「伯耆の国・出雲街道根雨宿 福よせ雛」鳥取日野町にお雛さまが移住

「伯耆の国・出雲街道根雨宿 福よせ雛」鳥取日野町にお雛さまが移住

更新日:2020/03/08 15:49

栗原 由のプロフィール写真 栗原 由 温泉ナビゲーター
様々な事情により家庭で飾られなくなった雛人形を有効活用する「福よせ雛」プロジェクト。鳥取県日野町では「伯耆の国・出雲街道根雨宿 福よせ雛」として開催されています。日野町は金持(かもち)神社がある町としても有名。

町民3000人の町に「福よせ雛」の雛さま方が続々移住。在住町民とともに生活しています。「福よせ雛」さま方はとっても働きものでユニーク。福だけでなく、笑いを寄せることも間違いなしですよ。
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

「福よせ雛」プロジェクトとは?

「福よせ雛」プロジェクトとは?

写真:栗原 由

「福よせ雛」は平成21年発案。家庭で手放されなければならなくなったお雛さまに再び活躍できる場を作り、地域づくりの一役を担うこと、またお雛さまに第二の人生をおくってもらうことで始まったプロジェクトです。今では全国25か所に加え、海外フランスまで及ぶこととなりました。

お雛さまはひな壇から飛び降りて生き生きとして第二の人生を送っています。写真は、綱引きに興じているお雛さま。もともとのひな壇では出来なかったことをして皆に笑いという福をもたらしています。

西日本では唯一の開催地。鳥取県日野町

西日本では唯一の開催地。鳥取県日野町

写真:栗原 由

地図を見る

今回ご紹介する鳥取県日野町の「福よせ雛」は、西日本では唯一の開催地。

日野町では「伯耆の国・出雲街道根雨宿 福よせ雛」としてプロジェクトに参加。伯耆の国とは鳥取県の中央よりやや西にある大山より西の地方、また日野町内の根雨(ねう)地区は昔は宿場町として大名が泊まる本陣などがある街でした。写真はメイン会場の「金持テラスひの」です。

冬の時期は夫婦愛のある鳥、「おしどり」が多く飛来し野鳥ファンのみならず多くの人が野鳥を観察して和むことができる町としても知られています。また夏の時期はラフティングが楽しめる日野川があり、子供から大人まで誰もが体験できるレジャーとして人気があります。

西日本では唯一の開催地。鳥取県日野町

写真:栗原 由

地図を見る

日野町でユニークなのは、お雛様を「移住者」として受け入れていること。このお雛様たちも実はお人形ではなく、町の住民。全国各地から移住されてきた方々で日々町の中でお仕事をしていらっしゃいます。

このお内裏さまはメイン会場である「金持テラスひの」の雛さま住民の区長です。今年は感謝状を町長から授与され、感謝状とともに来場者をお出迎え、また区民対応をされています。

西日本では唯一の開催地。鳥取県日野町

写真:栗原 由

地図を見る

あらまあ、お雛さまがいない。どうしたことかと思いきや。こんなユニークな仕掛けもあちらこちらに見られます。

<金持テラスひのの基本情報>
住所:鳥取県日野郡日野町根雨170-1
電話番号:0859-72-1730
アクセス:JR根雨駅より徒歩2分

2020年のテーマは「ウィルスに負けない!」

2020年のテーマは「ウィルスに負けない!」

写真:栗原 由

地図を見る

「福よせ雛」各展示場で毎年テーマを作りお雛さまが展示されています。

2020年の「伯耆の国・出雲街道根雨宿 福よせ雛」では「健康な町になるようみんながマスクをしよう」がテーマ。多くのお雛さまたちがマスクをしています。マスクを売っていたり、マスク姿で買い物したりしている姿のお雛さまなどなど様々です。

2020年のテーマは「ウィルスに負けない!」

写真:栗原 由

地図を見る

マスクをしながらのマージャン姿。ウィルスにも、マージャンでも負けないぞって言っているようです。みんなで仲良く過ごしている様子を見るのは和みますね。

2020年のテーマは「ウィルスに負けない!」

写真:栗原 由

マージャンやかるた取りに興じているお雛さまもいれば、あらあらどうしたことか急患で担架で運ばれるお雛さまも見られます。この他にも、マスクをつけて買い物したりチラシを読んだりといろいろな生活風景が見られます。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

街並み散策を楽しむ

街並み散策を楽しむ

写真:栗原 由

お雛さまは移住しているので、日野町内で生活しています。お仕事をしているお雛さま住民や遊んでいるお雛さま住民もいます。

町内の19ヵ所ではイベントの期間のみではなく常時展示がされていて年に2度程度は衣替えされます(メイン会場はイベント期間以外は縮小展示)。

写真はショーウィンドーの中のお雛さまたち。こちらでは女子会をしている様子が見られます。

街並み散策を楽しむ

写真:栗原 由

以前は街道だった街。その街並みは昔の趣を残している建物があったり、レトロな商店があったりします。

町の中にはショーウィンドーの中に「福よせ雛」が展示されていて町歩きしながら第二の人生を送っているお雛さまを一年中楽しむことができます。

街並み散策を楽しむ

写真:栗原 由

散策途中にお抹茶を一服。「お茶屋おがた」でお雛さまを見ながら休憩できます。

<お茶屋おがた基本情報>
住所:鳥取県日野郡日野町根雨460
電話番号:0859-72-0005
アクセス:JR根雨駅より徒歩5分

はっちゃけた雛さま方

はっちゃけた雛さま方

写真:栗原 由

地図を見る

スーパー「ハイマートタッチ」の中の一角にもお雛さまが展示されています。いろいろな格好をしたお雛さまについ笑みが出ます。お店の方とも仲良くなってお雛様にまつわるお話しが聞けたりもしますよ。お買い物しなくても、見学することができるので気軽にいろいろなお店や施設に立ち寄ってみてください。

はっちゃけた雛さま方

写真:栗原 由

地図を見る

写真は、スーパー内でのお雛さま住民の姿。すでに日野町ではドローンタクシーが営業中でした。近頃の雛さまはハイテクですね。お雛さまは現役時代(雛段に飾られていたとき)では出来なかったいろいろなことに挑戦中です。

各店舗や施設でいろいろな趣向が凝らしてありますので、楽しい街歩きができるでしょう。

はっちゃけた雛さま方

写真:栗原 由

地図を見る

百人一首かるたに興じるお雛さまたち。手前のご仁は転倒しているのではなく、かるた取りに奮闘して転倒している姿です。この姿を見て「あら、横になっているから直さないと」と仰る見学者さんも多いとか。

第二の人生を日々楽しく過ごすお雛さま住民の姿はユニークで、思わず笑顔がほころぶに違いありません。

<ハイマートタッチ本店の基本情報>
住所:鳥取県日野郡日野町根雨779−1
電話番号:0859-72-0011
アクセス:JR根雨駅より徒歩約10分

伯耆の国・出雲街道根雨宿 福よせ雛

3500人の雛さま住民の日常には、思わず笑ってしまうほどの楽しい仕草などがあり、見ていると時間の経つのも忘れてしまいます。笑いと福、そして愛も感じられるイベントですよ!

2020年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -