ビーチだけじゃない宮古ブルー!宮古島オススメ絶景スポット

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ビーチだけじゃない宮古ブルー!宮古島オススメ絶景スポット

ビーチだけじゃない宮古ブルー!宮古島オススメ絶景スポット

更新日:2015/08/11 15:04

月宮 うさのプロフィール写真 月宮 うさ ブロガー

沖縄県宮古島は"宮古ブルー"と呼ばれる宝石のような色の海に囲まれた島。それは思わずため息がこぼれてしまうほどの美しさです。
そんな島には多くの旅人を魅了する感動の風景があちらこちらにいっぱい!"海が見えるところには絶景がある…それが宮古島"と言っても決して過言ではありません。
記事内では、たくさんある展望スポットの中から選りすぐりの絶景巡りをご紹介します。

宮古ブルーの中をドライブ!宮古島と宮古列島を結ぶ3つの大橋

宮古ブルーの中をドライブ!宮古島と宮古列島を結ぶ3つの大橋

写真:月宮 うさ

地図を見る

"海のあるところ=絶景"が広がる沖縄県宮古島には、島と宮古列島を繋ぐ宮古ブルーの海に囲まれた3つの大橋が架けられています。そこはまるで海上を走っているかのよう!そんな気持ちになれる美しいドライブコースを最初にご紹介します。

写真は来間島(くりまじま)との間に架かる全長1690mの「来間大橋」。島で一番美しいビーチとも言われる与那覇前浜(よなはまえはま)ビーチの近くにある橋ですから、周囲を囲む海の美しさは保証済み!現在は市道の一部ですが、完成当時は"農道"として造られたと言う事実にも驚きです。

島の北西に浮かぶ池間島(いけまじま)に架かる全長1425mの「池間大橋」は、1992年開通の島で一番古い大橋です。橋の両側に駐車スペースがありますので、車を停めて歩いてみることも可能。宮古ブルーに染まる海と共に西平安名崎(にしへんなざき)や大神島(おおがみじま)などの展望を楽しむことができます。

3つ目は無料で渡れる橋では日本最長の長さを誇る、全長3540mの伊良部島(いらぶじま)との間に架かる「伊良部大橋」です。ここは2015年に開通したばかりの新しい橋!息を飲むほどの絶景に囲まれた本当に美しい橋ですから、できたばかりの「伊良部大橋」を渡る目的で宮古島に行くこともオススメですよ!

また、伊良部島とお隣の下地島(しもじしま)の間にも橋が架けられていますので、宮古島を中心に"宮古列島5つの島巡りドライブ"が可能です。

絶景スポット「竜宮展望台」から見る美しき宮古ブルー&来間大橋!

絶景スポット「竜宮展望台」から見る美しき宮古ブルー&来間大橋!

写真:月宮 うさ

地図を見る

全長7kmにも及ぶ東洋一美しい白砂のビーチとして名高い「与那覇前浜ビーチ」と来間大橋を見渡せる宮古列島を代表する絶景スポット、来間島の「竜宮展望台」をご紹介。
竜宮城の形をした3階建ての展望台の一番上から見る大パノラマは、言葉はいらない美しさ!キラキラと光り輝く宝石のような宮古ブルーの海を見渡すことができます。
また、駐車場の近くには売店やカフェ「楽園の果実」がありますので休憩にもぴったり♪絶景を楽しんだ後は、宮古島産フルーツをふんだんに使った美味しいスイーツをいただいてみませんか?

宮古島を代表する景勝地「東平安名崎」から見渡す絶景宮古ブルー!

宮古島を代表する景勝地「東平安名崎」から見渡す絶景宮古ブルー!

写真:月宮 うさ

地図を見る

宮古島を代表する美しい観光スポット「東平安名崎(ひがしへんなざき)」にある「平安名埼灯台(へんなさきとうだい)」は内部が一般公開されており、97段の螺旋階段を登った先には絶景が待っています!
その展望は、周囲320度海に囲まれているため丸く見える水平線を感じることができ、サンゴ礁の石灰岩でできた細長い半島を囲む宮古ブルーの海は左右で色が異なります。半島の上に咲く野の花や、自然がつくり出した海岸線の美しさにも注目!思わずため息がでてしまう大自然の芸術作品がここにはあります。

宮古島一美しい宮古ブルーがここに!「イムギャーマリンガーデン」

宮古島一美しい宮古ブルーがここに!「イムギャーマリンガーデン」

写真:月宮 うさ

地図を見る

宮古島一美しい海が見られる場所と言っても決して過言ではない「イムギャーマリンガーデン」から眺める海の色は、どこを見ても美しい宮古ブルー!ここは、宮古島に観光に来たならば絶対訪れて欲しい絶景スポットです。

マリンガーデンの名前の通り海を色々な角度から楽しめる場所。高台にある展望台までは傾斜がある遊歩道を歩くことになりますが、変化に飛んだ地形が続き360度全く異なる美しすぎる景観が広がっているので、あっと言う間に辿り着くことでしょう。

また、展望だけではなくビーチでゆっくりしたりシュノーケルを楽しんだりすることも可能。滞在時間や天候・四季により楽しみ方を選べるのも嬉しいポイントです!「イムギャーマリンガーデン」のサンゴ礁の海には、映画『ファインディング・ニモ』でおなじみの熱帯魚界のアイドル、かわいいクマノミ達が多く生息していますよ。

宮古島の神秘「保良泉鍾乳洞」で体験する宮古ブルー

宮古島の神秘「保良泉鍾乳洞」で体験する宮古ブルー

写真:月宮 うさ

地図を見る

最後にご紹介するのは、何万年もかけつくられた宮古島の神秘「保良泉(ぼらがー)鍾乳洞」から眺める宮古ブルーです。ここは海神様が宿る地元の人々が大切にしている神聖な場所。パンプキンホールと名付けられた巨大な鍾乳石の上からは、この空間だけでしか見ることができない、美しすぎるエメラルドグリーンの海に出会うことができます。
また、洞窟内に広がる鍾乳石の絶景も素晴らしく、ここでは見るもの全てに感動すること間違いナシです!

※画像をクリックすると表示されるGoogleマップの場所は「保良泉鍾乳洞」アクセスの玄関口である保良川(ぼらがー)ビーチに設定してあります。
また、鍾乳洞までは許可を受けているツアーガイドの同行が必要です。詳しくは記事一番下のMEMO内『[たびねす]美しい神秘の世界!宮古島「保良泉鍾乳洞(パンプキンホール)」』をご参照ください。

もちろん「宮古島」ビーチにも感動の宮古ブルーが待っている!

記事内ではビーチ以外の海を楽しめる観光・展望スポットをご紹介しましたが、「宮古島」は美しい海に囲まれた島。島内に点在するビーチはどこを訪れても青い海と白い砂浜が旅人を待っています!
皆様も是非美しすぎる「宮古島」で感動の宮古ブルーを体感してみませんか?

※記事でご紹介しました各所の詳しい場所については、地図を見る・もしくは画像をクリックいると表示されるGoogleマップをご参照ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ