ミネソタ州ミネアポリス&セントポールで押さえておきたいスポット

ミネソタ州ミネアポリス&セントポールで押さえておきたいスポット

更新日:2017/10/30 17:48

高野 祥のプロフィール写真 高野 祥 絶景フォトグラファー、オシャレスポット探訪家
アメリカ中西部に位置するミネソタ州へは、成田・羽田から直行便で約11時間。州都はセントポールですが、州最大の都市ミネアポリスと併せてTwin cities(双子都市)とも呼ばれています。3MやTargetといった企業の本社がある事でも有名で、出張利用の方が多いですが、アートや博物館、街並み散策も楽しめるので観光要素も沢山!今回は、そんな双子都市の押さえておきたいスポットをいくつかご紹介いたします。

海外渡航情報については、各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(トラベルjp)

州最大の都市・ミネアポリス

州最大の都市・ミネアポリス

写真:高野 祥

地図を見る

ミネソタ州に位置するミネアポリス(Minneapolis)は、州最大の都市。
大阪府茨木市と姉妹都市でもあります。大きなビルが建ち並ぶダウンタウンは綺麗に整備されており、歩きやすいのが特徴。

ダウンタウンにある一部のビルとビルの間には、スカイウェイ(Sky way)と呼ばれる渡り廊下が設けられており、雪が降る冬や暑い夏でも快適に移動する事が可能です。

州最大の都市・ミネアポリス

写真:高野 祥

地図を見る

オフィスビルが立ち並ぶ繁華街にはレストランやショップがたくさんあるのでショッピングもしやすいです。写真の超高層ビルIDS Center近辺の12ブロックは「ニコレット・モール(Nicollet Mall)」と呼ばれており、特にショップが集中しています。「ニコレット・モール」というのは建物の名前ではなく、商業施設が集まるエリアの名前なのでご注意を!

州最大の都市・ミネアポリス

写真:高野 祥

地図を見る

アメリカの大手ディスカウントストア「ターゲット(Target)」の本部もミネアポリスにあります。ここの店舗は珍しく2階建てになっており、1階は主に食料品、2階には衣料品やコスメなどが並べられています。何か足りないものがあればこちらへ来ると事足りるでしょう。

<ターゲット ニコレットモール店の基本情報>
住所:900 Nicollet Mall, Minneapolis, MN 55403
電話番号:+1 612-338-0085

ミネアポリスの見どころ

ミネアポリスの見どころ

写真:高野 祥

地図を見る

今、再開発で注目を集めているダウンタウン・イースト地区、ミシシッピ川に架かる「石造アーチ橋(Stone Arch Bridge)」は非常にフォトジェニックで人気の観光スポット。1883年に完成し、以前は鉄道が走っていましたが、今では自転車と歩行者のみ通行可能。中心が自転車用、両端が歩行者専用と分かれているので、ゆっくり散策できます。ダウンタウンから徒歩圏内なので、散歩スポットとして最適。

ミネアポリスの見どころ

写真:高野 祥

地図を見る

ダウンタウン・イースト地区にある「U.S.バンク・スタジアム(U.S. Bank Stadium)」は、2016年に開場した新しい多目的スタジアム。以前あったドームを建て直し、現代的なデザインの外観に生まれ変わりました。フットボールや野球もプレイ可能。2018年には、アメリカ最大のスポーツイベント・プロアメリカンフットボールリーグ"NFL"の優勝決定戦「スーパーボウル」がここで行われる予定です。

<U.S.バンク・スタジアムの基本情報>
住所:401 Chicago Ave, Minneapolis, MN 55415
電話番号:+1 612-777-8700

ミネアポリスの見どころ

写真:高野 祥

地図を見る

ダウンタウン中心部から車で5分ほど南下したところにある「ミネアポリス美術館(Minneapolis Institute of Art)」は、世界各国の絵画や美術品、彫刻、生活用品など、約10万点ものアイテムが展示されている非常に広い施設です。順路は無いので、自分の好きなカテゴリーの展示物を中心に見て周ると良いでしょう。館内にはカフェやレストラン、ギフトショップもあるので、ついつい長居したくなります。無料で入館可能というのも嬉しいポイント!


<ミネアポリス美術館の基本情報>
住所:2400 3rd Ave S, Minneapolis, MN 55404
電話番号:+1 612-870-3000

実はこちらが州都・セントポール

実はこちらが州都・セントポール

写真:高野 祥

地図を見る

ミネソタ州で一番目立つのはミネアポリスですが、実はセントポール(Saint Paul)が州都。ダウンタウンのすぐ側にはミシシッピ川も流れており、緑も豊かで癒されます。市のシンボルでもあるミネソタ州会議事堂など、歴史ある建物も複数あり、落ち着いた雰囲気が魅力のエリア。

実はこちらが州都・セントポール

写真:高野 祥

地図を見る

ダウンタウンの中心部にある「ライス・パーク(Rice Park)」付近は、赤レンガが敷き詰められた道路が印象的。どことなくヨーロッパのような雰囲気もあり、散策にオススメのエリアです。

実はこちらが州都・セントポール

写真:高野 祥

地図を見る

ダウンタウンのすぐ近く、少し高台に位置しているセントポール大聖堂(Cathedral of Saint Paul)は非常に大きな建物で迫力満点。フランス・ルネッサンス様式の造りで、ステンドグラスが非常に綺麗です。神聖な雰囲気ですが、開放感のある広々とした空間で、重々しさもなく、心が洗われるような素敵なスポット。

<セントポール大聖堂の基本情報>
住所:239 Selby Ave, St Paul, MN 55102
電話番号:+1 651-228-1766

セントポールの見どころ

セントポールの見どころ

写真:高野 祥

地図を見る

「ライス・パーク」のすぐ側、「ランドマーク・プラザ(Landmark Plaza)」と呼ばれる公園には、漫画『ピーナッツ』に出てくるキャラクターの銅像が沢山置かれています。主人公のチャーリーブラウンやスヌーピー、その他のキャラクターに加え、ミネアポリスで生まれ、セントポールで育った作者チャールズ・M・シュルツ氏の銅像もあるので、ファンの方は必須のスポット。

Copyright:Peanuts Worldwide LLC

セントポールの見どころ

写真:高野 祥

地図を見る

地元のビールメーカーである「サミット・ブリューイング・カンパニー(Summit Brewing Company)」では、工場見学や試飲が可能なので、お酒好きな方にオススメのスポット。飲みやすいライトなものから、ヘビーな黒ビールまで数種類あるので、飲み比べて好きな味を見つけてみてはいかがでしょうか。入館時にクーポンコインを購入し、タップバーでビールと引き換えになります。オリジナルグッズも販売されているので、要チェック!


<サミット・ブリューイング・カンパニーの基本情報>
住所:910 Montreal Cir, St Paul, MN 55102
電話番号:+1 651-265-7800

セントポールの見どころ

写真:高野 祥

地図を見る

ミシシッピ川をカヤックで下るツアーもあります。上流までマイクロバスで行き、ダウンタウン近くまで自力でパドルを漕ぎながら進んで行くアクティビティ。秋は色付いた木々を眺めることも可能。初心者でも全く戸惑うことなく、穏やかな川の流れと共に自然を感じることができます。


<カヤックツアー(Minnesota Adventure Co.)の基本情報>
電話番号:+1 800-667-4307

空港にほど近い巨大なショッピングモール

空港にほど近い巨大なショッピングモール

写真:高野 祥

地図を見る

空港からミネアポリス・セントポール共に、混雑していなければ車で約20分程度でアクセス可能。ダウンタウンまでそれほど遠く無いというのも魅力のポイント。

空港にほど近い巨大なショッピングモール

写真:高野 祥

地図を見る

ミネアポリス・セントポール国際空港のすぐ側には、アメリカ国内で最大のショッピングモール「モール・オブ・アメリカ(Mall of America)」があります。こちらはセントポール郊外ブルーミントン(Bloomington)に位置しており、空港から無料のシャトルバスで行き来が可能。フライトまでの時間調整で寄ってみるのもオススメ!しかしかなり広いので、ゆったりみていると飛行機に乗り遅れるかも!(笑)

空港にほど近い巨大なショッピングモール

写真:高野 祥

地図を見る

モール・オブ・アメリカ内には、なんと遊園地も併設されています!さすが北米最大のモールということだけあって、規模の大きさがアメリカン!大人も子供も楽しめる全天候型の巨大複合施設です。

<モール・オブ・アメリカの基本情報>
住所:60 E Broadway, Bloomington, MN 55425
電話番号:+1 952-883-8800

一味違うアメリカを楽しもう!

アメリカといえばNYやLAへ行かれる方が大半ですが、みんなとはちょっと違うスポットへ足を運んでみるのも楽しいですよ!ミネアポリス&セントポールは比較的コンパクトで散策しやすく、観光客も比較的少ないので現地の雰囲気を存分に楽しめます。羽田・成田からデルタ航空の直行便で行けるので、乗り換えの煩わしさも不要。アートや建築、買い物、自然なども十分楽しめるミネソタ州へ行って見ませんか?

各施設の情報は2017年10月現在のものです。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

取材協力:ミシシッピ・リバー・カントリーUSA

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/10/14−2017/10/18 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -