星の砂を探しに行こう!グアム「リティディアンビーチ」は透明度No.1

| グアム

| 旅の専門家がお届けする観光情報

星の砂を探しに行こう!グアム「リティディアンビーチ」は透明度No.1

星の砂を探しに行こう!グアム「リティディアンビーチ」は透明度No.1

更新日:2014/10/25 12:23

Benisei Rinkaのプロフィール写真 Benisei Rinka 子連れトラベラー、小江戸川越の魅力伝道師

日本からほど近いビーチリゾート「グアム」。もう訪れた人も多いかと思います。そんな「もう行ったことあるよ〜」という人にも、是非おすすめしたいビーチがあります。グアムで透明度No.1という呼声も高い「リティディアンビーチ」をご紹介!

生で絶対見たい!グアムの絶景ビーチ

生で絶対見たい!グアムの絶景ビーチ

写真:Benisei Rinka

地図を見る

タモン地区から車で北へ約1時間のジーコ地区、アンダーソン空軍基地内にある「リティディアンビーチ」は、グアム最北端のリティディアン岬の手前にあります。
島内屈指の透明度を誇るこのビーチは、星の砂を拾えるビーチとして有名です。現在、リティディアンビーチへ行くツアーやバスはなく、レンタカーを利用することになりますが、その分ツーリストはあまり訪れず、プライベート感いっぱい!平日は人影はまばらで、誰もいないことも多々。休日はローカルも訪れますので賑やかになります。

ちょっと遠くても、行くだけの価値あり!

ちょっと遠くても、行くだけの価値あり!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

タモン地区からマリンドライブ(1号線)を北上し、マイクロネシアモールを右にみて最初の信号を左折(3号線)、道なりに車を走らせると「スターツグアムゴルフリゾート」のイルカが書かれた大きな看板が出てきます。そこを左折し、道なりに約30分進むと到着!

道幅はそこそこ広く、対向車がきてもすれ違うことは余裕でできますが、途中で大きな穴がボコボコあいていますので、そこには落ちないように気をつけてくださいね。

到着すると、管理事務所と舗装された駐車場があります。しかし、ビーチへ行くなら管理事務所の横から、写真のようなジャングルの道へ進むことをおすすめします。ジャングルの中には、車一台停められるくらいのスペースがところどころありますので、そこに駐車しましょう。そして、そのすぐ脇からちょっとした茂みを抜けると、目の前には絶景が広がります。

リティディアンビーチを含むこのジャングル一帯は、野生動物の保護区に指定され、多くの動植物が昔のまま残されている貴重なエリアなんですよ♪

透明度は噂通り!

透明度は噂通り!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

島内No.1と噂されるだけあって、素晴らしい透明度!海底に沈む貝殻やサンゴ、海に浸かった自分の足までもキレイに見えます。干潮時は波が無く、水面が太陽に照らされてキラキラ♪まるで宝石が散りばめられているかのようです。約1時間の長い道のりですが、その疲れも一気に吹き飛んでしまうくらいの感動をお約束します!

膝ほどの深さの場所でも、カラフルな魚を多数見ることができる最高のシュノーケリングスポットですが、潮の流れが速いところがあり、毎年死亡事故が起きているとのこと。一部の場所を除き、遊泳禁止となっています。ライフガードもいませんので、間違っても子供を浮き輪に乗せたまま、そばを離れるなんてことがないようにしてくださいね。

シュノーケリングしなくても訪れたい

シュノーケリングしなくても訪れたい

写真:Benisei Rinka

地図を見る

「キレイな海=泳ぐ」という発想になりがちですが、リティディアンビーチは「癒しの場」としてもオススメの場所です。是非、レジャーシート・ランチ・飲み物を持って、この絶景を「観賞」しに行ってみてください。
見てるだけ、写真を撮るだけ、足首まで浸かるだけ、貝殻やサンゴを拾い集めて白い砂浜に貝殻文字を書いてみるだけ、砂浜でヤドカリや小さなカニを探してみるだけ…。泳がなくても、十分楽しめる場所です。

写真の中に、ヤドカリが隠れています。分かりますか?

注意点として

リティディアンビーチは米軍基地内にあり、ビーチの入り口にはゲートが設けられています。こちらのゲートが開くのは、祝日を除く8時〜16時です。

また、飲食店、マリンアクティビティのショップ、ロッカー、シャワーもありませんので、飲み物やマリンブーツ、シュノーケル、ライフジャケット等、必要と思われるものは、全て用意して行きましょう。
そして、グアムでは車上荒らしも多数発生しています。今回ご紹介したジャングル内の駐車スペースとビーチはとても近いですが、荷物を車内に残すのは絶対にやめてくださいね。

気を付けなければいけない事も多いですが、必ず素敵な思い出になると思います。グアムに行ったからには、是非この絶景をご自分の目で確かめてきてください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ