雰囲気も抜群!沖縄本島で必ず食べたい絶品の沖縄そば屋5選

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

雰囲気も抜群!沖縄本島で必ず食べたい絶品の沖縄そば屋5選

雰囲気も抜群!沖縄本島で必ず食べたい絶品の沖縄そば屋5選

更新日:2016/04/03 11:04

ヒーロ ユキのプロフィール写真 ヒーロ ユキ 弾丸トラベラー、行列ハンター

小麦粉麺に豚骨とカツオベースのスープ。上に乗る具は三枚肉やソーキ、かまぼこなど。ラーメンでもうどんでも蕎麦でもない、沖縄独自の麺料理「沖縄そば」。沖縄県には島中いたるところに沖縄そば屋が点在し、独自の味を生み出しています。
今回は、沖縄のゆる〜い雰囲気も味わえる、絶品の沖縄そば屋を5店厳選してご紹介。ぜひ、レンタカーを借りて沖縄そば屋を巡ってみてはいかがでしょうか。

ゆったりとした時間が流れる!アーサそばが人気の「屋宜家(やぎや)」

ゆったりとした時間が流れる!アーサそばが人気の「屋宜家(やぎや)」

写真:ヒーロ ユキ

地図を見る

沖縄県南部にある屋宜家(やぎや)。さとうきび畑が広がる田舎道にぽつんと立ちます。お店は登録有形文化財に指定されている古民家。石垣に赤い瓦屋根、シーサー、ハイビスカスの花と沖縄らしい雰囲気が満載です。

屋宜家(やぎや)おすすめのそばは「アーサそば」。アーサとは海藻のことで本島で言うアオサのこと。アーサがたっぷりと入ったスープは磯の香りが芳醇に香ります。麺自体にもアーサが練り込まれていて、つるっとしてコシがあり通常の麺とは明らかに違いが分かります。天然素材をベースにしたスープはさっぱりとしながらもしっかりとしたコクがあり、上に乗った三枚肉はほどよい味付けでほろりと崩れる柔らかさ。

アーサそばは、セットにするとジューシーやジーマミー豆腐が付いてきます。そして食後はマイナスイオン水で作った「黒蜜きな粉黒糖ぜんざい」がおすすめ。これだけ食べに来てもいいほどの美味しさです。

営業時間:11時〜16時
定休日:火曜日(祝祭日は営業)

沖縄の田舎に帰ってきたような気分を味わえる「すーまぬめぇ」

沖縄の田舎に帰ってきたような気分を味わえる「すーまぬめぇ」

写真:ヒーロ ユキ

地図を見る

那覇市にある「すーまぬめぇ」。車がすれ違うのがやっとというような住宅街の中にあります。ナビがあっても分かりずらい路地裏です。お店は沖縄のおばぁが住んでそうな昔ながら古民家。庭には花がきれいに咲いています。

麺は細くコシがあり、カツオで丹念にとった無添加の澄んだスープは出汁の効いたあっさりとした味わい。肉の塊のような薄味のソーキは、じっくりと煮込まれてほろほろ。付け合わせでふーちばー(よもぎ)が付いてきますのでお好みで入れましょう。かなり癖がありますが、好きな人にはたまりません。

写真はソーキそばですが、三枚肉、ソーキ、てびちの3つの肉を一度に味わえるスペシャルがありますので、初めて来たらまずはそちらを味わってみてはいかがでしょうか。

営業時間:平日 11時〜16時、土日祝 11時〜18時(売切次第終了)
定休日:月曜日

初めて食べる沖縄そばならここ!古きよき沖縄の風情が残る「しむじょう」

初めて食べる沖縄そばならここ!古きよき沖縄の風情が残る「しむじょう」

写真:ヒーロ ユキ

地図を見る

那覇の小高い丘の上にある「しむじょう」。店は登録有形文化財に指定された赤瓦屋根の伝統的古民家。入り口には築150年余の立派な石垣。庭園には鬱蒼とした草木が生い茂り、南国の雰囲気を演出。丘の上にあるため、庭から那覇の町並みも一望できて気持ちがいいです。

しむじょうのそばは、細い平打ち麺でコシがあり、スープは出汁がよく出た県産の豚とカツオのブレンド。ソーキは肉厚で柔らかく程よい味付け。かまぼこと万能ネギの乗った最もスタンダードな沖縄そばと言えますが、一つ一つの完成度がかなり高く絶品です。沖縄らしい全体の雰囲気も含め、沖縄観光で初めて食べる沖縄そばにおすすめしたいお店です。

営業時間:11時30分〜15時(売切れ次第終了)
定休日:水曜日

蔦に覆われた外観が印象的!伝統的な製法で作る木灰そばで有名な「てんtoてん」

蔦に覆われた外観が印象的!伝統的な製法で作る木灰そばで有名な「てんtoてん」

写真:ヒーロ ユキ

地図を見る

那覇市の住宅街にある、全面蔦に覆われたアートな一軒家。店内に入ると外観の雰囲気とは一変し、開放感あるおしゃれなカフェ風の作り。窓が大きく自然の光が差し込み居心地がいいです。

てんtoてんのそばは、ガジュマルなどの上澄みを麺に練り込んだ伝統製法の木灰そば。手打ちで作る麺は、太く縮れていてツルツルモチモチの食感。スープは豚、カツオ、鶏のブレンドで薄味の上品な仕上がり。肉は豚バラの三枚肉ではなく厚みのある赤身を使用。手間暇を惜しまずに作るこだわりの逸品は、通常の沖縄そばとは違った独自のそばを生み出しています。

そば以外にも古代米を使用したおにぎりや、沖縄伝統のブクブク茶などもあり、こちらも人気の一品です。

営業時間:11時30分〜15時
定休日:月曜日

プリプリのソーキが絶品!そば街道の行列店「山原そば」

プリプリのソーキが絶品!そば街道の行列店「山原そば」

写真:ヒーロ ユキ

地図を見る

そば街道と呼ばれる沖縄北部の本部町にあります。そば街道の中でも群を抜く行列店。白瓦の琉球古民家を利用した趣のある店構え。

山原そばの特徴は、なんといっても麺の上に乗った大きなソーキ。通常のよく煮込まれた柔らかいソーキと違い、味濃いめで噛みごたえあるプリプリの食感。沖縄そば(小)でもソーキが4つ乗り、麺を覆い隠すほどの圧倒的存在感。豚骨とカツオベースのスープは、1973年の創業以来継ぎ足して作っており、さっぱりとしながらも出汁の旨みがぎゅっと濃縮されています。麺はツルツルとしたのど越しの平打ち中太麺。ボリュームも満点なので女性は小で十分満足できるはずです。

営業時間:11時〜(肉が無くなり次第終了)
定休日:月曜・火曜

おわりに

今回ご紹介した5つのお店は、どれも行列ができる人気店。沖縄に来たら一度は食べたい名店です。夏季の繁忙期は、駐車場が止められないほど混雑することもよくあります。特に昼時に行くときは注意が必要です。また、定休日もそれぞれ違うので、計画的に行くことをおすすめします。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/05/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ