• 困った時は
お気に入り

ホテル情報を共有

レガシー スイーツ ホテル スクンビット バイ コンパス ホスピタリティ

ホテルランク
  • ホテル
  • バンコク, タイ
  • [地図]

体験ガイドトラベルjp旅行ナビゲーターによる旅行ガイド

レガシー スイーツ ホテル スクンビット バイ コンパス ホスピタリティの宿泊予約

レガシー スイーツ ホテル スクンビット バイ コンパス ホスピタリティの予約ができる宿泊予約サイト一覧

(1部屋あたりの価格帯)

最安値¥5,325  ~  最高値¥16,864

レガシー スイーツ ホテル スクンビット バイ コンパス ホスピタリティの料金・空室情報をまとめて検索!

周辺エリアの旅行ガイドバンコクエリア周辺の旅行ガイド

バンコクからたったの3時間半!離島サメット島が美しすぎる|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

タイの首都バンコクから、たったの3時間半でアクセスできる離島があることをご存知ですか?離島でもあるサメット島は外国人観光客はもちろん、地元の方からも身近なリゾート地として広く愛されています。 この記事では、バンコクからサメット島へのアクセス方法をはじめ、サメット島の美しすぎるビーチなどについてご紹介します。ぜひバンコクから足を延ばして、非日常のリゾートを満喫してください。

写真・文:長坂 ヒロ

ガイド記事の続きを読む
チェンマイカオソーイの名店「カオソーイクンヤーイ」は4時間限定!|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

チェンマイにはカオソーイの名店がたくさんあります。「カレーうどん」に慣れている日本人には馴染みやすく、スープや麺にこだわった名店めぐりも楽しいものです。今回はカオソーイの名店の中から、1日たった4時間の営業で、売り切れが続出する地元タイ人で満席の屋台「カオソーイクンヤーイ」を紹介します。「おばあちゃんのカオソーイ」という意味の屋号だけに、簡素ながら家族経営の暖かさを感じる屋台です。

写真・文:吉田 彩緒莉

ガイド記事の続きを読む
バンコクおすすめ高級スパ!温泉付きの「パンピューリ ウェルネス」|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

2018年、タイバンコクに温泉付きのスパ施設がオープンしました。その名も「パンピューリ ウェルネス(PANPURI WELLNESS)」。クリーンビューティスキンケアとウェルネスライフスタイルを提案するタイのラグジュアリーブランド「パンピューリ」のスパ施術のほか、温泉エリアやカフェなども。バンコクに訪れた際には癒しを求めて足を運ぶべきスポットです!気になる施設の紹介や人気プロダクトをご紹介します!

写真・文:Michelle dailypics

ガイド記事の続きを読む
パタヤ観光の拠点!4つの高級ホテル「ロイヤル・クリフ・ホテルズ・グループ」|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

バンコクからバスで約2時間。日帰り観光ツアーでも人気のビーチリゾートが、タイのパタヤ。そんなパタヤの観光拠点におすすめのホテルが「ロイヤル・クリフ・ホテルズグループ」。人気の名所、ラン島へのアクセスも便利です。敷地は東京ドームの約6個分と広く、南国リゾートを満喫することができる高級ホテル。格安で宿泊できる高級ホテルから、全室スイートのラグジュアリーホテルまで、4タイプのホテルを選ぶことができます。

写真・文:沢木 慎太郎

ガイド記事の続きを読む
バンコク・チャトリウムホテルリバーサイドの絶景クラブラウンジ|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

バンコクのリバーサイドホテル「チャトリウムホテルリバーサイド」のクラブラウンジは、バンコクが誇る大河、チャオプラヤー川を一望する素晴らしい絶景とバンコク最高峰の中華料理レストランと讃えられる「シルバーウェイブス」の点心が味わえる至極の空間。好みで選べるアフタヌーンティーも豪華でホテルの外に出たくなくなります。バンコク内で比較的リーズナブルな5つ星ホテルだけにクラブフロアはねらい目です!

写真・文:吉田 彩緒莉

ガイド記事の続きを読む
ナイトバーズに最適ホテル!バンコク「バリーズ シーロム」|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

夕暮れになると、昼間とは全く違う顔を見せるバンコク。その魔力に魅了されているタイフリークも多いのではないでしょうか? そんな方に今回お勧めしたいホテルが「バリーズ シーロム」です。ネオンきらめくタニヤ通りやパッポン通りがすぐそばにあり、夜の街を遊び回るナイトバーズにはこれ以上ないロケーションなんです。さらに、ホテルの向かい側にはスカイトレイン「サラデーン」駅もあるため、列車移動にも最適です。

写真・文:やま かづ

ガイド記事の続きを読む
プールも人気!チェンマイの高級ホテル「ザ・ダラ・デヴィ・ホテル・チェンマイ」|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

幻想的な「ランタン祭り」で知られるチェンマイ。“タイの京都”とも呼ばれ、古都の情緒が漂う人気の観光地です。中心部の旧市街やナイトバールから、やや外れた場所にあるホテルが「ザ・ダラ・デヴィ・ホテル・チェンマイ」。敷地は東京ドーム5個分と広く、かつての王宮寺院をイメージした壮麗な高級ホテルです。宮殿に囲まれたようなプールが美しく、プール付きのヴィラもおしゃれ。カップルや子連れの家族旅行におすすめです。

写真・文:沢木 慎太郎

ガイド記事の続きを読む
プールがおすすめ!高級ホテル「JWマリオット・プーケット・リゾート&スパ」|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

青い海と白いビーチ。世界の旅行者を魅了してやまないプーケット島は、タイの人気観光地の一つです。最も賑わうパトンビーチから外れた、プーケット北部にある高級リゾートが「JWマリオット・プーケット・リゾート&スパ」。優雅なヴィラでのんびり過ごすことができ、高級ホテルなのに安いのも魅力的。緑豊かな広い庭園には、個性豊かなプールが点在し、可愛いスライダーもあるので、子連れの家族旅行にもおすすめのホテルです。

写真・文:沢木 慎太郎

ガイド記事の続きを読む
絶景のランタン!チェンマイ「コムローイ祭り」おすすめ場所5選|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

タイのチェンマイで開催される「コムローイ祭り」。コムローイとは、ランタンを打ち上げる仏教のお祭りのこと。最近は、外国人の観光旅行者向けのイベントも楽しむことができ、チケットが必要な有料のイベントや、タイ人が集まる無料の会場もあります。観光ツアーや個人参加など、楽しみ方もさまざま。そこで、コムローイ祭りでおすすめの場所や、観光のポイントをご紹介します。2020年は10月31日~11月1日に開催予定。

写真・文:沢木 慎太郎

ガイド記事の続きを読む
チェンマイっ子に人気!リバーサイドレストラン「アットクアレック」|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

チェンマイの中心部をゆるーく流れるピン川沿いには観光客向けのレストランが多く集まります。しかし探してみればチェンマイっ子が時間を忘れてまったり寛ぐ、美味しくて安い地元タイ人向けのレストランも隠れていますよ!アットクアレック(At Khualek)はおしゃれでかわいいリバーサイドレストラン。ワンプレートランチは300円程度、ワインやビールもお手頃で夜は地元の若者でいっぱいになるお店。まさに穴場です。

写真・文:吉田 彩緒莉

ガイド記事の続きを読む
タイ・プーケットのパワースポット「ワット・シャロン寺院」|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

タイの観光地、プーケット島。この人気ビーチリゾートに、多くのタイ人から信仰を集めるパワースポットがあります。プーケット最大で、最強のパワースポットとして知られる仏教寺院「ワット・シャロン寺院(Wat Chalong)」。おしゃれで可愛い仏舎利塔は、外国人旅行者にも人気の観光名所です。“奇跡を起こした高僧”の像が祀られる、シャロン寺院。その見どころや、参拝方法などについてご紹介します。

写真・文:沢木 慎太郎

ガイド記事の続きを読む
パーティだけじゃない!タイ「パンガン島」は北がおすすめ|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

サムイ島とタオ島のお隣、パンガン島。フルムーンパーティで有名になったこの島は、古くからバックバッカー達に愛されてきました。近頃では、パーティアイランドと思われがちですが、その一方、島には素朴な自然が多く残り、島に根付いたヒッピー文化も決して失われてしまった訳ではありません。パーティに興味がない人にも自信を持ってオススメできるパンガン島には多くの発見と感動が待っていることでしょう!

写真・文:キヨコ パーマー

ガイド記事の続きを読む
バンコクで大人の休日!「コモ・メトロポリタン・バンコク」がおすすめの理由|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

タイバンコクに数あるホテルの中でも、ウェルネスに特化したホテルをご存知でしょうか?その名「コモ・メトロポリタン・バンコク」。ミシュラン獲得のタイレストランが入っていることでも有名ですが、コンテンポラリーデザインの客室、スパ施設、ヨガアクティビティーなど、様々な魅力に溢れています。本記事ではどれをとっても大人の休日にぴったりの施設をご紹介!バンコクでウェルネス体験をしてみませんか?

写真・文:Michelle dailypics

ガイド記事の続きを読む
チェンマイ観光の穴場!銀色のインスタ寺院「ワットシースパン」|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

「タイの京都」と呼ばれるチェンマイ。ドイステープやワットムーングコンは有名な寺院ですが、シルバーテンプルと称される銀色の寺院「ワット・シースパン(Wat Si Supan)」はご存じでしょうか?銀色に輝く、美しい寺院は、女人禁制(本堂内のみ)の寺院でも知られています。日本のガイドブックでもあまり紹介されていない、チェンマイの穴場スポットをご紹介します。

写真・文:沢木 慎太郎

ガイド記事の続きを読む
バンコクから日帰りで!「ナコンパトム」の観光スポット4選|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

バンコクから車で1時間半、西へ約55キロ進むと、そこは隣の県のナコンパトムです。ナコンパトムはガイドブックなどで脚光を浴びる事は少ない県ですが、実はタイ国内で最も古い町で、面白い見所がたくさんあります。バンコク市内から送迎つきのツアーを利用して各スポットを個別で訪れても良いですし、タクシーなどをチャーターすれば1日で全て巡る事も可能。気軽な1DAYトリップ先としてとてもお勧めのエリアです。

写真・文:モン ガラ

ガイド記事の続きを読む
バンコクのおしゃれなデザインホテル「アキーラトンローバンコク」|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

豪華なホテルに日本よりも安く泊まれるタイ、バンコク。せっかくバンコクへ旅行するのであれば、ホテルにもこだわりたいですよね。 数あるホテルの中でも、厳選された少ない客室のデザインホテルが加盟する「ザ・スモールラグジュアリーホテルズ」。その中のひとつでもある「アキーラトンローバンコク」の客室からダイニング、その他サービスを一挙ご紹介します!

写真・文:Michelle dailypics

ガイド記事の続きを読む
可愛くてフォトジェニック!バンコクで行きたい博物館3選|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

バンコクには大規模な博物館から小さな博物館まで、たくさんのミュージアムが点在しています。今回はその中でも、色合いが可愛かったり、お花に囲まれたり、アンティークの雑貨が置いてあったりと、女性の"好き"がたくさん詰まった博物館を3ヶ所紹介します。どの博物館も写真映えするフォトジェニックなスポットがたくさんありますので是非カメラを持って訪れてみてください。

写真・文:モン ガラ

ガイド記事の続きを読む
ラーマ1世~ラーマ9世が眠るタイの格式高い寺院を巡ってみよう!|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

現在のタイの王朝“チャクリー王朝”は、1782年にラーマ1世によって始まりました。現在まで続くラーマ10世を含めて歴代10名の王様が名を連ねます。今回はラーマ1世~9世に縁が深く、各王の遺骨が安置されている寺院を紹介します。多くの観光客が訪れる有名な寺院からガイドブックには載っていない穴場の寺院まで、それぞれ個性が光る格式高い寺院です。歴代王のお墓参りをしながら各寺院を巡ってみましょう!

写真・文:モン ガラ

ガイド記事の続きを読む
テレサテン終焉のホテル!チェンマイ「インペリアルメーピンホテル」|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

アジアの歌姫、テレサ・テン(鄧麗君)。台湾出身の歌手で、日本でも『つぐない』『別れの予感』『時の流れに』などの歌で知られています。テレサは1995年に、42歳の若さで逝去。亡くなった場所が、静養のために宿泊していたタイ・チェンマイのインペリアルメーピンホテル。テレサが滞在したスイートルームは宿泊者以外にも開放され、今も冥福を祈るファンたちが数多く訪れています。テレサが愛したホテルをご紹介します。

写真・文:沢木 慎太郎

ガイド記事の続きを読む
タイでトラと写真が撮れる穴場!アクアリウム&タイガー動物園|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

海外旅行に行ったなら、日本ではできない体験をしたいもの。タイの人気ビーチリゾート、サムイ島の「アクアリウム&タイガー動物園」では、トラと触れあって記念写真を撮ることができ、旅の思い出におすすめ。数あるタイのタイガーパークの中でも、サムイ島のタイガー動物園は、観光ツアーから外れた場所にあり、旅行者が少なく、料金も割安感があります。子供連れの家族や女子旅、カップルにも人気の穴場スポットをご紹介します。

写真・文:沢木 慎太郎

ガイド記事の続きを読む
立地抜群!観光に便利なチェンマイの高級ホテル5選|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

タイの古都・チェンマイは城壁で囲まれた旧市街や寺院巡り、カフェ巡り、リバーサイドのおしゃれゾーン探索、ナイトマーケットでのショッピングなど魅力がいっぱい!いつもはホテルでのんびりしたい高級ホテルステイ派の皆さんも、街に出たくなりますよね。そんな方たちのためにチェンマイ独自のランナー建築や古都の荘厳な雰囲気を再現した素晴らしい高級ホテルの中から、観光地へすぐに出られる立地抜群のホテルをご紹介します。

写真・文:吉田 彩緒莉

ガイド記事の続きを読む
のんびりorアクティブ?パタヤ沖に浮かぶ「ラン島」をどう楽しむか|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

パタヤはタイが誇る賑やかなリゾート。ビーチ沿いにはホテルやバーが多く立ち並ぶのは良いのですが、街中ではリゾートらしいエメラルドブルーの海が見られないのが現状です。 そこでおすすめなのがラン島。パタヤから船で40分ほどで行けるラン島は絶景ビーチがいっぱいのリゾートアイランドで、パタヤから日帰りで堪能できるんです。ここでは目的別にラン島のビーチを紹介していきましょう。

写真・文:大山 平助

ガイド記事の続きを読む
龍が塔に巻き付く!?タイ「ワットサムプラン」はRPGゲームっぽさ抜群|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

ピンクガネーシャなどSNSで話題のスポットが点在するバンコク郊外。お隣のナコンパートム県のサムプラン地区にある「ワットサムプラン」というお寺には、RPGゲームに登場するかのような幻想的な塔があるということで話題です! まるで「ドラゴンクエスト」の世界を現実化したかのような塔には一体何があるのでしょう?そして、何でこんな形の塔が作られたのか?少し覗いてみましょう。

写真・文:大山 平助

ガイド記事の続きを読む
まるでリゾート!都会の楽園「U サトーン バンコク」|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

微笑みの国、タイ。首都バンコクには安宿から高級ホテルまで、星の数と言っても過言ではないほど、多くのホテルが存在します。そんなホテル激戦区でキラリと光る「U サトーン バンコク( U Sathorn Bangkok )」をご紹介します。フレンチコロニアル調の建物と、緑豊かな中庭に囲まれた大きなプールにバカンス気分が盛り上がること間違いなし!24時間滞在システムというユニークな滞在スタイルにも注目!

写真・文:キヨコ パーマー

ガイド記事の続きを読む
アソーク駅5分の好立地!「3ハウホステル」は女性にもおすすめ|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

バンコク観光の要となるBTS(スカイトレイン)とMRT(メトロ)が乗り入れ、有名ホテルやショッピングモールが立ち並ぶアソーク駅周辺。その一角、駅から徒歩5分の場所にある「3ハウ ホステル@スクンビット21」は、ドミトリーからスーペリアまで多彩な部屋タイプを有するデザイナーズホステルです。駅近で清潔、リーズナブルと3拍子揃った、女性の一人旅にもおすすめの同ホステル、詳しくご紹介します。

写真・文:坂元 美鈴

ガイド記事の続きを読む
サムイ島のリュクスなジャングルリゾート「シラヴァディー・プール・スパ・リゾート」|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

タイ語で“美しい岩”を意味するその名の通り、優美な岩石がそびえるサムイ島・ラマイビーチに佇む「ザ・ヴィラズ・バイ・シラヴァディー ・プール・スパ・リゾート」。“自然回帰”をコンセプトに建てられたリゾート内には、熱帯雨林の合間にプライベートプールを備えるヴィラが点在し、その周りには美しい海が広がっています。大自然を体感しながら宿泊できる、大人の為のラグジュアリーリゾートをご紹介します。

写真・文:坂元 美鈴

ガイド記事の続きを読む
バンコクで高コスパな川沿いホテルといえばココ!センターポイント・シーロム|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

スクンビット、チットロムと並んで、多くのホテルが立ち並ぶチャオプラヤー川沿い。有名寺院へのアクセスもよく、リバークルーズにも参加しやすい観光客に人気の宿泊エリアです。高級ホテルが密集するなかで、コスパ抜群のホテルといえば「センターポイント・シーロム」。広くて清潔な客室、船乗り場隣接のBTS(スカイトレイン)駅すぐの好立地、デパート直結…、観光客のニーズにしっかり応えてくれるおすすめホテルです。

写真・文:坂元 美鈴

ガイド記事の続きを読む
都会の隠れ家「シャングリ・ラ ホテル バンコク」リバーサイドの贅沢ステイ|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

人気の旅行先である、タイのバンコク。街中の物価が安いタイだからこそ、ホテルはグレードを上げて、5つ星のラグジュアリーなホテルを選びたいもの。STB駅や船着場からすぐの好立地。ホテル前を流れるチャオプラヤ川は、流れが緩やかなので心穏やかに。都会の隠れ家として、リゾート気分で滞在が出来る「シャングリ・ラ ホテル バンコク(shangri-la hotel bangkok)」で、極上ステイを。

写真・文:猫乃 みいこ

ガイド記事の続きを読む
記念撮影&散歩出来る虎の動物園!タイ「シラチャータイガーズー」|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

タイのシラチャータイガーズー。バンコクから165キロ東南にある高級リゾート地パタヤ近郊のシラチャーにある虎を目玉にした動物園。虎だけでなく多数のワニや象なども飼育しており1日いても飽きない場所。ここの売りは虎と記念撮影や散歩が出来る体験型という点。ショーも充実しており子供から大人まで老若男女楽しめる動物園です。 今回は皆様にタイ・パタヤ近郊都市シラチャーにあるシラチャータイガーズーを紹介します。

写真・文:大川原 明

ガイド記事の続きを読む
バンコクの安い・美味しいリバーサイドレストラン「タリンバー」|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

バンコクでは暁の寺(ワットアルン)の夜景が見えるリバーサイドレストランが大人気!最近はタイバーツ高騰とバンコクの物価高騰もあり敷居の高い店が増えました。今日紹介する店はとっておきの超・ローカルリバーサイドレストランです!安い、美味しいは当たり前。なんと目の前にライトアップした王宮とワットアルンが両方眺められる超穴場のお店です。年末カウントダウンは王宮の花火が見えるので、予約して行ってみて!

写真・文:吉田 彩緒莉

ガイド記事の続きを読む
タイの”いま”を知るなら必読!フィガロジャポン「ときめきの国タイ」|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

フィガロジャポン2020年2月号(12月20日発売/CCCメディアハウス)は、変貌中のタイの首都、バンコクを大特集。今までのイメージとは違ったタイの魅力が詰まった最新の一冊となっています。タイの旅やファッショングッズのプレゼントもありますよ!タイ好き、タイ旅行検討中の方、必読です。(PR)

写真・文:トラベルjp NEWS

ガイド記事の続きを読む
お買い物天国!バンコク「MBK」で女性に人気の雑貨5選|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

バンコクの数あるお買い物スポットのなかでも、外せないのがMBK(マーブン・クロン・センター)。東京ドームの2倍を誇る総面積のビル内に洋服やバッグ、飲食店など約2,500もの店舗が集結する一大ショッピングモールです。品揃えはタイでよく見かける屋外市場と同様ですが、駅直結の屋内、という点は常夏のタイでは大きな魅力。あらゆる物が揃うMBKのなかでも、日本でも使いやすい、女性におすすめの雑貨をご紹介!

写真・文:坂元 美鈴

ガイド記事の続きを読む
安い!バンコクで3000円のおしゃれホテル「ザ・チボリ」|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

タイバーツ高騰とバンコクの物価高騰の影響で、気軽に泊まれていたバンコクのホテルがどんどん高額に!このままでは素敵なホテルが安いというバンコクの良さがなくなってしまう!タイ・ホテルマニアの名に懸けて、未だに3000円程度で泊まれるおしゃれで快適なホテル「ザ・チボリ」を紹介します。このホテル、タイではあまり知られていませんがリゾートで有名なアナンタラで知られるMinor Hotelsの運営。安心です。

写真・文:吉田 彩緒莉

ガイド記事の続きを読む
カフェ好き必見!バンコクファンタジーカフェ「Sretsis parlour」|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

タイ、バンコクには近年ショッピングセンターが続々とオープンし、可愛いおしゃれなカフェも増え続けています。中でも今回ご紹介する「Sretsis parlour(スレトシスパーラー)」はバンコク発のファッションブランド「Sretsis」が手がける超人気店。流行に敏感なおしゃれ女子や有名人も御用達のとってもファンタジーなカフェなんです。

写真・文:makana airi

ガイド記事の続きを読む
大自然と遊ぶ!タイ・サムイ島一周の旅!おすすめ観光コース|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

タイ旅行で人気のビーチリゾート「サムイ島(Ko Samui)」。“ココナッツ・アイランド”と呼ばれる島は大自然に覆われ、海岸線には透明度バツグンのきれいな海が広がっています。そこで、メインビーチのチャウエンビーチから南下し、おすすめの観光スポットを巡る「サムイ島一周コース」をご紹介。トラと写真が撮れる動物園など、観光ツアーから外れた穴場のスポットも巡り、サムイ島の大自然を楽しむ旅に出かけましょう!

写真・文:沢木 慎太郎

ガイド記事の続きを読む
笑えるほど巨大!安い・美味しい!バンコク「ナトーンレストラン」|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

ひと昔前はバンコク市内・郊外にはたくさんの巨大レストランがありました。しかし時の流れとともにコンドミニアムやホテル、おしゃれレストランに生まれ変わり絶滅状態に。時代の流れに負けずバンコクの中心部で頑張っている巨大レストランが「ナトーンレストラン」。舌の肥えた富裕層タイ人が愛し続けてきた絶品料理と、レトロで思わず笑ってしまうほど巨大な水上フロア、そして激安の料理に感動間違いなし。行く価値大です!

写真・文:吉田 彩緒莉

ガイド記事の続きを読む
チェンマイサタデーマーケットで屋台グルメを食べ尽くそう!|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

サタデーマーケットは、タイの古都・チェンマイ観光で絶対に外せないグルメスポット!チェンマイには多くのマーケットや市場がありますが、中でも毎週土曜日、旧市街のチェンマイ門からウアライ通り約1キロメートルに、無数の屋台が立ち並ぶサタデーマーケットは、他のマーケットと比べ屋台にグルメ色が強く、ゆっくり屋台飯が楽しめる環境が作られています。チェンマイっ子にも観光客にも大人気のマーケットですよ!

写真・文:吉田 彩緒莉

ガイド記事の続きを読む
東南アジア最大級!バンコクで必訪「アイコンサイアム」の見どころ|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

2018年11月チャオプラヤー川沿いの西岸エリアにオープンしたタイ最大級となる複合施設「アイコンサイアム」。2棟からなるアイコンサイアムはタイ最大の売り場面積を誇り、高級ブランドをはじめ500店舗以上の小売店と100店舗以上の飲食店が軒を連ねます。近代的な店内にはタイ初出店となるテナントも多く、必訪のスポットとなっています。

写真・文:makana airi

ガイド記事の続きを読む
カオラック・セレブ憧れの隠れ家ホテル「サロジン」の贅沢な休日|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

プーケットから北へ1時間半、ガイドブックにほとんど掲載されないビーチリゾート・カオラック。2004年のスマトラ沖地震で大きな津波の被害を受けた町と言えば思い出す人もいるでしょう。奇跡的な復活を遂げ、一大リゾート地となっているカオラックに、ゲストをもてなし続けた貴婦人の神話を元に作られ、世界的に知られているホテルがあります。その名は「サロジン」。滞在するだけで身も心もほどけていく珠玉のリゾートです。

写真・文:吉田 彩緒莉

ガイド記事の続きを読む
宝石の海!バンコクのナイトマーケット「ラチャダー鉄道市場」|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

インスタ映えのスポットで知られ、タイを旅行する日本人観光客に人気のナイトマーケットが「ラチャダー鉄道市場」。カラフルな屋台の屋根がぎっしり並び、キラキラ光り輝く宝石の海のよう。バンコクの新観光名所として人気があります。グルメレストランや雑貨土産もぎっしり詰まり、女性向けの衣服や化粧品なども充実。ラチャダー・ナイトマーケットの行き方や場所とともに、おすすめのグルメやタイのお土産などもご紹介します。

写真・文:沢木 慎太郎

ガイド記事の続きを読む
「ハーバーランド@ゲートウェイエカマイ」は子連れバンコク旅の味方!|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

とにかく暑いバンコクのショッピングセンターには、子供が涼しく遊べる室内遊戯施設が充実しています。子連れ旅行で押さえておきたいのが、「ハーバーランド」という屋内プレイグラウンド。タイ国内に数店舗あり、パタヤの店舗は屋内プレイグラウンドとしてはASEAN最大級の規模を誇ります。 中でもおすすめはバンコク市街地からアクセス抜群の、BTSエカマイ駅すぐの「ハーバーランド@ゲートウェイエカマイ」です。

写真・文:赤木 リン

ガイド記事の続きを読む
デナガホテルチェンマイは旧市街に佇むランナー様式のホテル|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

タイの古都チェンマイの城壁に囲まれた旧市街に佇む「デナガホテルチェンチェンマイ(De Naga Hotel Chiang Mai)」は、かつてタイの都であったランナー時代から伝わる寺院建築「ランナー様式」で建てられたホテル。竹やぶの奥に現れるそのホテルは、飴色の木の床にアンティーク家具を配し、本物の寺院と間違ってしまいそうな荘厳な美しさ。観光に便利な立地もうれしいポイントです。

写真・文:吉田 彩緒莉

ガイド記事の続きを読む
旧市街を一望!ルメリディアンチェンマイのクラブラウンジは料理が絶品|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

ルメリディアンチェンマイはチェンマイ・ナイトバザールの通り沿いにあり、ピン川や旧市街へも徒歩圏という立地と高級感から、人気の高いホテルです。しかしこのホテルに泊まるとすれば、観光だけではなくホテルライフをとことん楽しみたいもの。お薦めはクラブフロア。旧市街の寺院や遺跡を見渡すクラブラウンジで、チェンマイのみならずタイでも屈指の絶品料理で歓迎してくれます。

写真・文:吉田 彩緒莉

ガイド記事の続きを読む
タイのグランドキャニオン!?「パーイ・キャニオン」が絶景!|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

アメリカにあるグランドキャニオン、世界遺産として有名ですね。誰もが一度は行ってみたい場所に入っているのではないでしょうか。そんな景色がなんと、日本から比較的近いタイでも見られることはご存知でしょうか?今回はそんなタイのスポット「パーイ・キャニオン」をご紹介いたします。

写真・文:coco w

ガイド記事の続きを読む
朝も昼も夜も楽しめる!バンコク近郊水上都市「アンパワー」|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

タイで有名な観光の1つが水上マーケット。バンコク近郊にたくさんの水上マーケットがありますが、1日中楽しめるのがバンコクから乗り合いバスのロットゥーで1時間半の場所にある、水上都市「アンパワー」。このアンパワーは主に地元の人やタイ人観光客を相手にしているので物価も安いのが魅力!また、早朝はボートでの托鉢風景、昼はお寺巡り、夕方はマーケット、夜は蛍ツアーと色々な水上都市の風景が楽しめますよ!

写真・文:麻田 ユウミ

ガイド記事の続きを読む
パタヤにパリが出現!?新観光名所「ターミナル21」でタイ土産探し|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

バンコクから近い、タイの人気ビーチリゾート、パタヤに新名所が誕生。「ターミナル21パタヤ」が2018年10月に開業し、巨大なエッフェル塔やピサの斜塔が斬新すぎると話題になっています。タイ国内外のスパブランドやファッションブランド品などが安く買えるほか、女子旅にもうれしい撮影スポットがたくさん。パタヤに旅行に行かれるなら、インスタ映えの撮影スポットを巡り、お買い物を楽しまれてはいかがでしょうか?

写真・文:沢木 慎太郎

ガイド記事の続きを読む
バンコク・絶景インフィニティプール!マリオットホテルザスリウォン|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

ホテルが乱立する国際都市バンコク。その中で今、ひときわ注目を浴びているホテルがあります。その名は「バンコクマリオットホテルザスリウォン」。2018年にオープンしたばかりのホテルですが、絶景のインフィニティープールや穴場のルーフトップバーなど宿泊客が喜ぶポイントが多数!人気ホテルブロガー達に何度も取り上げられ「リピートしたい」と言わしめるホテルとしても話題です。

写真・文:吉田 彩緒莉

ガイド記事の続きを読む
ビーチやローカルを味わうタイ「ホアヒン」おすすめ観光スポット|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

タイ・バンコクから車で3時間で到着するビーチリゾート「ホアヒン」は、タイらしいローカルな雰囲気が味わえる反面、オシャレなカフェもあり、バンコクを起点としてちょっとしたビーチリゾートを味わいたいと、訪れるにはぴったりの観光地です。今回は海だけではない、ホアヒンのおすすめホテル・スポットをいくつか紹介します。

写真・文:雨宮 あゆ実

ガイド記事の続きを読む
列車が市場の中を通り抜ける!タイ名物「メークロン市場」|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

タイ観光の中で日本人から人気があるのが、地元の人達の生活も垣間見ることができる市場巡り。たくさんある市場の中で、今、大人気の市場がバンコクから1時間半程の場所にある、市場の中を列車が通り抜ける「メークロン市場」。普段は線路が通り道になり、両脇にたくさんのお店が並びます。列車が通る時は、素早く片付け、お店スレスレを列車が通る、まさに他では見られない光景!列車の中と線路から両方を見るのがオススメです。

写真・文:麻田 ユウミ

ガイド記事の続きを読む
バンコクで話題!“移動型”ナイトマーケット「ARTBOX」でクリエイティブな夜を|タイ|トラベルjp 旅行ガイド

ほかでは手に入らない、とっておきのお土産が見つかるかも? バンコク地元民も大注目!創造性あふれるクラフト雑貨や流行フード屋台が一堂に会する、移動型ナイトマーケット「ARTBOX」。2019年11月30日まで、バンコク・スクンビットエリアにて開催中です。 地元デザイナーやアーティストが手がける、個性豊かな夜の屋台街の姿をご紹介いたします!

写真・文:櫻井 れき

ガイド記事の続きを読む
周辺エリアの旅行ガイドをもっと読む
タイ行きのツアーを検索 タイ行きの航空券を検索

▲レガシー スイーツ ホテル スクンビット バイ コンパス ホスピタリティのホテル・観光ガイド情報 - ページトップへ