戻る

東横INN新潟古町体験ガイド

新潟エリア周辺の旅行ガイド

写真・文:トラベルjp編集部

新潟駅近くのおすすめホテル10選 旅行にもビジネス利用にも!|新潟県|トラベルjp 旅行ガイド

新潟駅周辺は北前船の寄港地として栄えた“みなとまち”であり、日本有数の米の産地・新潟県のグルメが集まる場所でもあります。市街の観光もグルメ巡りも拠点になるホテルは断然、駅近が便利です。東京からは上越新幹線で約2時間。新潟駅からアクセスがいいホテルをトラベルjp ナビゲーター 潮 佳澄がご紹介します。

写真・文:トラベルjp編集部

新潟駅周辺のおすすめビジネスホテル10選 駅直結・大浴場付きホテルも!|新潟県|トラベルjp 旅行ガイド

上越新幹線の終点・新潟駅周辺には、出張で観光で利用したいリーズナブルなビジネスホテルが多数! 荒天時に便利な駅直結、ゆったりくつろげる大浴場付きなど、嬉しい設備を備えたホテルもありますよ。特に新潟県産コシヒカリが味わえる朝食付きプランは要チェック! おすすめビジネスホテルをご紹介します!

写真・文:トラベルjp編集部

新潟市のおすすめビジネスホテル15選 駅近ホテルも多数!|新潟県|トラベルjp 旅行ガイド

新潟県・新潟市は日本海側に位置する大都市の一つ。日本海側最大規模を誇る「新潟市水族館マリンピア日本海」や、米どころならではのおいしいお米や日本酒が人気です。 上越新幹線をはじめ、信越本線などが乗り入れるJR新潟駅周辺はビジネスホテルが多数。観光や出張で訪れた際もホテルのチョイスに困りません。新潟市内、特にJR新潟駅周辺のおすすめビジネスホテルを、トラベルjp編集部が厳選してご紹介します。

写真・文:西藤 カオル

新潟・古町で和モダンの宿!町屋造りの「ゲストハウス人参」|新潟県|トラベルjp 旅行ガイド

新潟市の繁華街・古町エリアは歴史的建造物が多く、明治から昭和初期にかけての文化を辿る散歩も楽しいところ。古いものと新しいものが共存する街でもあり、古民家を活用したカフェやトラットリア、古着屋に雑貨店などがギュッと集まっています。 そんな古町で自然体に過ごすなら、町屋造りの「ゲストハウス人参」がオススメ。過度なもてなしでなく、親戚の家に来たようなあったかい寛ぎ空間を提供してくれます。

写真・文:池田 みる

「新潟市新津鉄道資料館」は屋外実物展示が豊富で見ごたえアリ!|新潟県|トラベルjp 旅行ガイド

新潟市秋葉区に位置する「新潟市新津鉄道資料館」は、屋外展示が充実しています。大人にとっては昔乗った記憶がある車両が見られる懐かしいスポットであり、子供にとっては憧れの鉄道を近くで見られる夢のようなスポットでもあります。資料館というと、鉄道好きの大人たちが集うスポットのようにも感じられますが、「新潟市新津鉄道資料館」は、子供もとっても楽しめる施設なので、ぜひファミリーで足を運んでみてはいかがですか。

写真・文:もんT

鉄道の街・新潟「新津鉄道資料館」雪国ゆかりの鉄道遺産を見に行こう|新潟県|トラベルjp 旅行ガイド

新潟市秋葉区にある新津鉄道資料館は、雪国新潟ゆかりの鉄道車両や関連遺産を集めた資料館。鉄道のターミナル・新津(にいつ)駅や、雪国新潟の鉄道の歴史を今に伝えます。特に保存車両は、新潟にゆかりのあるレアな実物車両が集められていて、鉄道ファンは必見!そして、小中学生なら、土・日・祝日は観覧料が無料です。雪国の鉄道遺産を見に、新津鉄道資料館へ出かけてみましょう。

写真・文:トラベルjp編集部

新潟駅周辺のおすすめ観光スポット7選 せんべい焼き体験に歴史散策も|新潟県|トラベルjp 旅行ガイド

新潟駅周辺には、昭和の佇まいが感じられる横丁、歴史ある寺社、また家族連れやグループなどで楽しめる、米どころならではのせんべい焼き体験のスポットなど数多くあります。 LINEトラベルjp ナビゲーターが現地徹底取材した新潟駅周辺のおすすめ観光スポットをご紹介します。もちろん、お一人で訪れてもゆったり楽しめるスポットばかり。駅で時間が空いてしまったときなど、ぶらりと訪れてみてはいかがでしょうか。

写真・文:西藤 カオル

トキめく新潟土産の宝庫!「ヒッコリースリートラベラーズ」|新潟県|トラベルjp 旅行ガイド

新潟市・古町エリアで“カミフル”の愛称で親しまれる上古町商店街は、お洒落で個性的なお店が集まる全長500メートル程のそぞろ歩きにちょうどよい繁華街です。 そんな“カミフル”で、新潟らしさや日常の楽しさを大切に創作活動をするクリエイト集団が「hickory03travelers(ヒッコリースリートラベラーズ)」。築80年の元酒屋を活用したお店には、ここにしかないゆるくトキめく新潟土産があるのです!

写真・文:和山 光一

新潟・角田浜に広がる新しいワイン名醸地「新潟ワインコースト」|新潟県|トラベルjp 旅行ガイド

日本ワイン発祥の地を持つ新潟県。新潟市の中心街から日本海沿いに南西へ約20km、日本海から内陸に入ることわずか1kmほどの標高480mの角田山のふもと、「角田浜」に垣根栽培のブドウ畑が広がっています。新潟市西蒲区の一角にあるこの地域は、今「新潟ワインコースト」と呼ばれ、日本ワインの新たな名醸地として注目されています。海と砂が育む新潟ならではの個性あふれるワインを是非味わってみて下さい。

写真・文:ミセス 和子

コシヒカリのご飯と温泉が嬉しい!天然温泉 多宝の湯 「ドーミーイン新潟」|新潟県|トラベルjp 旅行ガイド

ホテルドーミーインと言えば、全国に広がるホテルチエーン。温泉や夜食サービス、美味しい朝食が付いて料金が割安なのが魅力です。そして地域によってそれぞれに、特色も違っていると思いませんか? 「ドーミーイン新潟」は、JR新潟駅から徒歩範囲のアクセスの良い場所。朝食が地元産コシヒカリのご飯と、天然温泉が入り放題。ミニキッチンやコインランドリーなどの設備が嬉しく、長期滞在にも優しいホテルです。

写真・文:風祭 哲哉

現美新幹線がリニューアル!これが世界最速美術館の楽しみ方だ|新潟県|トラベルjp 旅行ガイド

最高時速210キロで駆け抜ける列車がまるごと美術館?そんな世界唯一の新幹線があるのをご存知ですか?それは上越新幹線の越後湯沢~新潟間を運行するJR東日本の現美新幹線。 その斬新な外観と気鋭のアーティストによる作品で埋め尽くされた車内はまさに世界最速の芸術劇場。この列車を見ると誰もがスマホのシャッターを切ってしまう、という最強のインスタ映え列車が、2018年春より装いも新たにリニューアルしました!

写真・文:長坂 ヒロ

新潟・冬の風物詩!渡り鳥と触れあえる2大スポットがすごい!|新潟県|トラベルjp 旅行ガイド

豪雪地帯としても名高い新潟。冬になると一面銀世界になることもしばしばですが、そんな寒い地域だからこそ楽しむことのできる絶景があることも忘れてはいけません。 それは主にシベリアからやってくる渡り鳥たちの群れの景色。冬の新潟では様々な場所で渡り鳥を目にすることができますが、今回は中でも新潟市内からのアクセスも良いおススメの2箇所をご紹介します!

写真・文:八岳木 流泉

浴室内は火気厳禁!?新潟・新津温泉の油っぽい濃厚湯!|新潟県|トラベルjp 旅行ガイド

新潟県は南長岡油田や岩船沖油田などを持った全国有数の産油地域でした。同県北部の新潟市、旧新津(にいつ)市もそのうちの一つで、新津油田が大きく運営されていました。そんな新津では、石油採掘の際に温泉も湧出。今でもその湯は湧き続け、全国屈指の秘湯と呼ばれるに至っています。お湯はプンと石油の臭い、驚異の濃厚湯を楽しむならば、新津温泉に決まりです。

写真・文:ミセス 和子

かつては日本一!新潟県「加治川」の2000本の桜並木が美しい!|新潟県|トラベルjp 旅行ガイド

加治川(かじかわ)は、新潟県新発田市および北蒲原軍聖籠町を流れる河川です。毎年4月上旬から中旬に、川沿いに2000本の桜が咲き誇り、壮大な桜並木を観る事ができます。 加治川沿いにはかつて6000本の桜並木があり「長堤十里、日本一」とうたわれる桜の名所でした。しかし昭和41年、42年の大きな水害で河川改修の為に、桜並木は失われました。その後復元された桜並木と加治川治水記念公園をご紹介します。

写真・文:ミセス 和子

桜とのコラボが美しい!春爛漫の新潟「新発田城」|新潟県|トラベルjp 旅行ガイド

「新発田城」は新潟県新発田市大手町にあります。国の重要文化財に指定され、日本100名城の一つになっています。新発田城では、4月上旬~4月中旬になると八重桜とソメイヨシノが花開し、お堀の中と外で咲き誇る桜が美しく、多くの観光客で賑わいます。 日本を代表するお花「桜」と、日本の重要文化財でもある新発田城が、最大限に美しく彩られる、春爛漫の新発田城をご紹介します。

写真・文:彰 伴治

新潟駅徒歩1分「ラマダホテル新潟」でノドグロと銘酒で至福の一夜!|新潟県|トラベルjp 旅行ガイド

世界中にホテルを展開する米国企業ウィンダムワールドワイド。一時日本から撤退していましたが、2016年4月に満を持して日本再進出第一号となる「ラマダホテル新潟」をオープンしました。新潟駅から徒歩1分、ホテル内の飲食店も充実しておりビジネスにも観光にも最適のホテルで、特に1階の居酒屋では"ノドグロ"を始めとした日本海の幸と新潟の銘酒が味わえます。アクセスもグルメも最高のラマダホテル新潟をご紹介します。

写真・文:ミセス 和子

JR駅直結!魚沼釜蔵の朝ご飯が美味「ホテルメッツ新潟」|新潟県|トラベルjp 旅行ガイド

「ホテルメッツ新潟」は、JR新潟駅の西側連絡通路直結のホテルです。たとえ最終便の列車を利用したとしても、連絡通路を渡るだけで到着できるので大変便利です。新潟空港行きバス停や、佐渡行き連絡船乗り場までのバス停もすぐ側。早朝の出発でも安心ですね。また、魚沼産の食材を使った美味しい朝ごはんが自慢のホテルでもありますよ。

写真・文:ミセス 和子

まるで豪華客船!日本海と信濃川を一望「ホテル日航新潟」|新潟県|トラベルjp 旅行ガイド

ホテル日航新潟は、日本一の大河「信濃川」の河口にあります。ホテルは日本海側随一の高層ビルで、新潟のウォーターフロント 「朱鷺メッセ (新潟コンベンションセンター)」も併設しています。フロントロビーが、豪華客船のデッキを思わせるデザインで設計されていて、ホテルのどの場所からも日本海や信濃川を見渡す事ができるロケーションです。まるで豪華客船に乗船している様な気分になれる、ホテル日航新潟を紹介します。

写真・文:安藤 美紀

新潟行くならこれ食べて!JR新潟駅ナカで選ぶ人気お土産5品|新潟県|トラベルjp 旅行ガイド

新潟は東京から上越新幹線で約2時間。関東から日帰りでも行ける新潟は、美味しいお米だけでなく、新潟ならではのスイーツや酒の肴にぴったりな海鮮物など、未体験の美味しいグルメがいっぱい。グルメな旅がしたい!という方なら、新潟へ出かけたくなる人も多いのでは? そこで今回は新潟へ行くなら一度は食べてほしい、JR新潟駅で人気の美味しいお土産を厳選してご紹介。どれも一度食べるとハマってしまうラインナップです。

写真・文:ミセス 和子

美人になれる温泉と旬の会席が自慢!月岡温泉「村上館・湯伝」|新潟県|トラベルjp 旅行ガイド

新潟県新発田市にある「月岡温泉」は、大正4年に、石油掘削中の井戸から湯が湧き出て、本間周三郎氏がそこに共同浴場を建てたのが始まりと言われています。硫黄の含有量が全国で第2位の温泉で、温泉街は硫黄の香りが漂っています。この温泉は美白効果があり「美人になれる温泉」と呼ばれていますよ。新潟ならではのお米や魚貝類等、食材にこだわった旬の会席料理と温泉が自慢のお宿、月岡温泉「村上館・湯伝」をご紹介します。

写真・文:安藤 美紀

新潟のスペイン!?温泉付「ドーミーイン新潟」はまるでリゾートのビジネスホテル|新潟県|トラベルjp 旅行ガイド

新潟駅から徒歩8分の場所にある「ドーミーイン新潟」。スペインをモチーフにした内装は、普通のビジネスホテルには無いリゾート感がたっぷり。 お風呂は硫黄を主成分とする天然温泉で、心も体もホッ…。さらに朝食は新潟の郷土料理が食べ放題、夜鳴きそばも無料で振る舞われるなど、ビジネスホテルだけど至れり尽くせり。「ドーミーイン新潟」は、値段も手頃で予想以上のクオリティに驚きです!

写真・文:ミセス 和子

新潟空港で買える!米どころ新潟ならではの絶品お土産5選|新潟県|トラベルjp 旅行ガイド

水とお米の美味しい豊穣の国「新潟」、コシヒカリの収穫量は日本一です。特に魚沼地方で栽培されるコシヒカリはトップブランドと言われていますよ。お米が美味しい新潟で生産される、お酒や米菓子、笹団子も抜群に美味しいのです。選りすぐったお土産が揃う「新潟空港」、米どころならではの絶品お土産5選をご紹介します。

写真・文:大宮 つる

縁結びといえばココ!“くくりひめ”を祀る新潟「白山神社」|新潟県|トラベルjp 旅行ガイド

新潟の総鎮守といえば『白山神社』ですが、縁結びのご利益が篤い神社として全国的に知られていることをご存じですか? 白山神社のご祭神は菊理媛大神(くくりひめのおおかみ)という女の神様が祀られており、男女の仲や家族の絆、志望校、良い取引先、お金などの良いご縁を“くくってくれる”とか! 子授け、子宝、安産などのご利益も篤く、また、家族や仕事での繁栄といったご利益も有名で、毎年多くの方が足を運ばれています。

写真・文:しの

新潟冬の味覚「鰤」。絶品、とろけるぶりしゃぶを食べに行こう!|新潟県|トラベルjp 旅行ガイド

新潟は日本海に面しておりよい漁場も近い事から魚介類の宝庫。のど黒、南蛮海老など美味しい海の幸が豊富な事でも知られていますが、忘れてはならないのが「鰤(ぶり)」。11月頃から水温の低下とともに南下をはじめ、脂ののりきったベストタイミングに新潟・佐渡沖を通過します。この鰤を最も美味しく食べる料理のひとつが「ぶりしゃぶ」。脂のノリがしつこくなく、とろけるような舌触りの「ぶりしゃぶ」を是非ご正味あれ!

写真・文:しの

お部屋でゆっくり、家族や友達とわけわけ、テイクアウトで楽しめる新潟B級グルメ|新潟県|トラベルjp 旅行ガイド

土地のものを食べる事が旅の目的になる事も多いですが、「食べたいものが多すぎるので、何を食べるべきか悩む」そんな事はないですか? 今回は新潟のご当地グルメでテイクアウトできるものをご紹介致します。 しかもただテイクアウトできるだけではありません。いずれも新潟においてはかなりメジャーない逸品揃い。是非お試し下さい!

周辺エリアの旅行ガイドをもっと読む

▲東横INN新潟古町のホテル・観光ガイド情報 - ページトップへ