れてみてはいかが?

写真・文:高野 祥

ガイド記事の続きを読む
オランダ旅行で買いたくなるオシャレな雑貨系お土産|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

オランダは「ゴッホ」「フェルメール」「レンブラント」など有名画家の出身地でもあり、アート要素の強い国。お土産品も例に漏れず、名画を取り入れたグッズやミッフィーのぬいぐるみ、カラフルなバッグ・財布などカワイイものが沢山! 今回は、オランダの首都・アムステルダム周辺で買えるオススメの雑貨系お土産をご紹介します。

写真・文:高野 祥

ガイド記事の続きを読む
カワイイおしゃパケいっぱい!オランダで買いたいグルメ土産|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

オランダは、クラシカルな雰囲気とポップな色合いが合わさった街並みやアートが楽しめる国。スーパーやギフトショップに並ぶスイーツ・グルメアイテムもおしゃれなパッケージが多く、お土産に最適! ちょっと地味だけど押さえておきたい名物「ストロープワッフル」やチーズ、お酒ジンの原型である「ジュネヴァ」や、バラマキ土産に最適なチョコ、紅茶など、オススメのグルメ土産アイテムをご紹介します。

写真・文:高野 祥

ガイド記事の続きを読む
ロッテルダムがオランダ観光で注目な訳。美術館にカフェ「在住者おすすめ」モデルコース|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

オランダ第2の都市ロッテルダムは今人気上昇中!なぜ注目されているのか、編集部が2017年から現地で暮らすエリカさんに聞いてみました。そして、ユニークな建築物やおしゃれなカフェはもちろん、ロッテルダム周辺の美術館や世界遺産の風車などを巡る充実のモデルコースもご案内。 オランダ旅行となるとアムステルダム滞在が基本ですが、またそれとは違うロッテルダムをベースにした楽しみ方をご紹介します!(PR)

写真・文:トラベルjp 編集部

ガイド記事の続きを読む
オランダ・アムステルダム観光途中に寄りたい人気カフェ5選|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

日本から直行便で行けるオランダ・アムステルダムの中心部は、比較的コンパクトながら沢山のショップ・飲食店・見どころがギュッと凝縮されています。徒歩で散策しやすい街を観光しつつ、途中で寄りたくなるお店は多々ありますが、今回はトレンドショップが集まるナインストリートやアートスポットNDSMエリアの人気カフェや穴場店、360度ビューが楽しめる展望カフェ、本格パティスリーなどを5つご紹介します。

写真・文:高野 祥

ガイド記事の続きを読む
クラシカル&ポップなピューリッツァー・アムステルダム館内アート|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

「ピューリッツァー・アムステルダム」はラグジュアリーでオシャレな5つ星ホテル。オランダ・アムステルダム観光拠点としても便利な立地に加え、歴史的な25軒のカナルハウスを接続した広い敷地内には、ユニークでハイセンスなインテリアやパブリックスペースが沢山!どこもインスタ映えする景色ばかり。ただ寝るだけでなく、館内をくまなく散策し、素敵なアートを探したくなるホテルです。

写真・文:高野 祥

ガイド記事の続きを読む
光が差し込むロビーが魅力!ラディソン ブル アムステルダム|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

オランダ・アムステルダムの中心、ダム広場へも徒歩圏内のレッドライト地区に位置する「ラディソン ブル アムステルダム (Radisson Blu Amsterdam)」は、17世紀の建物を利用し、元々のクラシカルな雰囲気と、最新の快適さを兼ね備えた4つ星ホテル。高い天窓から光が降り注ぐ開放的なアトリウムロビーや、清潔感のある客室が魅力。最寄りのメトロやトラム駅へも徒歩5分なので使い勝手も抜群です!

写真・文:高野 祥

ガイド記事の続きを読む
ピューリッツァー・アムステルダムは上品で遊び心満点ホテル|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

オランダ・アムステルダムの中心地、ダム広場から徒歩約8分の運河沿いにある「ピューリッツァー・アムステルダム (Pulitzer Amsterdam)」は、女子旅にもオススメなオシャレインテリアが魅力の5つ星ホテル。クラシカルな中にポップでモダンなアクセントが散りばめられており、上品かつ遊び心たっぷり!丁寧なサービスや快適設備に加え、新築ホテルとはまた違う、味のある建物と雰囲気をお楽しみ下さい。

写真・文:高野 祥

ガイド記事の続きを読む
アムステルダム・ダム広場周辺で訪れたいオススメスポット|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

ダム広場は、オランダ・アムステルダムへ観光で訪れた人が必ずと言っていいほど訪れるマストスポット。街の中心でもあり、この周囲には王宮やショッピングモール、教会、オシャレなホテルなどが集結しています。どこもクラシカルで素敵な建物ばかり!今回は、ダム広場から半径約300m範囲にある、オススメの観光・ショッピング・フォトジェニックスポットやオシャレホテルなどをご紹介いたします。

写真・文:高野 祥

ガイド記事の続きを読む
チューリップに風車村…見所を効率よく!アムステルダム発1日ツアー|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

オランダを訪れたなら、ぜひとも訪れたいのが風車村と「キューケンホフ公園」。約32万平方mの広大な敷地にチューリップを中心に多彩な花が咲き誇る、オランダ随一の花の見どころです。アムステルダムから電車やバスでアクセスできますが、限られた日程であれば、風車の村、ザーンセ・スカンスや、チーズ工房見学や木靴作り見学も楽しめるツアーがおすすめ。1日で見どころを網羅できるアムステルダム発のツアー、ご紹介します。

写真・文:坂元 美鈴

ガイド記事の続きを読む
夕暮れがおすすめ!ビール&バーガー片手にアムステルダム運河クルーズ|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

アムステルダムの数ある運河クルーズのなかでも、おすすめなのが夕暮れ時のクルーズ。ヨーロッパらしい街並みが堪能できるお昼間と、ライトアップされた建築物が美しい夜の両方の風景が楽しめる、1粒で2度おいしい内容です。なかでもLovers canal cruiseが催行しているハンバーガー+ビール&ワイン飲み放題付のクルーズは、思い立ったら気軽に参加できるカジュアルさも魅力です!

写真・文:坂元 美鈴

ガイド記事の続きを読む
初めてのアムステルダムを楽しむ!1日王道観光モデルコース|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

風車やチューリップの国オランダの首都、アムステルダム。街を網羅している運河は2010年にユネスコ世界自然遺産に登録されました。街のつくりも分かりやすく公共交通機関もとても便利なので、観光しやすい街です。ゴッホやレンブラントなどの芸術に、チーズやビールなどのグルメもあり!様々な魅力が凝縮された街、アムステルダムの一日王道観光モデルコースです。

写真・文:バレンタ 愛

ガイド記事の続きを読む
初めてのデルフト観光!歴史スポットいっぱいの1日観光モデルコース|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

アムステルダムから電車で1時間弱のところにあるデルフト。上品な青色が際立つデルフト陶器や、画家・フェルメールの絵画「デルフトの眺望」などで知られる街です。16世紀には、オランダ建国の父・オラニエ公ウィレム1世が居宅を構えました。 デルフトの街は、中心部に見どころがぎゅっと集まっており、1日で歩いて観光するのにぴったりです。歴史の息づくスポットを1日でめぐる、王道観光コースをお届けします!

写真・文:カジヤマ シオリ

ガイド記事の続きを読む
リピ決定!アムステルダムのキッチン付ホテル「HOTEL2STAY」|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

物価が安くないオランダ・アムステルダム滞在で悩むホテル選び。 「旅は安く仕上げたい、でもお粗末なホテルには泊まりたくない」という欲張りな方にオススメするのが、キッチン付アパートメント型ホテル。 「HOTEL2STAY」は2名で宿泊すれば、1人1泊5000円ほどと、アムステルダムの中ではかなりリーズナブル。立地も良く、清潔で居心地の良いホテルです。

写真・文:U KOARA

ガイド記事の続きを読む
ドワーフの市場みたい!オランダ・ファルケンブルグの洞窟クリスマス|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

指輪物語などでお馴染み、ファンタジー世界の住人ドワーフ達。現実に存在していたらどんな生活を送るのでしょう?そんな世界を想像できる格好の舞台が、オランダの国境・ファルケンブルグのクリスマスマーケット。洞窟を大胆に飾りつけた、テーマーパークのように楽しく珍しいクリスマスマーケットです。ロマンティックな廃城や「世界一美しい本屋」も観光できる、会いに行けるファンタジー世界・ファルケンブルグをご紹介します。

写真・文:藤 華酉

ガイド記事の続きを読む
まるでテーマパーク!オランダ・マーストリヒトのクリスマスマーケット|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

クリスマスマーケットといえばドイツやフランス・アルザス地方を思い浮かべる人が多いかと思いますが、オランダも負けてはいません!オランダ南部に位置するマーストリヒトでは「マジカル・マーストリヒト」という愛称でも呼ばれ、目をみはるようなライトアップで輝きを増し夢の世界へ導いてくれます。歴史的な建物が点在する町の中心地の広場では、まるでテーマパークのような設営がなされ、華やかなイベントで賑わいます。

写真・文:Hiroko Oji

ガイド記事の続きを読む
オランダで最も古い町「マーストリヒト」見所が散在する町並み|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

オランダの東南端、東にドイツ、南西にベルギーとの国境を接しており、まるで盲腸のような形で位置する州都「マーストリヒト」。その位置関係から、他国に占領されること20回以上にも及ぶ歴史を持っています。「マース川の渡河地点」という意味を持つ名前のこの町は、EUへと発展するマーストリヒト条約が締結された町でもあり、オランダで最古と言われています。歴史的建造物が多く存在し、徒歩で観光が楽しめます。

写真・文:Hiroko Oji

ガイド記事の続きを読む
運河クルーズでめぐる!オランダの古都・ライデンのハイライト|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

オランダで、運河の張り巡らされた街はアムステルダムだけではありません。アムステルダムから電車で約30分のところにあるライデンという街も、ゆったりと運河の流れる美しい場所です。 ライデンの景色を身近に感じるなら、断然運河クルーズがおすすめです。運河クルーズでめぐる、ライデンの美しい街をご紹介します。

写真・文:カジヤマ シオリ

ガイド記事の続きを読む
トラムや本棚の裏が部屋!?アムステルダム「ホテル・ノット・ホテル」で非日常な滞在を!|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

オランダの首都・アムステルダムでは、新鮮さかつ刺激を感じるようなアート作品が日々生み出されています。現代美術に触れることのできるスポットも目白押しです。 そんなアムステルダムにある「ホテル・ノット・ホテル」は、まるでアート作品そのもののような場所。名前のとおり、部屋のデザインは到底ホテルとは思えない奇想天外さです!

写真・文:カジヤマ シオリ

ガイド記事の続きを読む
何コレ!ユニークなのに居心地最高な「インテル・ホテルズ・アムステルダム・ザーンダム」|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

オランダの首都・アムステルダム市外にある街、ザーンダム。鮮やかな緑に白の枠組みがキッチュで、かわいらしい建物が並ぶ街です。 この街でひときわ目を引くのが「インテル・ホテルズ・アムステルダム・ザーンダム」です。到底ホテルには見えない建物ですが、実はとても居心地がよく、オランダ観光にもぴったりなのです!

写真・文:カジヤマ シオリ

ガイド記事の続きを読む
465段の階段の先に待つごほうび!ユトレヒトの「ドム塔」から味わう絶景|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

中世の趣が残る建物、教会、運河…オランダを象徴するような要素が詰まった街並みを、高いところから見てみたくありませんか? オランダ第4の都市・ユトレヒトにあるドム塔は、オランダで一番の高さを誇る教会です。そんなユトレヒトのシンボル的存在から眺める景色は格別。また、塔の内部を見学すれば、街の歴史に触れることができます。ユトレヒトの街を知るには、ぴったりのスポットなのです!

写真・文:カジヤマ シオリ

ガイド記事の続きを読む
旧教会を眺めながらほっと一息!オランダ・デルフトの老舗カフェ「スタッズ・コフィーハウス」|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

「デルフトブルー」で有名な陶器が名産の街・デルフト。規模は小さいものの、街のあちこちに運河が張り巡らされ、古い建物が現在も残っています。 地元の人に大人気の「スタッズ・コフィーハウス」は、淡いブルーを基調とした見た目がかわいらしい老舗カフェです。風光明媚なデルフトの街を訪れた思い出にもなるような、自慢の絶品メニューをご紹介します。

写真・文:カジヤマ シオリ

ガイド記事の続きを読む
フェルメールの世界観に浸る!オランダ・デルフトで聖地巡礼の旅|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

ゴッホやレンブラントなどとともに、オランダ出身の画家として高く評価されているフェルメール。彼が生まれたデルフトには、ゆかりのある場所が至る所にあります。 フェルメールにまつわる場所は、古都・デルフトを象徴するような長い歴史をもつところばかり。美しい街の魅力にどっぷりと浸ることができる、フェルメールゆかりのスポットを紹介します!

写真・文:カジヤマ シオリ

ガイド記事の続きを読む
フェルメールゆかりの場所で過ごす!オランダ「ホテル・デ・コーパンデル」|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

オランダの首都・アムステルダムから約1時間でアクセスできる街・デルフト。アムステルダムから日帰りもいいけれど、この風光明媚な街に泊まってみたい。そう考えるなら「ホテル・デ・コーパンデル」がおすすめです。 このホテルは、実は、デルフトで生涯を過ごした画家・フェルメールと深いつながりがあります。フェルメールゆかりの地めぐりにも、街を満喫するにもぴったりな理由をご紹介します!

写真・文:カジヤマ シオリ

ガイド記事の続きを読む
美の殿堂!オランダ・アムステルダム国立美術館を完全制覇|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

オランダの首都にあるアムステルダム国立美術館(ライクスミュージアム)は、中世から近代に至る多くの絵画がまとまって見られるちょうど良い大きさの美術館です。収蔵品が素晴らしく、大きな改修工事も終わり設備も整いましたので、四季問わず一日ゆっくり楽しめるオランダ観光の中心として、自信をもっておすすめします。

写真・文:菊池 模糊

ガイド記事の続きを読む
ドイツ至近のアウトレット 200ものブランドがオランダに!「デザイナー アウトレット ルールモント」|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

海外でアウトレットショップを訪ねてみたいと思っても郊外にある場所が多く、個人旅行だとなかなか難しいものです。オランダ ルールモントはドイツ西部の国境に位置し、日本から直行便が飛んでいるデュッセルドルフからバスで1時間以内で訪れることができます。そしてブランドの数も200以上と見応えのあるアウトレットです。ヨーロッパ旅行の1日をアウトレットでお買い物三昧の日にしてみませんか。

写真・文:car min

ガイド記事の続きを読む
オランダ「マルクトハル」の色鮮やかなアートと食べものにハイテンション!|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

オランダ第2の都市ロッテルダム。世界屈指の港湾都市により経済発展を遂げますが、第二次世界大戦で壊滅的被害を受けてしまいます。しかし、そこで終わらないのがこの街の底力。再開発で現代建築を多数起用し、近代ビルが建ち並ぶ新しい街へ生まれ変わりました。屋内市場として誕生した「マルクトハル」もそのひとつ。約100店舗のお店では美味しそうな食べ物が盛りだくさん!アートと食が共存する素敵な市場をご紹介します。

写真・文:浅井 みらの

ガイド記事の続きを読む
現代ツリーハウス!?からくり屋敷のような蘭「キュービックハウス」|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

近代ビルが多いオランダ・ロッテルダム。つみきを重ねたようなレッドアップルビルや、かまぼこ型の屋内市場マルクトハルなど、街を歩くだけでも十分美術館を巡っているようです。そのなかでひと際目立つ黄色い立方体の列が。まるで今にでも倒れそうなひやっとするデザインですが、これも立派な現代建築物。建物内も見学することができ、2倍楽しめますよ。一度見たら忘れられない「キュービックハウス」をご紹介します。

写真・文:浅井 みらの

ガイド記事の続きを読む
自転車大国オランダで大満足サイクリング!「デ・ホーヘ・フェルウェ国立公園」|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

人口より自転車の数が多いといわれるほど、自転車のイメージが強いオランダ。平地な国なので、街中でも皆さん気持ちよくスイスイ走る姿を良く見かけます。レンタルできる都市も多いですが、街中よりもせっかくなら爽快感を思いっきり味わえる場所で乗りたい!と思う方も少なくないはず…。それなら森に草原、それに砂丘など様々な景色を楽しめる「デ・ホーヘ・フェルウェ国立公園」がお勧めです!

写真・文:浅井 みらの

ガイド記事の続きを読む
未完の塔を持つ教会!運命に翻弄された蘭「ドルトレヒト大教会」|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

スペインのサクラダ・ファミリアが140年以上、ドイツのケルン大聖堂が完成まで600年以上要したようにヨーロッパの建設工事は途方もない年月がかかります。無事完成すれば偉業ということになりますが、なかには長い年月の間にプラン変更や中止を余儀なくされた建築物も…。今回ご紹介する教会もそのひとつ。塔が完成しなかったものの、それでも街のシンボルとして愛され続ける「ドルトレヒト大教会」のお話です。

写真・文:浅井 みらの

ガイド記事の続きを読む
オランダの原型はここから!?貿易で栄えた街「ドルトレヒト」|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

オランダ第2の都市ロッテルダムから南東へ30㎞。中世の面影が残る美しい街「ドルトレヒト(Dordrecht)」をご存知でしょうか。1220年には都市として認められ、ホーランドエリアでは同じエリア内のアムステルダム、ロッテルダム、ハーグなどの主要都市を抜いて最古の歴史を誇ります。長い歴史を辿れば現在のオランダ王国にまつわるエピソードも。まだまだ観光地化されていない魅力溢れる場所をご紹介します。

写真・文:浅井 みらの

ガイド記事の続きを読む
お洒落レストランで伝統パンケーキ!アムステルダム「ダ フィオ ピラーレ」|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

一日の大切なエネルギー補給、朝食。朝から晩まで歩き続けることも多いので、しっかりと食べたいものの、数少ない食事の機会だからこそ、その土地ならではの食べ物もちゃんと味わいたいですよね。アムステルダムの運河沿いにある「ダ フィオ ピラーレ(De Vier Pilarern)」は、その両方の願いを叶えてくれる心強いレストランです。緑に囲まれた雰囲気たっぷりのレストランで爽やかな一日を始めてみませんか。

写真・文:浅井 みらの

ガイド記事の続きを読む
神様ごめんなさい…秘密の教会で乾杯!蘭・ユトレヒト「カフェ・オリビア」|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

古代より人々の悩みや祈りを受け止めてきた教会。本来ならば神聖な場として崇められますので、お酒なんてご法度中のご法度ですよね。しかしオランダ・ユトレヒトにある「カフェ・オリビア(Café Olivier)」は、元教会の場所でビールを提供。しかも、教会が秘密の教会として存在し続けたので、外観と中身のギャップにも驚かされます。悪いことをしてるような、特別な気分にさせてくれるお店をご紹介します。

写真・文:浅井 みらの

ガイド記事の続きを読む
アムステルダムっ子気分でリフレッシュ!憩いの場「フォンデル公園」|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

都会の中だからこそ、自然あふれる公園が重宝される時代。まるで東京の日比谷公園、NYのセントラルパークのような存在がオランダの首都アムステルダムにもあります。150年の歴史を持つ「フォンデル公園(Vondelpark)」。市民それぞれがのんびりできる広大な敷地が魅力です。観光地巡りがひと段落したら、地元っ子に混ざりながら、暮らすようにアムステルダムを楽しんでみるのはいかがでしょうか。

写真・文:浅井 みらの

ガイド記事の続きを読む
宗教改革の生き証人。時代と共に変化した蘭・ユトレヒト「ドム教会」|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

アムステルダムから南へ電車に乗り30分、「ユトレヒト(Utrecht)」に到着です。オランダ最大の大学や一番高い建築物があるなど、学生から観光客まで訪れる落ち着いた雰囲気が特徴です。この街の中心地にある「ドム教会(別名:聖マルティン大聖堂/Domkerk」の基礎が築かれたのは、なんと紀元630年!途方もない歴史のなか宗教改革や災害をも乗り越えて、今も街のシンボルとして輝くドム教会をご紹介します。

写真・文:浅井 みらの

ガイド記事の続きを読む
17世紀の運河ビュー!アムステルダム最古のホテル「NHドーレン」|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

オランダの首都アムステルダム。街中に運河が張り巡らされ、美しい街並みを残す古都です。街の中心部にある「NHドーレン」(NH Collection Amsterdam Doelen)は、アムステルダム最古のホテル。2015年に全面リノベーションを終え、再オープンした豪華なホテルです。アムステル川のほとりに建つ瀟洒な5つ星ホテルで、思い出に残る宿泊体験をしてみませんか?

写真・文:橘 凛

ガイド記事の続きを読む
ゴッホにフェルメール、近現代まで!アムステルダム「ミュージアム広場」|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

ゴッホやフェルメール、レンブラントなど世界有数の芸術家が誕生した国・オランダ。彼らの絵画を鑑賞するのを目的にオランダを旅する旅行者も少なくありません。そこでお勧めなのがアムステルダム南部にある「ミュージアム広場(Museumplein)」。オランダを代表する3つの美術館が隣接しており、扱っている作品も13世紀から現代まで幅広く、有名作品も楽しめます。一日だけではもの足りない魅力的な場所です。

写真・文:浅井 みらの

ガイド記事の続きを読む
路面電車と一緒に歩ける!?オランダ・アムステルダム「ライツェ通り」|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

中央駅から南西方向、アムステルダムで一、二を争う賑やかなストリートがあります。500mほどの道のりでは綺麗な運河を眺められるだけでなく、お土産屋さんも充実していますので、限られた時間も効率良くお買い物が楽しめますよ。それに加え、トラムがすぐ隣を並走するドキドキ体験まで!まるで肩を並べて歩くようです。そんなアムステルダムの魅力たっぷりな「ライツェ通り(Leidsestraat)」をご紹介します。

写真・文:浅井 みらの

ガイド記事の続きを読む
余興も楽しいチーズ市場へ!チーズ王国オランダ「アルクマール」|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

チーズ王国オランダの「アルクマール」はアムステルダムから車で約40分の小さな町。1365年からチーズ売買が行なわれていたアルクマールでは、運搬道具がなかった時代にチーズをどのように運んで売買していたか、その様子を再現する無料のショーが開催されています。1つ10キロの重いチーズをボールのように投げたりキャッチしたり。観光客の飛び入り参加も!あちこちで笑い声があがる、楽しくて大人気のショーです。

写真・文:さと しほ

ガイド記事の続きを読む
ゴッホ第二の故郷、蘭「クレラー・ミュラー美術館」でリフレッシュ!|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

オランダには数々の素晴らしい美術館がありますが、中でもオススメ度の高い美術館が、こちらの「クレラー・ミュラー美術館」。ここは「デ・ホーヘ・フェルウェ国立公園」内にあるという贅沢な環境で、彫刻も楽しめるヨーロッパ最大の庭園の一つ。また世界有数の豊富な「ヴァン・ゴッホ」コレクションも所有しています。 さあ、あなたもこの美術館で思いっきり五感を使い、リフレッシュしてみませんか?

写真・文:Miyuki Sakai

ガイド記事の続きを読む
オランダ・中世の香り漂う穴場の街「アメルフォールスト」|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

オランダの首都アムステルダムから車で約40分ほどの場所に位置する、オランダ中部の街「アメルフォールスト(Amersfoort)」。 あまり大きな街でもなく、ガイド本で特別な紹介もされていませんが、城壁に囲まれた中世の街並みは一見の価値有り!地元オランダ人も恋するこの美しい街並みはまさに観光の穴場と言えるでしょう。 今回はアムステルダムからも日帰り可能な、アメルフォールストの街をご紹介したします。

写真・文:Miyuki Sakai

ガイド記事の続きを読む
オランダ発の春便り!かわいい風車村『ザーンセ スカンス』|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

春は、オランダが最も輝く季節!チューリップをはじめとした花々が見どころのフラワーパーク・キューケンホフ公園がオープンし、長い冬を終えたオランダの国中が、華やいだムードに包まれます。 今回は、首都アムステルダムからすぐ行ける!オランダでも有数の風車村『ザーンセ スカンス』についてご紹介します。青い空に映えるカラフルな風車がとってもかわいい、オランダならではのおすすめ観光スポットです。

写真・文:橘 凛

ガイド記事の続きを読む
春一番乗り!花々咲き乱れるオランダ・キューケンホフ公園|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

毎年春先になるとオープンする、世界最大のフラワーパーク・オランダのキューケンホフ公園。首都アムステルダムやスキポール空港からも程近く、世界中からの観光客で賑わいます。 チューリップをはじめとした花々が絶えず咲き乱れ、カラフルで香り高い世界に酔いしれる、約2ヶ月限定の特別な時間。2020年は、3月21日から5月10日までの期間開催です。 オランダへ、素敵な春を見つけに行きませんか?

写真・文:橘 凛

ガイド記事の続きを読む
世界遺産の街「北のヴェネチア」アムステルダムの歩き方♪|オランダ|トラベルjp 旅行ガイド

オランダの首都アムステルダムは、『アムステルダムのシンゲル運河内の17世紀の運河環状地区』として世界文化遺産に登録されている美しい都市です。緑多い街の中を5本の運河が縦横に巡り、水上交通が生活の中に溶け込んでいます。「北のヴェネチア」とも称され、国の面積当たりのミュージアム数世界一のミュージアムの宝庫でもあります。風光明媚でどっぷり芸術に浸れるアムステルダムの見どころをご紹介します♪

写真・文:吉川 なお

ガイド記事の続きを読む
周辺エリアの旅行ガイドをもっと読む
オランダ行きのツアーを検索 オランダ行きの航空券を検索

▲ホテル2ステイのホテル・観光ガイド情報 - ページトップへ