すてき!諏訪の自然に溶け込む不思議な絶景カフェ「金子茶房」

| 長野県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

すてき!諏訪の自然に溶け込む不思議な絶景カフェ「金子茶房」

すてき!諏訪の自然に溶け込む不思議な絶景カフェ「金子茶房」

更新日:2016/02/26 14:11

安藤 美紀のプロフィール写真 安藤 美紀 癒しとハイコスパの宿探求家、おいしいもの探検家

長野県諏訪市のパワースポット 諏訪大社 上社本宮のすぐ横に、諏訪の自然に溶け込んだような美しいカフェがあるのをご存知でしょうか?
「金子茶房」は、諏訪で第一号のお茶屋さんを改良して建てられたカフェ。ここは諏訪大社 参拝の立ち寄りスポットとしても人気で、オリジナルブレンドのハーブティーやこだわりのコーヒーなどがいただけます。眺望もデザインも、全てにおいて個性的!特別な時間を過ごすことができます。

諏訪大社から徒歩10秒。まるで美術館のようなお洒落なカフェ

諏訪大社から徒歩10秒。まるで美術館のようなお洒落なカフェ

写真:安藤 美紀

地図を見る

背景の空や山まで見渡せる不思議な建物。ここは、諏訪大社 上社本宮のすぐ横に建つ「金子茶房」です。デザイン自体がすごく特殊で、シックな木造造り。まるで美術館のようにも見えますよね。

「金子茶房」を設計したのは、松本出身の建築家 柳澤孝彦さん。柳澤さんは、新宿の新国立劇場や東京都現代美術館、上田のサントミューゼなど数々の有名建築物を手がけた建築家です。

計算しつくされたお洒落な外観を見れば、誰もが“素敵!”と声を上げてしまうほど。初めて来た方は個性的な外観に驚かれるかもしれませんが、普通のカフェとして利用することができます。諏訪大社 参拝後の休憩場所として、気軽に足を運んでみましょう。

「金子茶房」に車で行かれる方は、諏訪大社の駐車場を利用します。駐車場からは歩いてすぐ。諏訪大社 鳥居の向かいにお店がありますので、まず迷うことはありません。

諏訪大社は、諏訪湖周辺にある4つの神社(上社本宮・上社前宮・下社春宮・下社秋宮)の総称になります。「金子茶房」へ行かれる方は、諏訪大社 上社本宮を目指してください。上社には鳥居が2箇所ありますが、「金子茶房」があるのは東側正門の鳥居になります。

今日はどれにしようかな…?カップ選びにワクワク!

今日はどれにしようかな…?カップ選びにワクワク!

写真:安藤 美紀

地図を見る

「金子茶房」1F奥の棚には、ロイヤルアルバートやヘレンドなど名立たる高級ブランドのカップがずらりと並んでいます。「金子茶房」では自分の好きなカップを選ぶと、そこにコーヒーなどを注いでくれます。

お店の看板メニューはハーブティーとコーヒーですが、なんとお抹茶もいただくことができます。コーヒーカップを選べるお店は他にあっても、お抹茶の器まで選べるなんて珍しい!

…どのカップで飲もうかな?
カップの種類がとても多いので、いろいろ迷うのも楽しくなります。

2Fでは八ヶ岳連邦と諏訪大社を一望

2Fでは八ヶ岳連邦と諏訪大社を一望

写真:安藤 美紀

地図を見る

「金子茶房」は、1Fと2Fがカフェスペースになっています。

1Fには、松本で有名な松本民芸家具の椅子やテーブルが並び、上品な雰囲気が漂っています。ここは夏になると窓が全て開放され、オープンテラスに様変わり。清々しい空気に囲まれながら、美味しいお茶を飲むことができます。

そして2Fは、最高のロケーション!
遥かに遠くに見える八ヶ岳連邦、一方では諏訪大社もすぐ目の前で眺めることができます。
ガラスには組み木が施されていますが、これは神社の鳥居を連想してデザインされたものだとか。その景観の美しさから、ここは時々映画の撮影で使われることもあるそうです。2Fに来たら、抜群のロケーションとお洒落なデザイン、両方を楽しんでみましょう。

ただし、2Fを希望される方には、1つ注意点があります。
「金子茶房」を運営しているのは、カメラの超広角レンズやLEDなどを作っている日東光学という企業です。あまり頻繁にはないそうですが、2Fは会議室として使われることがあるそう。その場合、カフェ利用者は1Fを使うことになります。

途中で色が変わる!魔法のような青色のハーブティー

途中で色が変わる!魔法のような青色のハーブティー

写真:安藤 美紀

地図を見る

「金子茶房」で一押しなのが、オリジナルブレンドのハーブティー。
ハーブティーは赤・緑・黄・青・白の5種類があり、それぞれ効能が違います。

ハーブティーというと、お湯を注いで待つだけ…というイメージがありませんか?
「金子茶房」の青色のハーブティーは、途中でレモン汁を加えると、なんとピンク色に変わります。途中で色が変わるなんて驚き!ポットを眺めているだけでも充分楽しめます。青色は、目の疲れに効くハーブが入っていますので、長距離運転で目の疲れをとるのにもぴったりですよ。
※色が途中で変わるのは、青色のみです。

諏訪大社も一緒に参拝して運気アップ

諏訪大社も一緒に参拝して運気アップ

写真:安藤 美紀

地図を見る

「金子茶房」と一緒に訪れたいのが、諏訪大社。
諏訪大社は、出雲のオオクニヌシノミコトの子孫が諏訪に移り住んだのが始まりだと言われていて、諏訪大社 上社本宮には戦いの神様が祀られています。何か新しいことを始めたいときなどに立ち寄ってみると、大きなエネルギーをもらえるでしょう。

諏訪大社で心(精神)を浄化したら、今度は「金子茶房」の美味しいお茶で体の中から綺麗に。諏訪大社と「金子茶房」は最高の組み合わせです。

そして、もう一つ。NHK大河ドラマ『真田丸』で、織田信長と明智光秀の因縁の舞台となった法華寺が、「金子茶房」のすぐ上(30m程)にあります。こちらも話題のスポットですので、オススメです!

絶景カフェ「金子茶房」でのんびり贅沢な時間を

お洒落な空間の中で、絶景と美味しいお茶の両方を楽しめる「金子茶房」。
ここでのオススメの過ごし方は、時間を忘れてのんびりすること。時間毎に変化する雲の形や八ヶ岳連峰の色合い、そして諏訪大社を行き来する人を眺めていると、いつまでも見飽きることがありません。

「金子茶房」の営業時間は、朝10時から夕方5時まで。火曜日と水曜日が基本的にお休みですが、不定期でお休みになる場合もあります。気になる方は、事前にお店に確認するといいでしょう。また大人数の予約は難しいのですが、4人程度なら相談に応じてもらるそうです。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ